MISC

2018年4月10日

食事への中鎖脂肪酸添加が健常猫に与える影響

ペット栄養学会誌
  • 宮島芙美佳
  • ,
  • 小野沢栄里
  • ,
  • 生野佐織
  • ,
  • 石井聡子
  • ,
  • 後藤杏依
  • ,
  • 小田民美
  • ,
  • 森昭博
  • ,
  • 左向敏紀

21
1
開始ページ
20‐26
終了ページ
26
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11266/jpan.21.1_20
出版者・発行元
日本ペット栄養学会

<p><tt>本研究では、中鎖トリグリセリド(MCT)が健常猫にどのような影響を与えるか検討するため、MCTを豊富に含むココナッツ油を添加した食事、および長鎖脂肪酸脂肪(LCT)を含むラード、大豆油を添加した食事を給与した場合の糖、脂質代謝の変化を比較した。健常猫6頭を用いて、3種の異なる脂肪を添加した食事を給与した。3種の脂肪添加食をそれぞれ14日間ずつ給与し、体重および体脂肪率の測定、臨床症状の有無の評価、血液検査を実施した。全ての食事において試験期間中、全頭で嗜好性に問題はなく副作用も認められなかったため、脂肪添加食は安全に給与できた。さらに、血液検査項目の血糖値、インスリン濃度、GIP濃度、GLP-1濃度、中性脂肪(TG)、遊離脂肪酸(NEFA)濃度を測定した所、全ての検査項目において3種の食事間で有意な違いは認められなかった。ヒトにおいてMCTは代謝が速く効率の良いエネルギー源とされ、また脂肪蓄積抑制効果なども認められているが、猫においては今後さらに検討</tt><tt>が必要である。 </tt></p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11266/jpan.21.1_20
J-GLOBAL
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201802216676702025
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130006742517
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000390427499
URL
http://jglobal.jst.go.jp/public/201802216676702025