基本情報

所属
東北大学 大学院理学研究科・理学部 附属惑星プラズマ・大気研究センター 准教授
(兼任) 名大共同利用委員,URSI-G委員,極地研宙空圏専門委員
学位
博士(理学)(Tohoku University)
理学修士(Tohoku University)

連絡先
tsakanoipparc.gp.tohoku.ac.jp
研究者番号
80271857
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-7146-9020
J-GLOBAL ID
200901022694257366
Researcher ID
C-5593-2018

外部リンク

以下の研究を推進しています。
1.ハワイ・ハレアカラ望遠鏡やすばる望遠鏡・NASA/IRTF望遠鏡による木星オーロラなどの惑星や衛星の可視・赤外観測と近赤外エシェル分光器開発
2.極域ロケット(Rocksat-XN, LAMP)搭載光学カメラや地上観測による脈動オーロラ発光現象の解明
3.砕氷船しらせや、船舶搭載用小型全天イメージャーの開発とオーロラ・大気光観測
4.国際宇宙ステーション搭載可視・近赤外分光イメージャー(ISS-IMAP/VISI)の機器開発主担当ならび超高層大気発光観測に基づく大気重力波の研究
5. 極域地上光学観測に基づくオーロラ発光の微細構造変動ならびに偏光プロセスの解明
6.れいめい衛星搭載多色オーロラカメラ(MAC)の機器開発主担当ならびにオーロラ微細構造と中低緯度大気光の研究
7.衛星搭載光学機器の開発: Akatsuki/IR1, Hisaki/FOV, ISS-IMAP, Reimei/MAC, Kaguya/UPI-TVIS, Sprite-sat理学機器マネージャー
8.地上磁場観測に基づくELF,ULF帯地磁気脈動の研究
9.第37次隊南極昭和基地越冬ならびに地上ファブリーペロー高分散分光データに基づくオーロラ活動に伴う熱圏大気-電離圏プラズマ大気の相互作用の研究
10.あけぼの衛星磁場・プラズマ粒子データに基づくオーロラ加速領域の研究

研究キーワード

  9

受賞

  1

論文

  207

MISC

  68

書籍等出版物

  1

講演・口頭発表等

  518

社会貢献活動

  50

メディア報道

  5

その他

  34
  • 2019年1月 - 2019年1月
    国際オーロラロケット計画G-CHSAERシリーズの一つである、コロラド大学が主導しノルウェーで打ち上げたRockSatに搭載するための、脈動オーロラを詳細に観測するためのオーロラ光学カメラを開発を行った。ロケットは2019年1月に打ち上げ成功し、データを取得した。
  • 2016年1月 - 2016年1月
    The goal of this project is to study auroral precipitation using a unique setup of satellite-based in-situ measurements and ground-based observations, with the application of state-of-the-art generalised tomography-like methods. We aim to build a full three-dimensional picture of the energy spectra of precipitating particles. The particle energy distribution and its variations control the auroral excitations, and have an important impact on various ionospheric processes as well as affecting the composition and chemistry of the high latitude upper-atmosphere. Variations in the electron precipitation energies are ultimately driven by solar wind and magnetospheric activity and therefore are a convenient way to gain new information on several processes taking place in the near-Earth plasma environment. The project will include two meetings of all team members at ISSI, with an expected outcome of one concluding paper and additional scientific and technical publications. The new analysis tools resulting from the proposed project will improve the capability of ground-based support for current and future spacecraft missions and complement the upcoming next generation European incoherent s
  • 2013年10月 - 2013年10月
    本事業は、ハワイ大の天文学研究施設(以下IfA)と東北大の惑星プラズマ・大気研究センター(以下PPARC)と地球物理学専攻による共同観測研究を核とし、連携するフランス国立科学研究センター・大気環境宇宙観測研究所(以下LATMOS)及びマックスプランク太陽系研究所(以下MPS)との共同理論研究の強化により、国際的な視野と実績をもつ惑星プラズマ・大気の次世代若手観測・理論研究リーダーを育成する。
  • 2011年12月 - 2011年12月
    アラスカ・ポーカーフラットにおいて、地上オーロラ高速撮像ならびに偏光観測を実施した。