Asada Takumi

J-GLOBAL         Last updated: Nov 13, 2019 at 02:49
 
Avatar
Name
Asada Takumi
E-mail
asadammm.muroran-it.ac.jp
URL
http://www3.muroran-it.ac.jp/iplab/index.html
Affiliation
Muroran Institute of Technology
Section
Graduate School of Engineering College of Design and Manufacturing Technology
Job title
Assistant Professor
Degree
博士(工学)(Hokkaido Institute of Technology)
Research funding number
50634680

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2012
 - 
Mar 2014
中央大学 理工学部 都市環境学科 助教
 
Apr 2011
 - 
Mar 2012
中央大学 理工学部 都市環境学科 教育技術員
 

Education

 
 
 - 
Mar 2011
建設工学専攻, Graduate School, Division of Engineering, 北海道工業大学大学院
 
 
 - 
Mar 2006
社会基盤工学科, Faculty of Engineering, Hokkaido Institute of Technology
 

Committee Memberships

 
Sep 2017
 - 
Today
土木計画学研究委員会委員
 
May 2016
 - 
Apr 2018
土木学会 北海道支部 幹事委員
 
Apr 2015
 - 
Apr 2017
公益社団法人 土木学会  土木学会誌編集委員会委員
 

Published Papers

 
高橋央亘,浅田拓海,有村幹治
Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management)   74(5) I_827-I_835   Dec 2018   [Refereed]
浅田 拓海, 鈴木 貴文, 有村 幹治
Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. D3 (Infrastructure Planning and Management)   74(5) I_547-I_554   Dec 2018   [Refereed]
DEVELOPMENT OF HIGH-RESOLUTION DETECOR FOR CRACK AND PATCHING BY USING CONVOLUTIONAL NEURAL NETWORK
浅田拓海,川村和将,石田篤徳,亀山修一
Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. E1 (Pavement Engineering)   74(3) I_131-I_139   Dec 2018   [Refereed]
Chawis Boonmee, Mikiharu Arimura, Takumi Asada
International Journal of Disaster Risk Reduction   31 902-917   Oct 2018   [Refereed]
Analysis of Travel Time Reliability on Road Hierarchy in Winter Weather Conditions using ETC2.0 Probe Data
Tosporn Arreeras, Masaki Kanbe, Takumi Asada, Mikiharu Arimura
   May 2018   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
動画解析による自転車走行時の振動不快度推定モデルの精度検証
工藤航史郎,居駒薫樹,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   26 Jan 2019   
ドック型・ドックレス型バイクシェアリングの輸送効率推定シミュレーション
石井克弥,居駒薫樹,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   26 Jan 2019   
Wi-Fiパケットセンシングを用いた室蘭寄港クルーズ船利用客の観光周遊行動分析
諏訪部剛史,遠藤幹大,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   26 Jan 2019   
車載カメラ動画による自転車走行時の振動不快度推定手法の開発
居駒薫樹,浅田拓海,有村幹治,亀山修一
第58回土木画学計研究発表会   23 Nov 2018   
Wi-Fiパケットセンシングによる広域観光圏における時空間周遊行動パターン分析
遠藤幹大・髙橋央亘・浅田拓海・有村幹治
第57回土木画学計研究発表会   9 Jun 2018   
畳み込みニューラルネットワークによる舗装ひび割れの高解像度トレース手法の開発
浅田拓海・川村和将・石田篤徳・石井麻貴・亀山修一
第57回土木画学計研究発表会   9 Jun 2018   
Wi-Fiパケットセンシングデータを用いた広域観光周遊行動のモデル分析
小林巴奈・福田大輔・中西航・内田賢悦・ 浅田拓海・有村幹治・菅芳樹
第58回土木画学計研究発表会   9 Jun 2018   
Analysis of Travel Time Reliability on Road Hierarchy in Winter Weather Conditions using ETC2.0 Probe Data
Tosporn Arreeras, Masaki Kanbe, Takumi Asada and Mikiharu Arimura
The 16th ITS Asia-Pacific Forum FUKUOKA 2018   8 May 2018   
室蘭市中島エリアシェイクアウトにおける避難行動分析
伊藤駿,村上和馬,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   24 Jan 2018   
室蘭市中学在校生世帯を対象とした津波災害に対する防災・減災意識
山腋泰輔,村上和馬,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   24 Jan 2018   
Wi-Fiパケットセンシングによる広域観光圏における時空間周遊行動パターン分析
遠藤幹大,高橋央亘,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   24 Jan 2018   
ETC2.0プローブデータを用いた移動・滞在トリップの類型化方法に関する研究
居駒薫樹,金子辰也,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   24 Jan 2018   
モバイル空間統計を利用した北海道新幹線開業前後の新函館北斗駅周辺エリアの滞在人口変化に関する基礎的研究
国枝昌彦,高橋央亘,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   24 Jan 2018   
都市計画基礎調査データを用いた立地履歴を考慮した住宅出現数の推定
本田和樹,森本拓磨,浅田拓海,有村幹治
土木学会(北海道支部)   24 Jan 2018   
畳み込みニューラルネットワークによる道路舗装ひび割れの高解像度トレース手法の開発
平沢一騎,浅田拓海
土木学会(北海道支部)   24 Jan 2018   
北海道新幹線開業に伴う滞在人口の変化に関する基礎的研究
髙橋央亘・浅田拓海・有村幹治
第56回土木画学計研究発表会   3 Nov 2017   
北海道新幹線開業前後のTwitterワード共起構造の比較
浅田拓海・山本岳・鈴木貴文・有村幹治
第56回土木画学計研究発表会   3 Nov 2017   
Twitterデータによる北海道新幹線開業前後の地域拠点ワードの共起パターン比較
中田峻也・山本岳・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   4 Feb 2017   
交通静穏化実験によるコミュニティ道路の評価:千歳市大和区の事例
上野亮祐・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   4 Feb 2017   
室蘭市公共交通ワークショップにおけるバス交通向上のための意識調査
和山透・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   4 Feb 2017   
商用車プローブデータを用いた道路階層別の所要時間信頼性と降雪規模の影響分析
神戸大輝・金子辰也・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   4 Feb 2017   
白糠町コミュニティ交通導入に向けた住民意識に関する基礎的研究
久保圭司・生富直孝・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   4 Feb 2017   
北海道インバウンド宿泊観光客数の季節変動を考慮した市町村の類型化
高橋央亘・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   4 Feb 2017   
北海道新幹線開通に伴う都市間アクセシビリティと潜在的交流人口の変化に関する基礎的研究
佐々木貴宏・高橋央亘・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   4 Feb 2017   
商用車プローブデータを用いた移動時間信頼性の季節変動評価
金子辰也・浅田拓海・有村幹治
10 Nov 2016   
都市計画基礎調査データを用いた居住地分布の逐次的中期予測手法の開発
森本拓磨・浅田拓海・有村幹治
第54回土木画学計研究発表会   4 Nov 2016   
室蘭市シェイクアウトを対象とした防災意識と避難所要時間の関係性に関する分析
村上和馬・生富直孝・浅田拓海・有村幹治
第54回土木画学計研究発表会   4 Nov 2016   
IMPROVING EVACUATION PLANNING AND SHELTER SITE SELECTION FOR FLOOD DISASTER: A STOCHASTIC APPROACH
Chawis BOONMEE・Takumi ASADA・Mikiharu ARIMURA
第54回土木画学計研究発表会   4 Nov 2016   
Twitterの地域拠点ワードの生起構造分析による潜在交流圏の可視化
佐々木聖二・山本岳・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2016   
商用車プローブデータを用いた所要時間信頼性の評価:札幌都心アクセス道路を事例として
金子辰也・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2016   
商用車プローブデータを用いた物流車両流動の可視化とモデリング
荒木佑太・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2016   
室蘭市シェイクアウト避難訓練にみる避難行動意識
佐々木麻弥・生富直孝・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2016   
歩車混在避難評価のための人工社会モデルの構築
村上和馬・生富直孝・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2016   
CVMを用いたコミュニティ道路の評価:千歳市大和地区の事例
福本有紗・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2016   
周辺立地環境を考慮した住宅の出現・消失モデルの構築
森本拓磨・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2016   
RBFネットワークによるモバイル空間統計のダウンスケーリング
生越拓実・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2016   
Googleストリートビュー画像を用いた道路景観の地域内分布特性の分析
浅田拓海・亀山修一
土木学会(土木計画学研究発表会)   Nov 2015   
避難訓練プローブデータを用いた地域防災教育支援ツールの構築
生富直孝・浅田拓海・Chawis Boonmee・有村幹治
土木学会(土木計画学研究発表会)   Nov 2015   
都市計画基礎調査データを用いた住宅特性別生存時間分析
浅田拓海・田中優太・Woramol Chaowarat・有村幹治
土木学会(土木計画学研究発表会)   Nov 2015   
モバイル空間統計を用いた帯広都市圏メッシュ人口の推計
有村幹治・鎌田周・浅田拓海
土木学会(土木計画学研究発表会)   Jun 2015   
個人内・個人間変動を考慮した都市内緑環境における心拍特性分析
浅田拓海・谷下雅義
土木学会(土木計画学研究発表会)   Jun 2015   
Googleストリートビューを用いたネットワーク型道路景観マップの開発
佐藤亘・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2015   
周辺立地特性とラウンドトリップ需要に着目したカーシェアリングの潜在需要分析
織田銀太・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2015   
プローブパーソンデータを用いたテーラーメイド型避難シミュレーションの構築
生富直孝・豊田隼・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2015   
札幌市を対象とした人口と建物の将来推計に基づく類似ゾーンの推定
田中優太・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2015   
モバイル空間統計を用いた帯広都市圏メッシュ人口の推計
鎌田周・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2015   
札幌市大規模プローブパーソン調査データを用いた自転車トリップ特性の実態把握
北向志穂・浅田拓海・松田真宣・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2015   
駐車場統合化による札幌都心空間の再編に関する基礎的研究
高橋健斗・浅田拓海・有村幹治
土木学会(北海道支部)   Jan 2015   
周辺立地環境を考慮した住宅立地パターンの推定
浅田拓海・生富直孝・有村幹治
土木学会(土木計画学研究発表会)   Nov 2014   
RBFネットワークによるコミュニティサイクル利用動態の短期予測
浅田拓海・岡田和洋・松田真宜・有村幹治
土木学会(土木計画学研究発表会)   Nov 2014   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
日本学術振興会: 科学研究費/若手研究(B)
Project Year: 2017 - 2018    Investigator(s): 浅田 拓海
日本学術振興会: 科学研究費/若手研究(B)
Project Year: 2015 - 2016    Investigator(s): 浅田 拓海