路上の身体 ネットの情動 文献
文献表

アレントハンナ. (1994). 『人間の条件』. (志水速雄,翻訳者). 筑摩書房.

樫村愛子. (2007). ネオリベラリズムの精神分析~なぜ伝統や文化が求められるのか~. 光文社.

加藤寛他. (2016). 『現代思想 20164月臨時増刊号総特集imago 〈こころ〉は復興したのか 3.11以後、それぞれの現場から』.青土社.

郭基煥. (2014). 在日コリアンに対するヘイトスピーチとイデオロギーへの呼びかけ: ジュディス・バトラーによる「主体化」論を手引きに.『現代社会学理論研究』, (8),39–54.

梶原健佑. (2007). ヘイト・スピーチと「表現」の境界. 『九大法学』,94, 49–115

梶茂樹. (2012). 会長就任講演アフリカ人のコミュニケーション: 音・人・ビジュアル.『言語研究』 (142), 1–28.

香山リカ. (2016). 『リベラルですが、何か?イースト・プレス.

神原元. (2014). 『ヘイト・スピーチに抗する人びと』. 新日本出版社.

金明秀. (2016). 「ヘイトスピーチ問題の構成過程」. 『支援』,6.

五野井郁夫. (2012). 「デモ」とは何か:変貌する直接民主主義. NHK出版.

佐藤嘉幸. (2014). 立憲デモクラシーの危機と例外状態:デリダ、アガンベン、ベンヤミン、シュミットと「亡霊の回帰」(10年後のジャック・デリダ). 『思想』, (1088), 88–104.

高史明. (2014). 日本語Twitterユーザーのコリアンについての言説の計量的分析.人文研究, (183), 131–153.

中原一歩. (2016). 現代の肖像奥田愛基 SEALDs創設メンバー一般社団法人「ReDEMOS」代表理事路上に咲いた孤独のテーゼ. 『アエラ』,29(1), 66–70.

信田さよ子. (2016). なかったかのように. 『現代思想 20164月臨時増刊号総特集imago 〈こころ〉は復興したのか 3.11以後、それぞれの現場から』(pp. 48–58). 青土社.

野間易通. (2012). 『金曜官邸前抗議 ---デモの声が政治を変える』. 河出書房新社.

野間易通. (2013). 『「在日特権」の虚構:ネット空間が生み出したヘイト・スピーチ』. 河出書房新社.

野間易通. (2015, 12.15).3.11後の叛乱反原連・しばき隊・シールズ2雲の人たち | 集英社新書. http://shinsho.shueisha.co.jp/column/after311/02/index.html

野間易通・張由紀夫. (2015,11). 表現の自由「と闘う」.発表「現実ゼミ」ゲスト講義#3「社会と表現 2015」多摩美術大学.

長谷川公一. (1991). 反原子力運動における女性の位置-ポスト・チェルノブイリの「新しい社会運動」. 『レヴァイアサン』, 8,41–58.

ブルーナージェローム・S. (1998). 『可能世界の心理』. (田中一彦,翻訳者). みすず書房.

松岡瑛理. (2016). ヘイトスピーチに対抗する境界的マイノリティ:カウンター活動に加わる「在日」帰化者/ダブルへの聞き取り調査から. 『ソシオロジ』,60(3), 59–76.

松沢呉一. (2015, 6.25). 「戦争したくなくてふるえる」に震える-デモは雲のようなもの『松沢呉一のビバノン・ライフ』.   http://www.targma.jp/vivanonlife/2015/06/post6406/

町村敬志・佐藤圭一. (2016). 「脱原発をめざす市民活動 3.11社会運動の社会学. 新曜社.

ミサオ・レッドウルフ. (2013). 『直接行動の力「首相官邸前抗議」 (わが子からはじまるクレヨンハウス・ブックレット)』クレヨンハウス.

毛利嘉孝. (2009). ストリートの思想転換期としての1990年代. 日本放送出版協会.

安田浩一. (2012). ネットと愛国在特会の「闇」を追いかけて. 講談社.

李信恵. (2015).#鶴橋安寧:アンチ・ヘイト・クロニクル』. 影書房.

Davis, J. E. (2002). Stories of Change:Narrative and Social Movements. Albany, N.Y.: State University of New YorkPress.

Manabe, N. (2016). The Revolution Will Not BeTelevised: Protest Music After Fukushima. New York: Oxford Univ Pr.

Mullins, M. R., & Nakano, K. (2015). Disastersand Social Crisis in Contemporary Japan: Political, Religious, and SocioculturalResponses (1st ed. 2015).Palgrave Macmillan.

Tamura, T. (2016). Talking about selves on the Japanese digital network. Routledge Companion to Global Internet Histories. New York, NY: Routledge.

富永京子. (2013). 「社会運動における離脱の意味: 脱退、燃え尽き、中断をもたらす運動参加者の人間関係認識.」ソシオロゴス, (37), 170–187.

フランク、アーサー. (2002). 『傷ついた物語の語り手: 身体・病い・倫理』. (鈴木智之, 翻訳者). 東京: ゆみる出版.

Ricœur, P. (1987). 物語と時間性の循環; 歴史と物語』. (久米博, 翻訳者). 新曜社.