論文

2017年

Concentration of plasma free amino acids before and after chemotherapy in canine transitional cell carcinoma

Journal of Pet Animal Nutrition
  • Onozawa Eri
  • ,
  • Sako Toshinori
  • ,
  • Shono Saori
  • ,
  • Hiramatsu Tomoko
  • ,
  • Ishii Satoko
  • ,
  • Goto Ai
  • ,
  • Miyajima Fumika
  • ,
  • Oda Hitomi
  • ,
  • Azakami Daigo
  • ,
  • Mori Akihiro

20
1
開始ページ
1
終了ページ
6
記述言語
英語
掲載種別
出版者・発行元
日本ペット栄養学会

ヒトのがん患者の研究において、化学療法前後の血漿遊離アミノ酸濃度(PFAAs)が変化することが知られているが、イヌにおいては明らかではない。そこで本研究では、移行上皮癌(TCC)罹患犬における化学療法前後のPFAAsの変化を検討することを目的とした。TCC罹患犬3頭を用いた。TCC罹患犬にミトキサントロンを診断時および診断から3週間後に静脈内投与した。また、化学療法中はピロキシカムも6週間目まで毎日投与した。そして、0(抗がん剤投与前)、1、3、6週間目に採取した絶食時の血漿を高速液体クロマトグラフィー質量分析法にて異なる30種類のアミノ酸濃度を測定した。結果として化学療法前後で血漿中のシスタチオニン濃度に有意な変化が認められた。シスタチオニンは0週目と比較し、1および3週間後で減少、6週間後に増加した。TCC罹患犬の血漿中のシスタチオニンは、腫瘍細胞で利用された可能性が考えられた。以上より、TCC罹患犬におけるPFAAsは抗がん剤投与に影響されることが示された。今後は症例数を増やし、さらに長期間にわたり調べることで、TCCとPFAAsの関係をさらに検討していく必要がある。

リンク情報
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130005634033
CiNii Resolver ID
http://ci.nii.ac.jp/nrid/9000005765305

エクスポート
BibTeX RIS