平泉拓

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/12 19:16
 
アバター
研究者氏名
平泉拓
 
ヒライズミ タク
URL
https://www.tfu.ac.jp/education/professors/kg/japanese/researchersHtml/1002948/1002948_Researcher.html
所属
東北福祉大学
部署
総合福祉学部 福祉心理学科
職名
助教
学位
博士(教育学)(東北大学大学院)

プロフィール

臨床心理士

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
医療法人社団 慶生会 滋慶トータルサポートセンター カウンセラー
 
2016年4月
 - 
現在
社会福祉法人 陽光福祉会 医療型障害児入所施設 仙台エコー医療療育センター カウンセラー
 
2015年4月
 - 
現在
宮城県介護労働安定センター ヘルスカウンセリング事業 カウンセラー
 
2015年4月
 - 
現在
公立学校共済組合宮城支部 メンタルヘルス相談事業 相談員
 
2014年4月
 - 
2015年3月
宮城大学 健康支援センター学生相談室 カウンセラー
 

学歴

 
2011年4月
 - 
2015年4月
東北大学 大学院教育学研究科 博士後期3年の課程
 
2010年4月
 - 
2011年3月
東北大学 国際高等研究教育機構 修士研究教育院生
 
2009年4月
 - 
2011年3月
東北大学 大学院教育学研究科 博士前期2年の課程
 
2008年4月
 - 
2009年3月
東北大学 教育学部 学部研究生
 
2008年3月
 - 
2004年4月
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部 学士課程
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
多賀城市教育委員会  いじめ問題対策委員会 委員
 
2017年4月
 - 
現在
宮城県臨床心理士会  倫理委員会 委員
 
2015年7月
 - 
現在
宮城県地域包括ケア推進協議会  高齢者健康維持委員会 専門委員
 
2017年4月
 - 
現在
栗原市教育委員会  いじめ防止対策調査委員会
 

受賞

 
2018年3月
東北福祉大学 平成29年度グッドティーチャー
 
2011年3月
東北大学大学院教育学研究科 研究科長賞
 
2010年4月
東北大学 国際高等研究教育機構 修士研究教育院生
 
2008年3月
立命館アジア太平洋大学 優秀論文賞
 

論文

 
遠隔心理療法と家族介護者の支援プログラムの検討
平泉 拓
地域ケアリング   21(3) 70-73   2019年   [招待有り]
Research and Experiment Attempt to apply Integrated Information Theory to family system : Focus on marital relationship
Wakashima K., Sakamoto K., Hiraizumi T., Itakura N., Ikuta M., Sato K., Hanada R.
International Journal of Brief Therapy and Family Science   8(2) 49-69   2018年   [査読有り]
Comprehensive Stress Response Inventory for Children: Construction, Reliability, and Validity
Hiraizumi T., Wakashima K., Asai K., Takagi G., Kobayashi D., Andou I., Akama Y., Shimizu Y., & Kurita R.
International Journal of Brief Therapy and Family Science   8(1) 23-33   2018年   [査読有り]
〔学位論文〕 家族構造と介護者のストレスに関する臨床心理学的研究-家族バランス仮説の応用-
平泉 拓
東北大学大学院教育学研究科   1-275   2015年
クライアントの信念や思考に沿うことの重要性 (特集:認知行動療法を補うブリーフセラピーの応用)
平泉 拓
Interactional Mind   6 27-30   2013年   [招待有り]
認知症介護における家族関係の査定方法 --家族関係ヒストリーグラフの適用--
平泉 拓
日本認知症ケア学会誌   12(2) 465-478   2013年   [査読有り]
学校・支援システムの予想される「悪循環」を避ける(「特集:大震災・子どもたちへの中長期的支援:皆の知恵を集めるソリューション・バンク」)
宇佐美貴章・平泉 拓・浅井継悟・若島孔文
子どもの心と学校臨床   (6) 90-98   2012年   [招待有り]
在宅避難者への支援  
森川夏乃・古山杏加里・平泉 拓
Interactional Mind   5    2012年   [招待有り]
Correlates of Family Structure Transition with Depression in Family Caregivers of Dementia.
Hiraizumi T., Kozuka T., Noguchi S., Itakura N., Wakashima K., & Hasegawa K.
International Journal of Brief Therapy & Family Science.   1(2) 123-128   2011年   [査読有り]
認知症家族介護者におけるストレス反応と家族構造の関連
平泉 拓
日本認知症ケア学会誌   10(1) 97-105   2011年   [査読有り]
Examining Family Transition with the Current Narratives.
Usami T., Kozuka T., Hiraizumi T., Morikawa N., Furuyama A., & Wakashima K.
International Journal of Brief Therapy & Family Science.   1(2) 111-116   2011年   [査読有り]
An Attempt to Reconsider the Essence of Brief and Family Therapy.
Kozuka T., Asai K., Hiraizumi T., Usami T., Wakashima K., & Hasegawa K..
International Journal of Brief Therapy & Family Science.   1(1) 88-92   2011年   [査読有り]
A Study of Examining the Effect of both Self-determinative behaviors and Family Relationship History to the Current Basic Psychological Needs of Child.
Wakashima K., Noguchi S., Usami T., Yu K., Zhang X., Nagayama Y., Asai K., Nakajima R., Hiraizumi T., Furuyama A., Morikawa N., Sato M., Shimizu A., & Kozuka T.
International Journal of Brief Therapy & Family Science.   1(2) 104-110   2011年   [査読有り]

Misc

 
自死予防対策として始まる弁護士との連携について(Ⅳ)
若島孔文・小林 智・平泉 拓・高木源・三道なぎさ・小林大介・萩臺美紀・川原 碧・坂本一真・塚越友子・二本松直人
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   17 1-11   2018年
自死予防対策として始まる弁護士との連携について(Ⅲ)
若島孔文・平泉 拓・萩臺美紀・小林 智・三道なぎさ・川原 碧・坂本一真・斎藤昭宏・ 進藤果林・安藤樹・小林大介・高木 源・清水 優
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   15 1-11   2017年
自死予防対策として始まる弁護士との連携について(Ⅱ)
小林 智・若島孔文・平泉 拓・三道なぎさ・張 新荷・愈 幜蘭・安藤 樹・小林大介・清水 優・高木 源
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   14 49-66   2016年
包括的ストレス反応尺度の信頼性・妥当性の検討-大学生を対象として-
若島孔文・高木 源・平泉 拓・佐藤宏平・生田倫子・長谷川啓三・安保英勇
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   14 37-48   2016年
子ども版包括的ストレス反応尺度の作成と信頼性・妥当性の検討
平泉 拓・高木 源・安藤 樹・小林大介・赤間由依・清水 優・牧田理沙
明治安田こころの健康財団研究助成論文集   51 36-42   2016年
包括的ストレス反応尺度の妥当性の検討とカットオフポイントについて
若島孔文,平泉 拓,小林智,浅井継悟,野口修司
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   13 19-36   2015年
高齢者介護で生じる家族成員間の対人葛藤
平泉 拓
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   12 24-43   2014年   [査読有り]
仮設住宅におけるPTG(Post Traumatic Growth) ―ソリューション・バンクを用いた仮設住宅の心理支援―
平泉 拓・板倉憲政・張 新荷・兪 幜蘭・栗田康史・牧田理沙・富永紀子・山形千遥・小泉達士・若島孔文
東日本大震災PTG心理支援機構 震災復興時のストレスケアに関わる長期的研究 臨床心理士大学院協議会報告書   19-30   2013年
東北大学臨床心理相談室における家族再統合プロジェクトについて(3) -2012年度の報告-
平泉 拓・狐塚貴博・森川夏乃・兪 憬蘭・栗田裕生・野平靖子・若島孔文・長谷川啓三
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   11 22-24   2013年
「東日本大震災に関連するメンタルヘルス総合対策事業の効果測定」報告書
若島孔文・長谷川啓三・浅井継悟・平泉 拓
平成24年度地方公務員災害補償基金受託研究   1-37   2013年   [依頼有り]
在宅避難者への支援活動
森川夏乃・平泉 拓・若島孔文・長谷川啓三
宮城県臨床心理士会東日本大震災支援活動記録集   74-75   2013年   [依頼有り]
在宅被災高齢者の現状と事業評価に関する調査
八木敬子・伊賀さくら・平泉拓
FAIR TRADE TOHOKU REPPORT   1-11   2013年
仮設住宅におけるPTG支援
板倉憲政・平泉 拓
宮城県臨床心理士会東日本大震災支援活動記録集   54-55   2013年   [依頼有り]
東日本大震災における長期的支援プランの構築とその効果に関する研究
長谷川啓三・野口修司・狐塚貴博・板倉憲政・平泉 拓・浅井継悟・佐藤恵子・若島孔文・花田里欧子
明治安田こころの健康財団研究助成論文集(2011年度)   47 56-64   2012年
東北大学臨床心理相談室における家族再統合プロジェクトについて(2) -2011年度の報告-
狐塚貴博・平泉 拓・若島孔文・長谷川啓三
東北大学大学院教育学研究科臨床心理相談室紀要   10 65-68   2012年
家族構造が子どもの自己決定に与える影響に関する研究
長谷川啓三・野口修司・狐塚貴博・板倉憲政・平泉 拓・浅井継悟・佐藤恵子・若島孔文・花田里欧子
明治安田こころの健康財団研究助成論文集 (2011年度)   47 56-64   2012年
不登校問題におけるスクールカウンセラーの効果的なアプローチ方法の検討(大学院プロジェクト型共同研究報告)
平泉 拓・森 真理・栗田裕生・野平靖子・宇佐美貴章・板倉憲政・狐塚貴博
東北大学大学院教育学研究科 教育ネットワークセンター年報   (12) 149-150   2012年
認知症介護における家族関係の相互連関に関する研究
平泉 拓
東北大学大学院教育学研究科 臨床心理相談室紀要   8 112-128   2011年
認知症家族介護者の抑うつ症状と家族構造の変化との関連 -累積的家族関係の観点からの検討-
平泉 拓・狐塚貴博・野口修司・板倉憲政・若島孔文・長谷川啓三
Interactional Mind   4    2011年   [査読有り]
短期に終結した事例から短期・家族療法のエッセンスを再考する試み
狐塚貴博・浅井継悟・平泉 拓・宇佐美貴章・若島孔文・長谷川啓三
Interactional Mind   4 47-52   2011年   [査読有り]
子どもの生活における自己決定の実態調査(2) -日本と韓国の比較を通して-
加藤道代・神谷哲司・若島孔文・田中真理・狐塚貴博・野口修司・小林 智・平泉 拓・栗田裕生
東北大学大学院教育学研究科子ども学研究プロジェクト 平成22年度教育学研究科長裁量経費企画研究第2期成果報告書   1-46   2011年
ナラティブに基づく累積的家族関係-Family Relationship History Graphからの検討-
宇佐美貴章・狐塚貴博・平泉 拓・古山杏加里・森川夏乃・若島孔文
Interactional Mind   4 22-28   2011年   [査読有り]
子どもの生活における自己決定の実態調査 -日本と韓国の比較を通して-
加藤道代・田中真理・神谷哲司・若島孔文・狐塚貴博・野口修司・小林 智・平泉 拓・栗田裕生  
東北大学大学院教育学研究科子ども学研究プロジェクト 平成21年度教育学研究科長裁量経費企画研究   1-94   2010年
若者の自立支援に関する調査研究
野口修司・浅井継悟・平泉 拓・中島隆太郎・奥野雅子
東北大学大学院教育学研究科 平成21年度プロジェクト型共同研究成果報告書   143-169   2010年

書籍等出版物

 
家族心理学ハンドブック
日本家族心理学会(編) (担当:分担執筆, 範囲:家族療法の理論・技法に関する研究)
金子書房   2019年1月   
New ways of promoting Mental Wellbeing and Cognitive Functions. Laurea Publication.
Hannele Niiniö ,Päivi Putkonen,Hiroo Hagino (担当:分担執筆, 範囲:Videoconferencing psychotherapy and community care in Japan)
Laurea Publication   2018年12月   
いちばんよくわかる図解臨床心理学
加賀谷崇文(監修) (担当:分担執筆, 範囲:「家族療法とブリーフセラピー」「様々な場面における心理臨床」「職場における心理臨床」「福祉施設における心理臨床」)
成美堂出版   2018年8月   
大震災からのこころの回復 -リサーチ・シックスとPTG-
長谷川啓三・若島孔文 (担当:分担執筆, 範囲:包括的ストレス反応尺度の開発,仮設住宅でのニュースレターの活用)
新曜社   2015年8月   
震災心理社会支援ガイドブック -東日本大震災被災地の基幹大学における実践-
長谷川啓三・若島孔文 (担当:分担執筆, 範囲:第3章 仮設住宅での心理社会支援)
金子書房   2013年12月   

講演・口頭発表等

 
Directivity of the research on the cumulative family relations which use Family Relation History Graph.
Wakashima, K., Kobayashi, T., Hiraizumi, T., Morikawa, N., Itakura, N., & Usami, T.
The 30th Annual Conference of Japan Academy of Family Psychology & The 7th Conference of International Academy of Family Psyachology   2013年8月   
包括的ストレス反応尺度作成の試み
浅井継悟・平泉拓・宇佐美貴章・森川夏乃・若島孔文
日本心理学会第77回大会   2013年9月   
Stress response transition after the great east Japan earthquake (1) : Gender, age and the current workplace communication.
Wakashima, K., Usami, T. & Hiraizumi, T.
The 3rd. Regional Symposium of CIFA (Consortium of Institute on Family in Asia Region), National University of Singapore.   2012年12月   
Stress response transition after the great east Japan earthquake (2) : Traumatic experiences.
Usami, T., Wakashima, K. & Hiraizumi, T.
The 3rd. Regional Symposium of CIFA (Consortium of Institute on Family in Asia Region), National University of Singapore.   2012年12月   
Predicators for marital cohesiveness in three-generation family relationship.
Hiraizumi. T., Morikaw. N., Kobayashi. T., Usami .T. & Wakashima. K.
The 3rd. Regional Symposium of CIFA (Consortium of Institute on Family in Asia Region), National University of Singapore.   2012年12月   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
問題解決力を持つ家族システムの解明-統合情報理論の家族システム理論への応用-
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2017年4月 - 2021年3月    代表者: 若島孔文
遠隔心理療法の効果測定と家族介護者のうつ病予防プログラムの開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 若手研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2019年3月    代表者: 平泉拓
子ども版包括的ストレス反応尺度の作成と信頼性・妥当性の検討 
公益財団法人明治安田こころの健康財団: 平成27(2015)年度研究助成
研究期間: 2015年8月 - 2015年7月    代表者: 平泉拓
東日本大震災に関連する地方公共団体職場におけるメンタルヘルスの実態把握
地方公務員災害補償基金: 地方公務員災害補償基金委託研究
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 若島孔文
高齢者介護における家族関係の解明に関する研究
日本学術振興会: 平成24(2012)年度科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 平泉拓
東日本大震災に関連するメンタルヘルス総合対策事業の効果測定
地方公務員災害補償基金: 平成24年度地方公務員災害補償基金委託研究
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 若島孔文・長谷川啓三
東日本大震災における長期的支援プランの構築とその効果に関する研究
財団法人明治安田こころの健康財団 : 平成23(2011)年度研究助成
研究期間: 2011年8月 - 2012年7月    代表者: 長谷川啓三
不登校問題に対するスクールカウンセラーの効果的なアプローチ方法の検討
東北大学大学院: 大学院生プロジェクト型共同研究
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月    代表者: 平泉拓
在宅介護における支援システムの構築に関する基礎研究
東北大学国際高等研究教育機構: 平成22(2010)年度修士研究教育院生奨学金及び研究費
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 平泉拓

社会貢献活動

 
株式会社manaby
【情報提供, 運営参加・支援】  2018年5月
特定非営利活動法人 つながりデザインセンター・あすと長町
【その他】  2017年9月
株式会社エクセリーベ 遠隔ケア関連事業
【情報提供, 運営参加・支援, 調査担当】  2017年3月
日本ブリーフセラピー協会 短期療法を学ぶ会・仙台支部
【講師】  2015年4月