青木太郎

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/03 13:25
 
アバター
研究者氏名
青木太郎
 
アオキ タロウ
URL
http://blsjapan.com/
所属
日本BLS協会
職名
会長
学位
修士(教授システム学)(熊本大学大学院)
その他の所属
日本BLS協会

プロフィール

横浜在住。医師・看護師などの医療職に患者急変対応セミナーを提供しています。成人教育学、教育設計学(インストラクショナルデザイン)、国際標準指導員技能(インストラクターコンピテンシー)に興味を持っています。AHA-ACLS、PALSインストラクター。日本BLS協会国際トレーニングセンターコーディネーター。

熊本大学大学院 修士:教授システム学

国際生命情報科学会評議員。

資格:ラーニングデザイナー(日本eラーニングコンソーシアム)、ダイビングインストラクター(PADI)、一級小型船舶操縦士、第一級海上特殊無線技士、など

好きなこと・もの・食べ物:休日は、アウトドアを楽しんでいます。シーフード・野菜。
苦手なこと・もの・食べ物:行列に並ぶこと。ピースサイン。牛肉・豚肉・鶏肉・羊肉。

生粋の研究者ではなく、アカデミックな観点を意識している実践教育者という立ち位置です。

委員歴

 
2007年4月
 - 
現在
国際生命情報科学会  評議員
 

研究分野

 
 

経歴

 
2010年4月
 - 
2012年3月
熊本大学大学院社会文化科学研究科 教授システム学専攻博士課程前期
 
2009年7月
   
 
アメリカ心臓協会 日本BLS協会 国際トレーニングセンター長就任
 
2008年2月
   
 
アメリカ心臓協会 PALSインストラクター資格取得
 
2007年10月
   
 
アメリカ心臓協会 ACLSインストラクター資格取得
 
2006年11月
   
 
アメリカ心臓協会 BLSファカルティ資格取得
 
2006年
   
 
日本BLS協会 代表就任
 
1999年
 - 
2001年
放射線医学総合研究所にて「気の測定実験」に被験者として参加
 
1992年
 - 
2005年
新体道協会 理事長
 

受賞

 
2017年5月
Pan Asia Society in Simulation Healthcare Best Oral Presentation Award Impact of AHA CPR training on satisfaction and learning outcomes, Reaction and Learn
 

論文

 
淺田義和, 野沢博子, 鈴木義彦, 阿野正樹, 谷島雅子, 小畑美加子, 茂呂悦子, 長谷川剛, 青木太郎
医療の質・安全学会誌   7(Supplement) 279   2012年10月
(査読有り)

講演・口頭発表等

 
Impact of AHA CPR training on satisfaction and learning outcomes, Reaction and Learn
青木太郎
Pan Asia Society in Simulation Healthcare   2017年5月11日   
看護職は教育研修のゴールに何を求めているのか? 看護研修におけるカークパトリックの四段階評価法の最終段階を探る試み
青木太郎
第9回 日本医療教授システム学会 総会   2017年3月3日   日本医療教授システム学会
三科志穂、青木太郎
国際医療シミュレーション学会年次大会(IMSH2017)   2017年1月31日   Society for Simulation in Healthcare
成人学習と根拠ある教育法 ーーKirkpatrickの4レベル評価法を使ってーー [招待有り]
青木太郎
旭川医科大学付属病院 看護課教育研修会   2016年10月27日   
教育心理学を活用した学習者支援 [招待有り]
青木太郎
第 4 回日本シミュレーション医療教育学会学術大会   2016年9月24日   
成人学習と根拠ある教育法 ーーKirkpatrickの4レベル評価法を使ってーー [招待有り]
青木太郎
富山大学付属病院 看護課教育研修   2016年9月14日   
インストラクショナルデザインに基づいた 非医療現場向け心肺蘇生法プログラムの評価 ーー反応(Level 1)、学習(Level 2)の観点からーー
青木太郎
第48回 医学教育学会 大会   2016年7月30日   
看護管理者のためのインストラクショナルデザイン入門 [招待有り]
青木太郎
千葉大学大学院看護学研究科 看護システム管理学講座   2016年6月25日   
成人学習と根拠ある教育法
青木太郎
秋田大学付属病院 教育担当看護師研修会   2016年6月24日   秋田大学付属病院看護科
成人教育と教授システム学2016 [招待有り]
青木太郎
国公私立大学病院副看護部長研修   2016年6月23日   
看護職のためのインストラクショナルデザインの基礎 [招待有り]
青木太郎
埼玉県立小児医療センター 看護系管理職研修会   2016年1月16日   埼玉県立小児医療センター
カークパトリックの4レベル評価 [招待有り]
青木太郎
千葉大学大学院看護学研究科 情報活用論   2015年10月10日   
看護管理者のためのインストラクショナルデザイン入門 [招待有り]
青木太郎
看護管理者セカンドレベル研修   2015年10月2日   昭和大学
医療系学生に、米国の心肺蘇生法トレーニングを実施した報告  ーーインストラクショナルデザイナーの立場からーー
青木太郎
第3回 日本シミュレーション医療教育学会 学術大会   2015年6月27日   
成人教育と教授システム学2015 [招待有り]
青木太郎
千葉大学大学院看護学研究科 看護システム管理学講座   2015年6月6日   
青木太郎
国公私立大学病院副看護部長研修   2015年6月4日   千葉大学大学院看護研究科付属 看護実践研究指導センター
大学病院の看護の充実を図るために、上級看護管理者として必要な実践能力を高めることを目的とする。本研修において、わが国の医療の現状を踏まえ、自施設の組織変革に向けたヴィジョンを明確にし、その実現に向けた計画案を立案・実践・評価する。
ACLSコースにおける指導員のデブリーフィング技能を「DASH」で評価した報告
青木太郎
第7回日本医療教授システム学会総会   2015年3月5日   
青木太郎
第9回 日本医学シミュレーション学会 秋の陣   2014年11月29日   日本医学シミュレーション学会
大学併設保育ルームにおけるBLS・AED講習会:小児及び乳児に特化した研修の実践と評価
淺田義和, 廣田初美, 平田初枝, 後藤光代, 青木太郎
第2回日本シミュレーション医療教育学会学術大会   2014年6月28日   
成人教育と教授システム学 ー看護教育への応用ー [招待有り]
青木太郎
青木太郎 国公私立大学病院副看護部長研修   2014年6月12日   千葉大学大学院看護研究科付属 看護実践研究指導センター
目的:大学病院の看護の充実を図るために、上級看護管理者として必要な実践能力を高めることを目的とする。本研修において、わが国の医療の現状を踏まえ、自施設の組織変革に向けたヴィジョンを明確にし、その実現に向けた計画案を立案・実践・評価する。
伝わるグラフ・伝えるグラフ:医療関係者のための効果的な図表利用法に関する教育プログラムの開発
廣江貴則, 淺田義和, 毛利泰士, 佐藤慎平, 青木太郎
第6回日本医療教授システム学会総会   2014年3月6日   
市民向け心肺蘇生法講習会におけるスキル到達度評価
塩澤徹也, 木塚雅之, 猪野裕之, 若松叡, 江川創, 阿部一貴, 沼尾歩, 舟橋悠希, 淺田義和, 青木太郎
第6回日本医療教授システム学会総会   2014年3月6日   
インストラクターコンピテンシー入門 [招待有り]
青木太郎
第9回日本医学シミュレーション学会   2014年2月15日   
インストラクショナルデザイン入門 [招待有り]
青木太郎
第9回日本医学シミュレーション学会   2014年2月15日   
動機付け理論の活用 [招待有り]
青木太郎
認定看護管理者制度セカンドレベル教育課程   2013年10月18日   昭和大学キャリア開発・研究センター
青木太郎
国公私立大学病院副看護部長研修   2013年6月13日   
目的:大学病院の看護の充実を図るために、上級看護管理者として必要な実践能力を高めることを目的とする。本研修において、わが国の医療の現状を踏まえ、自施設の組織変革に向けたヴィジョンを明確にし、その実現に向けた計画案を立案・実践・評価する。
青木太郎
第5回日本医療教授システム学会   2013年3月7日   日本医療教授システム学会
Results of Resuscitation Training in Elementary School Children: Conducted by Teams
青木太郎
国際医療シミュレーション学会年次大会(IMSH2017)   2013年1月27日   Society for Simulation in Healthcare
青木太郎
日本小児集中治療研究会 PALSインストラクターアップデート   2012年10月28日   日本小児集中治療研究会
青木太郎
国公私立大学病院副看護部長研修   2012年6月   千葉大学大学院看護研究科付属 看護実践研究指導センター
目的:大学病院の看護の充実を図るために、上級看護管理者として必要な実践能力を高めることを目的とする。本研修において、わが国の医療の現状を踏まえ、自施設の組織変革に向けたヴィジョンを明確にし、その実現に向けた計画案を立案・実践・評価する。
看護師向けシミュレーショントレーニングの質を保証する方法  ー学習の質保証レイヤーモデル構築の試みー
青木太郎
第四回医療教授システム学会   2012年3月   日本医療教授システム学会
 医療教育界で実施されている授業・勉強会・講習会・セミナーでの教育に教授システム学を導入し、より効果的/効率的/魅力的な学習環境を提供しようとする試みが模索されている。特に患者シミュレーターを使った学習では、血圧/心電図などを見ながらリアルタイムに実習を行うことが出来、新奇性も高く多くの参加者を迎えており、大きな効果が上がることが期待されている。

 具体的なシミュレーショントレーニングの開発は各シミュレーショントレーニングセンターやスキルラボをはじめとする各所で行われている。しかしトレー...
村上博、芦田乃介、青木太郎
第21回日本外来小児科学会年次大会   2011年8月   日本外来小児科学会
病院やクリニックでは、様々な職種のスタッフが、力を一つにして、共通の目的のために働く事で大きな力が生まれます。よくコーチングなど坐学で のスタッフ研修はありますが、なかなかチーム研修 うまくいかない事が実情です。今回は、教授シス テム学の知識を生かし、心肺蘇生法であるBLS研修 を用いて、スタッフが一つのチームになる過程を体験していただきます。同時に、日常診療でもしかしたら必要になるかもしれない心肺蘇生の場面にも役 立つ知識と実習を得ていただきます。併せて、最新 の2010年心肺蘇生法ガイ...
青木太郎
国公私立大学病院副看護部長研修   2011年6月   千葉大学大学院看護研究科付属 看護実践研究指導センター
目的:大学病院の看護の充実を図るために、上級看護管理者として必要な実践能力を高めることを目的とする。本研修において、わが国の医療の現状を踏まえ、自施設の組織変革に向けたヴィジョンを明確にし、その実現に向けた計画案を立案・実践・評価する。
Taro AOKI
Asia Pacific Meeting on Simulation in Health Care 2011: New Horizons   2011年5月   The Society for Simulation in Healthcare (SSH) and the Austrailian Society for Simulation in Healthcare (ASSH)
青木太郎
第3回日本医療教授システム学会総会   2011年3月   日本医療教授システム学会
 チームダイナミクス要素を取り入れたCPRトレーニング(チームCPR)を設計し、小学1年生以上を対象に試行した報告を行う。低学年児童を救助者として想定したCPRのトレーニングは学校教育機関でほとんど実施されていない。これは従来型のCPRトレーニングが、発見、CPR、除細動の手順を一人の救助者で行うことを原則としているため、手技のレベルの完成度が高く求められ、低学年児童に指導するには、指導員側・児童共に実施に負担が生じていることが要因として考えられる。本報告では、アメリカ心臓協会の救急心血管...
青木太郎
第5回医療系大学eラーニング交流会   2011年1月   産業医科大学
心肺蘇生法2010年ガイドライン
講演:岡田和夫  座長:青木太郎
2011年1月   兵庫県保険医協会
青木太郎
2011年1月   千葉大学大学院看護学研究科附属 看護実践研究指導センター
主催者からの紹介文:

=============================
2011年1月26日(水)、日本BLS協会代表 青木太郎先生をお迎えし、教育学のお立場から「国際標準の看護研修をデザインしよう―科学的な教え方への誘い―」をテーマにプロジェクト研究会を開催しました。

特に、研修評価に関して「Donald L. Kirkpatrickの4段階評価」について紹介され、この4段階のうちレベル1が受講生本人のリアクションであり、これを我が国における新人看護職のプリセプター制度に当...
新ガイドラインはACLSをどのように変えるのか? ーーACLSコースデザインを成人教育の観点から読み解くーー
青木太郎
2011年1月   愛媛大学付属病院
青木太郎
eラーニング授業設計支援室 ランチョンセミナー   2010年12月   eラーニング授業設計支援室
Influence that resolution of video image of portable terminal gives evaluator.
Taro AOKI
ICoME (International Conference on Media in Education) Jul 2010   2010年7月   International Conference on Media in Education
Abstract: I researched a influence that Resolution of video image of portable terminal gives evaluate person. The senior of martial arts saw the image of a basic type, and evaluated the movement technology. It was examined whether the evaluation w...
青木太郎
千葉県小六男児が給食のパンをのどに詰まらせ死亡。これを踏まえて、窒息解除法について日本BLS協会が取材・放映される。   2008年10月   
ニュース映像約4分
Taro AOKI
2008年4月   NHK BS1
メディアによる取材。動画約4分。英語音声。日本での教育現場における心肺蘇生法教育について、日本BLS協会が取材される。
お客様が倒れたとき
青木太郎
東京都薬剤師年次大会   2006年   

Misc

 
急変予兆を見逃さないコツ(PEARSコースの紹介)
青木太郎
メディカ出版   27(6)    2014年6月
青木太郎
医学教育学会   43(Supplement) 68   2012年7月
【背景】
心肺蘇生教育の領域ではアメリカ心臓協会(AHA)が制定したBLS・ACLSコースなどが我が国で標準化の道を歩み始めている。AHAはガイドライン変更時に医学的要素だけでなく教育学的要素にも注目して講習内容を変更してきている。2010年のACLS指導要綱によると、蘇生マネキンを使ったシミュレーショントレーニング終了直後は指導員が受講生に「講義」をする時間を出来るだけ短くし受講生同士の振り返り時間を多く取るように設計されている。しかしこのような指導方法は我が国ではあまりなじみがなく、受...
青木太郎
教育システム情報学会全国大会講演論文集 巻:36th   280-281   2011年8月
発行年:2011年08月31日
「モバイル端末の動画解像度が運動技能の評価に与える影響」
青木太郎・根本淳子・鈴木克明
第17回日本教育メディア学会年次大会(熊本市国際交流会館)発表論文集35-38   35-38   2010年8月
Influence that resolution of video image of portable terminal gives evaluator.
Taro AOKI
International Conference on Media in Education   427-430   2010年7月   [査読有り]
Abstract: I researched a influence that Resolution of video image of portable terminal gives evaluate person. The senior of martial arts saw the image of a basic type, and evaluated the movement technology. It was examined whether the evaluation w...
少年写真新聞社
保健ニュース   4-5   2009年1月
取材記事として活動が掲載される
青木太郎
教育医事新聞 教育医事新聞社   (292) 11-11   2008年12月
取材記事として活動が掲載される

担当経験のある科目

 
 
  • 新体道 (厚木外語ビジネスアカデミー 1993-95)

学歴

 
2010年4月
 - 
2012年3月
熊本大学 大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻
 

Works

 
青木太郎   その他   2010年12月
 First Aid12月1日号 NPO日本ファーストエイドソサエティ
 「2010救急蘇生法ガイドライン発表」
青木太郎   その他   2010年7月
 高校保健ニュース7月8日号 少年写真新聞社
 教育現場における心肺蘇生法の具体的方法について図解。
命の教育としての心肺蘇生法教育
青木太郎   その他   2010年6月
 高校保健ニュース6月8日号 少年写真新聞社
 教育現場における心肺蘇生法の指導方法について解説。
青木太郎   教材   2008年
ビデオ教材 約6分
教育機関の生徒(中学生・高校生)を対象にした、心肺蘇生法教育の講習会現場を撮影・編集した。

教育現場で起きうる突然の心肺停止状態に対応するためには、通常のバイスタンダーとは異なったコンピテンシーが求められるという仮説の元、通常の救命法とは大きく異なるカリキュラムを策定している。

ガイドライン2005およびAHAが2008年に発表したハンズオンリーCPRをベースに、実際に学校現場で利用する状況を想定して、講習内容を独自に設計した。

社会貢献活動

 
医療系大学生対象CPR
【講師】  東京医療保健大学  (東京医療保健大学 東ヶ丘キャンパス)  2015年
東京医療保健大学の看護学科4年生全員(約100名)に心肺蘇生法を指導した。
企業でのCPR
【講師】  日本GE株式会社  2014年11月
日本GE株式会社社員向けに心肺蘇生法トレーニングを実施した。ファミリー&フレンズCPRプログラムを利用した。
医療系大学生対象CPR
【講師】  目白大学  学校CPR  2013年5月 - 2015年4月
目白大学 医療系学部新1年生を対象に行われている「フレッシュマンセミナー合宿」にて、参加者全員(約300名)に心肺蘇生法を指導した。AHAのファミリー&フレンズCPRプログラムを利用した。看護学科、作業療法学科、理学療法学科、言語聴覚学科の学生が対象。
【講師】  内閣府  子ども若者・子育て総合推進室  (内閣府「東南アジア青年の船」(参考))  2009年 - 2017年
内閣府「東南アジア青年の船」運営スタッフ向けに心肺蘇生法講習会を実施した。ファミリー&フレンズCPRプログラムを利用した。
医療系大学生対象:成人学習セミナー
【講師】  関西学生BLS協会  2012年6月
医療系大学生対象:成人学習セミナー
【講師】  関西学生BLS協会  2011年5月
中学校教職員対象CPR
【講師】  足立区立伊興小学校  (足立区立伊興小学校)  2009年
伊興小学校教職員約20名を対象に、心肺蘇生法トレーニングを実施した。
テレビ出演:千葉県小六男児が給食のパンをのどに詰まらせ死亡。これを踏まえて、窒息解除法について
【出演, 助言・指導, 実演】  (TBS系列)  ニュース23  2008年10月
テレビ出演:都内中学生約120名に指導している風景と、東京の拠点での指導風景
【出演, 助言・指導, 実演】  NHK BS1  NHK World  2008年4月
中学生/高校生対象CPR
【講師】  小野学園女子中学・高等学校  学校CPR  2008年3月
テレビ出演:コンニャクゼリー誤飲時の助け方について
【実演】  (TBS系列)  ピンポン!  2007年

その他

 
2013年2月   FunSim-J
2012年3月
eラーニングプロフェッショナル エキスパート資格取得
日本イーラーニングコンソシアム
http://www.elc.or.jp/tabid/84/Default.aspx
2012年3月
eラーニングプロフェッショナル マネージャー資格取得
日本イーラーニングコンソシアム
http://www.elc.or.jp/tabid/84/Default.aspx
2012年3月   iSimコース受講(ピッツバーグ大学医学部シミュレーションセンター:WISERにて)
2011年3月
eラーニングプロフェッショナル ラーニングデザイナー資格取得
日本イーラーニングコンソシアム
http://www.elc.or.jp/tabid/84/Default.aspx