論文

2020年12月

福島第一原発作業者に対する放射線知識と不安に関する質問調査

産業医科大学雑誌
  • 林 卓哉
  • 真船 浩介
  • 松田 尚樹
  • 長谷川 有史
  • 加藤 尊秋
  • 神田 玲子
  • 島田 義也
  • 佐藤 健一
  • 森 晃爾
  • 立石 清一郎
  • 香崎 正宙
  • 岡崎 龍史
  • 全て表示

42
4
開始ページ
339
終了ページ
346
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
産業医科大学

2011年に福島第一原子力発電所(原発)事故により,作業者は多くの放射線被ばくをしたため,放射線による影響が懸念された.近年においても,東電(東京電力ホールディングス株式会社)の調査で,福島原発作業者は約30%に放射線影響に対する不安が残存していると報告されている.放射線に対する不安を軽減するためには,放射線の教育を行い,知識が豊富になることが重要であると考えられる.そこで今回,福島原発作業員に対して,独自に準備した質問調査を用いて,放射線教育回数,放射線の知識及び放射線に対する不安に関して調査を行った.東電を通じ,東電職員並びに元請け企業に1,602部配布し,1,135部回収した(回収率70.8%).放射線教育回数が増加すると,放射線の知識が増え,放射線に対する不安は減少することが間接的にみられた.また年齢が高いと,様々な影響に対する不安が少なくなる傾向にあった.今回の調査結果では,放射線の知識を高めると,不安を軽減させる可能性があると考えられた.(著者抄録)

リンク情報
URL
https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=20201207250007&doc_link_id=33268612&url=https%3A%2F%2Fpubmed.ncbi.nlm.nih.gov%2F33268612&type=PubMed&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00001_1.gif
URL
https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=20201207250007&doc_link_id=1390004951539422592&url=https%3A%2F%2Fcir.nii.ac.jp%2Fcrid%2F1390004951539422592&type=CiNii&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00003_3.gif
URL
https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=20201207250007&doc_link_id=%2Fdc5juoeh%2F2020%2F004204%2F007%2F0339-0346%26dl%3D0&url=https%3A%2F%2Fwww.medicalonline.jp%2Fjamas.php%3FGoodsID%3D%2Fdc5juoeh%2F2020%2F004204%2F007%2F0339-0346%26dl%3D0&type=MedicalOnline&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00004_2.gif
URL
https://search-tp.jamas.or.jp/index.php?module=Default&action=Link&pub_year=2020&ichushi_jid=J00526&link_issn=&doc_id=20201207250007&doc_link_id=10.7888%2Fjuoeh.42.339&url=https%3A%2F%2Fdoi.org%2F10.7888%2Fjuoeh.42.339&type=J-STAGE&icon=https%3A%2F%2Fjk04.jamas.or.jp%2Ficon%2F00007_3.gif
ID情報
  • ISSN : 0387-821X
  • eISSN : 2187-2864
  • 医中誌Web ID : 2021282918

エクスポート
BibTeX RIS