谷田公二

J-GLOBALへ         更新日: 18/08/20 15:48
 
アバター
研究者氏名
谷田公二
所属
近畿大学
部署
理工学部 機械工学科

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
近畿大学 理工学部 講師
 
2015年4月
 - 
2017年3月
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 研究員
 
2013年5月
 - 
2015年3月
(株)本田技術研究所 基礎技術研究センター 研究員
 
1992年10月
 - 
2013年4月
(株)本田技術研究所 四輪R&Dセンター 研究員
 
1992年4月
 - 
1992年9月
本田技研工業株式会社
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2005年5月
九州大学 大学院システム情報科学府 博士課程後期
 
1990年4月
 - 
1992年3月
同志社大学 大学院 理工学研究科 博士課程前期
 
1986年4月
 - 
1990年3月
同志社大学 工学部 機械工学科
 

受賞

 
2016年11月
真岡労働基準協会 優良従業員賞 (従業員,地域住民への安全運転指導に対して)
 
2011年6月
SAE SAE World Congress Journal Selection :Detect the Imperceptible Drowsiness
 
2004年4月
栃木県警 感謝状(県警高速隊へのドライビング訓練に対して)
 
1995年8月
国際自動車連盟 コスモ石油CUP国際ソーラーカーレース'95電気自動車部門2 位入賞
受賞者: Racing Team PIYOPIYO
 

論文

 
谷田公二, Marco Paolini, Ernst Pöppel, Sarita Silveira
Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour, Elsevier   57 108-114   2018年8月   [査読有り]
複数の時系列波形の一致性に着目した人間―道具系からの車両評価手法の提案
谷田公二,八代勝也,下田晋祐,舟橋健司
自動車技術会論文集   48(5) 1143-1148   2017年9月   [査読有り]
谷田公二, Marco Paolini, Sarita Silveira
PsyCH Journal; Wiley      2017年8月   [査読有り]
自動運転車制御へ向けた高速道路での合流行動モデル
谷田公二,木村真弘,吉田雄一
自動車技術会論文集   48(4) 885-890   2017年7月   [査読有り]
Tetsuro Shirakata, Koji Tanida, Junpei Nishiyama, Yutaka Hirata
SAE International Journals of Passenger Cars-Electronic and Electrical Systems   3(1) 98-108   2010年8月   [査読有り]

Misc

 
人基準のクルマ作りへ向けたテストドライバの役割─ TP 理論による解説と伝承としての科学的見方─
谷田公二,木立純一,高見信太郎,水上聡,日野栄一
自動車技術   70(3) 66-73   2016年3月   [依頼有り]
操縦安定性に関するヒューマンダイナミクスへ向けた道具の身体性についての基礎的研究
谷田公二
Honda R&D Technical Review   27(1) 126-134   2015年3月
急ぎ運転の特徴とその検出の考察
堀田佳彦,谷田公二
自動車技術   58(12) 60-65   2004年12月
制動行動におけるドライバの心拍数変化
谷田公二
ホンダR&Dテクニカルレビュー   13(2) 91-98   2001年10月
リング後流の非定常数値解析
千田衞, 谷田公二
同志社大学理工学研究報告   33(2) 73-80   1992年7月

書籍等出版物

 
TP-Theory as New Perspective on Cognitive Psychology
谷田公二, Ernst Poeppel (担当:分担執筆, 範囲:in Encyclopedia of Cognitive Psychology Volume 1, Chapter 6)
NOVA Publishers   2012年   ISBN:978-1-61324-546-0
TP-Theory as New Perspective on Cognitive Psychology
谷田公二, Ernst Poeppel (担当:分担執筆, 範囲:in Automobiles: Performance, Safety Assessment, and Energy Consumption, Chapter 2)
NOVA Publishers   2010年   ISBN:978-1-61668-218-7
TP-Theory as New Perspective on Cognitive Psychology
谷田公二, Ernst Poeppel (担当:分担執筆, 範囲:in Cognitive Psychology Perspectives,Chapter 6)
NOVA Publishers   2010年   ISBN:978-1-61324-248-3

講演・口頭発表等

 
2017 IEEE 6 th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2017)   2017年10月26日   IEEE Consumer Electronics Society
Sense of self-agency has been proposed in psychology field, and it is the sense that I am the initiator or source of the action. Human perception should be considered to design a better interface, so that sense of agency is spotlighted in ergonomi...
入力装置を直接的に駆動する能動的操作支援システムが自己主体感に与える影響
片岡俊樹,舟橋健司,谷田公二
第22 回日本バーチャルリアリティ学会大会   2017年9月29日   
A study of sense of self-agency focused on cross-correlation and delay between action and effect in continuous operation
Conference: International Conference on Artificial Reality and Telexistence Eurographics Symposium on Virtual Environments (2016),   2016年12月   
操作における行為効果間の相互相関と遅延に着目した自己主体感に関する研究
片岡俊樹,舟橋健司,谷田公二,八代勝也
2016 日本バーチャルリアリティ学会第21回大会   2016年9月   
Analysis of merging behaviour at expressway merging sections
The 6th International Conference on traffic and transport psychology   2016年8月