村田 卓也

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/22 12:36
 
アバター
研究者氏名
村田 卓也
 
ムラタ タクヤ
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70305001.ja.html
所属
府省共通研究開発管理システム
職名
学位
博士(理学)(京都大学)

プロフィール

Laboratory Home page
http://www.brc.riken.jp/lab/mutants/index.html

研究分野

 
 

経歴

 
2007年4月
 - 
2015年1月
理化学研究所バイオリソースセンター 開発研究員
 
2005年4月
 - 
2007年3月
理化学研究所ゲノム科学総合研究センター 研究員
 
2000年7月
 - 
2005年3月
理化学研究所発生医学総合研究センター 研究員
 
1998年8月
 - 
2000年7月
熊本大学発生医学研究センター 助手
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1998年3月
京都大学大学院 理学研究科 
 
1989年4月
 - 
1993年3月
京都大学 理学部 
 

受賞

 
2014年6月
国際生殖学会 地域別最優秀アブストラクト賞
 
2011年7月
国際生殖学会 レイラー財団優秀賞
 
2010年10月
国際ほ乳類ゲノム会議 ベストポスター賞
 
2010年9月
日本遺伝学会 ベストペーパー賞共同受賞
 

論文

 
Ichimura S, Sasaki S, Murata T, Fukumura R, Gondo Y, Ikegawa S, Furuichi T
Experimental animals      2016年12月   [査読有り]
Kim YJ, Kang Y, Park HY, Lee JR, Yu DY, Murata T, Gondo Y, Hwang JH, Kim YH, Lee CH, Rhee M, Han PL, Chung BH, Lee HJ, Kim KS
Experimental & molecular medicine   48 e212   2016年2月   [査読有り]
Makino S, Zhulyn O, Mo R, Puviindran V, Zhang X, Murata T, Fukumura R, Ishitsuka Y, Kotaki H, Matsumaru D, Ishii S, Hui CC, Gondo Y
PloS one   10(3) e0119455   2015年   [査読有り]
Murata T, Ishitsuka Y, Karouji K, Kaneda H, Toki H, Nakai Y, Makino S, Fukumura R, Kotaki H, Wakana S, Noda T, Gondo Y
Scientific reports   4 6959   2014年11月   [査読有り]
Ohnishi T, Murata T, Watanabe A, Hida A, Ohba H, Iwayama Y, Mishima K, Gondo Y, Yoshikawa T
The Journal of biological chemistry   289 10785-10796   2014年4月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
New Infertile Mouse Model for Mayer–Rokitansky–Küster–Hauser syndrome (MRKH)
村田 卓也
IFFS/JSRM International Meeting 2015   2015年4月26日   
ß- カテニン遺伝子のCys429Ser塩基置換を有したマウス系統は、内性器形成においてカノニカルWntシグナルの時空間特異的な持続を示す
村田 卓也
WntシグナルEMBOワークショップ   2014年10月6日   
カノニカルWntシグナルの必須コンポーネントCTNNB1のC429S変異は、マウスにおいて内性器の形態異常をともなう不妊を引き起こす
村田 卓也
ヒトゲノム国際会議   2014年4月28日   
β-カテニンC429Sマウスは、内性器において持続的なWntシグナルをともない不妊を引き起こす [招待有り]
村田 卓也
変異マウス開発セミナー   2014年2月20日   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 村田 卓也
Wnt/ß-カテニンシグナルの汎用性と特異性の研究 〜ß-カテニンC429Sアミノ酸置換点突然変異マウスをもちいて〜
独立行政法人理化学研究所: 研究奨励ファンド
研究期間: 2012年4月 - 2013年3月    代表者: 村田 卓也