榎本剛

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/21 14:35
 
アバター
研究者氏名
榎本剛
URL
http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10358765
所属
京都大学
部署
防災研究所 気象・水象災害研究部門
職名
准教授
その他の所属
独立行政法人海洋研究開発機構
科研費研究者番号
10358765
Twitter ID
takeshi_enomoto
ORCID ID
0000-0003-1946-1168

プロフィール

大気大循環モデルを使って異常気象のメカニズムや予測可能性について研究しています。

研究分野

 

論文

 
低緯度におけるハリケーン強化過程のダウンスケール実験
吉岡大秋,榎本剛
京都大学防災研究所年報   61B 380-386   2018年9月
エル・ニーニョ時の対流圏上層の大気応答と日本の冬の寒暖の関係
塩崎公大・榎本剛・高谷康太郎
京都大学防災研究所年報   61B 372-379   2018年9月
動径基底函数を用いた球面螺旋浅水波モデル
榎本剛
京都大学防災研究所年報   61B 366-371   2018年9月
榎本剛
平成29年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   50-54   2018年
PALAU2013で観測された台風第1304号の発生予報実験における初期値依存性の解析
吉岡大秋 筆保弘徳 榎本剛 勝俣昌己 山崎哲 横井覚 辻野智紀 舛田あゆみ 城岡竜一
天気   64(12) 873-885   2017年12月
Sugimoto, N., A. Yamazaki, H. Kashimura, T. Enomoto, M. Takagi
Scientific Reports   7    2017年8月   [査読有り]
Yamazaki, A., T. Enomoto, T. Miyoshi and A. Kuwano-Yoshida and N. Komori
SOLA   13 41-46   2017年3月   [査読有り]
塩崎公大, 榎本剛, 高谷康太郎
京都大学防災研究所年報   60B 479-485   2017年
榎本剛, 吉田聡, 山崎哲, 中野満寿男, 山根省三, 山口宗彦, 松枝未遠
京都大学防災研究所年報   60B 466-469   2017年
吉岡大秋, 榎本剛
平成28年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   26-29   2017年
榎本剛
平成28年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   1-4   2017年
山崎 哲, 中野満寿男, 榎本 剛, 吉田 聡, 山口宗彦, 松枝未遠, 山根省三
Annual Report of the Earth Simulator April 2015--March 2016   91-95   2017年
Kawai, Y., Q. Moteki, A. Kuwano-Yoshida, T. Enomoto, A. Manda and H. Nakamura
J. Meteor. Soc. Japan   95(2) 71-90   2016年12月   [査読有り]
Hattori, M., J. Matsumoto, S. Ogino and T. Enomoto
SOLA   13 41-46   2016年3月   [査読有り]
榎本剛
京都大学防災研究所年報   59B 153-158   2016年
Takeshi Enomoto, Shozo YAMANE, Wataru OHFUCHI
SOLA   11 144-149   2015年11月   [査読有り]
Shu-Chih Yang, Eugenia Kalnay, Takeshi Enomoto
Tellus A   67(0)    2015年7月   [査読有り]
塩崎 公大, 高谷 康太郎, 榎本 剛
京都大学防災研究所年報   (59B) 180-185   2016年
榎本剛, 川畑拓矢, 藤田 匡, 古林慎哉, 堀田大介, 山崎 哲, 伊藤耕介
62(4) 283-290   2015年4月
Takeshi Enomoto, Akira Yamazaki, Akira Kuwano-Yoshida, Mio Matsueda, Shunsuke Noguchi, Munehiko Yamaguchi
Annual Report of the Earth Simulator April 2014--March 2015   107-112   2015年
Takeshi ENOMOTO, Shozo YAMANE, Wataru OHFUCHI
Journal of the Meteorological Society of Japan   93(2) 199   2015年   [査読有り]
Shigeo Yoden, Keiichi Ishioka, Dale Durran, Takeshi Enomoto, Yoshi-Yuki Hayashi, Takemasa Miyoshi, Michio Yamad
Bull. Amer. Meteor. Soc.   95(7) 1101   2014年7月   [査読有り]
Takeshi Enomoto, Akira Yamazaki, Akira Kuwano-Yoshida, Mio Matsueda, Shunsuke Noguchi, Tetsuro Miyachi
Annual Report of the Earth Simulator Center April 2013--March 2014   119-125   2014年
Lauritzen, P. H., P. A. Ullrich, C. Jablonowski, P. A. Bosler, D. Calhoun, A. J. Conley, A. J., T. Enomoto, L. Dong, S. Dubey, O. Guba, A. B. Hansen, E. Kaas, J. Kent, J.-F. Lamarque, M. J. Prather, D. Reinert, V. V. Shashkin, W. C. Skamarock, B. Sørensen, M. A. Taylor, M. A. Tolstykh
Geoscientific Model Development   7(1) 105-145   2014年   [査読有り]
Akira Kuwano-Yoshida, Takeshi Enomoto
Mon. Wea. Rev.   141(11) 3769   2013年11月   [査読有り]
榎本 剛, Juang Hann-Ming Henry
大会講演予講集   103    2013年4月
Jun Inoue, Takeshi Enomoto, Masatake E. Hori
ARCTIC RADIOSONDES IMPROVE REANALYSES   40(5) 864-869   2013年3月   [査読有り]
NCEP-GFSを用いた複数解析値からの台風進路予報実験
宮地哲朗, 榎本剛
京都大学防災研究所年報   57(B) 187-195   2013年
宮地哲朗, 榎本剛
56B 281-284   2013年
榎本剛, 莊漢明
京都大学防災研究所年報   56B 269-277   2013年
榎本 剛, 山根 省三, 大淵 済
京都大学防災研究所年報   57B 163-168   2014年
Takeshi Enomoto, Takemasa Miyoshi, Qoosaku Moteki, Jun Inoue, Miki Hattori, Akira Kuwano-Yoshida, Nobumasa Komori, Shozo Yaman
509   2013年   [査読有り]
Hiroki Kashimura, Takeshi Enomoto, Yoshiyuki O. Takahashi
SOLA   9(0) 125-128   2013年   [査読有り]
榎本剛
京都大学防災研究所年報   55B 263-268   2012年
CFES--LETKFの開発
榎本剛, 小守信正, 三好建正, 田口文明
平成23年度 防災研究所研究集会(23K-09) 「異常気象と低周波変動,気候変動の実態とメカニズム」   161-166   2012年
井口 敬雄, 向川 均, 榎本 剛
京都大学防災研究所年報   (55) 269-277   2012年
茂木 耕作, 加藤 輝之, 氏家 将志, 松枝 未遠, 高谷 祐平, 西井 和晃, 山口 宗彦, 榎本 剛, 経田 正幸, 海洋研究開発機構地球環境変動領域, 気象庁数値予報課, 気象庁数値予報課, 海洋研究開発機構, 気象庁気候情報課, 東京大学先端科学技術研究センター, 気象研究所台風研究部, 京都大学防災研究所, 気象庁数値予報課
天気 = Tenki   58(12) 1079-1086   2011年12月
Jun Inoue, Masatake E. Hori, Takeshi Enomoto, Takashi Kikuchi
SOLA   7 57-60   2011年   [査読有り]
Melvyn Shapiro, Jagadish Shukla, Gilbert Brunet, Carlos Nobre, Michel Béland, Randall Dole, Kevin Trenberth, Richard Anthes, Ghassem Asrar, Leonard Barrie, Philippe Bougeault, Guy Brasseur, David Burridge, Antonio Busalacchi, Jim Caughey, Deliang Chen, John Church, Takeshi Enomoto, Brian Hoskins, Øystein Hov, Arlene Laing, Hervé Le Treut, Jochem Marotzke, Gordon McBean, Gerald Meehl, Martin Miller, Brian Mills, John Mitchell, Mitchell Moncrieff, Tetsuo Nakazawa, Haraldur Olafsson, Tim Palmer, David Parsons, David Rogers, Adrian Simmons, Alberto Troccoli, Zoltan Toth, Louis Uccellini, Christopher Velden, John M. Wallace
Bull. Amer. Meteor. Soc.   91(10) 1377   2010年10月   [査読有り]
松枝 未遠, 中澤 哲夫, 榎本 剛, 経田 正幸, 新保 明彦, 海洋研究開発機構, 気象研究所, 海洋研究開発機構, 気象庁, 気象庁
天気 = Tenki   57(8)    2010年8月
松枝 未遠, 中澤 哲夫, 別所 康太郎, 榎本 剛, 茂木 耕作, 山口 宗彦, 太田 洋一郎
天気   57(5) 315-323   2010年5月
榎本 剛, 茂木 耕作, 伊藤 耕介
天気   57(2) 83-88   2010年2月
Takeshi Enomoto, Takemasa Miyoshi, Jun Inoue, Qoosaku Moteki, Miki Hattori, Shozo Yamane
Annual Report of the Earth Simulator Center April 2009--March 2010   55-62   2010年
Precursory signals of significant weather events found in ensemble reanalysis ALERA
Takeshi Enomoto, Miki Hattori, Takemasa Miyoshi, Shozo Yamane
Proc. 5th WMO Symposium on Data Assimilation      2009年
Propagation of the impact signal of the additionally-assimilated observations over the Indian Ocean through tropical waves
Qoosaku Moteki, Kunio Yoneyama, Ryuiichi Shirooka, Masaki Katsumata, Masanori Yoshizaki, Takeshi Enomoto, Takemasa Miyoshi, Shozo Yamane
Proc. Third THORPEX International Science Symposium (TTISS)      2009年
Observing system experiments using the AFES-LETKF data assimilation system
Takeshi Enomoto, Jun Inoue, Takemasa Miyoshi, Shozo Yamane
Proc. Third THORPEX International Science Symposium (TTISS)      2009年
台風の予測可能性研究
榎本剛
平成20年度京都大学防災研究所共同研究 台風災害を防ぐ---気象学・風工学・土木学・災害情報学の間に橋を架ける---研究集会 (20K-06)   1-6   2009年
2005年6月下旬に見られた梅雨前線の消滅と再形成
榎本剛
平成19年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   125-130   2009年
Hideharu Sasaki, Takeshi Enomoto, Nobumasa Komori, Akira Kuwano-Yoshida, Kazuhisa Tsuboki, Jun Inoue, Bunmei Taguchi and Wataru Ohfuchi
Annual Report of the Earth Simulator Center April 2008--September 2008   23-28   2008年
竜巻をもたらした台風2006年第13号周辺の環境場
榎本剛, 吉田聡
平成19年度京都大学防災研究所共同研究 台風に伴う強風,豪雨などの気象災害の被害軽減に関する研究集会 (19K-05)   25-29   2008年
Takeshi Enomoto
JAMSTEC Rep. Res. Dev.   6 21-30   2007年11月
榎本 剛, 大淵 済, Takeshi ENOMOTO, Wataru OHFUCHI, 独立行政法人海洋研究開発機構地球シミュレータセンター, 独立行政法人海洋研究開発機構地球シミュレータセンター
天気 = Tenki   54(1) 13-16   2007年1月
榎本 剛, 大淵 済
天気   54(1) 13-16   2007年1月
Break and reformation of the Baiu frontal zone in late June 2005
Takeshi Enomoto
Proc. Conference on Mesoscale Meteorology and Typhoon in East Asia (ICMCS-VI)      2007年   [査読有り]
Wataru Ohfuchi, Kazuhisa Tsuboki, Tomohito Yamada, Bunmei Taguchi, Takeshi Enomoto
Annual Report of the Earth Simulator Center April 2006--March 2007   21-25   2007年
AFES-LETKF実験的再解析によるアジア・モンスーンの再現性
榎本剛, 山根省三, 三好建正
平成18年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   13-17   2007年
アンサンブル・カルマンフィルタによる実験的再解析
三好建正, 山根省三, 榎本剛
平成18年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   6-12   2007年
榎本 剛, 佐々木 英治, 小守 信正
応用数理   16(2) 125-133   2006年6月
Advent of the Earth Simulator enabled us to conduct simulations of the global atmosphere and ocean at unprecedentedly high resolutions. We optimised atmospheric and oceanic codes and built an atmophere-ocean coupled model on the Earth Simulator. O...
Experimental reanalysis using AFES-LETKF at a T159/L48 resolution
Takemasa Miyoshi, Shozo Yamane, Takeshi Enomoto
Extended abstract of the Second THORPEX International Science Symposium (STISS) WMO/TD   1355 154-155   2006年   [査読有り]
Simulations of the intra-seasonal oscillation in the tropics with ensemble techniques
Takeshi Enomoto, S. Yamane, and T. Miyoshi
Extended abstract of the Second THORPEX International Science Symposium (STISS), WMO/TD   1355 84-85   2006年
Takeshi Enomoto, H. Sasaki, Y. Sasai, M. Nonaka, B. Taguchi, K. Tsuboki, T. Miyoshi, N. Komori, A. Kuwano-Yoshida
Annual Report of the Earth Simulator Center April 2005--March 2006   65-69   2006年
Wataru Ohfuchi, Takeshi Enomoto, Munehiko Yamaguchi, Nobumasa Komori, Hideharu Sasaki, Yoshikazu Sasai, Yoshio Masuda
Annual Report of the Earth Simulator Center April 2004--March 2005   51-56   2006年
アンサンブル予報を用いた簡易感度解析
榎本剛, 山根省三, 大淵 済
平成17年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   40-43   2006年
榎本 剛, 大淵 済, 中澤 哲夫, 余田 成男
天気   52(7) 560-561   2005年7月
山崎 信雄, 吉崎 正憲, 榎本 剛, 大淵 済, 中澤 哲夫, 余田 成男, 馬淵 和雄, 上野 充, 大畑 哲夫, 山崎 孝治
天気   52(7) 559-564   2005年7月
榎本 剛, 江守 正多, 経田 正幸, 野原 大輔, 山根 省三
天気   52(4) 241-247   2005年4月
榎本 剛, 江守 正多, 経田 正幸, 野原 大輔, 山根 省三, Takeshi ENOMOTO, Seita EMORI, Masayuki KYOUDA, Daisuke NOHARA, Shozo YAMANE, 独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球シミュレータセンター, 独立行政法人国立環境研究所:JAMSTEC地球環境フロンティア研究センター, 気象庁数値予報課, 独立行政法人科学技術振興機構(JST)/気象研究所, JAMSTEC地球環境フロンティア研究センター
天気 = Tenki   52(4) 241-247   2005年4月
佐藤 正樹, 岩崎 俊樹, 地球フロンティア研究システム:埼玉工業大学, 榎本 剛, 本田 有機, 竹見 哲也
天気 = Tenki   51(5) 371-372   2004年5月
遊馬 芳雄, 河崎 善一郎, 吉崎 正憲, 上田 博, 吉田 聡, 加藤 雅也, 榎本 剛
天気   51(3) 191-194   2004年3月
High-resolution global simulations of high-impact weather
Takeshi Enomoto, Wataru Ohfuchi, Hisashi Nakamura, Melvyn A. Shapiro
Proc. First THORPEX International Science Symposium      2004年
Accurate and robust Legendre transforms at large truncation wavenumbers with the Fourier method
Takeshi Enomoto, HIromitsu Fuchigami, Satoru Shigu
Proc. the 2004 workshop on the solution of partial differential equations on the sphere   17-19   2004年
ロスビー波束の伝播に伴う小低気圧の急速な発達〜2002年11月に発生した事例の再現実験〜
榎本剛
平成15年度特定研究集会「対流圏長周期変動と異常気象」(15S-3)   174-178   2004年
Simulations of the August 2002 floods in central Europe
Takeshi Enomoto, Wataru Ohfuchi, Hisashi Nakamura, Melvyn A. Shapiro
Proc. the International conference on high-impact weather and climate   62-65   2004年
Simulation of high-impact weather on the Earth Simulator
Proc. International Symposium on Monitoring, Prediction and Mitigation of Disasters by Satellite Remote Sensing   15-22   2004年
2002年8月に中欧で起きた洪水とロスビー波束の伝播
榎本剛
2003年夏の研究集会「メソ対流系」戦略的創造研究メンバー報告書   141-146   2003年
10-km mesh global atmospheric simulations
Wataru Ohfuchi, Takeshi Enomoto, Kotaro Takaya, Mayumi K. Yoshioka
Proc. the tenth ECMWF workshop on the use of high performance computing in meteorology   47-57   2003年
Simulations of global to regional phenomena using a 10-km mesh AGCM on the Earth Simulator
Takeshi Enomoto, Yoshihisa Matsuda, Brian J. Hoskins
Proc. International Workshop on NWP models for heavy precipitation in Asia and Pacific Areas   165-171   2003年
The atmospheric response to subtropical heating and its influence upon the mid-latitude flows
Takeshi Enomoto, Yoshihisa Matsuda, Brian J. Hoskins
Proc. the Ninth Asian Congress of Fluid Mechanics (9ACFM)      2002年
The formation mechanism of the Bonin high in August
Takeshi Enomoto, Yoshihisa Matsuda, Brian J. Hoskins
Proc. The Third International Symposium on Asian Monsoon System (ISAM3)   104-108   2001年
6.MC10:亜熱帯高気圧(第22回国際測地学地球物理学連合総会(IUGG99)報告(2))
榎本 剛
天気      2000年2月
岩崎 俊樹, 久芳 奈遠美, 那須野 智江, 中田 隆, 円山 憲一, 竹見 哲也, 平沢 尚彦, 日暮 明子, 岡田 靖彦, 楠 昌司, 江守 正多, 羽角 博康, 榎本 剛, 谷貝 勇, 井上 孝洋, 沖 大幹, 谷本 陽一, 根田 昌典, 渡部 雅浩, 見延 庄士郎, 中村 尚, 大谷 竜, 川村 宏, 小池 俊雄, 井上 豊志郎, 可知 美佐子
天気   47(2) 97-107   2000年2月
山森 美穂, 榎本 剛, 高谷 康太郎
天気   46(7) 461-464   1999年7月
榎本 剛, 松田 佳久
数理解析研究所講究録   1030 102-112   1998年4月
Simulation of the Baiu/Meiyu frontal zone using a global 10-km mesh atmospheric model
Proc. the 2nd Workshop on Regional Climate Modeling for Monsoon SystemYokohama (Japan), GAME Publication   39 141-146   2003年   [査読有り]
塩崎公大, 榎本剛, 高谷康太郎
平成29年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   105-110   2018年3月

Misc

 
低緯度におけるハリケーン強化過程の惑星渦度に対する依存性
吉岡大秋・榎本剛
日本流体力学会年会2018      2018年9月
RBF球面浅水波モデルの誤差特性に対する節点配置の影響
榎本剛
日本流体力学会年会2018      2018年9月
球面螺旋節点上の浅水波モデル
榎本剛
日本地球惑星科学連合2018年大会 M-GI28 計算科学による惑星形成・進化・環境変動研究の新展開      2018年5月
D404 RBFを用いた浅水波モデルの標準実験による検証
榎本剛
日本気象学会2018年度春季大会      2018年5月
観測インパクト評価診断(EFSO)ツールの適応型観測実験への利用
山崎哲,三好建正,榎本剛,小守信正,猪上淳
日本気象学会2018年度春季大会      2018年5月
低緯度で発生したハリケーンに対する惑星渦度感度実験
吉岡大秋・榎本剛
東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「地球流体における渦の形成・構造・作用の力学」      2018年3月
「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会の報告
廣岡俊彦, 伊藤耕介, 小守信正, 山口春季, 江口菜穂, 野口峻佑, 竹村和人, 釜江陽一, 榎本剛
65(3) 194-199   2018年3月
距離基底函数を用いた球面螺旋浅水波モデル
榎本剛
平成29年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2018年2月
低緯度におけるハリケーン強化過程のダウンスケール実験
吉岡大秋・榎本剛
平成29年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2018年2月
吉岡大秋, 榎本剛
平成29年度「異常気象と長期変動」研究集会報告   5-8   2018年
ダウンスケール実験で再現された低緯度におけるハリケーン強化過程の解析,「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会
吉岡大秋・榎本剛
「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会      2017年11月
2015/16年に発生したEl Ni_oの事例解析
塩崎 公大,榎本剛,高谷康太郎
「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会      2017年11月
高解像度金星大気シミュレーションで再現された惑星規模のストリーク構造
樫村 博基, 杉本 憲彦, 高木 征弘, 松田 佳久, 大淵 済, 榎本 剛, 中島 健介, 石渡 正樹, 佐藤 隆雄, はしもと じょーじ, 佐藤 毅彦, 高橋 芳幸, 林 祥介
日本気象学会2017年度秋季大会      2017年10月
AFES-LETKF 同化システムへの対観測予報感度診断ツールの実装
山崎哲・三好建正・榎本剛・小守信正
日本気象学会2017年度秋季大会      2017年10月
ダウンスケール実験を用いた低緯度で発生した熱帯低気圧の強化過程の解析-2016年ハリケーンPALIの事例-
吉岡大秋・榎本剛
日本気象学会2017年度秋季大会      2017年10月
AFES-Venusによる金星大気のモデリング
高木征弘,杉本憲彦,安藤紘基,樫村博基,松田佳久,榎本剛,中島健介,石渡正樹,小高正嗣,はしもとじょーじ,大淵済,高橋芳幸,林祥介
日本気象学会2017年度秋季大会      2017年10月
研究集会「東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会」の報告
西 憲敬, 高谷祐平, 原田やよい, 時長宏樹, 竹村和人, 宮坂貴文, 榎本剛
64(6) 450-455   2017年6月
ENSOと極東域の寒暖との関係
塩崎公大・榎本剛・高谷康太郎
日本気象学会2017年度春季大会      2017年5月
榎本剛
64(3) 189-191   2017年3月
吉岡大秋,榎本剛
平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2017年2月
榎本剛, 吉田聡, 中野満寿男, 山根省三, 山口宗彦
平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会      2017年2月
弱コリオリ下でのハリケーンのアンサンブル予報実験(台風研究会)
吉岡大秋,榎本剛
平成28年度京都大学防災研究所共同研究集会「台風研究会」 -複合要因により強大化する台風災害の実態解明と減災に向けて-      2016年11月
OpenIFSによる予報実験
榎本剛,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三,山口宗彦,松枝未遠
東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会      2016年11月
弱コリオリ下でのハリケーンのアンサンブル予報実験
吉岡大秋,榎本剛
東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会      2016年11月
エルニーニョ時の日本の天候と熱帯海面水温偏差
塩崎公大,榎本剛,高谷康太郎
東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会      2016年11月
第9回気象庁数値モデル研究会・第44回メソ気象研究会・第2回観測システム予測可能性研究連絡会−アンサンブル予報の発展と展望−の報告
佐藤芳昭, 加藤輝之, 榎本剛, 永戸久喜, 太田洋一郎, 野口峻佑, 佐藤和敏, 松枝未遠, 小野耕介, 國井 勝, 横田 祥, 野原大輔, 牛山朋來
63(10) 843-849   2016年10月
OpenIFSによる予報実験
榎本剛
激甚化する台風・爆弾低気圧起源の災害ハザード予測研究ワークショップ2016      2016年10月
2013年台風第3号Yagiの予報実験
榎本剛
日本気象学会2016年度秋季大会      2016年10月
P319 アンサンブルダウンスケール実験による台風発生メカニズムに関する解析ー2016年ハリケーンPALIの事例ー
吉岡大秋,榎本剛
日本気象学会2016年度秋季大会      2016年10月
Introduction to numerical weather prediction
Takeshi Enomoto
South-East Asia School on Tropical Atmospheric Science (SEASTAS)      2016年8月   [依頼有り]
Application of ensemble-based techniques to tropical disturbances
Takeshi Enomoto
The second International Workshop on Extreme Weather in Changing Climate in the Maritime Continent      2016年8月   [依頼有り]
Ensemble-based experimental atmospheric reanalysis using a global coupled atmosphere?ocean GCM
Komori, N., T. Enomoto, T. Miyoshi, A. Yamazaki, A. Kuwano-Yoshida, B. Taguchi
Fifth International Symposium on Data Assimilation 2016      2016年7月
Arctic OSE studies by using the AFES-LETKF data assimilation system
Yamazaki, A., J. Inoue, T. Enomoto, T. Miyoshi, and N. Komori
Fifth International Symposium on Data Assimilation 2016      2016年7月
ルジャンドル陪函数の数値計算法の比較
榎本剛
日本地球惑星物理学連合2016年大会      2016年5月
A105 極東域におけるEl Ni?oの冬季気候への影響
塩崎公大, 高谷康太郎, 榎本剛
日本気象学会2016年度春季大会      2016年5月
C206 アンサンブルダウンスケール実験における台風発生の初期値依存性に関する解析 ―2013年台風4号の事例―
吉岡大秋, 筆保弘徳, 榎本剛, 勝俣昌己, 山崎哲, 横井覚, 辻野智紀, 舛田あゆみ, 城岡竜一
   2016年5月
2015年秋季「極域・寒冷域」及び「観測システム・予測可能性」合同研究連絡会の報告極域予測可能性研究に向けた現状と展望
西井和晃, 猪上 淳, 松枝未遠, 吉田聡
63(3) 251-254   2016年3月
Z307a ルジャンドル陪函数の計算手法
榎本剛
日本天文学会2016年春季年会講演予稿集      2016年3月
アンサンブル予報を用いた簡易感度解析
榎本剛
日本気象学会2015年度秋季大会「極域・寒冷域」及び「観測システム・予測可能性」合同研究連絡会      2015年10月
D170 フーリエ・ルジャンドル法によるルジャンドル多項式の誤差特性(気象予報・データ同化,一般口頭発表)
榎本 剛
大会講演予講集      2015年9月
P188 梅雨期の黒潮・黒潮続流域におけるゾンデ観測同化のインパクト(II)(ポスター・セッション)
川合 義美, 茂木 耕作, 吉田 聡, 榎本 剛, 万田 敦昌, 中村 尚
大会講演予講集      2015年9月
C315 簡易金星版AFES高解像度計算における運動エネルギーの波数間収支(「あかつき」金星大気探査カウントダウン,スペシャル・セッション)
樫村 博基, 杉本 憲彦, 高木 征弘, 大淵 済, 榎本 剛, 高橋 芳幸, 林 祥介
大会講演予講集      2015年9月
研究集会「急発達する低気圧の実態・予測・災害軽減に関する研究集会」の報告
川村隆一, 大塚成徳, 吉田 聡, 柳瀬 亘, 森 正人, 小坂 優, 竹村和人, 榎本剛
62(6) 533-538   2015年6月
C107 現業数値予報モデルを用いた予測可能性研究
榎本剛,宮地哲朗,山口宗彦,松枝未遠,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三
日本気象学会2015年度春季大会専門分科会「気象庁データを利用した気象研究の現状と展望」      2015年5月
C107 現業数値予報モデルを用いた予測可能性研究(気象庁データを利用した気象研究の現状と展望,専門分科会)
榎本 剛, 宮地 哲朗, 山口 宗彦, 松枝 未遠, 吉田 聡, 山崎 哲, 中野 満寿男, 山根 省三
大会講演予講集      2015年4月
第3回非静力学モデルに関する国際ワークショップ・第6回全球雲解像モデリングワークショップの開催報告
富田浩文, 梶川義幸, 宮本佳明, 吉村裕正, 榎本 剛, 北村祐二, 佐藤陽祐, 清木達也, 大塚成徳, 柳瀬 亘
62(1) 57-621   2015年1月
C107 現業数値予報モデルを用いた予測可能性研究
榎本剛,宮地哲朗,山口宗彦,松枝未遠,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三
日本気象学会2015年度春季大会専門分科会「気象庁データを利用した気象研究の現状と展望」      2015年
P184 梅雨期の黒潮・黒潮続流域におけるゾンデ観測同化のインパクト(ポスター・セッション)
川合 義美, 茂木 耕作, 榎本 剛, 万田 敦昌, 中村 尚
大会講演予講集      2014年9月
A204 TRMM PRブライトバンド高度の同化実験(データ同化,口頭発表)
榎本 剛, 山本 宗尚
大会講演予講集      2014年9月
B301 全球大気海洋結合モデルを用いたアンサンブルデータ同化システムの開発(中高緯度大気・相互作用,口頭発表)
小守 信正, 榎本 剛, 三好 建正, 山崎 哲, 田口 文明
大会講演予講集      2014年9月
B364 Winter T-PARC 2009観測が爆弾低気圧の予測可能性に及ぼす影響(南岸低気圧による大雪:その要因,実態,予測可能性,スペシャル・セッション)
吉田 聡, 榎本 剛
大会講演予講集      2014年9月
D451 簡易金星版AFES高解像度計算のエネルギースペクトル(大気力学,一般口頭発表)
樫村 博基, 杉本 憲彦, 高木 征弘, 大淵 済, 榎本 剛, 高橋 芳幸, 林 祥介
大会講演予講集      2014年4月
研究集会「異常気象と気候システム変動のメカニズムと予測可能性」の報告
榎本剛, 水田 亮, 森 正人, 宮坂貴文, 遠藤洋和, 松枝未遠
61(4) 280-284   2014年4月
第15回非静力学モデルに関するワークショップの報告
川島正行, 津口裕茂, 山田芳則, 榎本剛, 清水慎吾, 小野耕介, 中野満寿男, 山田広幸, 伊藤純至
天気   61(3) 211-218   2014年3月
TRMM PRブライトバンド高度の同化実験
榎本剛, 山本宗尚
   2014年
A312 球面螺旋を用いた準一様格子(データ同化・気象予報,口頭発表)
榎本 剛
大会講演予講集      2013年10月
P337 NCEP-GFSを用いた複数解析値からの台風進路予報実験(ポスター・セッション)
宮地 哲朗, 榎本 剛
大会講演予講集      2013年10月
「AICS国際データ同化ワークショップ」開催報告
三好建正, 大塚成徳, 小守信正, 露木義, 榎本剛
天気   60(9) 731-735   2013年9月
榎本剛,莊漢明
第15回非静力学モデルに関するワークショップ      2013年9月
P120 北極海上のラジオゾンデ観測網の実験的強化計画(ポスター・セッション)
猪上 淳, 堀 正岳, 山崎 哲, 榎本 剛, Dethloff K., Makshtas A., Uttal T.
大会講演予講集      2013年4月
D201 惑星大気大循環モデルDCPAMのセミラグランジュ法物質移流スキーム : 変則エルミート5次補間とarcsine非負フィルタ(物質循環I,口頭発表)
樫村 博基, 榎本 剛, 高橋 芳幸
大会講演予講集      2013年4月
C201 2009年10月に発生したAtmospheric Riverの予測可能性(気象予報,口頭発表)
宮地 哲朗, 榎本 剛
大会講演予講集      2013年4月
B401 熱帯低気圧に伴う解析アンサンブル・スプレッドの変動(台風のデータ同化研究,専門分科会)
榎本 剛, 三好 建正, 小守 信正
大会講演予講集      2013年4月
B404 台風発生予報の実現に向けて(台風のデータ同化研究,専門分科会)
筆保 弘徳, 茂木 耕作, 二好 建正, 榎本 剛, 伊藤 耕介
大会講演予講集      2013年4月
B401 熱帯低気圧に伴う解析アンサンブルスプレッドの変動
榎本剛,三好建正,小守信正,吉田聡,山口宗彦
日本気象学会2013年度春季大会 専門分科会「台風のデータ同化」      2013年
NCEP MSMにおける全球に適用可能な静力学気温の与え方
榎本剛,莊_明
第15回非静力学モデルに関するワークショップ      2013年
A312 球面螺旋を用いた準一様格子
榎本剛
日本気象学会2013年度秋季大会      2013年
猪上淳, 榎本剛, 堀正岳
京都大学防災研究所一般研究集会「週間および1か月予報における顕著現象の予測可能性」      2012年11月
A159 2次元移流モデルの混合特性(スペシャル・セッション「大気微量気体およびエアロゾルの同化とその気候研究への利用」,口頭発表)
榎本 剛
大会講演予講集      2012年9月
C105 北極海上の高層気象データは中高緯度の大気循環の再現性向上に役立つか?(中高緯度大気・相互作用,口頭発表)
猪上 淳, 榎本 剛, 堀 正岳
大会講演予講集      2012年9月
C365 ALERA2を用いたWinter T-PARC 2009観測システム実験(気象予報,口頭発表)
吉田 聡, 榎本 剛
大会講演予講集      2012年9月
C310 拡張浮動小数点数を用いたルジャンドル陪函数の計算(気象予報,一般口頭発表)
榎本 剛, 宮本 健吾
大会講演予講集      2012年4月
D460 福島第一原発事故によって放出された物質の輸送シミュレーションにおける大気再解析データに起因する誤差の検証(物質循環,一般口頭発表)
井口 敬雄, 向川 均, 榎本 剛
大会講演予講集      2012年4月
B201 静力学気圧座標を用いた非静力学支配方程式の再検討
榎本剛, 莊漢明
日本気象学会2011年度秋季大会      2011年11月
榎本剛, 小守信正, 三好建正, 田口文明
平成23年度「異常気象と長期変動」研究集会      2011年11月
B201 静力学気圧座標を用いた非静力学支配方程式系の再検討(気象予報,一般口頭発表)
榎本 剛, Juang Hann-Ming Henry
大会講演予講集      2011年10月
P131 大気海洋結合アンサンブルデータ同化システムCFES-LETKFの関発(ポスター・セッション)
小守 信正, 榎本 剛, 三好 建正
大会講演予講集      2011年10月
P315 海氷の扱いに着目した北極海上の再解析データの相互比較 : 北極観測航海データによる検証(ポスター・セッション)
猪上 淳, 堀 正岳, 榎本 剛
大会講演予講集      2011年10月
P334 ALERA2を用いたVPREX2010ゾンデデータの同化インパクト(ポスター・セッション)
服部 美紀, 松本 淳, 荻野 慎也, 伍培 明, 遠藤 伸彦, 久保田 尚之, 上米良 秀行, 増田 耕一, 榎本 剛, 三好 建正, 山根 省三
大会講演予講集      2011年10月
榎本剛, 莊漢明
第13回非静力学モデルに関するワークショップ      2011年10月
B402 非負フィルタを適用したスペクトル双3次内挿法(気象予報,一般口頭発表)
榎本 剛
大会講演予講集      2011年4月
A108 更新された地球シミュレータ上でのアンサンブル全球大気データ同化システムの構築(気象予報,口頭発表)
榎本 剛, 三好 建正, 茂木 耕作, 吉田 聡, 山根 省三
大会講演予講集      2010年9月
A303 Emanuel対流スキームへの可変エントレインメント率の適用(気候システムII,口頭発表)
吉田 聡, 榎本 剛, 大淵 済
大会講演予講集      2010年9月
P301 アンサンブル再解析データを用いた爆弾低気圧の予測精度検証(ポスターセッション)
吉田 聡, 榎本 剛
大会講演予講集      2010年4月
D155 客観解析の精度向上に対する強化観測データ追加の効果(気象予報)
茂木 耕作, 米山 邦夫, 勝俣 昌己, 城岡 竜一, 安永 数明, 鈴木 順子, 清木 亜矢子, 吉崎 正憲, 榎本 剛, 三好 建正, 山根 省三, 佐藤 尚毅
大会講演予講集      2009年10月
D164 全球静力学-雲解像非斉一結合モデルの開発(気象予報)
前島 康光, 榎本 剛, 吉田 聡, 榊原 篤志, 坪木 和久
大会講演予講集      2009年10月
P179 CFESによる高解像度大気海洋結合シミュレーション(IV)
小守 信正, 田口 文明, 吉田 聡, 佐々木 英治, 榎本 剛, 野中 正見, 笹井 義一, 本田 明治, 高谷 康太郎, 石田 明生, 升本 順夫, 大淵 済, 中村 尚
大会講演予講集      2009年10月
D163 浅水波モデルへのスペクトル双3次内挿法の適用(気象予報)
榎本 剛
大会講演予講集      2009年10月
A107 再解析データにおける北極漂流ブイデータのインパクト(気候システムI)
猪上 淳, 榎本 剛, 三好 建正, 山根 省三
大会講演予講集      2009年4月
A361 AFES-LETKFを用いた台風ベストトラックデータの同化(解析誤差と鋭敏性,スペシャル・セッション「データ同化と予測可能性」II)
榎本 剛, 三好 建正, 山根 省三
大会講演予講集      2008年10月
P132 CFESによる高解像度大気海洋結合シミュレーション(III)
小守 信正, 田口 文明, 吉田 聡, 佐々木 英治, 榎本 剛, 野中 正見, 笹井 義一, 本田 明治, 高谷 康太郎, 大淵 済, 中村 尚
大会講演予講集      2008年10月
A358 実験的再解析データALERAの解析誤差分布の特徴について(解析誤差と鋭敏性,スペシャル・セッション「データ同化と予測可能性」II)
山根 省三, 三好 建正, 榎本 剛, 大淵 済
大会講演予講集      2008年10月
A359 ALERAを用いた北極漂流ブイデータの同化インパクト(解析誤差と鋭敏性,スペシャル・セッション「データ同化と予測可能性」II)
猪上 淳, 榎本 剛, 三好 建正, 山根 省三
大会講演予講集      2008年10月
A360 ALERAにおけるMISMOゾンデデータの同化インパクト(解析誤差と鋭敏性,スペシャル・セッション「データ同化と予測可能性」II)
茂木 耕作, 米山 邦夫, 勝俣 昌己, 城岡 竜一, 佐藤 尚毅, 安永 数明, 山田 広幸, 藤田 実季子, 清木 亜矢子, 吉崎 正憲, 榎本 剛, 三好 建正, 山根 省三, 牛山 朋来
大会講演予講集      2008年10月
P187 Emanuel対流スキームの改良による水蒸気鉛直分布の改善
吉田 聡, 榎本 剛
大会講演予講集      2008年10月
P225 スペクトル微係数を用いた双3次空間内挿法
榎本 剛
大会講演予講集      2008年4月
加藤 輝之, 坪木 和久, 別所 康太郎, 吉崎 正憲, 沢田 雅洋, 村田 昭彦, 楠 研一, 橋本 明弘, 尾上 万里子, 榎本 剛, 山田 広幸, 上田 博
天気   55(3) 173-179   2008年3月
余田 成男, 中澤 哲夫, 山口 宗彦, 竹内 義明, 木本 昌秀, 榎本 剛, 岩崎 俊樹, 向川 均, 松枝 未遠, 茂木 耕作, 三好 建正, 新野 宏, 斉藤 和雄, 瀬古 弘, 小司 禎教
天気   55(2) 117-126   2008年2月
C252 佐呂間竜巻を伴った爆弾低気圧の予測可能性(その2) : 凝結スキームに対する感度実験(降水システムIII)
吉田 聡, 榎本 剛
大会講演予講集      2007年9月
P190 AFESへの乱流凝結過程の導入
吉田 聡, 榎本 剛
大会講演予講集      2007年9月

講演・口頭発表等

 
平成30年7月豪雨と台風第7号の初期時刻依存性実験
榎本剛
2018年度日本気象学会関西支部第3回例会   2019年12月22日   
2018年台風第7号と西日本豪雨の予報実験
榎本剛
日本気象学会2019年度春季大会   2019年5月18日   
台風進路予測に残された課題 [招待有り]
榎本剛
第51回メソ気象研究会・台風研究連絡会・第6回観測システム・予測可能性研究連絡会・第12回気象庁数値モデル研究会   2019年5月14日   
Application of spherical helix nodes to a shallow-water model using radial basis functions
榎本剛
Workshop on partial differential equations on the sphere 2019   2019年5月1日   
Expectations for the Japanese regional reanalysis in high-impact weather research
榎本剛
Meeting towards the Japan regional reanalysis   2019年3月29日   
2018年台風第7号の進路予想と鉛直構造
榎本剛
低気圧と暴風雨に係るワークショップ2019   2019年3月28日   
RAHOTS: Radial Basis Functions Along Helix On The Sphere
榎本剛
4th International Joint Workshop on Computationally-Intensive Modeling of the Climate System and 9th OFES International Workshop   2019年2月28日   
平成30年7月豪雨に対する台風第7号の予想進路の影響
榎本剛
京都大学防災研究所研究発表講演会   2019年2月19日   
平成30年7月豪雨に対する台風第7号の予報進路の影響
榎本剛
研究集会「季節予測システムと異常気象の要因分析」   2018年11月21日   
2013年台風第3号Yagiの高解像度予報実験
榎本剛,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三,山口宗彦,松枝未遠,Glenn Carver, Jean-Raymond Bidlot
日本気象学会2018年度秋季大会   2018年10月30日   
RBF球面浅水波モデルの誤差特性に対する節点配置の影響
榎本剛
日本流体力学会年会2018   2018年9月3日   
低緯度におけるハリケーン強化過程の惑星渦度に対する依存性
吉岡大秋・榎本剛
日本流体力学会年会2018   2018年9月3日   
球面螺旋節点上の浅水波モデル
榎本剛
日本地球惑星科学連合2018年大会 M-GI28 計算科学による惑星形成・進化・環境変動研究の新展開   2018年5月23日   
D404 RBFを用いた浅水波モデルの標準実験による検証
榎本剛
日本気象学会2018年度春季大会   2018年5月19日   
観測インパクト評価診断(EFSO)ツールの適応型観測実験への利用
山崎哲,三好建正,榎本剛,小守信正,猪上淳
日本気象学会2018年度春季大会   2018年5月17日   
低緯度で発生したハリケーンに対する惑星渦度感度実験
吉岡大秋・榎本剛
東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「地球流体における渦の形成・構造・作用の力学」   2018年3月6日   
距離基底函数を用いた球面螺旋浅水波モデル
榎本剛
平成29年度京都大学防災研究所研究発表講演会   2018年2月21日   
低緯度におけるハリケーン強化過程のダウンスケール実験
吉岡大秋・榎本剛
平成29年度京都大学防災研究所研究発表講演会   2018年2月20日   
2015/16年に発生したEl Ni_oの事例解析
塩崎 公大,榎本剛,高谷康太郎
「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会   2017年11月20日   
ダウンスケール実験で再現された低緯度におけるハリケーン強化過程の解析,「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会
吉岡大秋・榎本剛
「様々な結合過程がもたらす異常気象の実態とそのメカニズム」に関する研究集会   2017年11月20日   
AFES-LETKF 同化システムへの対観測予報感度診断ツールの実装
山崎哲・三好建正・榎本剛・小守信正
日本気象学会2017年度秋季大会   2017年10月31日   
高解像度金星大気シミュレーションで再現された惑星規模のストリーク構造
樫村 博基, 杉本 憲彦, 高木 征弘, 松田 佳久, 大淵 済, 榎本 剛, 中島 健介, 石渡 正樹, 佐藤 隆雄, はしもと じょーじ, 佐藤 毅彦, 高橋 芳幸, 林 祥介
日本気象学会2017年度秋季大会   2017年10月31日   
Disparate Mid-latitude Responses to ENSO Categorized by the Winter Climate in the Far East
塩崎公大, 榎本剛, 高谷康太郎
International Symposium on Earth-Science Challenges 2017   2017年10月30日   
AFES-Venusによる金星大気のモデリング
高木征弘,杉本憲彦,安藤紘基,樫村博基,松田佳久,榎本剛,中島健介,石渡正樹,小高正嗣,はしもとじょーじ,大淵済,高橋芳幸,林祥介
日本気象学会2017年度秋季大会   2017年10月30日   
ダウンスケール実験を用いた低緯度で発生した熱帯低気圧の強化過程の解析-2016年ハリケーンPALIの事例-
吉岡大秋・榎本剛
日本気象学会2017年度秋季大会   2017年10月30日   
ENSOと極東域の寒暖との関係
塩崎公大・榎本剛・高谷康太郎
日本気象学会2017年度春季大会   2017年5月25日   
Effects of the Coriolis Force on Intensity of Hurricane PALI in Ensemble Experiments
榎本剛
A-AS06 Advances in Tropical Cyclone Research: Past, Present, and Future, JpGU-AGU Joint Meeting 2017   2017年5月20日   
榎本剛, 吉田聡, 中野満寿男, 山根省三, 山口宗彦
平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会   2017年2月21日   
吉岡大秋,榎本剛
平成28年度京都大学防災研究所研究発表講演会   2017年2月21日   
エルニーニョ時の日本の天候と熱帯海面水温偏差
塩崎公大,榎本剛,高谷康太郎
東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会   2016年11月   
弱コリオリ下でのハリケーンのアンサンブル予報実験
吉岡大秋,榎本剛
東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会   2016年11月   
OpenIFSによる予報実験
榎本剛,吉田聡,山崎哲,中野満寿男,山根省三,山口宗彦,松枝未遠
東アジア域における大気循環の季節内変動に関する研究集会   2016年11月   
弱コリオリ下でのハリケーンのアンサンブル予報実験(台風研究会)
吉岡大秋,榎本剛
平成28年度京都大学防災研究所共同研究集会「台風研究会」 -複合要因により強大化する台風災害の実態解明と減災に向けて-   2016年11月   
P319 アンサンブルダウンスケール実験による台風発生メカニズムに関する解析ー2016年ハリケーンPALIの事例ー
吉岡大秋,榎本剛
日本気象学会2016年度秋季大会   2016年10月   
2013年台風第3号Yagiの予報実験
榎本剛
日本気象学会2016年度秋季大会   2016年10月   
OpenIFSによる予報実験
榎本剛
激甚化する台風・爆弾低気圧起源の災害ハザード予測研究ワークショップ2016   2016年10月   
Comparison of computational methods of associated Legendre functions
榎本剛
Advanced Programming Techniques for the Earth System Science, International Summer School on Atmospheric and Oceanic Sciences 2016   2016年8月28日   
Application of ensemble-based techniques to tropical disturbances [招待有り]
Takeshi Enomoto
The second International Workshop on Extreme Weather in Changing Climate in the Maritime Continent   2016年8月25日   
Introduction to numerical weather prediction [招待有り]
Takeshi Enomoto
South-East Asia School on Tropical Atmospheric Science (SEASTAS)   2016年8月23日   
Arctic OSE studies by using the AFES-LETKF data assimilation system
Yamazaki, A., J. Inoue, T. Enomoto, T. Miyoshi, and N. Komori
Fifth International Symposium on Data Assimilation 2016   2016年7月   
Ensemble-based experimental atmospheric reanalysis using a global coupled atmosphere–ocean GCM
Komori, N., T. Enomoto, T. Miyoshi, A. Yamazaki, A. Kuwano-Yoshida, B. Taguchi
Fifth International Symposium on Data Assimilation 2016   2016年7月   
C206 アンサンブルダウンスケール実験における台風発生の初期値依存性に関する解析 ―2013年台風4号の事例―
吉岡大秋, 筆保弘徳, 榎本剛, 勝俣昌己, 山崎哲, 横井覚, 辻野智紀, 舛田あゆみ, 城岡竜一
2016年5月   
A105 極東域におけるEl Niñoの冬季気候への影響
塩崎公大, 高谷康太郎, 榎本剛
日本気象学会2016年度春季大会   2016年5月   
ルジャンドル陪函数の数値計算法の比較
榎本剛
日本地球惑星物理学連合2016年大会   2016年5月   
Z307a ルジャンドル陪函数の計算手法
榎本剛
日本天文学会2016年春季年会講演予稿集   2016年3月   
Error characteristics of Legendre polynomials computed with the Fourier-Legendre method
榎本剛
Workshop on Partial Differential Equations on the sphere 2015   2015年10月21日   
アンサンブル予報を用いた簡易感度解析
榎本剛
日本気象学会2015年度秋季大会「極域・寒冷域」及び「観測システム・予測可能性」合同研究連絡会   2015年10月   
C315 簡易金星版AFES高解像度計算における運動エネルギーの波数間収支(「あかつき」金星大気探査カウントダウン,スペシャル・セッション)
樫村 博基, 杉本 憲彦, 高木 征弘, 大淵 済, 榎本 剛, 高橋 芳幸, 林 祥介
大会講演予講集   2015年9月30日   
P188 梅雨期の黒潮・黒潮続流域におけるゾンデ観測同化のインパクト(II)(ポスター・セッション)
川合 義美, 茂木 耕作, 吉田 聡, 榎本 剛, 万田 敦昌, 中村 尚
大会講演予講集   2015年9月30日   
D170 フーリエ・ルジャンドル法によるルジャンドル多項式の誤差特性(気象予報・データ同化,一般口頭発表)
榎本 剛
大会講演予講集   2015年9月30日