宝来 毅

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/26 16:33
 
アバター
研究者氏名
宝来 毅
 
ホウライタケシ
所属
鈴鹿工業高等専門学校
職名
助教
学位
修士(教育学)(奈良教育大学大学院)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
鈴鹿工業高等専門学校 教養教育科 助教
 
2013年4月
 - 
2015年3月
奈良県 奈良市立六条小学校 教諭
 

学歴

 
 
 - 
2013年
国立大学法人 奈良教育大学大学院 教育学研究科 
 
 
 - 
2011年
国立大学法人 奈良教育大学 教育学部 
 

委員歴

 
2017年6月
 - 
現在
公益財団法人 日本水泳連盟  科学委員会 
 
2015年4月
 - 
現在
三重県水泳連盟  医科学委員会
 

論文

 
Center of mass and ceter of buoyancy in physically impaired swimmers
Hohrai T., Tachi M., Ohnuma H., and Wakayoshi K.
XIII th INTERNATIONAL SYMPOSIUM on BIOMECHANICS and MEDICINE in SWIMMING PROCEEDINGS   332-336   2018年9月   [査読有り]

Misc

 
肢体不自由者の泳能力向上のための水中バランス評価法の確立
宝来毅,立正伸,大沼勇人,若吉浩二
The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine   6(6) 544-544   2017年11月
競泳のレースにおけるスタート局面の重要性
宝来 毅 ,立 正伸
月刊 水泳   474 38-39   2016年1月

講演・口頭発表等

 
Center of mass and center of buoyancy in physically impaired swimmers
Hohrai T., Tachi M., Ohnuma H., and Wakayoshi K.
Biomechanics and medicine in swimming   2018年9月   
肢体不自由者の泳能力向上のための水中バランス評価法の確立
宝来 毅,立 正伸,大沼 勇人,若吉 浩二
第72回日本体力医学会大会   2017年9月16日   
有浮力水着の着用が子供の泳能力に及ぼす影響
宝来 毅 ,若吉 浩二 ,立 正伸
第25回日本トレーニング科学会大会    2012年12月1日   
レースにおけるスタート局面のパフォーマンスにスタート台のバックプレートが及ぼす影響
宝来 毅 ,立 正伸
日本水泳・水中運動学会2011年次大会   2011年10月15日   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
日本水泳連盟 科学委員会サポートスタッフ
【その他】  2010年2月 - 2017年6月