福永 拓郎

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/05 14:52
 
アバター
研究者氏名
福永 拓郎
 
フクナガ タクロウ
eメール
takuro.fukunagariken.jp
所属
特定国立研究開発法人理化学研究所
部署
革新知能統合研究センター
職名
研究員
学位
博士(情報学)(京都大学)
その他の所属
国立研究開発法人科学技術振興機構
科研費研究者番号
60452314
ORCID ID
0000-0003-3285-2876

プロフィール

2017年12月に国立情報学研究所から理化学研究所革新知能統合研究センターに移りました.国立情報学研究所でのメールアドレスはすでに無効になってますので,連絡の際には理化学研究所のアドレスにお願い致します.

研究分野

 
 

経歴

 
2017年12月
 - 
現在
理化学研究所 革新知能統合研究センター 研究員
 
2017年10月
 - 
現在
科学技術振興機構 さきがけ研究者
 
2013年2月
 - 
2017年9月
国立情報学研究所 特任准教授
 
2007年4月
 - 
2013年1月
京都大学 大学院 情報学研究科 助教
 
2011年9月
 - 
2012年8月
Carnegie Mellon University 客員研究員
 
2007年2月
 - 
2007年3月
京都大学 大学院 情報学研究科 助手
 

学歴

 
2003年4月
 - 
2007年1月
京都大学 大学院情報学研究科 数理工学専攻
 
1999年4月
 - 
2003年3月
京都大学 工学部 情報学科
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
日本オペレーションズ・リサーチ学会  Journal of the Operations Research Society of Japan, 編集委員
 
2014年
 - 
現在
情報処理学会,アルゴリズム研究運営委員会  運営委員
 
2018年
 - 
2018年
5th International Symposium on Combinatorial Optimization (ISCO)  プログラム委員
 
2017年
 - 
2017年
11th International Frontiers of Algorithmics Workshop (FAW)  プログラム委員
 
2016年
 - 
2016年
4th International Symposium on Combinatorial Optimization (ISCO)  プログラム委員
 

受賞

 
2014年8月
日本オペレーションズ・リサーチ学会 研究賞奨励賞
 

論文

 
Stochastic Submodular Maximization with Performance-Dependent Item Costs
Takuro Fukunaga, Takuya Konishi, Sumio Fujita, Ken-ichi Kawarabayashi
Thirty-Third AAAI Conference on Artificial Intelligence      2019年1月   [査読有り]
LP-based pivoting algorithm for higher-order correlation clustering
Takuro Fukunaga
Journal of Combinatorial Optimization      2019年   [査読有り]
Regret Bounds for Online Portfolio Selection with a Cardinality Constraint
Shinji Ito, Daisuke Hatano, Sumita Hanna, Akihiro Yabe, Takuro Fukunaga, Naonori Kakimura, Ken-Ichi Kawarabayashi
Thirty-second Conference on Neural Information Processing Systems      2018年12月   [査読有り]
Yasushi Kawase, Hanna Sumita, Takuro Fukunaga
13th Latin American Theoretical Informatics Symposium (LATIN 2018)   653-668   2018年4月   [査読有り]
Shinji Ito, Daisuke Hatano, Hanna Sumita, Akihiro Yabe, Takuro Fukunaga, Naonori Kakimura, Ken-ichi Kawarabayashi
International Conference on Artificial Intelligence and Statistics, AISTATS 2018, 9-11 April 2018, Playa Blanca, Lanzarote, Canary Islands, Spain   1599-1607   2018年4月   [査読有り]
Akihiro Yabe,Daisuke Hatano,Hanna Sumita,Shinji Ito,Naonori Kakimura,Takuro Fukunaga,Ken-ichi Kawarabayashi
Proceedings of the 35th International Conference on Machine Learning, ICML 2018, Stockholmsmässan, Stockholm, Sweden, July 10-15, 2018   5508-5516   2018年   [査読有り]
Naoto Ohsaka,Tomohiro Sonobe,Naonori Kakimura,Takuro Fukunaga,Sumio Fujita,Ken-ichi Kawarabayashi
Database and Expert Systems Applications - 29th International Conference, DEXA 2018, Regensburg, Germany, September 3-6, 2018, Proceedings, Part I   424-439   2018年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
Computing and Combinatorics - 24th International Conference, COCOON 2018, Qing Dao, China, July 2-4, 2018, Proceedings   51-62   2018年   [査読有り]
0000-0003-3285-2876,Takuro Fukunaga
Algorithmica   80(11) 3270-3292   2018年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
ACM Transactions on Algorithms   13(4) 49:1-49:31   2017年12月   [査読有り]
Takuro Fukunaga,Shuichi Hirahara,Hiyori Yoshikawa
Discrete Optimization   26 183-198   2017年   [査読有り]
Shinji Ito,Daisuke Hatano,Hanna Sumita,Akihiro Yabe,Takuro Fukunaga,Naonori Kakimura,Ken-ichi Kawarabayashi
Advances in Neural Information Processing Systems 30: Annual Conference on Neural Information Processing Systems 2017, 4-9 December 2017, Long Beach, CA, USA   4102-4111   2017年   [査読有り]
Hanna Sumita,Yasushi Kawase,Sumio Fujita,Takuro Fukunaga
Proceedings of the Twenty-Sixth International Joint Conference on Artificial Intelligence, IJCAI 2017, Melbourne, Australia, August 19-25, 2017   423-429   2017年   [査読有り]
Daisuke Hatano,Takuro Fukunaga,Takanori Maehara,Ken-ichi Kawarabayashi
Proceedings of the Thirty-First AAAI Conference on Artificial Intelligence, February 4-9, 2017, San Francisco, California, USA.   1992-1999   2017年   [査読有り]
Daisuke Hatano,Takuro Fukunaga,Ken-ichi Kawarabayashi
Proceedings of the Twenty-Fifth International Joint Conference on Artificial Intelligence, IJCAI 2016, New York, NY, USA, 9-15 July 2016   3600-3608   2016年   [査読有り]
Takuro Fukunaga,Takanori Maehara
Combinatorial Optimization and Applications - 10th International Conference, COCOA 2016, Hong Kong, China, December 16-18, 2016, Proceedings   77-91   2016年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
SIAM J. Discrete Math.   30(2) 777-800   2016年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
Discrete Optimization   20 40-61   2016年   [査読有り]
Takuro Fukunaga
Proceedings of the Twenty-Sixth Annual ACM-SIAM Symposium on Discrete Algorithms, SODA 2015, San Diego, CA, USA, January 4-6, 2015   9-24   2015年   [査読有り]
Array,Shuichi Hirahara,Hiyori Yoshikawa
2015 IEEE Conference on Computer Communications Workshops, INFOCOM Workshops, Hong Kong, China, April 26 - May 1, 2015   486-491   2015年   [査読有り]

Misc

 
スパイダ被覆アルゴリズム -ネットワーク設計の最新理論-
福永 拓郎
電気情報通信学会誌   101(3) 280-283   2018年3月   [依頼有り]
Takuro Fukunaga
Combinatorial Optimization and Graph Algorithms: Communications of NII Shonan Meetings   43-66   2017年   [依頼有り]
小林佑輔,福永拓郎
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   60(8) 443-448   2015年8月   [依頼有り]
ネットワーク設計問題の最先端
福永 拓郎
オペレーションズ・リサーチ : 経営の科学   56(1) 5-9   2011年1月   [依頼有り]

書籍等出版物

 
Combinatorial Optimization and Graph Algorithms
Takuro Fukunaga, Ken-ichi Kawarabayashi (担当:編者)
Springer   2017年   

講演・口頭発表等

 
単位円グラフ上での高連結度支配集合問題に対する主双対近似アルゴリズム
福永 拓郎
第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017)   2017年9月   
Recent progress on the network activation problem [招待有り]
Takuro Fukunaga
10th Japanese-Hungarian Symposium on Discrete Mathematics and Its Applications   2017年5月   
ハイパーグラフ上の相関クラスタリングに対する近似アルゴリズム
福永 拓郎
情報処理学会第163回アルゴリズム研究会   2017年5月   
頂点被覆重み最小化シュタイナー木問題
福永 拓郎
日本オペレーションズ・リサーチ学会 2017年春季研究発表会   2017年3月   
Scalable algorithm for higher-order co-clustering via random sampling
Takuro Fukunaga
Thirty-First AAAI Conference on Artificial Intelligence (AAAI-17)   2017年2月   

競争的資金等の研究課題

 
科学技術振興機構: さきがけ
研究期間: 2017年10月 - 2021年3月    代表者: 福永 拓郎
日本学術振興会: 科研費 基盤(C)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 福永 拓郎
日本学術振興会: 科研費 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 福永 拓郎
離散最適化問題に対する効率的なアルゴリズムの研究
京都大学教育研究振興財団: 在外研究長期助成
研究期間: 2011年9月 - 2012年8月    代表者: 福永 拓郎
日本学術振興会: 科研費 若手研究(B)
研究期間: 2008年4月 - 2012年3月    代表者: 福永 拓郎

特許

 
吉村 地尋, 山岡 雅直, 河原林 健一, 福永 拓郎, 高口 太朗, 前原 貴憲, 大輪 拓也