谷垣 健二

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/09 10:24
 
アバター
研究者氏名
谷垣 健二
 
タニガキ ケンジ
URL
http://www.shigamed.jp/section/nerve_disease.html
所属
滋賀県立総合病院研究所
部署
神経病態研究部門
職名
専門研究員
学位
医学博士(京都大学大学院大学)

プロフィール

統合失調症の動物モデルを用いて、神経発生学的、遺伝学的解析を行なっております。

研究分野

 
 

経歴

 
2005年
 - 
現在
滋賀県立成人病センター(研究所) 研究員
 
2004年
   
 
京都大学医化学第一 助手
 
2003年
   
 
京都大学医化学第一 日本学術振興会 特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2001年3月
京都大学大学院大学 医学研究科 分子医学 (医学博士)
 

論文

 
Takada S, Hojo M, Takebe N, Tanigaki K, Miyamoto S
World neurosurgery   117 e187-e193   2018年9月   [査読有り]
Takada S, Hojo M, Takebe N, Tanigaki K, Miyamoto S
Brain tumor pathology      2018年6月   [査読有り]
Nagura K, Takemoto Y, Moronaga S, Uchida Y, Shimono S, Shiino A, Tanigaki K, Amano T, Yoshino F, Noda Y, Koizumi S, Komatsu N, Kato T, Yamauchi J, Tamura R
Chemistry (Weinheim an der Bergstrasse, Germany)   23(62) 15713-15720   2017年11月   [査読有り]
Takada S, Hojo M, Tanigaki K, Miyamoto S
Neurosurgery   81(1) 176-183   2017年7月   [査読有り]
Toritsuka M, Kimoto S, Muraki K, Kitagawa M, Kishimoto T, Sawa A, Tanigaki K
Translational psychiatry   7(3) e1049   2017年3月   [査読有り]
Shiino A, Chen YW, Tanigaki K, Yamada A, Vigers P, Watanabe T, Tooyama I, Akiguchi I
Scientific reports   7 39818   2017年1月   [査読有り]
Isobe M, Tanigaki K, Muraki K, Miyata J, Takemura A, Sugihara G, Takahashi H, Aso T, Fukuyama H, Hazama M, Murai T
Molecular neuropsychiatry   1(2) 105-115   2015年7月   [査読有り]
Yoshimura Y, Shiino A, Muraki K, Fukami T, Yamada S, Satow T, Fukuda M, Saiki M, Hojo M, Miyamoto S, Onishi N, Saya H, Inubushi T, Nozaki K, Tanigaki K
PloS one   10(6) e0128288   2015年   [査読有り]
Muraki K, Tanigaki K
Frontiers in neuroscience   9 74   2015年   [査読有り]
Toritsuka M, Kimoto S, Muraki K, Landek-Salgado MA, Yoshida A, Yamamoto N, Horiuchi Y, Hiyama H, Tajinda K, Keni N, Illingworth E, Iwamoto T, Kishimoto T, Sawa A, Tanigaki K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   110(43) 17552-17557   2013年10月   [査読有り]
Marumo T, Takagi Y, Muraki K, Hashimoto N, Miyamoto S, Tanigaki K
Neuroscience research   75(3) 204-209   2013年3月   [査読有り]
Fujikura K, Setsu T, Tanigaki K, Abe T, Kiyonari H, Terashima T, Sakisaka T
PloS one   8(1) e53490   2013年   [査読有り]
Harper KM, Hiramoto T, Tanigaki K, Kang G, Suzuki G, Trimble W, Hiroi N
Human molecular genetics   21(15) 3489-3499   2012年8月   [査読有り]
Yoshida A, Yamamoto N, Kinoshita M, Hiroi N, Hiramoto T, Kang G, Trimble WS, Tanigaki K, Nakagawa T, Ito J
Hearing research   289(1-2) 40-51   2012年7月   [査読有り]
Ishifune C, Maekawa Y, Nishida J, Kitamura A, Tanigaki K, Yagita H, Yasutomo K
European journal of immunology   41(5) 1309-1320   2011年5月   [査読有り]
Alam MS, Maekawa Y, Kitamura A, Tanigaki K, Yoshimoto T, Kishihara K, Yasutomo K
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   107(13) 5943-5948   2010年3月   [査読有り]
Tanigaki K, Honjo T
Current topics in developmental biology   92 231-252   2010年   [査読有り]
Fujimoto M, Takagi Y, Muraki K, Nozaki K, Yamamoto N, Tsuji M, Hashimoto N, Honjo T, Tanigaki K
Developmental biology   332(2) 339-350   2009年8月   [査読有り]
Suzuki G, Harper KM, Hiramoto T, Sawamura T, Lee M, Kang G, Tanigaki K, Buell M, Geyer MA, Trimble WS, Agatsuma S, Hiroi N
Human molecular genetics   18(9) 1652-1660   2009年5月   [査読有り]
Carlén M, Meletis K, Göritz C, Darsalia V, Evergren E, Tanigaki K, Amendola M, Barnabé-Heider F, Yeung MS, Naldini L, Honjo T, Kokaia Z, Shupliakov O, Cassidy RM, Lindvall O, Frisén J
Nature neuroscience   12(3) 259-267   2009年3月   [査読有り]
Komine O, Nagaoka M, Watase K, Gutmann DH, Tanigaki K, Honjo T, Radtke F, Saito T, Chiba S, Tanaka K
Developmental biology   311(1) 238-250   2007年11月   [査読有り]
Fujikura J, Hosoda K, Kawaguchi Y, Noguchi M, Iwakura H, Odori S, Mori E, Tomita T, Hirata M, Ebihara K, Masuzaki H, Fukuda A, Furuyama K, Tanigaki K, Yabe D, Nakao K
Developmental dynamics : an official publication of the American Association of Anatomists   236(10) 2779-2791   2007年10月   [査読有り]
Tanigaki K, Honjo T
Nature immunology   8(5) 451-456   2007年5月   [査読有り]
Souilhol C, Cormier S, Tanigaki K, Babinet C, Cohen-Tannoudji M
Molecular and cellular biology   26(13) 4769-4774   2006年7月   [査読有り]
Tanaka S, Tsukada J, Suzuki W, Hayashi K, Tanigaki K, Tsuji M, Inoue H, Honjo T, Kubo M
Immunity   24(6) 689-701   2006年6月   [査読有り]
Buono KD, Robinson GW, Martin C, Shi S, Stanley P, Tanigaki K, Honjo T, Hennighausen L
Developmental biology   293(2) 565-580   2006年5月   [査読有り]
Fujikura J, Hosoda K, Iwakura H, Tomita T, Noguchi M, Masuzaki H, Tanigaki K, Yabe D, Honjo T, Nakao K
Cell metabolism   3(1) 59-65   2006年1月   [査読有り]
Yamamoto N, Tanigaki K, Tsuji M, Yabe D, Ito J, Honjo T
Journal of molecular medicine (Berlin, Germany)   84(1) 37-45   2006年1月   [査読有り]
Krebs LT, Shutter JR, Tanigaki K, Honjo T, Stark KL, Gridley T
Genes & development   18(20) 2469-2473   2004年10月   [査読有り]
Tanigaki K, Tsuji M, Yamamoto N, Han H, Tsukada J, Inoue H, Kubo M, Honjo T
Immunity   20(5) 611-622   2004年5月   [査読有り]
Amsen D, Blander JM, Lee GR, Tanigaki K, Honjo T, Flavell RA
Cell   117(4) 515-526   2004年5月   [査読有り]
Qin H, Wang J, Liang Y, Taniguchi Y, Tanigaki K, Han H
Nucleic acids research   32(4) 1492-1501   2004年   [査読有り]
Tanigaki K, Kuroda K, Han H, Honjo T
Seminars in immunology   15(2) 113-119   2003年4月   [査読有り]
Kuroda K, Han H, Tani S, Tanigaki K, Tun T, Furukawa T, Taniguchi Y, Kurooka H, Hamada Y, Toyokuni S, Honjo T
Immunity   18(2) 301-312   2003年2月   [査読有り]
Yamamoto N, Tanigaki K, Han H, Hiai H, Honjo T
Current biology : CB   13(4) 333-338   2003年2月   [査読有り]
Han H, Tanigaki K, Yamamoto N, Kuroda K, Yoshimoto M, Nakahata T, Ikuta K, Honjo T
International immunology   14(6) 637-645   2002年6月   [査読有り]
Tanigaki K, Han H, Yamamoto N, Tashiro K, Ikegawa M, Kuroda K, Suzuki A, Nakano T, Honjo T
Nature immunology   3(5) 443-450   2002年5月   [査読有り]
Kobuke K, Furukawa Y, Sugai M, Tanigaki K, Ohashi N, Matsumori A, Sasayama S, Honjo T, Tashiro K
The Journal of biological chemistry   276(36) 34105-34114   2001年9月   [査読有り]
Tanigaki K, Nogaki F, Takahashi J, Tashiro K, Kurooka H, Honjo T
Neuron   29(1) 45-55   2001年1月   [査読有り]

Misc

 
名倉康太, 武元佑紗, 諸永知里, 内田幸明, 内田幸明, 下野智史, 椎野顯彦, 谷垣健二, 天野創, 吉野芙美, 能田洋平, 小泉智, 小松直樹, 加藤立久, 山内淳, 田村類
電子スピンサイエンス学会年会講演要旨集   56th 140‐141   2017年11月
名倉康太, 諸永知里, 武元佑紗, 下野智史, 内田幸明, 内田幸明, 椎野顯彦, 谷垣健二, 天野創, 吉野芙美, 加藤立久, 小松直樹, 田村類
日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM)   97th ROMBUNNO.3B6‐48   2017年3月
椎野顯彦, 谷垣健二
再生医療   16 381   2017年2月
朴秀賢, 泉剛, 阿部誠二, 高橋知久, 菱本明豊, 谷垣健二, 加藤成樹, 小林和人, 廣井昇
日本神経精神薬理学会プログラム・抄録集   47th 156   2017年
椎野顯彦, 丹羽勝利, 谷垣健二
再生医療   15 352   2016年2月
椎野顯彦, 谷垣健二, 吉村弥生, 野崎和彦
再生医療   14 360   2015年2月
堀家康太, 住友明子, 平井加津子, 植田啓頌, 疋田貴俊, 櫻井武, 澤明, 谷垣健二, 友田利文
日本生化学会大会(Web)   88th 3P1249 (WEB ONLY)   2015年
谷垣健二
日本生化学会大会(Web)   88th 1W20-6 (WEB ONLY)   2015年
谷垣 健二
日本生物学的精神医学会誌   26(4) 175-179   2015年
統合失調症では,大脳皮質における GABA ニューロンに関与する遺伝子の発現異常,GABA ニューロンによって生じると考えられている大脳皮質のγ- oscillation に異常が認められることから,GABAニューロンの異常と統合失調症の関与が示唆されている。我々はヒトで統合失調症を多発する 22q11欠損症候群のモデルマウスを用いて,GABA システムと統合失調症様行動異常の関与を検討してきた。このモデルマウスの統合失調症様行動異常は GABA A α2/3 受容...
谷垣健二
月刊精神科   25(6) 593-597   2014年12月
谷垣 健二
精神科   25(6) 593-597   2014年12月
谷垣 健二
学術の動向   12(9) 58-60   2007年
谷垣 健二
細胞工学   24(9) 967-971   2005年9月
谷垣 健二
臨床免疫   43(2) 232-235   2005年2月
谷垣 健二, 本庶 佑
医学のあゆみ   205(4) 275-277   2003年4月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2014年 - 2017年    代表者: 谷垣 健二
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2014年    代表者: 谷垣 健二
22q11.2 領域欠損症候群は3000 人から4000 人に一人認められる染色体異常であり、 統合失調症の患者さん全体の1~数%をしめることから、22q11.2 領域の欠損によって発症する統合失調症者の治療法の開発は意義が大きいと考えられる。ヒトの22q11.2 領域には約30 の遺伝子が存在しており、22q11.2 領域に相当する領域はマウスでは第16 番染色体に存在し、一部の領域に逆位は認められるが、ほぼ全ての遺伝子群がその領域に保存されていることが知られている。 このため、Cre/...
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2011年 - 2012年    代表者: 谷垣 健二
Notch/RBP-Jシグナルは神経幹細胞の維持をはじめ、神経発生を多段階で制御するが、我々は、Notchシグナルの主要な伝達因子RBP-Jがドパミン反応性制御に関与すことを見出した。蛍光蛋白質であるGFPの変異体であるVenusを用いてNotchシグナルを可視化することによって、ドパミン反応性制御におけるRBP-Jの作用部位の同定を試みた。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 谷垣健二
Notch/RBP-Jシグナルは神経幹細胞の維持をはじめ、神経発生を多段階で制御することが知られていた。我々は、Notchシグナルの主要な伝達因子RBP-Jが神経細胞の成熟にも関与していることを見出した。蛍光蛋白質であるGPSの変異体であるVenusを用いてNotchシグナルを可視化することによって、その機能がRBP-Jの転写抑制によることを明らかにした。
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(A))
研究期間: 2005年 - 2006年    代表者: 谷垣健二
我々は神経細胞におけるREP-Jの機能を解析するため、RBP-J-floxed miceを神経細胞特異的にCreを発現するCaMKII-Cre transgenic miceとかけあわせることによって神経細胞特異的にRBP-Jの欠損を誘導した。CaMKII-Cre transgenic miceはtransgenic lineによって大きくCreを発現する時期が異なることが知られている。我々は胎生期の15日におけるNestin陰性・Hu陽性の未成熟神経細胞よりCreの発現が認められるtra...