共同研究・競争的資金等の研究課題

1997年 - 1999年

ソフトウェア発展のための基本機構の研究

文部科学省  科学研究費補助金(重点領域研究, 特定領域研究(A))
  • 武市 正人
  • ,
  • 谷口 健一
  • ,
  • 柴山 悦哉
  • ,
  • 二村 良彦
  • ,
  • 米澤 明憲

課題番号
09245103
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
41,000,000円
(直接経費)
41,000,000円
(間接経費)
0円
資金種別
競争的資金

本研究は、ソフトウェアの発展性を保持する機構を追究し、ソフトウェアがその性能や機能の高度化の要求に応えて発展させてゆく形態のソフトウェア構成法を実現することを目標としたが、3年間にわたる研究の成果として、以下のようなソフトウェアの発展機構のあり方を提示することができた。研究成果の概要は以下のとおりである。1.プログラムの代数的変換を記述するための言語設計と変換システムの構築。2.言語処理系を発展させるためのオブジェクトの内部表現の最適化手法の研究。3.実用的な部分計算機構の実現とソフトウェア発展における部分計算の適用可能性の検討。4.設計情報の可視化手法および方法論の有効性の検証。5.実行環境やネットワーク負荷変動に対応可能な環境適応の方法の研究。6.問題記述から等価変換ルールを生成するための基礎理論の拡張とシステムの作成。7.リフレクション原理に基づいたインタラクティブ視覚化システムの構築。8.プログラムの変換手法の効果の定量的評価と効率化手法の一般化。8.LEAD++コンパイラの実装とコード移動を伴うアプリケーションによる評価。10.型付き関数型言語に対する自己反映的機構の設計と最適化アルゴリズムの評価。11.代数的意味論の一般化と分散並列環境におけるプログラミング言語の提案。12.発展可能コンパイラの開発とその有効性の検討。

リンク情報
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/09245103.ja.html
ID情報
  • 課題番号 : 09245103