高橋 達二

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/26 15:57
 
アバター
研究者氏名
高橋 達二
 
タカハシ タツジ
URL
https://sites.google.com/site/tatsujitakahashi/
所属
東京電機大学
部署
理工学部理工学科 情報システムデザイン学系
職名
准教授
学位
博士(理学)(神戸大学)
ORCID ID
0000-0002-8891-5664

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
ドワンゴ人工知能研究所 協力研究員
 
2016年4月
 - 
2017年4月
ロンドン大学バークベック校 訪問研究員
 
2013年7月
 - 
現在
PARIS (Probabilité, Anticipation, Raisonnement, Inférence et Subtrat) CHART at University Paris 8, Paris X, and EPHE Associate Member
 
2016年4月
 - 
2017年4月
高等研究実習院・パリ第8大学 訪問研究員
 
2010年4月
 - 
2016年3月
東北大学 電気通信研究所 共同研究員
 

受賞

 
2018年2月
東京電機大学学術振興基金 研究・産官学連携貢献賞
 
2013年9月
人工知能学会2013年度全国大会優秀賞(単著)
 
2013年9月
人工知能学会2013年度全国大会優秀賞(共著: 2人中2番目, 受賞者: 甲野佑(当時D2))
受賞者: 甲野佑, 高橋達二
 
2013年9月
人工知能学会2013年度全国大会優秀賞(共著: 2人中2番目) 因果帰納確率モデルの情報学的考察
受賞者: 上浦基, 高橋達二
 
2016年3月
情報処理学会第76回全国大会 情報処理学会第78回全国大会 学生奨励賞(共著: 2人中2番目, 受賞者: 甲野佑(当時D3)) 認知特性を実装した価値関数による非定常環境への適応
受賞者: (共著: 2人中2番目, 受賞者: 甲野佑(当時D3))
 

論文

 
Frontiers in Psychology      [査読有り]
Nakamura, H., Shao, J., Baratgin, J., Over, D. E., Takahashi, T., Yama, H
Frontiers in Psychology   9 505   2018年4月   [査読有り]
Hattori, I., Hattori, M., Over, D., Takahashi, T., Baratgin, J.:
Thinking and Reasoning      2017年4月   [査読有り]
Kohno, Y., Takahashi, T.
International Journal of Parallel, Emergent and Distributed Systems   32(2) 232-242   2017年2月   [査読有り]
Oyo, K., Takahashi, T.
International Journal of Parallel, Emergent and Distributed Systems   32(2) 206-217   2017年2月   [査読有り]
高橋 達二, 甲野 佑, 浦上 大輔
人工知能学会論文誌   31(6) 1-11   2016年12月   [査読有り]
Uragami, Daisuke; Kohno, Yu; Takahashi, Tatsuji
BioSystems      2016年5月   [査読有り]
緩い対称性を持つ因果的価値関数の認知的妥当性とN本腕バンディット問題におけるその有効性
大用庫智, 市野学
人工知能学会論文誌   30(2) 403-416   2015年1月   [査読有り]
Uragami, D., Takahashi, T., Matsuo, Y.
BioSystems   116 1-9   2014年2月   [査読有り]
人間の因果推論による認知バイアスに基づいたメロディ生成システム
大村英史, 柴山拓郎, 高橋達二, 澁谷智志, 岡ノ谷一夫, 古川聖
知能と情報   24(5) 954-966   2012年10月   [査読有り]
BioSystems   107 95-105   2012年2月   [査読有り]
Cognitive Symmetries as Bases for Anticipation: a Model of Vygotskyan Development Applied to Word Learning
International Journal of Computing Anticipatory Systems   24    2011年   [査読有り]
Lattice Neural Networks for Incremental Learning
International Journal of Computing Anticipatory Systems   24    2011年   [査読有り]
Husserl vs. Derrida? Intermittent Critical Finite Automaton through Second Person Self-Differential Reference
International Journal of Computing Anticipatory Systems   24    2011年   [査読有り]
Cognitive Symmetry: Illogical But Rational Biases
   2010年   [査読有り]
Dynamical duality of type- and token-computation as an abstract brain
27 1187-1204   2006年   [査読有り]
Dynamical infomorphism: form of endo-perspective
22 1077-1101   2004年   [査読有り]
Phenomenal computing carrying the weak paradox as indefinite environments
Int. J. of Computing Anticipatory Systems   14 172-184   2004年   [査読有り]
時間過分極時のニューロン電位の揺らぎの時系列解析と脳の情報処理における機能的意義
太田宏之, 浦上大輔, 高橋達二, 久保山哲二, 西田育弘
学習院大学計算機センター年報,   31 129-132   2010年
原生交換と価値の起源
進化経済学論集第7集      2004年
貨幣の起源 – 媒介者の個物化過程
進化経済学論集第7集      2004年

Misc

 
Loosely symmetric reasoning to cope with the speed-accuracy trade-off
Proceedings of SCIS-ISIS 2012, Kobe, Japan, November 20-24, 2012   1166-1171   2012年11月
Melody generation system based on generalization by human causal intuition
SICE Annual Conference, Akita, Japan, August 20-23, 2012   2005-2010   2012年8月
The Efficacy of Symmetric Cognitive Biases in Robotic Motion Learning
Proceedings of the 2011 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation August 7--10, B   410-415   2011年
A Loosely Symmetric Model of Cognition
Springer Lecture Notes in Computer Science   5778 234-241   2012年2月
Rule-following as an Anticipatory Act: Interaction in Second Person and an Internal Measurement Model of Dialogue
Computing Anticipatory Systems: Casys - Eighth International Conference      2008年

講演・口頭発表等

 
Observational causal induction as independence test under rarity assumption
Colloquium at University of Freiburg   2017年1月18日   Prof. Dr. Christoph Klauer
A simple (bi)conditional form for necessity and sufficienty: The pARIs rule [招待有り]
Paris Reasoning   2016年5月3日   Jean Baratgin
認知に学ぶ機械学習アルゴリズム:認知的満足化と双条件付確率 [招待有り]
脳型人工知能研究チーム   2016年3月18日   一杉裕志
双条件文と双条件付確率 [招待有り]
2015年11月20日   
不確実性の下での推論・因果性・強化学習 [招待有り]
2015年10月5日   幕内充, 高次脳機能障害研究室

Works

 
内部観測—-原生交換にみる懐疑論のクリプキ的転回
その他   2002年
有限の立場における世界性、その形式化
◎郡司 ペギオ幸夫, 高橋 達二, 青野 真士   その他   2002年
The essential feature of life is expressed as a weaken paradox. A pair of triplets consisting of two sets and a binary relation is given with an infomorphism [1] between triplets, and that is a pair of intent and extent of a system. The weaken par...
観察者の外部をどう表現するか? 動的インフォモルフィズムによるモデル構成
その他   2002年
原生交換における貨幣の起源 –コミュニケーションの原基
その他   2002年12月
現象論的計算としての意識:その抽象モデル
その他   2003年6月

競争的資金等の研究課題

 
日本学術振興会: 若手研究 (A)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月
人間認知の適応的特性を実装した価値関数の提案と大規模コンピューティングへの応用
日本学術振興会: 若手研究(B)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
未来を指向する推論モデルによる音楽表現のデザイン
日本学術振興会: 基盤(C)
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
不定な環境における適応能の階層横断的解明と工学的応用
東北大学 電気通信研究所: 
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月
確率論理を軸とした演繹・帰納推論の統合とその工学的応用
東京電機大学総合研究所: 
研究期間: 2013年4月 - 2014年3月
リスク下の意思決定における認知バイアスの適応性の解明
東京電機大学総合研究所: 
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月
推論と予期に伴う情動に基づく音楽生成
東京電機大学総合研究所: 
研究期間: 2011年4月 - 2012年3月
生命にとっての情報・推論・計算の解明と工学的応用の検討
東北大学 電気通信研究所: 
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
大学進学準備教育にかんするシステム論的研究
日本女子大学総合研究所: 
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月
長時間過分極時のニューロン電位の揺らぎの時系列解析と脳の情報処理における機能的意義
学習院大学計算機センター: 
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月
対称性に関する認知実験ならびに数理モデルによる研究
東京電機大学学術振興基金特定研究費: 
研究期間: 2009年4月 - 2010年3月

学歴

 
1997年4月
 - 
2002年3月
東京大学 教養学部 基礎科学科
 
2002年4月
 - 
2008年3月
神戸大学 自然科学研究科