五十嵐 祐

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/05 09:37
 
アバター
研究者氏名
五十嵐 祐
URL
https://tasukuigarashi.com
所属
名古屋大学
部署
大学院教育発達科学研究科
職名
准教授
学位
博士(心理学)(名古屋大学)
科研費研究者番号
90547837
ORCID ID
0000-0001-9432-4425

プロフィール

社会的ネットワークにおける人々のふるまいについて研究しています。

研究分野

 
 

経歴

 
2013年4月
 - 
2014年3月
名古屋大学大学院国際開発研究科 准教授(協力講座)
 
2012年10月
 - 
現在
名古屋大学大学院教育発達科学研究科 准教授
 
2011年4月
 - 
2012年9月
北海学園大学経営学部 准教授
 
2009年4月
 - 
2011年3月
北海学園大学経営学部 講師
 
2006年4月
 - 
2009年3月
日本学術振興会 特別研究員(SPD)
 
2005年6月
 - 
2007年3月
メルボルン大学心理学部 客員研究員
 
2005年4月
 - 
2006年3月
日本学術振興会 特別研究員(PD)
 
2003年4月
 - 
2005年3月
日本学術振興会 特別研究員(DC1)
 

学歴

 
2001年4月
 - 
2005年3月
名古屋大学大学院 教育発達科学研究科 心理発達科学専攻
 
1997年4月
 - 
2001年3月
名古屋大学 教育学部 人間発達科学科
 

委員歴

 
2017年5月
 - 
2019年3月
日本社会心理学会  「社会心理学研究」副編集委員長
 
2014年1月
 - 
2017年3月
アジア社会心理学会  Executive committee (Treasurer)
 
2014年1月
 - 
2017年3月
アジア社会心理学会  Consuting Editor
 
2013年4月
 - 
2017年3月
日本グループ・ダイナミックス学会  理事・編集委員
 
2015年4月
 - 
2019年3月
日本社会心理学会  理事・編集委員
 

受賞

 
2010年
日本グループ・ダイナミックス学会 第57回大会優秀学会発表賞(ショート・スピーチ部門)
 
2007年
日本グループ・ダイナミックス学会 第54回大会優秀学会発表賞(English Session)
 
2006年
全米コミュニケーション学会 Top Paper, Japan-U.S. Communication Association (JUCA) session
 
2005年
電気通信普及財団 第21回テレコム社会科学賞
 
2005年
アジア社会心理学会 Jung-heun Park Young Scholar Award
 
2002年
日本社会心理学会 若手研究者奨励賞
 
2002年
電気通信普及財団 第18回テレコム社会科学学生賞
 

論文

 
玉井 颯一・五十嵐 祐
心理学研究   90(2)    2019年6月   [査読有り]
白木 優馬, 五十嵐 祐
デジタルプラクティス   9(4) 874-885   2018年10月
近年,クラウドソーシングを用いて,大規模なサンプルを対象としてアンケートを配布する研究が活発に行われている.本稿では,クラウドソーシングを用いたアンケートデータ収集のメリットについてまとめたのち,筆者らのこれまで実践において直面してきた課題について紹介する.さらに,データの信頼性の担保やワーカへの倫理的配慮といった具体的な課題への対応に関するノウハウとともに,クラウドソーシングの利用にともなう各種の注意点についても紹介する.
Shiraki Yuma, Igarashi Tasuku
Asian Journal of Social Psychology   21(1-2) 107-113   2018年3月   [査読有り]
古橋 健悟, 五十嵐 祐, Furuhashi Kengo, Igarashi Tasuku, フルハシ ケンゴ, イガラシ タスク
対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology   (18) 71-75   2018年3月
原著集団においては他成員に対して利他的に振る舞うことが望ましく、人々が利他的に振る舞うことができるような集団環境を検討することが重要である。先行研究では、集団同一視が高いほど集団成員に対して利他行動を多く行うことが示されている。本研究では、集団同一視が低い成員は、存在論的恐怖(死の恐怖)が生じた際、集団透過性(集団境界の透過可能性)が低い場合において利他的に振る舞うようになる可能性を検討した。質問紙実験の結果、集団同一視および集団透過性が低い場合に存在論的恐怖が顕現化すると、顕現化しない場...
Asano Ryosuke, Tsukamoto Saori, Igarashi Tasuku, and Huta Veronika
Current Psychology      2018年   [査読有り]
Yuma Shiraki, Tasuku Igarashi
Letters on Evolutionary Behavioral Science   8(1)    2017年2月   [査読有り]
佐藤 有紀, 五十嵐 祐
社会心理学研究   33(2) 93-100   2017年
<p>This study investigated the effect of a player's regulatory focus on his/her preference for cooperation and prosociality in a social dilemma situation. After the manipulation of regulatory focus, participants chose cooperation (remaining silent...
佐藤 有紀, 五十嵐 祐, Sato Yuki, Igarashi Tasuku, サトウ ユキ, イガラシ タスク
対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology   (16) 15-19   2016年3月
This study investigated the effects of objectives at work on employee regulatory focus. Previous research showed that employees with a promotion-focus orientation enhance cooperation at work, but those with a prevention-focus orientation do not...
樽井 この美, 五十嵐 祐, Tarui Konomi, Igarashi Tasuku, タルイ コノミ, イガラシ タスク
対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology   (16) 33-39   2016年3月
This study investigated psychological factors that decrease in-group silence.Silence is regarded as behaving passively or doing nothing to influence group decision making in a group,and lead by in-group pressure,threats of getting negative feedbac...
Betsch C, B{ö}hm R, Airhihenbuwa C.O, Butler R, Chapman G.B, Haase N, Herrmann B, Igarashi T, Kitayama S, Korn L, Nurm U.-K, Rohrmann B, Rothman A.J, Shavitt S, Updegraff J.A, Uskul A.K.
Medical Decision Making   36(7) 811-833   2016年   [査読有り]
Joshanloo M, Rizwan M, Khilji I.A, Ferreira M.C, Poon W.-C, Sundaram S, Ho L.S, Yeung V.W.-L, Han G, Bae J, Demir M, Achoui M, Pang J.S, Jiang D.-Y, Lamers S.M.A, Turan Y, Lepshokova Z.K, Panyusheva T, Natalia A, Asano R, Igarashi T, Tsukamoto S.
Personality and Individual Differences   102 145-148   2016年   [査読有り]
鈴木 伸哉, 五十嵐 祐, 吉田 俊和, Suzuki Shinya, Yoshida Toshikazu, Igarashi Tasuku, ヨシダ トシカズ, イガラシ タスク, スズキ シンヤ
対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology   (15) 63-69   2015年3月
Although previous research has suggested that attachment anxiety has a negative impact on romantic relationships, the mechanisms underlying this effect have not been clarified. We hypothesized that attachment anxiety affects over-adaptation--defin...
白木 優馬, 五十嵐 祐, SHIRAKI Yuma, IGARASHI Tasuku
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学   62 97-106   2015年
The development of Information Technology has unraveled a new form of employment, crowdsourcing. With the spread of crowdsourcing, psychological researchers began collecting data with crowdsourcing. Crowdsourcing enables them to collect data from ...
佐名 龍太, 五十嵐 祐, SAME Ryuta, IGARASHI Tasuku
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学   62 39-48   2015年
To what extent do people have negative impressions of obese people? To what extent are their impressions formed from only a person's body shape? To examine these questions, Same & Igarashi (2013) conducted an investigation with silhouettes whose b...
Joshanloo M, Weijers D, Jiang D.-Y, Han G, Bae J, Pang J.S, Ho L.S, Ferreira M.C, Demir M, Rizwan M, Khilji I.A, Achoui M, Asano R, Igarashi T, Tsukamoto S, Lamers S.M.A, Turan Y, Sundaram S, Yeung V.W.L, Poon W.-C, Lepshokova Z.K, Panyusheva T, Natalia A.
Journal of Happiness Studies   16(5) 1185-1210   2015年   [査読有り]
白木 優馬, 五十嵐 祐, Shiraki Yuma, Igarashi Tasuku, イガラシ タスク, シラキ ユウマ
対人社会心理学研究 = Japanese journal of interpersonal and social psychology   (14) 27-33   2014年3月
This study developed the Japanese version of the Gratitude Questionnaire (GQ-6; McCullough et al., 2002) and examined its reliability and criterion-related validity. A total of 216 undergraduates (44 men, 172 women) completed a questionnaire. The ...
平島 太郎, 五十嵐 祐, HIRASHIMA Taro, IGARASHI Tasuku
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学   61 105-114   2014年
In this study, we examined the relationships between social network composition and individuals' attitudinal ambivalence. Attitudinal ambivalence reflects the extent to which one simultaneously has both positive and negative evaluations toward an ...
玉井 颯一, 五十嵐 祐, TAMAI Ryuichi, IGARASHI Tasuku
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学   61 77-84   2014年
Ostracism, the act of ignoring, exclusion and rejection, occurs across the life span and has been documented as harmful and powerful not only for the ostracized member, but also for the ostracizing member and the observers. To ostracize others, in...
佐名 龍太, 五十嵐 祐, SAME Ryuta, IGARASHI Tasuku
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学   61 47-56   2014年
Do people form impressions of others based on their body shape? Two studies examined the possibility that changes in others' body shape systematically influence judgments on their impression. In Studies 1 (n = 21) and 2 (n = 52), participants obse...
佐藤 有紀, 五十嵐 祐, SATO Yuki, IGARASHI Tasuku
名古屋大学大学院教育発達科学研究科紀要. 心理発達科学   61 37-45   2014年
Social exchange in groups is important for the development and welfare of social groups. This study investigated the relationships between actors' regulatory focus and their social exchange in groups. Based on the regulatory focus theory (Higgins,...

書籍等出版物

 
Kadushin Charles, 五十嵐 祐, 佐藤 有紀, 加藤 仁, 古谷 嘉一郎, 西村 太志, 竹村 幸祐, 竹中 一平, 平島 太郎, 石黒 格, 浅野 良輔
北大路書房   2015年   ISBN:9784762829000
Exponential Random Graph Models for Social Networks: Theories, Methods and Applications
五十嵐 祐 (担当:分担執筆, 範囲:Longitudinal changes in face-to-face and text message-mediated friendship networks)
Cambridge University Press   2012年11月   ISBN:9780521141383
対人関係の社会心理学
五十嵐 祐 (担当:分担執筆, 範囲:メディアコミュニケーションの普及は、私たちに何をもたらしたか?)
ナカニシヤ出版   2012年10月   ISBN:477950693X
幸福を目指す対人社会心理学
五十嵐 祐 (担当:分担執筆, 範囲:ネットワーク 社会への適応(コラム))
ナカニシヤ出版   2012年2月   ISBN:978-4-7795-0445-7
体験で学ぶ社会心理学
五十嵐 祐 (担当:分担執筆, 範囲:社会的ネットワークとメディアコミュニケーション(第12章))
ナカニシヤ出版   2010年4月   ISBN:4779504627
インターネット心理学のフロンティア
五十嵐 祐 (担当:分担執筆, 範囲:CMCと対人関係)
誠信書房   2009年2月   ISBN:4414301696
健康とくらしに役立つ心理学
五十嵐 祐 (担当:分担執筆, 範囲:くらしと社会的なつながり)
北樹出版   2009年3月   ISBN:477930170X
社会心理学事典
五十嵐 祐 (担当:分担執筆, 範囲:メディアコミュニケーション)
丸善   2009年3月   ISBN:4621081071

講演・口頭発表等

 
The manifold of individual: Expansion of human sociality in the networked century [招待有り]
五十嵐 祐
International Conference on Media Usage and Cross-cultural Communication under the Digital Era, Tsukuba Global Science Week 2016   2016年9月   
Cognitive legitimacy of ostracism as a moderator of underestimating the vicious nature of ostracism toward a deviant
Tamai, R., Igarashi, T.,& Yoshizawa, H.
Poster session presented at the 5th Asian Congress of Health Psychology, Daejeon, Korea   2013年8月22日   
Loneliness, trust and perception of positions in triads
Tasuku Igarashi
Poster session presented at the 5th Asian Congress of Health Psychology, Daejeon, Korea   2013年8月22日   
集団内の社会的勢力の偏在が社会的排斥の生起に及ぼす影響
玉井颯一・吉澤寛之・五十嵐祐・吉田俊和
日本グループ・ダイナミックス学会第60回大会   2013年7月21日   
制御焦点が社会的ネットワークの学習課題の成績に及ぼす影響
五十嵐 祐
日本グループ・ダイナミックス学会第60回大会   2013年7月20日   
On the evolution of social networks based on trust
Poster session presented at the 25th Annual Convention of the Association of Psychological Science, Washington, D.C.   2013年5月25日   
社会的ネットワークが生み出す対人的境界 [招待有り]
五十嵐 祐
電子情報通信学会2013年総合大会   2013年3月20日   
幸福感に関する尺度の作成 (2) :日本語版Personal Growth Initiative尺度の因子構造の検討
五十嵐祐・塚本早織・浅野良輔
日本教育心理会第54回総会   2012年11月24日   
幸福感に関する尺度の作成 (1) :日本語版Hedonic and Eudaimonic Motives for Activities尺度の因子構造の検討
浅野良輔・塚本早織・五十嵐祐
日本教育心理会第54回総会   2012年11月24日   
社会考慮がもたらすソーシャルメディアの第三者効果
五十嵐 祐
日本社会心理学会第53回大会   2012年11月17日   
社会考慮と社会参加:一般的信頼、橋渡し型・結束型社会関係資本との関連から
五十嵐 祐
日本心理学会第76回大会発表論文集   2012年9月   
互恵性の信念が社会的ネットワークの学習課題の成績に及ぼす影響
五十嵐 祐
日本グループ・ダイナミックス学会第59回大会発表論文集   2012年9月   
Current directions of social psychology research in Japan: focusing on the interpersonal viewpoints [招待有り]
五十嵐 祐
AASP/JGDA/JSSP Joint Symposium presented at the 59th Annual Meeting of the Japanese Group Dynamics Association, Kyoto University   2012年9月   
Bridging social networks foster youth’s voting through an increase in social consideration
五十嵐 祐
Poster session presented at the 24th Annual Convention of the Association for Psychological Science, Chicago, IL.   2012年5月   
集団成員から見た集団の再帰性:社会的ネットワーク分析によるアプローチ
五十嵐祐
日本社会心理学会第52回大会シンポジウム   2011年9月   
ソーシャルメディアはデマの信憑性評価を抑制するか:孤独感との関連に基づく検討
五十嵐祐
日本社会心理学会第52回大会発表論文集   2011年9月   
誤った二分法への気づきとメディアの第三者効果:マスメディア・ソーシャルメディアにおける検討
五十嵐祐
日本心理学会第75回大会発表論文集   2011年9月   
東日本大震災発生後のソーシャルメディア上のコミュニケーション:Twitterのリツイート(RT)ネットワークに関する探索的分析
五十嵐祐
日本グループ・ダイナミックス学会第58回大会発表論文集   2011年8月   
行為者志向型ネットワーク選択モデルによる社会的ネットワークのダイナミックスの検討
五十嵐祐
第3回CERSS若手スピーカーシリーズ(北海道大学社会科学実験研究センター)   2011年7月   
解釈レベルが大学生活不安に関する他者態度の推定に与える影響
五十嵐祐
日本教育心理学会第53回総会発表論文集   2011年7月   
A social network approach to reducing loneliness based on relational models theory.
Igarashi, T.
Poster session presented at the 12th European Congress of Psychology, Istanbul, Turkey.   2011年7月   
対人環境の社会的比較が遅延割引に及ぼす影響
五十嵐祐
日本心理学会第74回大会発表論文集   2010年9月   
孤独感が引き起こす遅延割引と社会的ネットワークの緩衝効果
五十嵐祐
日本社会心理学会第51回大会発表論文集   2010年9月   
高信頼者の対人関係選択のダイナミックス:行為者指向型ネットワーク選択モデルによる「見極め」能力の検討
五十嵐祐
日本グループ・ダイナミックス学会第57回大会発表論文集   2010年8月   
Loneliness and impulsivity in delay discounting.
Igarashi, T.
Paper presented at the 27th International Congress of Applied Psychology, Melbourne, Australia.   2010年7月   
社会的ネットワークの不均衡と規範意識のズレが関係満足感に与える影響: 階層線型モデルによるグループデータの縦断的分析
五十嵐祐
日本社会心理学会第50回大会・日本グループ・ダイナミックス学会第56回大会合同大会発表論文集   2009年9月   
社会的ネットワークと信頼: 文化間比較による検討
五十嵐祐
日本心理学会第73回大会ワークショップ   2009年8月   
関係葛藤がもたらす社会的ネットワーク構造の集中化―グループワークにおける縦断的検討―
五十嵐祐
日本心理学会第73回大会発表論文集   2009年8月   
Network centralization and perception of relationship conflict in groups: A longitudinal study.
Igarashi, T.
Paper presented at the 29th International Sunbelt Social Network Conference, San Diego, CA.   2009年3月   
Trust and social networks in the East and the West.
Igarashi, T., Kashima, Y., Kashima, E. S., Farsides, T., Kim, U., Strack, F., Werth, L., & Yuki, M.
Poster session presented at the ninth annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Tampa, FL   2009年2月   
How to publish your research.
五十嵐祐
対人社会心理学研究室 第43回Brown Bag研究会(大阪大学大学院人間科学研究科)   2008年11月   
インターネット心理学のフロンティア:デジタル化で変貌する個人・人間関係・社会
五十嵐祐
日本社会心理学会第49回大会ワークショップ   2008年11月   
グループワークにおける集団内信頼の醸成プロセス:集団アイデンティティ、一般的信頼との関連から
五十嵐祐
日本社会心理学会第49回大会発表論文集   2008年11月   
グループワークにおける集団内信頼の縦断的変化−初期態度としての規範意識と一般的信頼の影響−
五十嵐祐
日本心理学会第72回大会発表論文集   2008年9月   
Trust does matter in social networks: A longitudinal study.
五十嵐祐
Paper presented at the 29th International Congress of Psychology, Berlin, Germany.   2008年7月   
社会的交換ネットワークのミクロ構造と資源の利益効率性:力学系モデルとシミュレーションによる分析
清水裕士・五十嵐祐
日本グループ・ダイナミックス学会第55回大会発表論文集   2008年6月   
関係葛藤の低減に及ぼす初期態度としての一般的信頼、規範意識の影響
五十嵐祐・小川一美・斎藤和志
日本グループ・ダイナミックス学会第55回大会発表論文集   2008年6月   
社会的ネットワークの実体性知覚
五十嵐祐
第345回関西社会心理学研究会(大阪大学大学院人間科学研究科)   2008年2月   
Entitativity of social networks.
五十嵐祐
Brownbag Seminar, Department of Psychology, University of Southern California, CA.   2008年2月   
Perceived entitativity and patterns of interaction in small and large social networks.
五十嵐祐
Poster session presented at the ninth annual meeting of the Society for Personality and Social Psychology, Albuquerque, NM.   2008年2月   
社会的ネットワークの知覚された実体性
五十嵐祐・嘉志摩佳久
日本社会心理学会第48回大会発表論文集   2007年9月   
Perception of group entitativity in social networks.
Igarashi, T., & Kashima, Y.
Paper presented at the seventh biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Sabah, Malaysia   2007年7月   
メディアコミュニケーションと社会的ネットワークの変容:社会関係資本論によるアプローチ
五十嵐祐
日本グループ・ダイナミックス学会第54回大会小講演   2007年6月   
Culture, trust and social networks.
Igarashi, T., Kashima, Y., Kashima, E. S., Farsides, T., Kim, U., Strack, F., Werth, L., & Yuki, M.
Paper presented at the 54th Annual meetings of the Japanese Group Dynamics Association, Nagoya, Japan   2007年6月   
Dynamics of social networks, trust, and social identity.
Igarashi, T., Robins, G., & Pattison, P.
Paper presented at the 27th International Sunbelt Social Network Conference, Corfu, Greece   2007年5月   
Entitativity of social networks.
五十嵐祐
Brownbag Seminar, Department of Psychology, University of Illinois at Urbana-Champaign, IL.   2007年2月   
Entitativity of social networks.
Igarashi, T., & Kashima, Y.
Poster session presented at the eighth conference of the Society for Personality and Social Psychology, Memphis, TN.   2007年1月   
社会的ネットワークの変容過程に関する縦断的検討―Exponential Random Graph (p*) Modelによるアプローチ―
五十嵐祐
第14回対人社会心理学フォーラム(大阪大学大学院人間科学研究科)   2006年11月   
Text-message communication addiction among Japanese high school students: Somatic symptoms and self-perception of addictive behavior.
Igarashi, T., Motoyoshi, T., Takai, J., & Yoshida, T.
Paper presented at the 92nd Annual Convention of the National Communication Association, San Antonio, TX.   2006年11月   
社会的ネットワーク構造の縦断的変化:p*モデルによる検討
五十嵐祐
日本社会心理学会第47回大会発表論文集   2006年9月   
社会的ネットワークの変容過程に関する縦断的検討―Exponential Random Graph (p*) Modelによるアプローチ―
五十嵐祐
名古屋社会心理学研究会(名古屋大学大学院教育発達科学研究科)   2006年7月   
携帯メール依存に関する研究(3)―認知―行動モデルに基づく検討―
五十嵐祐・元吉忠寛・高井次郎・吉田俊和
日本グループ・ダイナミックス学会第53回大会発表論文集   2006年5月   
Longitudinal changes in friendship networks: an approach from exponential random graph models.
Igarashi, T., Robins, G., & Pattison, P.
Paper presented at the International Conference on Network Science, Bloomington, IN.   2006年5月   
Reciprocity of cross- and same-sex relationships in face-to-face and text message-mediated networks.
Igarashi, T., Robins, G., Pattison, P., & Wang, P.
Paper presented at the 26th International Sunbelt Social Network Conference, Vancouver, Canada   2006年4月   
Culture, trust and social networks.
五十嵐祐
Melbourne Social Psychology Meeting, Melbourne, Australia.   2006年3月   
Social selection processes in face-to-face and text message-mediated social networks: A structural approach.
Igarashi, T., Yoshida, T., Robins, G., & Wang, P.
Poster session presented at the seventh conference of the Society for Personality and Social Psychology, Palm Springs, CA.   2006年1月   
Culture, trust and social networks.
五十嵐祐
Social Network Analysis Colloquium, Melbourne, Australia   2005年10月   
The text messaging addiction scale: Factor structure, reliability, and validity.
Igarashi, T., Motoyoshi, T., Takai, J., & Yoshida, T.
Paper presented at the sixth biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Wellington, New Zealand   2005年4月   
Structural interaction between face-to-face and mobile phone text message-mediated social networks.
Igarashi, T. & Yoshida, T.
Paper presented at the sixth biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Wellington, New Zealand   2005年4月   
携帯メール依存に関する研究(2)―携帯メール依存と利用実態―
元吉忠寛・五十嵐祐・高井次郎・吉田俊和
日本グループ・ダイナミックス学会第52回大会発表論文集   2005年3月   
携帯メール依存に関する研究(1)―携帯メール依存尺度の作成―
五十嵐祐・元吉忠寛・高井次郎・吉田俊和
日本グループ・ダイナミックス学会第52回大会発表論文集   2005年3月   
対面および携帯メールの社会的ネットワークの相互影響過程−統計的社会的ネットワークモデルを用いた検討−
五十嵐祐・吉田俊和
日本社会心理学会第45回大会発表論文集   2004年9月   
Response styles of mobile phone text messages: Effects of gender and message contents.
Igarashi, T.
Poster session presented at the 28th International Congress of Psychology, Beijing, China   2004年8月   
メディアコミュニケーションの心理的影響
五十嵐祐
名古屋社会心理学研究会(名古屋大学大学院教育発達科学研究科)   2004年5月   
拒否回避欲求と親密度が携帯メールの返信スタイルに与える影響
五十嵐祐・吉田俊和
日本グループ・ダイナミックス学会第51回大会発表論文集   2004年5月   
高校新入生の適応プロセスに関する縦断的研究―初期適応と中・長期適応の差異を中心として−
五十嵐祐・徳谷智美
東海心理学会第53回大会発表論文集   2004年5月   
The impact of face-to-face and mobile phone text message communication on social network development: Longitudinal changes in network size and intimacy.
Igarashi. T. & Yoshida, T.
Poster session presented at the fifth conference of the Society for Personality and Social Psychology, Austin, TX.   2004年1月   
携帯メールの利用が社会的ネットワーク構造に与える影響 :男女差を中心とした縦断的検討
五十嵐祐・吉田俊和
日本社会心理学会第44回大会発表論文集   2003年9月   
Longitudinal changes in social network structure of face-to-face and mobile phone text messages: Focusing on gender differences.
Igarashi, T.
Poster session presented at the fifth biennial conference of the Asian Association of Social Psychology, Manila, Phillippines   2003年7月   
携帯メールの社会的ネットワークの有無が孤独感に与える影響―大学新入生を対象として―
五十嵐祐・吉田俊和
日本グループ・ダイナミックス学会第50回大会発表論文集   2003年3月   
大学新入生の携帯メール利用が入学後の孤独感に与える影響
五十嵐祐・吉田俊和
日本社会心理学会第43回大会発表論文集   2002年9月   
CMCの社会的ネットワークを介した社会的スキルと孤独感との関連性
五十嵐祐
日本社会心理学会第42回大会発表論文集   2001年9月   

Misc

 
Overseas: No worries, mate!
五十嵐 祐
心理学ワールド   36 31   2006年12月
インターネット依存および携帯メール依存のメカニズムの検討―認知―行動モデルの観点から―
五十嵐 祐
電気通信普及財団研究調査報告書   20 176-183   2005年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2013年 - 2017年    代表者: 五十嵐 祐
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 五十嵐祐
対人環境の孤立化や孤独感を生み出す認知メカニズムの概念整理:テキストマイニングによる検討
北海学園大学: 学術研究助成(一般研究)
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 五十嵐 祐
電気通信普及財団: 研究調査助成
研究期間: 2010年 - 2011年    代表者: 五十嵐 祐
文部科学省: 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
研究期間: 2006年 - 2008年    代表者: 五十嵐 祐

担当経験のある科目