Profile Information

Affiliation
高千穂大学 人間科学部 准教授
Degree
博士(学術)(Apr, 2017 東京大学)

J-GLOBAL ID
201801016112207998

中東(特にエジプト)の歴史ある社会・文化を、アラビア語の資料と人類学的フィールドワークの両面から研究しています。博士論文ではナイル川流域外の沙漠地の所有と利用、国家の法と歴史、地域社会の形成に関わる「沙漠開発」現象を取り上げました。PDではイスラーム的慈善・財産処分制度である「ワクフ」を取り上げ、最近は「家族」や「憲法」、「国有地」に関心を寄せています。また、アラビア語の法律や裁判、新聞から、文語と口語が織り交ぜられた小説やテレビ番組、口語の冗談話や諺まで、幅広くアンテナを張っています。

Research Interests

  10

Books and Other Publications

  9

Papers

  11

Misc.

  14

Presentations

  40
  • 竹村和朗
    第15回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会 Dec 19, 2020 科研費基盤研究(B)「近代中央アジアのムスリム家族とイスラーム法の社会史的研究」(18H00706、研究代表者:磯貝健一)   Invited
  • 竹村和朗
    第3回「中央ユーラシアのムスリムと家族・規範」研究会 Sep 12, 2020 2020年度京都大学東南アジア地域研究研究所CIRASセンター共同研究 「中央ユーラシアおよび中東ムスリムの家族・ジェンダーをめぐる規範: 言説とネットワークの超域的展開」 
  • 竹村和朗
    第36回日本中東学会年次大会特別研究集会 Aug 30, 2020 日本中東学会 
  • 竹村和朗
    第2回「中央ユーラシアのムスリムと家族・規範」研究会 Feb 15, 2020 2019年度京都大学東南アジア地域研究研究所CIRAS共同研究「中央ユーラシアのムスリム地域社会における家族と規範:中東との比較分析」 
  • 竹村 和朗
    第1回「中央ユーラシアのムスリムと家族・規範」研究会 Oct 26, 2019 2019年度京都大学東南アジア地域研究研究所CIRAS共同研究「中央ユーラシアのムスリム地域社会における家族と規範:中東との比較分析」 

Teaching Experience

  13

Professional Memberships

  2

Research Projects

  8

Other

  1
  • Dec, 2018 - Dec, 2018
    第一東京弁護士会現代中近東法部会による「エジプト・アラブ共和国における法制度の調査研究」派遣団(団長:丹羽健介)の一員として、12月1日から7日にエジプトを訪問し、弁護士組合、大学法学部、裁判所、検察庁、登記局などを視察した。