Takahashi Koji

J-GLOBAL         Last updated: Oct 10, 2019 at 15:26
 
Avatar
Name
Takahashi Koji
Nickname
Takahashi Koji
E-mail
koji.takahashithu.ac.jp
Affiliation
Teikyo Heisei University
Section
Faculty of Modern Life Department of Human Culture
Research funding number
20571623

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Eighteen Letters of Tanaka Hidemitu to Minakami Tsutomu:From the Archives of Minakami Tsutomu
Ohki Shimon, Kakeno Takeshi, Takahashi Koji
Showa Literary Studies   (75) 126-135   Sep 2017   [Refereed]

Misc

 
KOJIMA Yousuke, NISHIDA Kazutoyo, TAKAHASHI Koji, MAKINO Yu
千葉大学人文社会科学研究   (30) 8-56   Mar 2015
本研究事業は近代史の中で最も読まれたジャンルでありながら、定義が確定してこなかった中間小説について見直し、「現象」として捉えることで新たな中間小説像を構築することを目的としている。その目的を達成するため、具体的には以下の三種の解明を目指している。それは①中間小説誌が如何なる雑誌メディアであったかの解明(資料の保存・公開)、②中間小説誌編集の戦略の解明、③中間小説誌読者の位置づけ、とまとめられる。この解明を行うに、有効かつ重要な作業といえるのが、表紙、目次構成、挿絵、読書欄、編集後記の調査で...
KOJIMA Yousuke, NISHIDA Kazutoyo, TAKAHASHI Koji, MAKINO Yu
千葉大学人文社会科学研究   (29) 13-53   Sep 2014
本研究事業は近代史の中で最も読まれたジャンルでありながら、定義が確定してこなかった中間小説について見直し、「現象」として捉えることで新たな中間小説像を構築することを目的としている。その目的を達成するため、具体的には以下の三種の解明を目指している。それは①中間小説誌が如何なる雑誌メディアであったかの解明(資料の保存・公開)、②中間小説誌編集の戦略の解明、③中間小説誌読者の位置づけ、とまとめられる。この解明を行うに、有効かつ重要な作業といえるのが、表紙、目次構成、挿絵、読書欄、編集後記の調査で...
KOJIMA Yousuke, NISHIDA Kazutoyo, TAKAHASHI Koji, MAKINO Yu
千葉大学人文社会科学研究   (28) 【1】-【35】   Mar 2014
本研究事業は近代史の中で最も読まれたジャンルでありながら、定義が確定してこなかった中間小説について見直し、「現象」として捉えることで新たな中間小説像を構築することを目的としている。その目的を達成するため、具体的には以下の三種の解明を目指している。それは①中間小説誌が如何なる雑誌メディアであったかの解明( 資料の保存・公開)、②中間小説誌編集の戦略の解明、③中間小説誌読者の位置づけ、とまとめられる。この解明を行うに、有効かつ重要な作業といえるのが、表紙、目次構成、挿絵、読書欄、編集後記の調査...
KOJIMA Yousuke, NISHIDA Kazutoyo, TAKAHASHI Koji, MAKINO Yu
千葉大学人文社会科学研究   (27) 1-21   Sep 2013
本研究事業は近代史の中で最も読まれたジャンルでありながら、定義が確定してこなかった中間小説について見直し、「現象」として捉えることで新たな中間小説像を構築することを目的としている。その目的を達成するため、具体的には以下の三種の解明を目指している。それは①中間小説誌が如何なる雑誌メディアであったかの解明(資料の保存・公開)、②中間小説誌編集の戦略の解明、③中間小説誌読者の位置づけ、とまとめられる。この解明を行うに、有効かつ重要な作業といえるのが、表紙、目次構成、挿絵、読書欄、編集後記の調査で...
KOJIMA Yousuke, NISHIDA Kazutoyo, TAKAHASHI Koji, MAKINO Yu
千葉大学人文社会科学研究   (26) 1-62   Mar 2013
本研究事業は近代史の中で最も読まれたジャンルでありながら、定義が確定してこなかった中間小説について見直し、「現象」として捉えることで新たな中間小説像を構築することを目的としている。その目的を達成するため、具体的には以下の三種の解明を目指している。それは①中間小説誌が如何なる雑誌メディアであったかの解明(資料の保存・公開)、②中間小説誌編集の戦略の解明、③中間小説誌読者の位置づけ、とまとめられる。この解明を行うに、有効かつ重要な作業といえるのが、表紙、目次構成、挿絵、読書欄、編集後記の調査で...
高橋 孝次
Showa literary studies   55 96-99   Sep 2007