矢野真人

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/23 10:56
 
アバター
研究者氏名
矢野真人
 
ヤノ マサト
所属
新潟大学
部署
大学院医歯学総合研究科 神経生物・解剖学分野(解剖学第二)

プロフィール

神経系におけるRNA結合蛋白質群に着目し、そのRNA動態と生物学的意義の解明を目指して研究を行っています。最近では、神経疾患や癌における治療標的としての”RNA結合蛋白質”にも興味を持ってます。

研究分野

 
 

経歴

 
2014年12月
 - 
現在
新潟大学 大学院医歯学総合研究科 准教授
 
2011年10月
 - 
2014年11月
慶應義塾大学 医学部 講師
 
2006年
 - 
2011年
ロックフェラー大学 ポスドク
 
2005年
   
 
慶應義塾大学 日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
 - 
2005年3月
大阪大学 大学院医学系研究科 
 
 
 - 
1999年3月
東京工業大学 生命理工学部 
 

委員歴

 
2015年4月
 - 
現在
日本RNA学会  会計幹事
 

受賞

 
2014年
慶應義塾大学 三四会奨励賞
 

論文

 
Hayakawa-Yano Y, Suyama S, Nogami M, Yugami M, Koya I, Furukawa T, Zhou L, Abe M, Sakimura K, Takebayashi H, Nakanishi A, Okano H*, Yano M*
Genes & development   31(18) 1910-1925   2017年9月   [査読有り]
Toyoshima M, Akamatsu W, Okada Y, Ohnishi T, Balan S, Hisano Y, Iwayama Y, Toyota T, Matsumoto T, Itasaka N, Sugiyama S, Tanaka M, Yano M, Dean B, Okano H, Yoshikawa T
Translational psychiatry   6(11) e934   2016年11月   [査読有り]
Fox RG, Lytle NK, Jaquish DV, Park FD, Ito T, Bajaj J, Koechlein CS, Zimdahl B, Yano M, Kopp JL, Kritzik M, Sicklick JK, Sander M, Grandgenett PM, Hollingsworth MA, Shibata S, Pizzo D, Valasek MA, Sasik R, Scadeng M, Okano H, Kim Y, MacLeod AR, Lowy AM, Reya T
Nature   534(7607) 407-411   2016年6月   [査読有り]
Bertolin AP, Katz MJ, Yano M, Pozzi B, Acevedo JM, Blanco-Obregón D, Gándara L, Sorianello E, Kanda H, Okano H, Srebrow A, Wappner P
Nucleic acids research      2016年5月   [査読有り]
Ichiyanagi N, Fujimori K, Yano M*, Ishihara-Fujisaki C, Sone T, Akiyama T, Okada Y, Akamatsu W, Matsumoto T, Ishikawa M, Nishimoto Y, Ishihara Y, Sakuma T, Yamamoto T, Tsuiji H, Suzuki N, Warita H, Aoki M, Okano H*
Stem cell reports   6(4) 496-510   2016年4月   [査読有り]
Yano M*, Hayakawa-Yano Y, Okano H*
International journal of developmental neuroscience : the official journal of the International Society for Developmental Neuroscience      2016年1月   [査読有り]
Ohtsuka T, Yano M*, Okano H*
Biochemical and biophysical research communications   466(1) 46-51   2015年10月   [査読有り]
Hayashi S, Yano M, Igarashi M, Okano HJ, Okano H
Journal of neuroscience research   93 399-409   2015年3月   [査読有り]
Yano M*, Ohtsuka T, Okano H*
Cell and tissue research   359 135-144   2015年1月   [査読有り]
Licatalosi DD, Yano M, Fak JJ, Mele A, Grabinski SE, Zhang C, Darnell RB
Genes & development   26 1626-1642   2012年7月   [査読有り]

Misc

 
【白血病学(下)-最新の基礎、臨床研究-】 白血病の基礎研究と臨床研究の動向 造血幹細胞と白血病幹細胞研究の動向 幹細胞と癌における細胞運命決定因子Musashiの役割
矢野 真人, 岡野 栄之
日本臨床   74(増刊10 白血病学(下)) 503-507   2016年12月
RNA結合蛋白質の機能解析最前線
矢野 真人
新潟医学会雑誌   130(2) 79-84   2016年2月
矢野真人
脳科学辞典      2016年   [査読有り]
矢野真人
脳科学辞典      2016年   [査読有り]
矢野真人, 矢野佳芳
実験医学   33(20) 3419-3423   2015年12月
大塚貴文, 矢野真人, 岡野栄之
月刊メディカル・サイエンス・ダイジェスト   40(7) 326-329   2014年6月
矢野真人, 岡野栄之
細胞   44(9) 381-384   2012年8月
矢野真人, 矢野(早川)佳芳, DARNELL Robert B.
実験医学   29(1) 105-114   2011年1月

書籍等出版物

 
カンデル神経科学
矢野真人、岡野栄之 (担当:共訳, 範囲:3章 遺伝子と行動)
株式会社 メディカル・サイエンス・インターナショナル   2014年   
わかる実験医学シリーズ 転写がわかる 基本転写から発生,再生,先端医療まで 半田 宏/編
矢野真人, 岡野栄之 (担当:共著, 範囲:転写制御による神経系の分化)
実験医学   2004年   

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2012年 - 2013年    代表者: 矢野 真人
次世代シークエンサーを用いたHITS-CLIP法により、胎生期大脳皮質におけるMusashi1(Msi1)-RNA相互作用のゲノムマッピングを行い、Msi1のRNA制御メカニズムおよび生体内における役割に迫ることを目的とした。Msi1-RNA相互作用解析のため、Msi1を認識する抗体を用いMsi1欠損マウスをネガティブコントロールとしてHITS-CLIPを行った。Msi1と結合するRNAのみをウエスタンブロットにより転写されたメンブレンより精製し、精度の高いRNA結合領域の同定を行い、精製...