渡部 卓雄

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/22 14:55
 
アバター
研究者氏名
渡部 卓雄
 
ワタナベ タクオ
URL
http://www.psg.c.titech.ac.jp/~takuo/
所属
東京工業大学
部署
情報理工学院
職名
教授
学位
理学博士(東京工業大学)

プロフィール

1986年東京工業大学理学部情報科学科卒業.1991年同大大学院理工学研究科情報科学専攻博士後期課程修了.理学博士.日本学術振興会特別研究員,イリノイ大学計算機科学科研究員,北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科助教授,東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻准教授をへて,現在,東京工業大学情報理工学院情報工学系教授.メタプログラミングと自己反映計算,形式手法,計算機言語の研究に従事.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年1月
 - 
現在
東京工業大学 情報理工学院 情報工学系 教授
 
2016年4月
 - 
2016年12月
東京工業大学 情報理工学院 情報工学系 准教授
 
2001年1月
 - 
2016年3月
東京工業大学 大学院情報理工学研究科・計算工学専攻 准教授
 
2002年4月
 - 
2004年3月
国立情報学研究所 ソフトウェア研究系 助教授
 
1992年4月
 - 
2000年12月
北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 助教授
 
1991年4月
 - 
1992年3月
東京大学 理学部 理学部情報科学科 日本学術振興会特別研究員(PD)
 
1991年9月
 - 
1992年2月
イリノイ大学アーバナシャンペーン校 計算機科学科 Visiting Research Assistant Professor
 
1990年4月
 - 
1991年3月
東京工業大学 理学部情報科学科 日本学術振興会特別研究員(DC)
 

論文

 
渡部 卓雄
組込みシステムシンポジウム2018論文集(ESS2018)   17-20   2018年8月
小規模組み込みシステム向けに設計された関数リアクティブプログラミング(FRP)言語Emfrpのための文脈指向プログラミング機構を提案する.提案方式では時変値の値にもとづく層の活性化機構を導入し,実行時文脈の変化に伴う振る舞いの動的な変更をFRPの枠組み内で宣言的に記述できるようにしている.これにより,小規模組込みシステムにおける適応動作のモジュール化が可能になる.
Takuo Watanabe
10th International Workshop on Context-Oriented Programming (COP 2018)   23-30   2018年7月   [査読有り]
This paper presents the design of a simple context-oriented programming extension to Emfrp, a purely functional reactive programming language for resource-constrained embedded systems. The language provides declarative and straightforward ways to ...
高桑健太郎, 渡部卓雄
コンピュータソフトウェア   35(2) 33-39   2018年5月   [査読有り]
OMetaで記述された言語処理系に対する,対象言語に依存しない衛生的マクロ機構の導入方式を提案する.OMetaは強力なパターンマッチ機構を備えたオブジェクト指向プログラミング言語であり,構文解析器などを作成するのに適している.提案方式は,Racketのマクロ機構で用いられているScope Setモデルに基づき,OMetaで記述されたプログラミング言語の構文解析器に衛生的マクロの定義構文および定義機構を導入するものである.本方式をJavascriptのサブセットおよびMinCamlの構文解析...
渡部卓雄
組込み技術とネットワークに関するワークショップ(ETNET2018)   2018-EMB-47(26) 1-6   2018年3月
アクターモデルの考え方を取り入れた関数リアクティブプログラミング (FRP) 言語の利用が,計算資源の限られた組込みシステムにおいて柔軟な実行方式を可能にすることを示す.提案方式の特色は,小規模組込みシステム向け FRP 言語の実行時システムを並行計算モデルのひとつであるアクターモデルを用いて構成することで,FRP の特徴である宣言的記述にもとづく高い抽象性を保ちつつ,適応性の向上を可能にすることにある.これにより,適応的動作を含む組込みシステムの動作を宣言的に記述することが可能になること...
Paul Lavery,Takuo Watanabe
18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, SNPD 2017, Kanazawa, Japan, June 26-28, 2017   385-390   2017年6月   [査読有り]
Takuo Watanabe,Kensuke Sawada
Companion to the first International Conference on the Art, Science and Engineering of Programming, Programming 2017, Brussels, Belgium, April 3-6, 2017   10:1-10:6   2017年   [査読有り]
Kazuhiro Shibanai,Takuo Watanabe
Proceedings of the 7th ACM SIGPLAN International Workshop on Programming Based on Actors, Agents, and Decentralized Control, AGERE 2017, Vancouver, BC, Canada, October 23 - 27, 2017   50-57   2017年   [査読有り]
Ilankaikone Senthooran,Takuo Watanabe
13th ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, SNPD 2012, Kyoto, Japan, August 8-10, 2012   269-274   2012年   [査読有り]
Kensuke Sawada,Takuo Watanabe
Companion Proceedings of the 15th International Conference on Modularity, Málaga, Spain, March 14 - 18, 2016   36-44   2016年   [査読有り]
Kiyoshi Yamada,Takuo Watanabe
Electr. Notes Theor. Comput. Sci.   163(1) 45-56   2006年   [査読有り]
Souhei Takeno,Takuo Watanabe
Proceedings of the 14th International Workshop on Adaptive and Reflective Middleware, ARM@Middleware 2015, Vancouver, BC, Canada, December 7-11, 2015   7:1-7:6   2015年   [査読有り]
Naoyuki Nagatou,Takuo Watanabe
Proceedings of the The First International Conference on Availability, Reliability and Security, ARES 2006, The International Dependability Conference - Bridging Theory and Practice, April 20-22 2006, Vienna University of Technology, Austria   577-584   2006年   [査読有り]
Takuo Watanabe,Souhei Takeno
Proceedings of 6th International Workshop on Context-Oriented Programming, COP@ECOOP 2014, Uppsala, Sweden, July 28 - August 1, 2014   3:1-3:6   2014年   [査読有り]
Takuo Watanabe,Akinori Yonezawa
Concurrent Objects and Beyond - Papers dedicated to Akinori Yonezawa on the Occasion of His 65th Birthday   44-65   2014年   [査読有り]
Michael Reinsch,Takuo Watanabe
RAM-SE'05-ECOOP'05 Workshop on Reflection, AOP, and Meta-Data for Software Evolution, Proceedings, Glasgow, UK, July 15, 2005   29-40   2005年   [査読有り]
Naoyuki Nagatou,Takuo Watanabe
Asia Pacific Business Process Management - Second Asia Pacific Conference, AP-BPM 2014, Brisbane, QLD, Australia, July 3-4, 2014. Proceedings   117-131   2014年   [査読有り]
Kiyoshi Yamada,Takuo Watanabe
IASTED International Conference on Software Engineering, part of the 23rd Multi-Conference on Applied Informatics, Innsbruck, Austria, February 15-17, 2005   360-365   2005年   [査読有り]
安原 由貴, 森口 草介, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   6(3)    2013年12月
組込みシステム等において典型的に要求される性質に実時間制約がある.実時間制約は横断的関心事の1つであり,プログラムを複雑にする.本研究の目的は,文脈指向プログラミングの考え方に基づいた実時間制約の記述方式とそのモジュール化手法,およびそれに基づくプログラミング言語の提案である.実時間システムのプログラムは,外部環境などの変化に加え,時刻および時間経過に依存する振舞いを示すプログラムと考えることができる.そこで我々は時刻や時区間を文脈と見なすことで,文脈指向プログラミングの考え方を用いた実時...
Takuo Watanabe,Kiyoshi Yamada,Naoyuki Nagatou
IASTED International Conference on Software Engineering, part of the 22nd Multi-Conference on Applied Informatics, Innsbruck, Austria, February 17-19, 2004   662-667   2004年   [査読有り]
永藤 直行, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(71) 61-66   2013年5月
中村遼太郎, 渡部卓雄
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告   2013(31) 1-8   2013年3月
本研究の目的は適応的実時間システムのためのドメイン固有言語 (DSL) の提案である.組込みシステム等に要求される性質である適応性と実時間性はいずれも横断的関心事であり,プログラムを複雑化する要因となる.適応的な振舞は実行時の環境を表す情報 (文脈) に依存する動作として記述できる.そしてそのような記述のモジュール化を促進する手法として文脈指向プログラミング (COP) が提案されている.我々は,時刻および時区間を文脈とみなすことで,COP の考え方が適応的実時間システムに有効であることを...
Takuo Watanabe,Kiyoshi Yamada,Naoyuki Nagatou
1st IEEE Workshop on Software Technologies for Future Embedded Systems (WSTFES 2003), 15-16 May 2003, Hakodate, Hokkaido, Japan   65   2003年   [査読有り]
Etsuya Shibayama,Shigeki Hagihara,Naoki Kobayashi 0001,Shin-ya Nishizaki,Kenjiro Taura,Takuo Watanabe
Software Security -- Theories and Systems, Mext-NSF-JSPS International Symposium, ISSS 2002, Tokyo, Japan, November 8-10, 2002, Revised Papers   201-216   2002年   [査読有り]
Abstract. We are developing a secure and certified e-mail system AnZen-Mail that provides an experimental testbed for our cutting-edge security enhancement technologies. In addition to a provably secure message transfer protocol, we have designed ...
Sosuke Moriguchi,Takuo Watanabe
Proceedings of the 28th Annual ACM Symposium on Applied Computing, SAC '13, Coimbra, Portugal, March 18-22, 2013   1236-1243   2013年   [査読有り]
Noriki Amano,Takuo Watanabe
Meta-Level Architectures and Reflection, Second International Conference, Reflection'99, Saint-Malo, France, July 19-21, 1999, Proceedings   138-140   1999年   [査読有り]
Takuo Watanabe
Proceedings of the 2013 Workshop on Programming based on Actors, Agents, and Decentralized Control, AGERE!@SPLASH 2013, Indianapolis, IN, USA, October 27-28, 2013   19-24   2013年   [査読有り]
Noriki Amano,Takuo Watanabe
TOOLS 1999: 31st International Conference on Technology of Object-Oriented Languages and Systems, 22-25 September 1999, Nanjing, China   41-50   1999年   [査読有り]
Hiroshi Ishikawa,Takuo Watanabe,Kokichi Futatsugi,Jose Meseguer,Hideyuki Nakashima
Fuji International Symposium on Functional and Logic Programming 1998   123-142   1998年   [査読有り]
山田聖, 渡部卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   46(11) 27-44   2005年8月
我々は, 契約による設計(Design by Contract, DbC)に基づく, アスペクト指向振舞インタフェース仕様記述言語Moxaの設計・開発を行っている.DbCは, サービスの提供者と利用者の間で, 利用者が満たすべき条件(事前条件)と提供者がもたらす結果(事後条件)を契約として取り決め, 責任の切り分けやサービスの利用方法と得られる結果を明確にすることで, ソフトウェアの品質を向上させる.JavaのためのDbCに基づく振舞インタフェース仕様記述言語の1つであるJML(Java ...
Noriki Amano,Takuo Watanabe
Systems Implementation 2000, IFIP TC2 WG2.4 Working Conference on Systems Implementation 2000: Languages, methods and tools, 23-26 February 1998, Berlin, Germay   277-290   1998年   [査読有り]
Hidehiko Masuhara,Satoshi Matsuoka,Takuo Watanabe,Akinori Yonezawa
Conference on Object-Oriented Programming Systems, Languages, and Applications (OOPSLA'92), Seventh Annual Conference, Vancouver, British Columbia, Canada, October 18-22, 1992, Proceedings.   127-144   1992年   [査読有り]
Satoshi Matsuoka,Takuo Watanabe,Akinori Yonezawa
ECOOP'91 European Conference on Object-Oriented Programming, Geneva, Switzerland, July 15-19, 1991, Proceedings   231-250   1991年   [査読有り]
The benefits of computational reflection are the abilities to reason and alter the dynamic behavior of computation from within the language framework. This is more beneficial in concurrent/distributed computing, where the complexity of the syste...
一杉裕志, 田中哲, 渡部卓雄
コンピュータソフトウェア   20(3) 292-299   2003年5月
複数のクラスにまたがるコードを分離して記述できる言語として,アスペクト指向言語がある.独立して開発されたアスペクトであっても,個々のアスペクトが何らかのルールに従って設計されていれば,複数同時に組合わせて動作させることが可能であるとわれわれは考えている.本論文ではそのようなルールを見いだし検証するための第一歩として,安全に結合可能なmixinを提供するためのルールを検証する方法について述べる.ルールの記述および検証には, Design by Contractやbehavioral subt...
Satoshi Matsuoka,Takuo Watanabe,Yuuji Ichisugi,Akinori Yonezawa
Object-Based Concurrent Computing, ECOOP'91 Workshop, Geneva, Switzerland, July 15-16, 1991, Proceedings   211-226   1991年   [査読有り]
Takuo Watanabe,Akinori Yonezawa
Foundations of Object-Oriented Languages, REX School/Workshop, Noordwijkerhout, The Netherlands, May 28 - June 1, 1990, Proceedings   405-425   1990年   [査読有り]
The notion of group-wide reflection is presented. Group-wide reflection, a dimension of computational reflection in concurrent systems, allows each computational agent (actor/object/process) to reason about and act upon not only the agent itself...
Akinori Yonezawa,Takuo Watanabe
SIGPLAN Notices   24(4) 50-54   1989年   [査読有り]
Takuo Watanabe,Akinori Yonezawa
Conference on Object-Oriented Programming Systems, Languages, and Applications (OOPSLA'88), San Diego, California, USA, September 25-30, 1988, Proceedings.   306-315   1988年   [査読有り]
天野 憲樹, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌   39(9) 2649-2658   1998年9月
開放型分散システム環境や移動計算機環境の普及にともない, さまざまな実行環境やその動的な状態変化に適応できるソフトウェアの必要性が高まっている.本稿では, そうした動的適応可能なソフトウェアのモデルおよびそれを構成するための言語LEADについて述べる.鍵となるアイディアは, 1)手続き呼び出し時に, 手続きの実行コードを実行環境の状態に応じて動的に切り替える機構を導入する, 2)動的適応可能なソフトウェアをメタレベルアーキテクチャとして構成し, 適応動作の記述と問題領域の記述を分離・独立さ...
飯田 周作, 二木 厚吉, 渡部 卓雄
コンピュータソフトウェア   15(1) 34-49   1998年1月
渡部 卓雄
コンピュータソフトウェア   11(3) 165-174   1994年5月
渡部卓雄, 大澤一郎, 米澤明憲
人工知能学会誌   2(2) 206-213   1987年6月
A Japanese discourse understanding system is presented, which is designed to be adaptable for multiple discourse domains with small modification efforts. The system is constructed in an "object-oriented" manner so that domain-dependent/independent...
Naoyuki Nagatou, Takuo Watanabe, Department Of Computer Science
   [査読有り]
The purpose of this paper is to show that typical information flow policies can be enforced by enforcement mechanisms that work by monitoring a system execution at run time. the system execution represent an event sequence in the system. Our enfor...
Akinori Yonezawa Department, Hidehiko Masuhara, Satoshi Matsuoka, Takuo Watanabe, Akinori Yonezawa
   [査読有り]
Computational reflection is beneficial in concurrent computing in offering a linguistic mechanism for incorporating user-specific policies. New challenges are (1) how to implement them, and (2) how to do so efficiently. We present efficient implem...
Noriki Amano, Takuo Watanabe
   [査読有り]
From the reason, each software system should have the ability to be aware of the states' changes in runtime environments, and to change its own behaviors depending on the states. We call such ability of software systems dynamic adaptability. Howev...
Takuo Watanabe Amano, Amano Noriki, Kenji Shinbori
   [査読有り]
A mobile agent is an autonomous computing entity that can migrate from host to host on its own initiative. Over the last few years, numerous systems based on mobile agent technology have been developed because this technology is promising for buil...
Kazuhiro Fujieda Takuo, Takuo Watanabe, Koichiro Ochimizu
   [査読有り]
This paper has also presented the abilities provided by reflective languages necessary to realize the generator.
Using Lead, Noriki Amano, Takuo Watanabe
   [査読有り]
A software system has dynamic adaptability if it can adapt itself to dynamically changing runtime environments. A component-based software system with dynamic adaptability (called dynamically adaptable component-based software system) can chang...
Noriki Amano, Takuo Watanabe
   [査読有り]
A system has dynamic adaptability if it can adapt itself to dynamically changing runtime environments. As open-ended distributed systems and mobile computing systems have spread widely, the need for software with dynamic adaptability increases. We...
Noriki Amano And, Noriki Amano, Takuo Watanabe
   [査読有り]
A system has dynamic adaptability if it can adapt itself to dynamically changing runtime environment. As open-ended distributed systems and mobile computing systems have spread widely, the need for software with dynamic adaptability increases. We ...
Noriki Amano, Takuo Watanabe
   [査読有り]
In a software system, dynamic adaptability is the ability for dynamic adaptation on runtime environments. A software system with dynamic adaptability can adapt itself to the changes of runtime environments by changing its own behavior in dynamic...
Noriki Amano, Takuo Watanabe
   [査読有り]
Abstract not found
Hiroshi Ishikawa, Kokichi Futatsugi, Takuo Watanabe
   [査読有り]
Rewriting logic can represent dynamic behaviors of concurrent and/or reactive systems declaratively. Declarative descriptions in rewriting logic are expected to be amenable to analysis of interesting properties. The group-wide architecture based o...
Noriki Amano, Takuo Watanabe
   [査読有り]
This paper reports a language-based approach to constructing adaptable applications --- application level software systems which dynamically adapt themselves to their changing runtime environments. Adaptable applications are especially indispensab...

Misc

 
渡部卓雄
電子情報通信学会技術研究報告   117(480(DC2017 89-106)) 149‐154   2018年2月
小林隆志, 権藤克彦, 佐伯元司, 首藤一幸, 西崎真也, 森本千佳子, 脇田建, 渡部卓雄
日本ソフトウェア科学会研究会資料シリーズ(Web)   (82) 40‐48 (WEB ONLY)   2018年
渡部卓雄
情報処理学会研究報告(Web)   2017(EMB-45) Vol.2017‐EMB‐45,No.2,1‐6 (WEB ONLY)   2017年6月
高桑健太郎, 渡部卓雄
日本ソフトウェア科学会大会講演論文集(CD-ROM)   34th ROMBUNNO.PPL3‐2   2017年
小林隆志, 権藤克彦, 佐伯元司, 首藤一幸, 西崎真也, 森本千佳子, 脇田建, 渡部卓雄
日本ソフトウェア科学会大会講演論文集(CD-ROM)   34th ROMBUNNO.rePiT2‐2   2017年
柴内一宏, 渡部卓雄
日本ソフトウェア科学会大会講演論文集(CD-ROM)   34th ROMBUNNO.PPL9‐1   2017年
峰尾太陽, 石井大輔, 渡部卓雄
電子情報通信学会技術研究報告   115(480(MSS2015 67-87)) 61‐66   2016年2月
竹野創平, 渡部卓雄
コンピュータソフトウェア   33(1) 1.167-1.180 (J-STAGE)   2016年
星野友宏, 高桑健太郎, 渡部卓雄
日本ソフトウエア科学会大会講演論文集(CD-ROM)   33rd ROMBUNNO.PPL10‐2   2016年
澤田賢祐, 鈴木康平, 渡部卓雄
電子情報通信学会技術研究報告   115(20(SS2015 1-15)) 1-5   2015年5月
森口 草介, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌 論文誌トランザクション   2012(1) 27-38   2012年10月
定理証明支援系Coqに対する,対話的にプログラムの変更・修正を行うための手法を提案し,その手法をCoqに組み込んだECoqを実装する.定理証明支援系によるプログラムの検証は,プログラムがある性質を満たすという証明により行われる.この証明はプログラムの構造や記述と非常に強く結び付いているため,プログラムを変更した場合,証明もまたその変更に依存した変更を行わなければならない.しかし,プログラムと証明の一貫性を保つために必要な変更箇所は,たとえばコンストラクタの追加という簡単な変更に限った場合で...
永藤 直行, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   113(71) 61-66   2013年5月
作業手順がヒューマンエラーに対して耐性があるかどうか検査するためにモデル検証の手法を利用する.作業手順には,ヒューマンエラーによる誤り検出や復旧のためのタスクが埋め込まれているであろう.作業手順の信頼性を保持するためにそれらのタスクの有用性を検査する必要がある.本稿では,いくつかのヒューマンエラーの意味を定義し,それを作業手順のモデルに埋め込む方法を提案する.有用であることを示すために,ヒューマンエラーが埋め込まれたモデルに対して作業手順の目的としてのゴールに至るかどうかをモデル検証の手法...
鈴木 将哉, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   112(164) 133-138   2012年7月
文脈指向プログラミング(COP)とは,プログラムの実行文脈に応じて振る舞いが変化するようなプログラムのモジュール性を高める技術である.本研究で我々は,言語の拡張を導入せずにCOPをObjective-Cで実現するための手法を提案する.Objective-Cは実行時にメソッドの書き換えを行うことができる動的なオブジェクトシステムを備えている.我々はこの機構を用いてCOPを実現した.本論文では提案手法によるCOPの実現方式について述べ,実行時オーバーヘッドについての評価結果を示す.
森口 草介, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   4(4) 41-41   2011年9月
証明支援系 Coq のプログラムに対する対話的修正機構を提案する.証明支援系はプログラムなどの正しさを証明するために利用されている.しかし,Coq による証明は対象となる体系の定義に密接に関連しているため,定義のわずかな修正に対して多くの不整合が発生する.このような不整合に対し,場所の確認を Coq からのエラーによって発見するという,退屈で,かつ誤りを組み込みやすい作業で行うことが一般的になっている.提案する機構を組み込んだ証明支援系を用いることにより,この作業を簡易化することができる....
鈴木 将哉, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学   112(165) 133-138   2012年7月
文脈指向プログラミング(COP)とは,プログラムの実行文脈に応じて振る舞いが変化するようなプログラムのモジュール性を高める技術である.本研究で我々は,言語の拡張を導入せずにCOPをObjective-Cで実現するための手法を提案する.Objective-Cは実行時にメソッドの書き換えを行うことができる動的なオブジェクトシステムを備えている.我々はこの機構を用いてCOPを実現した.本論文では提案手法によるCOPの実現方式について述べ,実行時オーバーヘッドについての評価結果を示す.
Senthooran Ilankaikone, Prokay Julian, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   111(168) 75-80   2011年7月
検証済みのモデルから実時間プログラムを生成する手法を提案する.本手法では,時間制約を実行時に検査するために,それに伴うオーバーヘッドをあらかじめモデルの性質の一部に取り入れる.これにより,実時間スケジューラのないOSやランタイム上でのソフト実時間システムの実現を容易にすることを目指す.本稿では,時間オートマトンで記述され,モデル検査器UPPAALで検証されたモデルから,JavaおよびCのコードを生成する手法について述べる.簡単なロボットの制御プログラムの記述例を通して,提案手法の有効性を示す.
Senthooran Ilankaikone, Prokay Julian, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. KBSE, 知能ソフトウェア工学   111(169) 75-80   2011年7月
検証済みのモデルから実時間プログラムを生成する手法を提案する.本手法では,時間制約を実行時に検査するために,それに伴うオーバーヘッドをあらかじめモデルの性質の一部に取り入れる.これにより,実時間スケジューラのないOSやランタイム上でのソフト実時間システムの実現を容易にすることを目指す.本稿では,時間オートマトンで記述され,モデル検査器UPPAALで検証されたモデルから,JavaおよびCのコードを生成する手法について述べる.簡単なロボットの制御プログラムの記述例を通して,提案手法の有効性を示す.
山田 一宏, 渡部 卓雄, 森口 草介, 西崎 真也
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告   2011(26) 1-4   2011年3月
我々はMorrisのアルゴリズムのCによる実装の検証を試みた.このアルゴリズムは再帰やスタックを用いずに二分木の走査を行うものであり,節点内部に余分なタグも不要であるという特徴がある.本研究はポインタ操作を伴うCプログラムへの検証支援ツール適用のケーススタディであり,今回は検証支援系CaduceusおよびWhy,自動証明系Simplifyおよび対話的証明支援系Coqを使用した.本稿では,これらによる検証手法とその結果の概要を述べる.
渡部 卓雄, 森口 草介, 山田 一宏, 西崎 真也
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   110(458) 97-102   2011年2月
ポインタ書き換えを伴うプログラムのプログラム変換にもとづく検証のケーススタディとして,Morrisの二分木走査アルゴリズムの正当性を扱った.本稿ではその際に用いたプログラム変換手法とその具体的な適用手法について報告する.
森口 草介, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   2(5) 43-43   2009年11月
アスペクト指向が提案されて十余年たち,ソフトウェア工学の広い分野で用いられている.しかしながら,アスペクトとは何であるかを議論することはほとんどなく,ただAspectJに代表されるジョインポイントモデルにおけるモジュールをアスペクトとすることが多い.このように本質を定義しないままの議論は実際の言語に強く依存したものとなり,またツールにおけるアルゴリズムとその実装もアドホックになる.アスペクト指向はモジュール化を主眼としたものであり,その特徴はアスペクトモジュールの結合方法にあるといえる.本...
渡部卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   109(170) 49-52   2009年7月
自己反映計算は高度に柔軟で適応的なシステムを構築するための重要な考え方である.本稿で報告する自己反映計算の振舞的側面の形式化は,計算システムを表す抽象的なモデル間の実現関係に基づいており,これによってリフレクティブタワーのような無限の構造をアプリオリに導入せずに自己反映計算についての議論を可能にする.現在までの主な貢献は,明示的なメタレベルの存在範囲を形式化に導入することで,自己反映計算機構の強さを形式的に議論するための基礎を与えたことである.
森口草介, 渡部卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   108(173) 37-42   2008年7月
アスペクト指向プログラミング(AOP)はソフトウェア開発において広く用いられており、アスペクト指向プログラミング言語のもつ性質を形式的にとらえ、理解することはプログラミング言語研究の重要な課題のひとつである。我々は、ポイントカットやアドバイスといったアスペクト指向言語拡張の性質をとらえることを目的とした計算体系LMCを提案する。LMCは特定のプログラミング言語に依存しない形で定義されており、これをアスペクト指向言語拡張の定義に用いることで、アスペクト指向プログラミング言語の形式的定義をモジ...
渡部卓雄, 橋本康範, 山田聖
全国大会講演論文集   70(5) "5-109"-"5-110"   2008年3月
MoxaはJavaを対象とした振る舞いインターフェース記述言語であり,表明アスペクトと呼ばれる機構の導入によって仕様記述のモジュール化を促進している.本稿ではMoxaの表明アスペクトを用いた仕様記述について概観し,さらに表明アスペクトを拡張して仕様記述のモジュール化をより促進する方法について議論する.
永藤 直行, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告   106(174) 207-214   2006年7月
モニタにより強制可能なセキュリティーポリシの特徴について議論する.ここでいうモニタとはプログラムの振舞を監視し,もしそれがポリシに違反するときにはそのプログラムを強制的に停止することによりポリシを強制する強制機構のことである.もちろん,このような強制機構ではすべてのポリシが強制可能であるわけではない.なぜなら,モニタはプログラムの有限の振舞しか観測できず,未来の情報を利用することが出来ないからである.F.B.Schneiderはこのような特徴をもつポリシはLamportの安全性の特徴を充た...
永藤直行, 渡部卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SITE, 技術と社会・倫理   106(174) 207-214   2006年7月
モニタにより強制可能なセキュリティーポリシの特徴について議論する.ここでいうモニタとはプログラムの振舞を監視し,もしそれがポリシに違反するときにはそのプログラムを強制的に停止することによりポリシを強制する強制機構のことである.もちろん,このような強制機構ではすべてのポリシが強制可能であるわけではない.なぜなら,モニタはプログラムの有限の振舞しか観測できず,未来の情報を利用することが出来ないからである.F.B.Schneiderはこのような特徴をもつポリシはLamportの安全性の特徴を充た...
永藤直行, 渡部卓雄
情報処理学会研究報告. CSEC, [コンピュータセキュリティ]   2006(81) 207-214   2006年7月
モニタにより強制可能なセキュリティーポリシの特徴について議論する.ここでいうモニタとはプログラムの振舞を監視し,もしそれがポリシに違反するときにはそのプログラムを強制的に停止することによりポリシを強制する強制機構のことである.もちろん,このような強制機構ではすべてのポリシが強制可能であるわけではない.なぜなら,モニタはプログラムの有限の振舞しか観測できず,未来の情報を利用することが出来ないからである.F.B.Schneiderはこのような特徴をもつポリシはLamportの安全性の特徴を充た...
永藤直行, 渡部卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. ISEC, 情報セキュリティ   106(175) 207-214   2006年7月
モニタにより強制可能なセキュリティーポリシの特徴について議論する.ここでいうモニタとはプログラムの振舞を監視し,もしそれがポリシに違反するときにはそのプログラムを強制的に停止することによりポリシを強制する強制機構のことである.もちろん,このような強制機構ではすべてのポリシが強制可能であるわけではない.なぜなら,モニタはプログラムの有限の振舞しか観測できず,未来の情報を利用することが出来ないからである.F.B.Schneiderはこのような特徴をもつポリシはLamportの安全性の特徴を充た...
橋本康範, 渡部卓雄, 山田聖
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告   2006(75) 15-22   2006年7月
我々は現在までに、Javaのための振舞インターフェース仕様記述言語Moxaを開発してきた。MoxaはJava Modeling Language (JML)を拡張したものであり、表明アスペクトと呼ばれる機構を用いて表明間を横断する性質を分離することで、長大で複雑になりがちな実アプリケーションの仕様のモジュール化を可能にしている。本稿ではまずMoxaの設計について簡単に説明した後、その拡張-プロトコルにもとづくアスペクト記述-について議論する。この拡張は、メソッド呼び出し系列(プロトコル)に...
千葉滋, 中島達夫, 小野寺民也, 加藤和彦, 渡部卓雄, 原田康徳
コンピュータソフトウェア   21(1)    2004年1月
小野寺 民也, 加藤 和彦, 渡部 卓雄, 中島 達夫, 原田 康徳
コンピュータソフトウェア   19(6)    2002年11月
山田 聖, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌プログラミング(PRO)   46(6) 62-62   2005年4月
契約による設計(Design by Contract,DbC)は,ある処理の実行直前・直後で満たされるべき条件を表明として明示し,それらを処理の利用者と提供者の間の契約とすることで,責任の切り分けを明確にする.DbC に基づく表明の記述では,プログラムが大規模化するとともに,表明の数が増加し個々の表明も複雑になり,表明の整合性や表明とプログラムの一貫性を維持しつつ,それらを修正・拡張することが難しくなる.この原因は,従来のDbC に基づく表明の記述方式では,表明をプログラムに埋め込む形で記...
渡部卓雄, 永藤直行, 山田聖
情報処理学会論文誌. プログラミング   43(3) 94-94   2002年3月
柔軟な分散計算システムを構築するための便利な抽象化機構としてさまざまな形態の異動コードが注目されてきた.固定的なネットワークシステムから移動・遍在計算機環境へとシフトするうえで,移動コードの重要性が増している.しかし,実際の応用システムで移動コードを採用するうえで,解決しなければならないセキュリティ上の問題はまだ多い.さらに,移動コードを用いてシステムを構成するためには,コードの移動がひきおこすさまざまな変化に対処できる必要がある.そしてセキュリティモデルもそのために拡張可能(あるいは適応...
山田聖, 渡部卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   46(6)    2005年4月
契約による設計(Design by Contract, DbC)は, ある処理の実行直前・直後で満たされるべき条件を表明として明示し, それらを処理の利用者と提供者の間の契約とすることで, 責任の切り分けを明確にする.DbCに基づく表明の記述では, プログラムが大規模化するとともに, 表明の数が増加し個々の表明も複雑になり, 表明の整合性や表明とプログラムの一貫性を維持しつつ, それらを修正・拡張することが難しくなる.この原因は, 従来のDbCに基づく表明の記述方式では, 表明をプログラム...
藤枝 和宏, 渡部 卓雄, 落水 浩一郎
情報処理学会論文誌. プログラミング   41(9) 110-110   2000年11月
CORBAのアプリケーション開発における問題点として, クロスプラットフォームの開発時に生じるインタフェースの不一致, およびスタブとスケルトンのアプリケーションへの組み込みのために生じる開発手順の煩雑さを取り上げ, インターフェイスリポジトリとリフレクションの可能なプログラミング言語を利用して, これらを解決する手法を提案する.この手法を実現するために必要なリフレクションの能力として, プログラム自身の参照/改変および未定義名の参照時の振る舞いの変更を取り上げ, その利用方法と利点につい...
村上 昌己, 岩崎 英哉, 小川 宏高, 小川 瑞史, 小野寺 民也, 柴山 悦哉, 田浦 健次朗, 高木 浩光, 高橋 和子, 富樫 敦, 長谷川 立, 原田 康徳, 前田 敦司, 八杉 昌宏, 結縁 祥治, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   45(23) i-iii   2004年11月
佐伯 豊, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   41(9) 112-112   2000年11月
自己反映的なプログラミング言語は, 言語処理系自身を計算の対象として扱うことが可能な言語システムであり, 言語の実装レベルの記述を, メタレベルとして分離することによって, 複雑なアプリケーションの記述を簡潔に行うことができる.また, メタレベルを上手にモジュール化することによって, 拡張を再利用することができる.しかし言語拡張を再利用するためには, 複数のメタのモジュール同士の意味的な衝突を考慮する必要がある.通常, 再利用を前提として言語の拡張を記述する際には, その拡張を適用する対象...
田中 哲, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   41(4) 89-89   2000年6月
メタレベルアーキテクチャを採用するプログラムでは, 通常, メタレベルは対象とする適応領域-ベースレベルの構造やその拡張・適応方式等-に特化された形で設計される.メタレベル自体を, アプリケーションに依存した部分とそうでない部分に分離できれば, 後者を再利用することによってメタレベル設計が容易になる.そのために, 本稿では拡張が容易なメタレベルの設計をアプリケーションに依存せずに行なう方法について論じる.拡張を容易とするために必要なことは, 安定で見通しが良い構造を導入し, その構造に従っ...
佐伯 豊, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   40(10) 75-75   1999年12月
自己反映的なプログラミング言語は 言語自身を計算の対象として扱うことが可能な言語システムである.言語の実装レベルに相当する記述をメタレベルとして実際の計算に関する記述と分離することによって 実行時の状況に応じた動的な言語の拡張を 再利用可能なモジュールとして提供することが可能な枠組みであり 並列計算機や 分散計算機環境におけるアプリケーションの記述を簡潔におこなうことができる.しかし 自己反映的な言語を実装する場合 言語の内部構造をユーザーにどのようにして提示するかの選択によって その言語...
藤枝 和宏, 渡部 卓雄, 落水 浩一郎
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告   99(89) 3-10   1999年10月
本論文では、リフレクションの可能なプログラミング言語を利用して、CORBAのアプリケーション開発手順を簡略化する手法と、利用方法の複雑なCORBAのAPIを簡略化する手法を示す。リフレクションを利用することで、必要なスタブとスケルトンをアプリケーションの実行時に生成して取り込むことが可能になり、アプリケーションの開発手順を簡略化できる。さらに、リフレクションを利用することで、CORBAの遅延同期呼び出しやDynAny APIを利用する際のプログラミングの手間を削減できる。
藤枝 和宏, 渡部 卓雄, 落水 浩一郎
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   99(287) 9-16   1999年9月
渡部 卓雄
全国大会講演論文集   57(1) 258-259   1998年10月
峯下 聡志, 渡部 卓雄
全国大会講演論文集   57(1) 260-261   1998年10月
西崎 真也, 小川 瑞史, 柴山 悦哉, 田浦 健次朗, 高橋 和子, 竹内 泉, 中田 秀基, 長谷川 立, 原田 康徳, 前田 敦司, 真野 健, 村上 昌己, 結縁 祥治, 脇田 建, 渡部 卓雄
情報処理学会論文誌. プログラミング   40(4) i-iii   1999年5月
川崎 大輔, 天野 憲樹, 渡部 卓雄
全国大会講演論文集   57(1) 309-310   1998年10月
西川 尚宏, 渡部 卓雄
全国大会講演論文集   57(1) 311-312   1998年10月
新堀 健治, 渡部 卓雄
全国大会講演論文集   57(1) 313-314   1998年10月
石川 洋, 二木 厚吉, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   98(295) 23-30   1998年9月
並行システムの動作の詳細を把握するのは一般的には困難である.本研究では, 並行システムの例として有機的プログラミング言語GAEAをとりあげる.本言語は有機的プログラミングと呼ばれる新しいソフトウェア構築方法論に基づいておりプログラムの動的変更や並行処理が可能である.この言語はPrologを基礎としてるので並列論理型プログラミング言語と考えることができる.そこで本言語は並行システムとみなし, そのシステムの計算状態や動作の明示的な記述を試みている.その記述は状態を持つ並行システムの動的変化が...
佐伯 豊, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   98(230) 33-40   1998年7月
自己反映的なシステムにおいて、ユーザの言語拡張に関する記述の再利用を容易にする際に、再利用しようとしている拡張が、その時点における拡張と衝突する可能性がある。そのためシステムの設計者は、ユーザが言語の拡張を組み合わせて利用する際の安全性を考慮する必要があるが、実際にこうした衝突をまえもって特定することは困難であり、そのための枠組みが必要になる。本稿ではmonad trnasformerを利用した言語の構成手法に基づき、特に言語拡張のための記述と、その拡張された言語の機能を利用する可能性のあ...
鈴木 正人, 鰺坂 恒夫, 渡部 卓雄
コンピュータソフトウェア   15(1) 67-73   1998年1月
中島 達夫, 渡部 卓雄
電子情報通信学会誌   80(4) 357-363   1997年4月
モバイルエージェントやJavaなどのWebページ記述用言語に代表される移動可能プログラムをいつでもどこでも計算機を使用可能とするモバイルコンピューティング環境と組み合わせることによって, 計算機の可能性は飛躍的に向上する. 本稿では, 移動可能プログラムと移動可能プログラムをモバイルコンピューティング環境上で実行するために必要となる適応可能なソフトウェアアーキテクチャに関して紹介する.
天野 憲樹, 渡部 卓雄
Research report   96 1-27   1996年5月
田中 哲, 渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   96(81) 25-32   1996年5月
言語処理系を再利用可能な部品から構成し、その構成を言語内部にメタレベルアーキテクチャとして見せる方式を提案する。これにより、従来は困難だったメタレベル記述の再利用性を高めることができる。具体的にはインタプリタをモジュール化し、そのモジュール間の参照関係をDAGに制限することによって各モジュールの再利用を可能としている。また、インタプリタを単純にモジュール分割すると参照関係が複雑になり、再利用が不可能となることについても述べ、それを解決するためのInterpreter Passing Sty...
渡部 卓雄
情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]   95(114) 31-34   1995年11月
抽象書換え系を用いて,自己反映計算に対する形式的な定義を試みる.これは自己反映計算およびそれに関連した諸概念(例えばリフレクティブ・タワー等)に対する,特定の計算モデル・言語に依存しない形式的かつクリアーな定義方法を与えることを目的としている.本論文では,抽象書換え系に対する実現(implementation)の関係を定義し,それによって自己反映計算の定義を行っている.
天野 憲樹, 渡部 卓雄
全国大会講演論文集   51(5) 71-72   1995年9月
近年の技術革新は電子装置の小型化、高性能化をもたらし、その製造技術の進歩はそれらの安価な実現を可能にした。またネットワークはパソコン通信などを通じて急速に個人の生活空間に浸透しつつある。小型化された携帯可能な電子装置とネットワーク、この2つの技術の融合により新しいコンピューティング環境、コンピューティングスタイルが生まれようとしている。このように移動可能な小型計算機をネットワークに接続し、分散環境と融合させた計算機環境を移動計算機環境という。移動計算機環境では移動による計算機を取り巻く環境...
渡部 卓雄
情報処理学会研究報告. PRO, [プログラミング]   97(78) 61-66   1997年8月
分散・移動計算機環境における, 移動可能プログラムを記述するための一般的な言語機構を提案する. 基本的なアイデアは, 計算状態の一部を表現する部分接続(partial continuation)をプログラム中で一級オブジェクトとして明示的に扱うことにある. 並行計算系における継続(continuation)の扱いは一般に繁雑になるが, エクステントを限定した部分継続を得る言語機能を用いることにより, 遠隔コード実行の様々なパターンを記述できる. 本機構は手続きクロージャ, あるいはそれと等...
田中 哲, 渡部 卓雄
全国大会講演論文集   51(5) 73-74   1995年9月
自己反映計算とは、通常の計算対象だけでなく計算を行なっている自己をも対象として計算を行なう、という概念である。自己反映的プログラミング言語とは、自己(動作中のプログラムや処理系の状態など)をその言語自身の枠組の中で扱うことができるようなプログラミング言語のことである。自己反映的なシステムでは、自己の構成、状態を動的に変更することが可能である。従って、自己反映的プログラミング言語は問題領域に合わせて自分自身をカスタマイズでき、柔軟なソフトウェアの構築に有用であることが認識されている。また、プ...
佐藤 徹也, 渡部 卓雄
全国大会講演論文集   51(5) 89-90   1995年9月
オブジェクト指向プログラミングにおけるソフトウェア開発において、クラスライブラリ、およびそれを有効に利用するための開発環境の役割は大変重要である。クラスライブラリを含めた開発環境を単なるソースコードのデータベースとしてだけ捉えるのではなく、情報を整理し、資産として再利用可能な形で蓄積してゆくための一手段として捉える必要がある。しかし、その一方でクラスライブラリを構成するための標準的な方法は示されておらず、設計者それぞれ固有のモデルに委ねられている。そのため利用者は、プログラミング言語の習得...
中島 達夫, 渡部 卓雄, 保木本 晃弘
全国大会講演論文集   49(4) 49-50   1994年9月
移動計算機を無線ネットワークを用いて分散環境と接続した移動計算機環境におけるアプリケーションは、メモリのサイズ、バッテリの量、ネットワークのバンド幅などの制約を考慮して実行する必要がある。そのため、アプリケーションやOSの構成力環境に応じて柔軟に変化しなければならない。本稿では、移動計算機環境に適した柔軟なソフトウェアの構築法の開発をめざすParsifalプロジェクトにおける柔軟なソフトウエアの構築法に関する概要を述べる。
渡部 卓雄, 瀬尾 明志
全国大会講演論文集   49(4) 155-156   1994年9月
分散計算環境における大域的ガベージコレクションの一手法を提案する.本方式はリファレンスカウント方式とマーキング方式を併用したアルゴリズムを採用し,以下のような特長を持つ:(1)循環する参照を含むすべてのゴミを回収できる.(2)アプリケーションプログラムと並行に動作する.(3)比較的オーバーヘッドの高いマーキングフェーズの稼働率を低くおさえている.(4)リファレンス,構報,マーキング,終了判定のメッセージに重みを用いて,メッセージ数を減少させている.(5)集中制御を必要としない.本方式による...
菅原 太郎, 渡部 卓雄, 二木 厚吉
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   94(134) 9-16   1994年7月
並行オブジェクト指向計算の新たな実行方式を考案した。本方式では並行オブジェクト指向計算を並行項書き換え計算に変換して実行する。実際の項の書き換えはグラフ簡約機械によって実現される。考案した実行システムでは、互いに通信を行なう複数のグラフ簡約機械を用いてグラフ簡約を並行に行なう。実行システムの状態は項で表すことができ、計算の進行は項の遷移で表わされる。その項の遷移が並行オブジェクト指向計算で許されている項の遷移であることを書き換え論理を用いて示し、実行システムの正当性を示す。
瀬尾 明志, 渡部 卓雄
Research report   94 1-13   1994年3月
宮内 興治, 渡部 卓雄
Research report   94 1-14   1994年3月
渡部 卓雄
電子情報通信学会技術研究報告. SS, ソフトウェアサイエンス   94(134) 1-7   1994年7月
抽象書換え系を用いて,自己反映計算に対する形式的な定義を試みる.これは自己反映計算およびそれに関連した諸概念(例えばリフレクティブ・タワー等)に対する,特定の計算モデル・言語に依存しない形式的かつクリアーな定義方法を与えることを目的としている.本論文では,抽象書換え系に対する実現(implementation)の関係を定義し,それによって自己反映計算の定義を行っている.

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 渡部 卓雄
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 渡部 卓雄
2年間の研究期間内に以下に挙げる成果を得た。これにより、ソフトウェアコンポーネントの整合性検査とそれにもとつく実行時安全性の検査手法に関する新たな知見を得ることができた。(a)スケーラブルな仕様記述とそれにもとづくコンポーネントの整合性検査手法研究代表者と研究分担者はアスペクト指向仕様記述言語Moxaの設計開発を行った。実際のソフトウェアモジュールの仕様記述実験を行い、モジュールあたりの仕様記述量およびコードの変更に伴う仕様記述への修正箇所を大幅に抑えられることを示した。また一般に、状態遷...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 渡部 卓雄
本研究課題における成果は,(1)プロセス代数にもとづくコンポーネントのポリシー記述形式とその強制系,および(2)アスペクト指向にもとづくスケーラブルなコンポーネント間の整合性検査方式の2つに分類することができる.(1)ポリシー記述形式とその強制系:初年度はプロセス代数を基礎とするポリシー記述形式の設計を行い,それによって記述されたポリシーを強制するためのシステム(以下,ポリシー強制系と呼ぶ)Taurus-1を実装した.我々はこれをF.Schneiderらによるポリシー強制の定式化手法にもと...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(B), 特定領域研究)
研究期間: 2000年 - 2003年    代表者: 渡部 卓雄
我々は拡張性や適応能力をもつソフトウェアを安全に構成するための諸方式についての研究を行ってきた.拡張可能・適応的ソフトウェアにおいて発生する3つの安全上の問題点に対応して,我々の研究成果は以下の3つにわけることができる.(1)信頼できないプログラムを安全かつ効率的に実行する方式を開発した.この方式では,プログラムコードを変換して実行時にポリシー検査を行うコードを埋めこむ方法をとっている.安全メールの添付コードの安全な実行に用いることで,アプリケーションに依存した詳細なセキュリティポリシーを...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2000年 - 2001年    代表者: 渡部 卓雄
本研究の目的は,移動コードを用いて構成される,適応性を備えた分散ソフトウェアシステムを,効果的に開発するための技術の提案である.具体的には,コードの移動や,それにともなうコードの実行緩急の変化などにかかわる非機能的要件(non-functional requirements)を対象としたソフトウェアのモジュール化機構を提案する.本研究の成果は以下の通りであり,全て査読付き国際会議で発表している.1.自己反映計算にもとづく,移動コードのための耐故障・セキュリティ機構のモジュール化方式を提案し...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究(A))
研究期間: 1998年 - 1998年    代表者: 渡部 卓雄
現在までの主な成果を以下に示す.(1) 動的適応のための基本機構DASとそれにもとづく言語LEAD++実行環境に動的に適応可能なソフトウェアを実現するための基本機構DASを提案した.基本的なアイデアは,呼び出された時点における実行環境に応じて振舞いを柔軟に変化させることができる適応可能手続きの利用にある.さらにこの機構自身が適応可能手続きを用いて(自己反映的に)実現される.そのため,実行環境の状態にもとづくソフトウェアの機能の一時的な制限やその解除といった柔軟な適応動作を,元のプログラムを...
文部科学省: 科学研究費補助金(重点領域研究)
研究期間: 1997年 - 1997年    代表者: 渡部 卓雄
動的適応のための基本的な自己反映計算機構,およびそれに基く言語LEADの設計とその処理系の実装を行った.LEADの基本的な適応機構はオブジェクト指向計算モデルにおける総称関数の機構を拡張したものである.これは計算対象となるオブジェクトだけでなく,実行環境の状態がメソッド選択に関与する.そしてアプリケーションの特性に合わせた適応を可能にするために,この適応機構自身もLEADの自己反映機構によって拡張することが可能になっている.基本的なアイディアは,・適応の粒度を手続きとする.・実行環境の状態...

学歴

 
1986年4月
 - 
1991年3月
東京工業大学 大学院理工学研究科 情報科学専攻
 
1982年4月
 - 
1986年3月
東京工業大学 理学部 情報科学科