基本情報

所属
追手門学院大学 心理学部 教授
学位
修士(教育学)(京都大学)

研究者番号
70330165
J-GLOBAL ID
200901003262832802

外部リンク

公立博物館成立前史、形成過程、維持存続の実態、博物館関連法制度に関する調査研究を行っています。近年は、博物館を巡る価値の多様化、指定管理者制度と情報公開、自治体財政難を背景とした施設の適正配置、資金調達、入館料等の研究に着手しています。また、分野横断的な資料の現地保存の問題に興味を持っています。
追手門学院大学心理学部では、主に学芸員課程を担当しています。出身が社会教育研究(教育学部での卒業論文・修士論文では、スウェーデンのリカレント教育を扱いました)のため、授業では社会教育関係科目も担当しています。

論文

  18

共同研究・競争的資金等の研究課題

  11

MISC

  49

書籍等出版物

  6
  • 社会教育, 生涯学習辞典編集委員会, 社会教育, 生涯学習辞典編集委員会(担当:共編者(共編著者), 範囲:博物館分野)
    朝倉書店  2012年12月 (ISBN: 4254510330) 
  • 全日本博物館学会, 全日本博物館学会(担当:分担執筆, 範囲:「第三世代の博物館」「日本社会教育学会」の項目を執筆)
    雄山閣  2011年9月 (ISBN: 4639021836) 
  • 大阪ボランティア協会, 日本ボランティアコーディネーター協会(担当:分担執筆, 範囲:ミュージアムにおけるボランティアコーディネーション)
    大阪ボランティア協会  2008年3月 (ISBN: 9784873080567) 
  • 全国大学博物館学講座協議会西日本部会, 全国大学博物館学講座協議会西日本部会(担当:分担執筆, 範囲:博物館における学習支援)
    芙蓉書房出版  2008年2月 (ISBN: 4829504161) 
  • 日本社会教育学会年報編集委員会, 日本社会教育学会年報編集委員会(担当:分担執筆, 範囲:「博物館法・基準・評価をめぐる現状と課題」)
    東洋館出版社  2003年9月 (ISBN: 4491019290) 

講演・口頭発表等

  59