基本情報

所属
名古屋大学 地球水循環研究センター 広域水循環変動研究部門 研究員
アラスカ大学フェアバンクス校・国際北極圏研究センター 客員研究助教
学位
博士(農学)(北海道大学)

J-GLOBAL ID
200901097204141500

外部リンク

私の専門は微気象学(Micrometeorology)、すなわち、気象学の中でも地表面に近い大気の現象を扱っています。特に、植物と大気との間で行われる熱、水、そして炭素などの物質輸送のメカニズムを探る研究を行っています。研究手法としては、森林などにタワーを建て、気象観測を行ってデータを解析していきながら、現象の解明を行うという、フィールドワーク主体のスタイルを取っています。また、微気象研究における観測手法や研究手法の高度化にも取り組んでいます。

これまで、北海道幌加内町母子里にある森林やロシア・東シベリアのヤクーツク近郊の森林、そしてアラスカ・フェアバンクス近郊のクロトウヒ林を対象に、タワーを用いた気象観測による研究を進めてきました。どうも、北の寒い地域と縁があるようです。

2013年4月1日からは、名古屋大学・地球水循環研究センターの研究員として、これまでの観測による知見を活かし、北方林地帯の水・炭素循環における森林の役割やその気候変動との関係を明らかにするため、モデルを用いた研究に重点を置いていきます。

論文

  35

MISC

  3

その他

  1
  • 論文査読 ・Agricultral and Forest Meteorology ・Biogeosciences ・Journal of Applied Meteorology and Climatology ・Journal of Agricultural Meteorology (農業気象) ・Remote Sensing of Environment ・Terrestrial, Atmospheric and Oceanic Sciences