Takemoto Makiko

J-GLOBAL         Last updated: May 24, 2019 at 02:40
 
Avatar
Name
Takemoto Makiko
Affiliation
Hiroshima City University
Section
Hiroshima Peace Institute
Job title
Associate Professor
Degree
Dr. rer. pol.(Carl von Ossietzky Universitaet Oldenburg)
Research funding number
50398715

Research Areas

 
 

Published Papers

 
日本におけるロベルト・ユンクの言論活動とその受容
専修史学   (64) (30)-(52)   Mar 2018
Nuclear Politics, Past and Present: Comparison of German and Japanese Anti-Nuclear Peace Movements
Asian Journal of Peace Building (Seoul National University)   Volume 3(Number 1) 87-101   May 2015
活動報告「平和博物館から見る自治体の『平和』とヒバク情報」
広島平和研究(広島市立大学広島平和研究所)   (2)    Mar 2015
ヴァイマル共和国初期における週刊誌『ターゲ・ブーフ』―1922年を中心に
専修史学   58 (62)-(76)   Mar 2015
ヴァイマル共和国期の急進的平和主義者にとっての軍縮と平和―『ヴェルトビューネ』の記事から
専修史学   56 (14)-(31)   Mar 2014

Books etc

 
若尾祐司・小倉桂子(編)『戦後ヒロシマの記録と記憶 小倉馨のR・ユンク宛書簡』(上)(下)
名古屋大学出版会   2018   
「国境を越える平和運動」田中ひかる(編著)『社会運動のグローバル・ヒストリー 共鳴する人と思想』
ミネルヴァ書房   2018   
「補論 国際原子力機関(IAEA)」若尾祐司・木戸衛一(編)『核開発時代の遺産 未来責任を問う』
昭和堂   Oct 2017   ISBN:978-4-8122-1634-7
『ドイツの平和主義と平和運動 ヴァイマル共和国期から1980年代まで』
法律文化社   Jan 2017   ISBN:978-4-589-03802-9
"Hiroshima and Auschwitz: Analyzing from the Perspective of Peace Movements and Pacifism", in: Urs Heftlich, Robert Jacobs, Bettina Kaibach and Karoline Thaidigsmann (eds.), Images of Rupture between East and West
Universitaets Verlag Winter   2016