Profile Information

Affiliation
特別研究員PD, 独立行政法人日本学術振興会
受託研究員, 関西学院大学
客員研究員, 学習院女子大学
Degree
Ph.D.(Feb, 2019, The University of Tokyo)
修士・欧州研究(Mar, 2010, 東京大学)
学士・文学(Mar, 2008, 東京大学)

Contact information
takuyamommagmail.com
Researcher number
90868291
J-GLOBAL ID
201401035344912765
researchmap Member ID
B000242866

ユーゴスラヴィア近現代史の潮流に応じたクロアチアのナショナリズムの展開について研究しています。

〔1〕研究内容

博士論文「ウスタシャ運動と「知識人」のナショナリズム ― クロアチア独立国の民族統治を巡る「主体性」―」(東京大学大学院)
:枢軸国陣営の傀儡国家「クロアチア独立国」(1941-45)において政治指導者たるウスタシャおよび体制派知識人がプロパガンダ(報道・教育)を通じて発揮したナショナリズムの動態について分析した。特に「民族共同体」建設の過程で指導部が講じた懐柔的政策、またそれに対する知識人層の「抵抗/追従」という図式に還元され得ない複雑な行動様式を明らかにした。

現在の研究テーマ:「社会主義ユーゴスラヴィアにおける「記憶の政治」と犠牲者ナショナリズム」
:社会主義期クロアチアにおける「犠牲者ナショナリズム」の構築に際し、50年代から「クロアチアの春」に至るまでの学校教育・出版事業・青年運動などが果たした役割について分析を進めている。

〔2〕研究会(共同研究グループ)

①「東欧のファシズム」研究会
:両大戦間期から第二次世界大戦期までの東欧諸国における「ファシズム」の特性を比較・分析する。その際に独伊・ソ連の干渉地たる東欧諸国の歴史的かつ地政学的環境を考慮しながら、国内問題と国際情勢が絡み合う中で種々のアクターによる「ファシズム」の模倣あるいは再解釈を通じて「東欧のファシズム」がいかにして構築されたか明らかにすることを目指す。

② グレーゾーン研究会
:プリーモ・レーヴィの提唱した「灰色の領域」の概念、およびその歴史学研究への応用可能性について、日本史・東洋史・西洋史の枠組みを架橋しながら探求する。特に枢軸国占領期欧州社会、日本統治期中国社会を比較対象としながら、「帝国主義」のグローバルな文脈を背景とした統治体制の構築、並びに対独・対日協力者(コラボ)の政治的志向または実践について分析を進めている。


Papers

  7

Misc.

  8

Books and Other Publications

  4

Presentations

  32

Teaching Experience

  13

Research Projects

  11

Committee Memberships

  4

Other

  10