TAMURA Naoyuki

J-GLOBAL         Last updated: Sep 14, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
TAMURA Naoyuki
Affiliation
Kobe University
Section
(Information Science and Technology Center)
Job title
Professor
Degree
Ph.D

Research Areas

 
 

Awards & Honors

 
Sep 2018
SAT技術を用いたペトリネットのデッドロック検出手法の提案, 情報処理学会 2018 年度特選論文, 情報処理学会
Winner: 寸田 智也, SOH TAKEHIDE, BANBARA MUTSUNORI, TAMURA NAOYUKI, 井上 克巳
 
Aug 2018
sCOP, 2018 XCSP3 Competition 2部門優勝 (逐次CSPソルバー部門, 並列CSPソルバー部門), XCSP3 Competition Organization
Winner: Takehide Soh, Daniel Le Berre, Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura
 
Mar 2017
SAT型制約ソルバーによるナンバーリンクの解法とその評価, 2016年度全国大会優秀賞, 人工知能学会
Winner: 迫 龍哉, 川原 征大, SOH TAKEHIDE, BANBARA MUTSUNORI, TAMURA NAOYUKI, 鍋島 英知
 
Mar 2017
SATソルバーの最新動向と利用技術, PPL2017発表賞(一般の部), 日本ソフトウェア科学会 プログラミング論研究会
Winner: SOH TAKEHIDE, TAMURA NAOYUKI
 
Mar 2016
パッキング配列問題の制約モデリングとSAT符号化, 第20回研究論文賞, 日本ソフトウェア科学会
Winner: 則武 治樹, BANBARA MUTSUNORI, SOH TAKEHIDE, TAMURA NAOYUKI, 井上 克巳
 

Published Papers

 
A SAT-based CSP Solver sCOP and its Results on 2018 XCSP3 Competition
SOH TAKEHIDE, Daniel Le Berre, 番原睦則, TAMURA NAOYUKI
2019年度人工知能学会全国大会(第33回)論文集   1-4   Jun 2019
Mutsunori Banbara, Katsumi Inoue, Benjamin Kaufmann, Tenda Okimoto, Torsten Schaub, Takehide Soh, Naoyuki Tamura, Philipp Wanko
Annals of Operations Research   275(1) 3-37   Apr 2019   [Refereed]
alldifferent制約のブール基数制約への符号化手法の提案とクイーングラフ彩色問題への応用
大野周亮, 番原睦則, SOH TAKEHIDE, TAMURA NAOYUKI
人工知能学会研究会資料   SIG-FPAI-B803 6-11   Mar 2019
SAT技術を用いたペトリネットのデッドロック検出手法の提案
寸田 智也, SOH TAKEHIDE, BANBARA MUTSUNORI, TAMURA NAOYUKI, 井上 克巳
情報処理学会論文誌   59(9) 1749-1760   Sep 2018   [Refereed]
南 雄之, SOH TAKEHIDE, BANBARA MUTSUNORI, TAMURA NAOYUKI
コンピュータソフトウェア   35(3) 65-78   Aug 2018   [Refereed]

Misc

 
SOH TAKEHIDE, BANBARA MUTSUNORI, TAMURA NAOYUKI, 鍋島 英知
コンピュータソフトウェア   35(4) 72-92   Nov 2018   [Refereed]
MATSUNAGA YUSUKE, TAMURA NAOYUKI
Journal of Information Processing   59(3) 232–238   Mar 2018   [Refereed][Invited]
SOH TAKEHIDE, BANBARA MUTSUNORI, TAMURA NAOYUKI
コンピュータソフトウェア   34(1) 67-80   Jan 2017   [Refereed]
SATとパズル
TAMURA NAOYUKI, SOH TAKEHIDE, BANBARA MUTSUNORI
情報処理   57(8) 710-715   Jul 2016   [Refereed]
国際シンポジウムFLOPS 2012開催報告
田村 直之, 番原 睦則, 平山 勝敏, 宋 剛秀
コンピュータソフトウェア   30(1):16-19    Mar 2013   [Refereed]
私のブックマーク:SAT ソルバー
番原 睦則, 宋 剛秀, 田村 直之, 井上 克巳
人工知能学会誌   28巻2号    Mar 2013
SATソルバーの基礎
Katsumi Inoue, Naoyuki Tamura
人工知能学会誌   25巻1号    Jan 2010   [Refereed]
Mutsunori Banbara, Naoyuki Tamura
人工知能学会誌   25(1) 122-129   Jan 2010   [Refereed]
制約最適化問題とSAT符号化
Naoyuki Tamura, Tomoya Tanjo, Mutsunori Banbara
人工知能学会誌   25巻1号    Jan 2010   [Refereed]
線形論理の自動演繹システムに関する研究
Naoyuki Tamura, Mutsunori Banbara
科学研究費補助金(基盤研究(C)(2))研究成果報告書      Feb 2005
Javaによる異種協調制約解消システムの開発
番原 睦則, 田村 直之, 井上 克巳, 川村 尚生
IPA Spring 2003   未記入    2003
Javaによる異種協調制約解消システムの開発
番原 睦則, 田村 直之, 井上 克巳, 川村 尚生
平成14年度IPA未踏ソフトウェア創造事業成果報告書   未記入    2003
Javaによる分散協調制約解消システム
番原 睦則, 田村 直之, 井上 克巳, 川村 尚生, 玉置 久
ソフトウェアデザイン(技術評論社)   134    2003
Prologのプログラミング環境 (大特集 新しいプログラミング環境)
TAMURA NAOYUKI, 浅川康夫
情報処理   30(4) 326-333   May 1989   [Refereed]

Conference Activities & Talks

 
インフラストラクチャモードで動作するマルチWi-Fi インタフェースメッシュネットワークの最適設定法
TAKAHASHI Tomoki, MAENO Taka, TAKAKI Yumi, KAMADA Tomio, OHTA Chikara, TAMURA Naoyuki
電子情報通信学会MoNA研究会   Mar 2019   電子情報通信学会
IEEE802.11インフラストラクチャモードマルチインタフェース無線メッシュネットワークのための制約プログラミングによる最適設定法
TAKAHASHI Tomoki, MAENO Taka, TAKAKI Yumi, KAMADA Tomio, OHTA Chikara, TAMURA Naoyuki
電子情報通信学会CCS研究会   Nov 2018   電子情報通信学会
IEEE802.11インフラストラクチャモードマルチインタフェース無線メッシュネットワークの最適設定法に関する一検討
TAKAHASHI Tomoki, MAENO Taka, TAKAKI Yumi, KAMADA Tomio, OHTA Chikara, TAMURA Naoyuki
電子情報通信学会MIKA研究会   Sep 2018   電子情報通信学会
マルチチャネル無線メッシュネットワークのための無線チャネル・インタフェースモード割当問題の定式化
TAKAHASHI Tomoki, MAENO Taka, TAKAKI Yumi, KAMADA Tomio, OHTA Chikara, TAMURA Naoyuki
電子情報通信学会ソサイエティ大会   Sep 2018   電子情報通信学会
SATソルバーを用いた様相命題論理S4の充足可能性判定
飯野 有軌, TAMURA NAOYUKI, BANBARA MUTSUNORI, SOH TAKEHIDE
日本ソフトウェア科学会第35回大会   Aug 2018   

Teaching Experience

 
 

Patents

 
特許3182471 : 文章解析方式
Naoyuki Tamura, Haruo Murakami, Takehiko Yoshimi, Osamu Nishida