共同研究・競争的資金等の研究課題

1995年 - 1996年

プログラムの自己進化機構とその実現法に関する研究

文部科学省  科学研究費補助金(一般研究(B), 基盤研究(B))
  • 武市 正人
  • ,
  • 田中 哲朗
  • ,
  • 金子 敬一
  • ,
  • 岩崎 英哉

課題番号
07458053
担当区分
研究代表者
配分額
(総額)
5,100,000円
(直接経費)
5,100,000円
(間接経費)
0円
資金種別
競争的資金

本研究は、プログラム自体が実行環境に応じて進化してゆく機構を追求することである。通常の計算機プログラムが、問題領域を構成する要素をモデル化して表現したデータを扱って結果を得ることを目的としているが、本研究では、このような計算を行なうプログラム自体を進化させ、改良してゆく機構を考察することが目的である。昨年度には、関数プログラムの完全遅延評価機構が自己最適化の効果をもっていることを発見し、それに基づいた部分計算機構の実現と実験による検証を行なったが、本年度は、統一的な視点から、プログラムの最適化の方法を追求し、構成的アルゴリズムに基づくHylomorphismによるプログラムの変換手法を確立した。そこでは、データ型と再帰構造に着目して、発見的手法によらないプログラムの変換システムを構築し、有効性を確認している。従来のプログラム変換が再帰や繰返しの構造に基づいて考えられていたものに対して、データ構造とそれを扱うプログラムの構造を一体として捉えるところにその特徴がある。この成果は、プログラム自体が環境に適応して進化するためのプログラム構造を捉える上で重要なものと考えられる。以上の成果は、自己進化機構の基礎となる研究として主として、国際学会で発表している。これらをもとに、来年度より発足予定の重点領域研究「ソフトウェアの発展機構の研究」でさらに発展させる予定である。

リンク情報
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/p/07458053.ja.html
ID情報
  • 課題番号 : 07458053