土井威志

J-GLOBALへ         更新日: 19/10/28 11:22
 
アバター
研究者氏名
土井威志
eメール
takeshi.doijamstec.go.jp
URL
http://www.jamstec.go.jp/res/ress/takeshi.doi/index.ja.html
所属
国立研究開発法人海洋研究開発機構
部署
アプリケーションラボ
職名
研究員
学位
理学(博士)(東京大学)
科研費研究者番号
80638768

研究分野

 
 

経歴

 
2012年5月
 - 
現在
JAMSTEC アプリケーションラボ 研究員
 
2010年4月
 - 
2012年4月
プリンストン大学 AOS and NOAA/GFDL Postdoc
 
2009年4月
 - 
2010年3月
JAMSTEC アプリケーションラボ JSPS外来研究員(PD)
 

学歴

 
2009年3月
 - 
2006年4月
東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 博士課程
 
2004年4月
 - 
2006年3月
東京大学 大学院理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士課程
 
2000年4月
 - 
2004年3月
東京大学 理科一類 
 

委員歴

 
2014年4月
 - 
現在
Nature Publishing Group  Scientific Reports Editorial Board Member
 

受賞

 
2017年5月
日本海洋学会 2017年度日本海洋学会岡田賞 熱帯と沿岸域の湧昇現象の変動とその予測の研究
 
2014年4月
JAMSTEC 2013年度 業績表彰 研究開発功績賞 SINTEX-F2 における気候変動予測システムの構築と定期的な運用を実現するとともにニンガルー・ニーニョ発生の予測可能性を初めて世界に示した”
 
2012年1月
米国気象学会(AMS) An Editor's Award for the Journal of Climate "For providing a thoughtful and decisive review of a difficult paper on short notice"
 

論文

 
Miyazawa Yasumasa, Kuwano-Yoshida Akira, Doi Takeshi, Nishikawa Hatsumi, Narazaki Tomoko, Fukuoka Takuya, Sato Katsufumi
Ocean Dynamics   69(2) 267-282   2019年   [査読有り]
Morioka Yushi, Doi Takeshi, Iovino Doroteaciro, Masina Simona, Behera Swadhin K.
Scientific Reports   9    2019年   [査読有り]
Doi Takeshi, Behera Swadhin K, Yamagata Toshio
Journal of Climate   32(3) 957-972   2019年   [査読有り]
Behera Swadhin K., Morioka Yushi, Ikeda Takayoshi, Doi Takeshi, Ratnam Jayanthi V., Nonaka Masami, Tsuzuki Ataru, Imai Chisato, Kim Yoonhee, Hashizume Masahiro, Iwami Shingo, Kruger Philip, Maharaj Rajendra, Sweijd Neville, Minakawa Noboru
ENVIRONMENTAL DEVELOPMENT   27 47-57   2018年9月   [査読有り]
Ratnam J. V, Doi Takeshi, Landman Willem A, Behera Swadhin K.
Journal of Applied Meteorology and Climatology   57(12) 2697-2711   2018年   [査読有り]

競争的資金等の研究課題

 
2014年夏エルニーニョ予測「はずれ」の謎
JSPS: 若手研究B
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 土井威志
Princeton University AOSポスドクフェローシップ
プリンストン大学: 
研究期間: 2010年4月 - 2012年4月    代表者: 土井威志
熱帯大西洋の湧昇ドーム現象が気候変動に及ぼす役割及び土屋ジェットとの関係の解明
JSPS: 特別研究員DC2
研究期間: 2008年4月 - 2010年3月    代表者: 土井威志
アンゴラドームの形成過程とその経年変動のメカニズムの解明
財団法人 日本科学協会: 笹川科学研究助成
研究期間: 2006年4月 - 2007年3月    代表者: 土井威志