共同研究・競争的資金等の研究課題

2019年4月 - 2022年3月

脂質シャペロンが寄与する脂質代謝と腎臓病の発症及び進展機序の解明

日本学術振興会  科学研究費助成事業 基盤研究(C)
  • 田中 希尚
  • ,
  • 古橋 眞人

課題番号
19K08708
配分額
(総額)
4,290,000円
(直接経費)
3,300,000円
(間接経費)
990,000円

腎生検症例の検討において尿FABP4排泄量(U-FABP4)は、eGFRと尿タンパク量の独立した説明因子であることが確認された。更にネフローゼ症候群の症例においてU-FABP4値は微小変化群の症例では糖尿病性腎症および膜性腎症の症例に比較し有意に低かった。ネフローゼ症候群の症例を対象とした受信者操作特性曲線分析では、U-FABP4値0.78μg/ gCr以上が高レベルの精度で、微小変化群の診断を予測した。1年後にeGFRを測定し得た症例をU-FABP4中央値で2群に分け、eGFRの変化量を比較検討したところ、U-FABP4低値群ではeGFRが上昇していたのに対して、高値群ではeGFRが低下していた。以上よりU-FABP4測定は、腎生検前の腎病理予測ならびに腎障害進行の予測に有用である可能性が示唆され、ネフローゼ症候群の一般的な原因である微小変化群と膜性腎症の鑑別診断に役立つバイオマーカーになる可能性が示唆された。

リンク情報
論文
Circulating level of FABP4 is an independent predictor of metabolic dysfunction‐associated fatty liver disease in middle‐aged and elderly individuals
論文
Elevated circulating FABP4 concentration predicts cardiovascular death in a general population: a 12-year prospective study.
論文
Significance of urinary fatty acid-binding protein 4 level as a possible biomarker for the identification of minimal change disease in patents with nephrotic-range proteinuria
論文
Circulating Fatty Acid-Binding Protein 4 Concentration Predicts the Progression of Carotid Atherosclerosis in a General Population Without Medication.
ID情報
  • 課題番号 : 19K08708
  • 論文の業績ID : 36061322
  • 論文の業績ID : 31698135
  • 論文の業績ID : 30744871
  • 論文の業績ID : 29404339