田中聡久

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/11 08:00
 
アバター
研究者氏名
田中聡久
URL
http://www.tuat.ac.jp/~tanakat
所属
東京農工大学
部署
大学院工学研究院
職名
教授
学位
博士(工学)(東京工業大学)
その他の所属
独立行政法人理化学研究所

研究分野

 
 

経歴

 
2011年
 - 
2015年
東京農工大学 工学(系)研究科(研究院) 工学(系)研究科(研究院) 准教授
 

論文

 
Kaori Suefusa, Toshihisa Tanaka
IEEE Transactions on Biomedical Engineering   1   2018年9月   [査読有り]
Md Rabiul Islam, Toshihisa Tanaka, Md Khademul Islam Molla
Journal of Neural Engineering      2018年8月   [査読有り]
Md. Khademul Islam Molla, Naoki Morikawa, Md. Rabiul Islam, Toshihisa Tanaka
IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering   1   2018年7月   [査読有り]
Yangsong Zhang, Erwei Yin, Fali Li, Yu Zhang, Toshihisa Tanaka, Qibin Zhao, Yan Cui, Peng Xu, Dezhong Yao, Daqing Guo
IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering   26(7) 1314   2018年7月   [査読有り]
Yangsong Zhang, Daqing Guo, Fali Li, Erwei Yin, Yu Zhang, Peiyang Li, Qibin Zhao, Toshihisa Tanaka, Dezhong Yao, Peng Xu
IEEE Transactions on Neural Systems and Rehabilitation Engineering   26(5) 948   2018年5月   [査読有り]

Misc

 
小島 惇史, 田中 聡久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(477) 115-118   2017年3月
大貝 昌平, 田中 聡久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(477) 103-108   2017年3月
小島 惇史, 田中 聡久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(476) 115-118   2017年3月
大貝 昌平, 田中 聡久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(476) 103-108   2017年3月
小島 惇史, 田中 聡久
電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報   116(475) 115-118   2017年3月

書籍等出版物

 
山下 幸彦, 田中 聡久, 鷲沢 嘉一 (担当:共著)
数理工学社   2016年10月   ISBN:4864810419
田中 聡久
コロナ社   2014年4月   ISBN:4339061069
鷲沢 嘉一, 田中 聡久 (担当:共著)
トリケップス   2013年6月   ISBN:4886577490
椎尾一郎(お茶の水女子大) 竹村治雄(大阪大) 安村通晃(慶應義塾大) 荊雷(会津大) 程子学(会津大) 中村明生(東京電機大) 浅野敏郎(広島工業大) 小野口一則(弘前大), 小室孝(埼玉大) 新倉雄大(東京大) 田中博(神奈川工科大) 飯村伊智郎(熊本県立大) 福島大志(大阪大) 宮崎文夫(大阪大) 西川敦(信州大) 堀潤一(新潟大), 高トククン(電気通信大) 板倉直明(電気通信大) 水戸和幸(電気通信大) 水野統太(電気通信大) 真鍋宏幸(エヌ・ティ・ティ・ドコモ) 菅野裕介(東京大) 前田義信(新潟大), 新川拓也(大阪電気通信大) 宮崎善行(レイトロン) 桂田浩一(豊橋技術科学大) 菊地泰己(豊橋技術科学大) 入部百合絵(豊橋技術科学大) 新田恒雄(早稲田大), 戸田智基(奈良先端科学技術大院大) 串山久美子(首都大学学東京) 梶本裕之(電気通信大) 澤田秀之(香川大) 牧野泰才(慶應義塾大) 中妻啓(熊本大), 中村則雄(産業技術総合研究所) 桂誠一郎(慶應義塾大) 石橋豊(名古屋工業大) 黄平国(名古屋工業大) 綱島均(日本大) 柳澤一機(日本大) 安藤英由樹(大阪大), 中川匡弘(長岡技術科学大) 神作憲司(国立障害者リハビリテーションセンター研究所) 田中聡久(東京農工大) 佐々木誠(岩手大) 吉川雅博(産業技術総合研究所), 笹渕弘輝(明治大) 森岡一幸(明治大) 下川原英理(首都大学東京) 山口亨(首都大学東京) 武富貴史(奈良先端科学技術大院大) 佐藤智和(奈良先端科学技術大院大), 横矢直和(奈良先端科学技術大院大) 嵯峨智(東北大) 北川章夫(金沢大) 安藤正道(村田製作所) 池井寧(首都大学東京) 阿部浩二(首都大学東京) 雨宮智浩(日本電信電話), 広田光一(東京大) 佐藤美恵(宇都宮大) 西浦敬信(立命館大) 伊藤雄一(大阪大) 中島康祐(大阪大) 宮崎慎也(中京大) ほか計77名
エヌ・ティー・エス   2013年6月   ISBN:4864690634

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 田中聡久
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2009年 - 2011年    代表者: 田中聡久
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 田中聡久
本研究では,過標本化フィルタバンクの設計問題に対する理論的な検討を加え,さらに信号処理における応用問題について検討を行った.研究の結果,特定の条件下において,任意の帯域通過特性をもつ過標本化フィルタバンクを,代数演算のみで設計できることが可能となった.さらに,音声信号処理における音高変換やピッチ変換,さらにブラインド信号分離におけるpermutation 問題に過標本化フィルタバンクが有効であることがわかった.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 山下幸彦
パターン認識などの知的情報処理の精度にブレークスルーをもたらす非線形な信号空間の構造の利用に関して, Riemann 多様体を使って信号空間の構造を表現するMahalanobis 計量, カーネル法を拡張した非対称カーネル法, 構造が時間と共に変化していく場合における学習法, 多様体上で最適化問題を解くためのアルゴリズム, 分散構造を用いたブラインド信号抽出法に関して研究を行い, 新たな知見を得た。さらにその成果をパターン認識, 脳信号処理などの様々な問題に適用し, その有効性を確認した。
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 北澤仁志
固定モニタカメラは現在では犯罪の抑止や犯罪捜査,遠隔地の状況把握に不可欠な機器となっており,プライバシーの問題に対しても,技術的な解決手段を確立する必要がある.本研究では,映像中の人物や車などを,通常の画像表示プログラムでは識別不可能にし,犯罪捜査などで必要が生じたときには,パスワードを投入すれば元画像が復元できる仕組みを実現し,プライバシー問題の解決手法となることを示した.
1.スクランブル処理および透明化処理:
背景差分法で抽出した移動物体部分に,スクランブル処理(ピクセル入換)および...

特許

 
丸井 英樹, 田中 聡久, 根 智志, 水谷 文彦, 和田 将一, 石澤 寛
丸井 英樹, 田中 聡久, 根 智志, 水谷 文彦, 和田 将一, 石澤 寛
丸井 英樹, 田中 聡久, 根 智志, 水谷 文彦, 和田 将一, 石澤 寛
丸井 英樹, 田中 聡久, 根 智志, 水谷 文彦, 和田 将一, 石澤 寛
水谷 文彦, 石澤 寛, 和田 将一, 田中 聡久, 大矢 孟, 丸井 英樹