Takayuki Sugo

J-GLOBAL         Last updated: Oct 28, 2018 at 14:44
 
Avatar
Name
Takayuki Sugo
Affiliation
Osaka University of Health and Sport Sciences
Section
School of Health and Sport Sciences

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2002
 - 
Mar 2006
Department of Sports Science, Japan Institute of Sport Sciences
 

Published Papers

 
前田 凌汰, 菅生 貴之
大阪体育大学紀要 = Bulletin of Osaka University of Health and Sport Sciences   49 19-27   Mar 2018
平成28年度大阪体育大学学生相談室・スポーツカウンセリングルーム活動報告
菅生 貴之, 今堀 美樹, 高橋 幸治, 荒屋 昌弘, 前林 清和, 土屋 裕睦
大阪体育大学紀要   49 81-97   Mar 2018
熊谷史佳, 門岡晋, 菅生貴之
スポーツ心理学研究   45(1) 1‐11(J‐STAGE)-11   2018
Event-related potentials and reaction times were compared between athletes and non-athletes using a serial choice reaction task to obtain basic knowledge on cognitive information processing ability of athletes. Three sets of oddball tasks were con...
Matsutake Takahiro, Zippo Kisho, Kadooka Susumu, Sugo Takayuki, Asai Takeshi
Japanese Journal of Sport Psychology   43(1) 1-13   2016
Primary scientific data for evaluating information processing ability of the central nervous system that are associated with decision making was investigated in football players, by using event-related potentials (ERP; N200, P300) and reaction tim...
Susumu Kadooka, Katsushi Hirata, Takayuki Sugo
Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   62(2) 171-177   Apr 2013
Past studies have suggested that the cortisol awakening response (CAR) is a robust index for assessing daily stress. The present study examined the stability of CAR in individuals and the relationship between CAR and moods states and the influence...

Misc

 
Masako Hoshikawa, Masako Hoshikawa, Sunao Uchida, Takayuki Sugo, Takayuki Sugo, Yasuko Kumai, Yoshiteru Hanai, Yoshiteru Hanai, Takashi Kawahara
Journal of Applied Physiology   103 2005-2011   Dec 2007
This study evaluated the sleep quality of athletes in normobaric hypoxia at a simulated altitude of 2,000 m. Eight male athletes slept in normoxic condition (NC) and hypoxic conditions equivalent to those at 2,000-m altitude (HC). Polysomnographic...
禰屋光男, 前川剛輝, 熊井康こ, 榎木泰介, 前村公彦, 岩原文彦, 菅生貴之, 川原貴
体力科学   54(6) 577   Dec 2005
柳沢香絵, 村上貴聡, 菅生貴之, 久木留毅, 赤間高雄, 川原貴, 和久貴洋
体力科学   54(6) 693   Dec 2005
久木留毅, 村上貴聡, 菅生貴之, 柳沢香絵, 赤間高雄, 和久貴洋
体力科学   54(6) 694   Dec 2005
星川雅子, 菅生貴之, 熊井康こ, 花井淑晃, 川原貴, 内田直
体力科学   53(6) 795   Dec 2004

Conference Activities & Talks

 
大学運動部活動での経験が特性的自己効力感に及ぼす影響
藪中 佑樹, 菅生 貴之
大阪体育学研究   Mar 2018   
小笠原佑衣, 小笠原佑衣, 西口治佳, 菅生貴之, 榎木泰介
日本運動生理学会大会プログラム・抄録集   2018   
門岡晋, 菅生貴之, 熊谷史佳
日本体育学会大会予稿集   2017   
菅生貴之
日本柔道整復接骨医学会学術大会プログラム・抄録集   20 Oct 2016   

Research Grants & Projects

 
科学研究費補助金
Project Year: 2014 - 2016    Investigator(s): Takayuki Sugo
ストレスの低減やセルフコントロール能力の向上などが期待される暗示技法の一種である自律訓練法(Autogenic Training;AT)を,競技者に対して継続的に指導することによる反応の変化を検討した.指標として生理学的な慢性的ストレスの指標である起床時コルチゾール反応(Cortisol Awakening Response;CAR)を用いた.ATは通常一〜二カ月程度の習得期間が必要とされているが,競技者に対しては二週間程度の継続によってCARの反応性が低下する傾向が認められた。日ごろのト...
科学研究費補助金
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): Takayuki Sugo
起床時コルチゾール反応(Cortisol Awakening Response;CAR)は,慢性的ストレスを反映する指標である.一般に日本の大学生アスリートはシーズン中の休養が少ないことから,本研究では学生アスリートの週一日の休養の効果をCARにより検証した.実験参加者(男子バスケットボール選手16名:18-22歳)は,トレーニング後,シーズン中の休養日の翌日,さらにシーズンオフの状況において,起床直後,起床30,45,60分後に唾液採取したところ,シーズン中のCARがシーズンオフと比較し...
科学研究費補助金
Project Year: 2008 - 2010    Investigator(s): Takayuki Sugo
本研究の目的は男性競技者のストレス課題とリラクセーション技法中の免疫および自律神経活動を評価し,両変数の関連性を明らかにすることである.
実験には男性陸上競技選手が参加し,ストレス課題およびリラクセーション技法を一セッションとして実施した.ストレス課題はSIgA 濃度と交感神経活動を賦活し,リラクセーション技法の実施後にはそれらが低下することが示された.このことから,内分泌機能および心拍変動は競技者のストレスおよびリラックス時の心身の状態を評価しうることが示唆された.