高田則雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/06 20:11
 
アバター
研究者氏名
高田則雄
 
タカタノリオ
URL
http://www.psy-keiomed-ect.com
所属
慶應義塾大学
部署
医学部
職名
特任講師
学位
博士(学術)(東京大学)
科研費研究者番号
50415212
ORCID ID
0000-0003-2754-8562

プロフィール

脳全体が動的で多彩な活動を示すことがヒト脳のfMRI研究などで判明しています。しかしヒト脳の研究だけではその生理学的な仕組みを解明することは困難です。そこで私はマウスfMRIと神経生理学的手法(光遺伝学やファイバー蛍光計測法など)とを融合することで、脳全体が示す活動の特徴を発掘すると共に、その生理学的な基盤を解明することを目指しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 睡眠医学寄附講座 特任講師
 
2012年6月
 - 
2018年3月
慶應義塾大学医学部 精神・神経科学教室 ECT寄附講座 特任講師
 
2005年4月
 - 
2012年5月
独立行政法人理化学研究所 脳科学総合研究所 神経グリア回路研究チーム 研究員
 
2002年4月
 - 
2005年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 生命環境科学系 研究員
 
1999年4月
 - 
2002年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
東京大学大学院 総合文化研究科 生命環境科学系 (修士・博士)  
 
1993年4月
 - 
1997年3月
東京工業大学 理学部 第1類 物理学科  
 

論文

 
Takata N, Kusayanagi K, Maruyama H, Eitai K, Abo M, Akiyama F, Tajima R, Inaba S, Tanaka KF, Mimura M, Sanaka K
Microscopy Research and Technique   in press   2018年10月   [査読有り]
Matsubayashi K, Nagoshi N, Komaki Y, Kojima K, Shinozaki M, Tsuji O, Iwanami A, Ishihara R, Takata N, Matsumoto M, Mimura M, Okano H, Nakamura M
Scientific reports   8(1) 14406   2018年9月   [査読有り]
Takata N, Sugiura Y, Yoshida K, Koizumi M, Nishida H, Honda K, Yano R, Komaki Y, Matsui K, Suematsu M, Mimura M, Okano H, Tanaka KF
Glia   in press   2018年5月   [査読有り]
Natsubori A, Tsutsui-Kimura I, Nishida H, Bouchekioua Y, Sekiya H, Uchigashima M, Watanabe M, de Kerchove d'Exaerde A, Mimura M, Takata N, Tanaka KF
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   37(10) 2723-2733   2017年3月   [査読有り]
Tsutsui-Kimura I, Takiue H, Yoshida K, Xu M, Yano R, Ohta H, Nishida H, Bouchekioua Y, Okano H, Uchigashima M, Watanabe M, Takata N, Drew MR, Sano H, Mimura M, Tanaka KF
Nature communications   8 14304   2017年2月   [査読有り]
Yoshida K, Mimura Y, Ishihara R, Nishida H, Komaki Y, Minakuchi T, Tsurugizawa T, Mimura M, Okano H, Tanaka KF, Takata N
J Neurosci Methods   274 38-48   2016年12月   [査読有り]
Yoshida K, Xu M, Natsubori A, Mimura M, Takata N, Tanaka KF
Neuroscience research   98 1-8   2015年9月   [査読有り]
Ishii K, Kubo K, Endo T, Yoshida K, Benner S, Ito Y, Aizawa H, Aramaki M, Yamanaka A, Tanaka K, Takata N, Tanaka KF, Mimura M, Tohyama C, Kakeyama M, Nakajima K
The Journal of neuroscience : the official journal of the Society for Neuroscience   35(36) 12432-12445   2015年9月   [査読有り]
Nagai T, Takata N, Shinohara Y, Hirase H
Neuroscience   295 229-236   2015年6月   [査読有り]
Aida T, Yoshida J, Nomura M, Tanimura A, Iino Y, Soma M, Bai N, Ito Y, Cui W, Aizawa H, Yanagisawa M, Nagai T, Takata N, Tanaka KF, Takayanagi R, Kano M, Götz M, Hirase H, Tanaka K
Neuropsychopharmacology : official publication of the American College of Neuropsychopharmacology      2015年2月   [査読有り]

Misc

 
高田則雄
分子精神医学   16(1) 32-38   2016年1月
高田則雄, 岡野栄之, 田中謙二
応用薬理   85(1-2) 48   2013年8月
田中謙二, 高田則雄, 三村將
実験医学   31(11) 1736-1741   2013年7月
田中 謙二, 高田 則雄, 三村 將
精神神経学雑誌   115(12) 1211-1215   2013年

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
睡眠覚醒リズムに依存する脳領域間の機能的結合強度を視床網様核が制御する機構の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2018年 - 2020年    代表者: 高田 則雄
マウス全脳に対応する脳領域名の総数を1から860まで可変な標準脳の構築
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2016年 - 2019年    代表者: 高田 則雄
マウスfMRIと蛍光観察を融合させた視床網様核新規カルシウム発振の全脳作用の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 高田 則雄
深層学習を応用した全脳を対象とする神経活動伝播経路の解明
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 高田 則雄
脳神経繊維の走行方向を可視化する新規偏光観察法の開発
科学技術振興機構: 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
研究期間: 2015年 - 2015年    代表者: 高田 則雄
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 高田 則雄
文部科学省: 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 高田 則雄
機能的MRI信号の代謝基盤の解明
武田科学振興財団: 医学系研究奨励
研究期間: 2014年       代表者: 高田則雄
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2011年    代表者: 高田則雄
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 高田則雄

特許

 
特願2018-99487 : 神経細胞を含む細胞組織の観察装置及び観察方法
高田則雄、佐中薫
特開2006-119033 : 内分泌攪乱作用の評価方法
川戸佳、高田則雄、池田真理

社会貢献活動

 
JSTグローバルサイエンスキャンパス・慶應義塾大学「自我作古」
【講師】  2017年12月26日 - 2017年12月26日

講演・口頭発表等

 
光遺伝学的fMRIを用いた海馬活動伝播様式の全脳解析
高田則雄
次世代プロジェクト「異なる時期の虚血が脳の発達に及ぼす影響の多層的アプローチによる解明と治療戦略構築」国際シンポジウム   2017年3月7日   
光遺伝学的fMRIを用いたアストロサイトによるBOLD信号発生の研究
高田則雄
第89回日本薬理学会   2016年3月9日   
光遺伝学fMRIを用いた神経細胞およびグリア細胞によるBOLD信号発生機構の解明
高田則雄
第38回日本神経科学会   2015年7月29日   釣木澤 朋和、高田則雄
光遺伝学fMRIを用いたグリア細胞によるBOLD信号発生機構の解明
高田則雄
The 9th International Conference on Complex Medical Engineering (CME2015)   2015年6月20日   
アストロサイトのCa2+活動を介してコリン性調節は大脳皮質可塑性を誘導する
高田則雄
第35回日本神経科学会   2012年9月19日