Takumi Watanabe

J-GLOBAL         Last updated: Jun 30, 2019 at 17:25
 
Avatar
Name
Takumi Watanabe
Affiliation
Hiroshima University
Section
Graduate School of Education

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Izumi FUKUYA, Aiko MORITA, Kazuhiro KUSAHARA, Takumi WATANABE, Yu OSAKA
Japan Journal of Educational Technology   42(1) 65-72   Jul 2018   [Refereed]
Ryosuke Okada, Satoru Horita, Daisuke Murai, Takumi Watanabe, Noboru Tanaka, Hiroko Taguchi
Annual report of the Faculty of Education, Gifu University   (20) 55-65   Mar 2018
齋藤 慶子, 渡邉 巧
人間研究 = Journal of human studies   (53) 41-51   Mar 2017
Takumi Watanabe
Bulletin of Japanese Educatinal Research Associaon for the Social Studies   (50) 91-100   Mar 2017   [Invited]
Takumi Watanabe
初等教育カリキュラム研究   (5) 19-29   Mar 2017   [Refereed]
本稿では,1992年の完全実施前後から1998年の学習指導要領改訂頃に注目し,初期生活科における教師教育論の展開と特質を明らかにする。分析対象としては,大学用テキストを取り上げる。初期生活科においては,どのような生活科教師の育成が目指されていたのか。それをどのように育成しようとしたのか。これらの問いを検討した。結果,以下の2点が明らかになった。第1に,教科の本質を教師たちと共有することが目指されている。第2に教科の本質を捉えさせる方法には,4つのパタンを見出すことができる。それらは,理論的...
渡邉 巧
学習システム研究   (3) 27-41   Mar 2016   [Refereed]
本稿では,生活科を担当する教員の研修プログラムについて,その具体を含めて提案する。研修プログラムの開発方針は,以下の通りである。研修目標は,異なる実践や意見の存在を把握させ,教師自身の省察を促すとともに,生活科教科観の吟味・再構築を図ることである。そのために,以下の3点に留意して研修内容を設定する。1点目は,教師自身の実践や意見,さらには,彼ら(彼女ら)が開発したプラン等を取り扱う。2点目は,生活科教育学における研究成果(学術論文など)を取り扱う。3点目は,優れた単元事例や実践映像を取り扱...
池野 範男, 岡田 了祐, 宛 彪, 渡邉 巧, 若原 崇史, 横山 千夏, 能見 一修
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要   (14) 69-76   Mar 2016
本研究の意図することは,"誰もがわかる,誰もが学ぶことができる"という本来の教育の理念を取り戻すことで,特別支援教育と教科教育の間に作られていた溝を埋めること,また,これらの教育相互において本来教育が持っている理念を実現することである。そして,それによって学校教育総体を新たに創造することを目指すことである。本研究は,学習困難の概念を用い,社会科教育(の教授や学習)において妨げていることを手がかりに,理念を実現する状態を作りだすことを追究しようとするものである。第1稿で,学習困難を生み出す要...
岡田 了祐, 能見 一修, 若原 崇史, 宛 彪, 横山 千夏, 渡邉 巧, 池野 範男
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター研究紀要   (14) 55-68   Mar 2016
本研究は,本来の教育の理念を回復するために,特別支援教育の使命と理念である,"誰もがわかる,誰もが学ぶことができる"ことに学び,教育の新たな創造をめざすための予備的研究である。本研究では,つまずきは誰もが持っている教育の状態であり,特別に支援が必要な子どもだけではない。すべての子どもがつまずく可能性を持っている,と考え,学校の授業や活動についてすべての子どもたちが支障なく学ぶことができる状態を作り出すことが必要だろう,と仮定し,研究を進めている。本稿は,第4稿として,研究の目的と仮説を確認...
草原 和博, 岡田 了祐, 渡邉 巧, 大坂 遊, 阪上 弘彬, 岩下 真也, 上嶋 智江, 小川 征児, 木坂 祥希, 魏 思遥, 佐々木 拓也, 辻本 成貴, 寺嶋 崇, 山田 健司, 杠 拓哉
学校教育実践学研究   22 181-192   2016
The purposes of this paper are to develop the draft of handbook for planning, teaching and accessing the class of social studies and evaluate effects of the handbook for teacher training and their professional development. The structure of the fir...

Conference Activities & Talks

 
“Becoming a Teacher Educator of History-Geography Education through Teaching and Researching Pre-service Teachers”
International Joint Symposium: Hiroshima University & Seoul National University , Hiroshima University   Jan 2015   
“How and when can pre-service teachers develop their lesson planning skills in Social Studies?”
Yu Osaka, Takumi Watanabe, Jung-sung Kim, Kazuhiro Kusahara, (Collaborator:Takuya Yuzuriha)
The 9th East Asia International Symposium on Teacher Education,Yuseong, South Korea   Nov 2014