高田則雄

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/02 00:38
 
アバター
研究者氏名
高田則雄
 
タカタノリオ
URL
http://keioect.web.fc2.com/keioect/
所属
慶應義塾大学
部署
医学部 精神・神経科学教室
職名
特任講師
学位
博士(学術)(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2012年6月
 - 
現在
慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 ECT寄附講座 特任講師
 
2005年4月
 - 
2012年5月
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究所 神経グリア回路研究チーム 研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 生命環境科学系 研究員
 
1999年4月
 - 
2002年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 生命環境科学系 (修士・博士)  
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東京工業大学 理学部 第1類 物理学科  
 

論文

 
Yoshida K, Mimura Y, Ishihara R, Nishida H, Komaki Y, Minakuchi T, Tsurugizawa T, Mimura M, Okano H, Tanaka KF, Takata N
J Neurosci Methods   274 38-48   2016年12月   [査読有り]
Yoshida K, Xu M, Natsubori A, Mimura M, Takata N, Tanaka KF
Neuroscience research   98 1-8   2015年9月   [査読有り]
Ishii K, Kubo K, Endo T, Yoshida K, Benner S, Ito Y, Aizawa H, Aramaki M, Yamanaka A, Tanaka K, Takata N, Tanaka KF, Mimura M, Tohyama C, Kakeyama M, Nakajima K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(36) 12432-12445   2015年9月   [査読有り]
Nagai T, Takata N, Shinohara Y, Hirase H
Neuroscience   295 229-236   2015年6月   [査読有り]
Aida T, Yoshida J, Nomura M, Tanimura A, Iino Y, Soma M, Bai N, Ito Y, Cui W, Aizawa H, Yanagisawa M, Nagai T, Takata N, Tanaka KF, Takayanagi R, Kano M, Götz M, Hirase H, Tanaka K
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology   40(7) 1569-1579   2015年2月   [査読有り]
Natsubori A, Takata N, Tanaka KF
Frontiers in cellular neuroscience   9(MAY)    2015年   [査読有り]
Takata N, Yoshida K, Komaki Y, Xu M, Sakai Y, Hikishima K, Mimura M, Okano H, Tanaka KF
PloS one   10(3)    2015年   [査読有り]
Hirase H, Iwai Y, Takata N, Shinohara Y, Mishima T
Philosophical transactions of the Royal Society of London. Series B, Biological sciences   369(1654) 1-20130604   2014年10月   [査読有り]
Takata N, Shinohara Y, Ohkura M, Mishima T, Nakai J, Hirase H.
Neuromethods   85 191-207   2014年   [査読有り]
Takata N, Nagai T, Ozawa K, Oe Y, Mikoshiba K, Hirase H
PloS one   8(6)    2013年   [査読有り]

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 高田 則雄
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 高田 則雄
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 高田則雄
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 高田則雄
「大脳皮質と皮質下神経核との相互作用の解明」を通して、脳をシステムとして理解することを目指している。本研究課題では、コリン作動性神経核であるマイネルト基底核[NBM]の誘発する大脳可塑性が、大脳皮質微小回路の活動をどのように変化させるか研究する。具体的には、麻酔下マウスのNBMを電気刺激するのと同時に、体性感覚刺激(ヒゲなど)を行うことで大脳可塑性を誘発する。この時の大脳皮質細胞群(神経細胞・グリア細胞)の活動変化を2光子顕微鏡を用いて二次元可視化解析する。初年度である平成21年度は大脳可...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 高田則雄
マイネルト基底核などの皮質下神経核は大脳皮質へ作用して、睡眠-覚醒を制御する。従来の研究の観測対象は大脳皮質の脳波や血流、アセチルコリン放出量であった。そのため、マイネルト基底核が大脳皮質のグリア細胞へ与える作用はほとんど知られていない。本研究はin vivo2光子顕微鏡を用いることで、生きた動物個体の大脳皮質に存在する神経細胞のみならずグリア細胞の活動も計測した。その結果、マイネルト基底核の活動が、大脳皮質神経細胞だけでなく、グリア細胞の細胞内カルシウム濃度も上昇させることを発見した。

特許

 
特開2006-119033 : 内分泌攪乱作用の評価方法
川戸佳、高田則雄、池田真理