瀧川裕貴

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/05 16:13
 
アバター
研究者氏名
瀧川裕貴
 
タキカワ ヒロキ
URL
https://sites.google.com/site/berutaki/
所属
東北大学
部署
大学院文学研究科
職名
准教授
学位
博士(社会学)(東京大学大学院人文社会系研究科)
Twitter ID
@berutaki

プロフィール

理論社会学をアイデンティティの中心におきつつ、数理社会学、量的方法論、社会ネットワーク分析、社会階層論、そして計算社会科学等の領域で主に研究しています.計算社会科学は、オンライン上の観察データやデジタル化された歴史データについての機械学習や自然言語処理による分析、オンライン実験やマスコラボレーション、データ駆動型エイジェントベースドモデリング等を駆使して社会現象の解明に迫る新たな学問分野で、現在世界的な潮流となりつつあります.最近の具体的な研究テーマは、インターネットにおける分極化と公共圏の成立可能性、分極化に関するオンライン実験による因果メカニズムの同定、ネットワークモデルによる社会階層の新たな定式化、人口過程を組み込んだ階層-人口移動の統合モデルの確立などです.下記で公開になっていない業績については、適宜問い合わせください.

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
現在
東北大学国際高等研究教育機構学際科学フロンティア研究所 助教(名称変更)
 
2014年2月
 - 
2015年8月
Institute for Research in the Social Sciences, Stanford University Visiting Researcher
 
2012年11月
 - 
2013年3月
東北大学国際高等研究教育機構先端融合シナジー研究所 助教(異動)
 
2012年4月
 - 
2012年10月
東北大学文学研究科 助教
 
2011年5月
 - 
2012年3月
総合研究大学院大学先導科学研究科 特別研究員
 
2010年4月
 - 
2011年3月
総合研究大学院大学学融合推進センター 特別研究員(名称変更)
 
2007年12月
 - 
2010年3月
総合研究大学院大学葉山高等研究センター 上級研究員
 
2007年7月
   
 
東京大学産学連携本部 リサーチフェロー
 
2007年4月
 - 
2007年11月
総合研究大学院大学葉山高等研究センター センター研究員
 
2007年2月
 - 
2007年3月
総合研究大学院大学葉山高等研究センター 上級研究員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 

学歴

 
2003年3月
   
 
東京大学大学院 人文社会系研究科 社会文化研究社会学専修博士課程 単位取得退学
 
2000年4月
   
 
東京大学大学院 人文社会系研究科 社会文化研究社会学専修博士課程 進学
 
1998年4月
 - 
2000年3月
東京大学大学院 人文社会系研究科 社会文化研究社会学専修修士課程
 
1998年3月
   
 
東京大学 文学部 行動文化学科社会学 卒業
 
1994年4月
   
 
東京大学文科Ⅲ類入学  
 

委員歴

 
 
   
 
Members of program committee of the workshop Application of Big Data for Computational Social Science in IEEE BigData 2017
 
 
   
 
計算社会科学研究会幹事
 

論文

 
Takuto Sakamoto, Hiroki Takikawa
   2017年11月   [査読有り]
Political polarization in public space can seriously hamper the function and
the integrity of contemporary democratic societies. In this paper, we propose a
novel measure of such polarization, which, by way of simple topic modelling,
quantifies di...
Hiroki Takikawa, Kikuko Nagayoshi
   2017年11月   [査読有り]
There is an ongoing debate about whether the Internet is like a public sphere
or an echo chamber. Among many forms of social media, Twitter is one of the
most crucial online places for political debate. Most of the previous studies
focus on the fo...
瀧川裕貴・阪本拓人
第一回計算社会科学ワークショップ論文集      2017年2月
阪本拓人・瀧川裕貴
第一回計算社会科学ワークショップ論文集      2017年2月
Obayashi S, Inagaki Y, Takikawa H
PloS one   12(2) e0172597   2017年   [査読有り]

Misc

 
Hiroki Takikawa, Takuto Sakamoto
   2017年4月
There has been a growing body of study on the relationship between
public/political discourse and its moral-emotional foundations. Most of the
studies, however, have been confined to a single country's context, lacking
cross-cultural perspectives....
反証可能性
瀧川裕貴
現代社会学事典 弘文堂      2012年
尺度の信頼性・妥当性
瀧川裕貴
現代社会学事典 弘文堂      2012年

書籍等出版物

 
ソーシャルキャピタルと社会
佐藤嘉倫編 (担当:分担執筆, 範囲:ソーシャルキャピタルと社会秩序)
ミネルヴァ書房   
近刊
ソーシャルメディア時代の公共性:リスク社会を読み解く
遠藤薫編 (担当:分担執筆, 範囲:ソーシャルメディアと公共圏——公共圏の関係論的定式化の提唱とTwitter政治場の経験的分析)
東京大学出版会   
近刊
盛山 和夫, 浜田 宏, 武藤 正義, 瀧川 裕貴 (担当:共著)
有斐閣   2015年3月   ISBN:4641174083
社会学入門——社会をモデルでよむ
小林盾 [ほか] 編 (担当:分担執筆, 範囲:福祉:なぜ自殺するのかーーアノミー)
朝倉書店   2014年   ISBN:9784254500202
Social capital: Theory, measurement and outcomes
C. Douglas Johnson, editor (担当:分担執筆, 範囲:Who gain resources from which social capital? A mathematical review)
NOVA Publisher   2013年   ISBN:9781624178221
Horiuchi, Shiro, Kanazawa,, Yusuke, Suzuki, Takahisa and Takikawa, Hiroki

講演・口頭発表等

 
Takikawa, Hiroki and Kikuko Nagayoshi
2017 IEEE International Conference on Big Data   2017年12月11日   
Sakamoto Takuto and Hiroki Takikawa
2017 IEEE International Conference on Big Data   2017年12月11日   
瀧川裕貴
第90回日本社会学会大会   2017年11月5日   
Analysis of Political Polarization in Japan from Computational Social Science Perspective [招待有り]
瀧川裕貴
Institute of Sociology, Academia Sinica   2017年10月11日   
Takikawa, Hiroki and Takuto Sakamoto
International Conference on Computational Social Science   2017年6月10日   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
文化場の解析を目的としたネットワーク分析による量的方法論と数理モデルの開発
科学研究費補助金・基盤研究(C) 16K13347
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 瀧川裕貴
市民社会とともに歩むコモンズ―中山間地域活性化の数理社会学的研究―
科学研究費補助金・基盤研究(B) 16H03698
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中井 豊
国際関係論研究における計算社会科学的手法の導入と評価
科学研究費補助金・挑戦的萌芽 16K13347
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 阪本拓人
投資マインドの心理学的研究:金融リスク認知と投資行動の関係の解明と応用
科学研究費補助金・挑戦的萌芽研究 26590134
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 佐々木 美加
社会的地位階層制のメカニズムに関する数理社会学的分析
科学研究費補助金・若手研究(B) 25780304
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 瀧川裕貴
異質な人びとが共同管理するコモンズへ向けた数理社会学的研究
科学研究費補助金・基盤研究(C) 24530601
研究期間: 2012年4月 - 2015年3月    代表者: 中井 豊
規範の行為理論的基礎に関する社会学的研究
特別研究員奨励費 03J10138
研究期間: 2003年 - 2005年    代表者: 瀧川裕貴