MIMA Tatsuya

J-GLOBAL         Last updated: Dec 5, 2019 at 08:37
 
Avatar
Name
MIMA Tatsuya
Affiliation
Ritsumeikan University
Section
Graduate School of Core Ethics and Frontier Sciences
Job title
Professor
Degree
Ph.D. of Medicine(Kyoto University Graduate School of Medicine)
Other affiliation
Ritsumeikan University

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1997
 - 
Jun 1997
Researcher, Department of Brain Pathophysiology, Kyoto University Graduate School of Medicine
 
Jun 1997
 - 
Nov 1999
Research Associate, Human Motor Control Section, NINDS, National Institutes of Health
 
Dec 1999
 - 
Mar 2000
Post-doc researcher, Department of Brain Pathophysiology, Kyoto University Graduate School of Medicine
 
Apr 2000
 - 
Apr 2008
Assistant Professor, Human Brain Research Center, Kyoto University Graduate School of Medicine
 
May 2008
 - 
Sep 2015
Associate Professor, Human Brain Research Center, Kyoto University Graduate School of Medicine
 

Published Papers

 
Yamaguchi T, *Satow T, Komuro T, Mima T.
Case Rep Neurol   (11) 61-65   2019
「リスク論再考」
美馬達哉
TASC Monthly No.519、2019年3月1日 p.p.20-32   (519) 20-32   Mar 2019
Koganemaru S, Mikami Y, Maezawa H, Ikeda S, Ikoma K, Mima T.
Neuroscience   380 38-48   2018
Koganemaru S, Mikami Y, Maezawa H, Matsuhashi, M, Ikeda S, Ikoma K., Mima T.
PLoS ONE 13(12): e0208691   13(12) e0208691   2018
DSM的理性とその不満
美馬達哉
保健医療社会学論集   28(2) 54-64   2018
精神科領域での薬物によるエンハンスメントの脳神経倫理
美馬達哉
臨床精神医学   47(1) 81-5   Jan 2018
tcDCS(経頭蓋小脳直流電気刺激)を用い前庭リハビリテーションの効果増強を試みた2症例
五島史行、荒井美希、利國桂太郎、若林毅、細谷誠、山本修子、南修司郎、松永達雄、角田晃一、美馬達哉、小金丸聡子
耳鼻咽喉科・頭頸部外科   89(6) 471-5   2017
多発性脳梗塞による重度の発動性低下に対して経頭蓋的直流刺激を施行した一例
佐藤岳史、浅井麻美、小室太郎、小林映、宮川孝史、木村拓美、麻生俊彦、美馬達哉
脳卒中   39(5) 391-5   2017
経頭蓋静磁場刺激による中枢神経系の調節とその応用
野嶌一平、美馬達哉
理学療法学   44(3) 244-251   2017
生命科学と社会学
美馬達哉
日本社会学会理論応用事典刊行委員会編『社会学理論応用事典』   136-140   2017
研究不正の時代
美馬達哉
科学技術社会論研究   (14) 22-37   2017
*Ishibashi, R., Mima, T., Fukuyama, H., Pobric, G.
Frontiers in Integrative Neuroscience   11 37   2017
*Altmann, C.F., Ueda, R., Furukawa, S., Kashino, K., Mima, T. and Fukuyama, H.
Frontiers in Neuroscience   11 387   2017
*Altmann, C. F., R. Ueda, B. Bucher, S. Furukawa, K. Ono, M. Kashino, T. Mima and H. Fukuyama
Neuroimage   159 185-194   2017
脳多様性論(neurodiversity)と発達障害支援
美馬達哉
精神科治療学   32(12) 1643-8   Dec 2017
「脳の科学と、今年のノーベル経済学賞の「意外な関係」 人間が心理的バイアスに影響される理由」
美馬達哉
現代ビジネス      Oct 2017
*Ono, K., D. Yamasaki, C. F. Altmann and T. Mima
Hearing Research   356 87-92   Oct 2017
*Altmann, C. F., Ueda, R., Bucher, B., Furukawa, S., Ono, K., Kashino, M., Mima, T., Fukuyama, H.
NeuroImage   159 184-94   Jul 2017
「iPS細胞の三つの世界」
美馬達哉
現代思想   45(9) 82-104   Jun 2017
Mark R. Mullins and Koichi Nakano ed. “Disasters and Social Crisis in Contemporary Japan: Political, Religious, and Sociocultural Responses” Palgrave Macmillan, 2016.
美馬達哉
日本研究 第56集   238-240   May 2017

Misc

 
「ストレスチェックと生権力」
美馬達哉
福音と世界   18-23   Feb 2019
「リスクの名の下に」
美馬達哉
科学技術社会論研究   (15) 66-77   Nov 2018
脳波コヒーレンス
美馬達哉
Clinical Neuroscience   34(7) 766-770   Jul 2016
書評「高野麻子著『指紋と近代 移動する身体の管理と統治の技法』」
美馬達哉
週刊読書人   (2016/5/6)    May 2016

Books etc

 
「優生学的想像力——津島佑子『狩りの時代』を読む」、『戦後日本を読みかえる第4巻 ジェンダーと生政治』
坪井秀人編
臨川書店、2019年3月 p.p.3-36   Mar 2019   
「リスクで物事を考える」、『学ぶということ続・中学生からの大学講義1』
桐光学園、ちくまプリマー新書編集部編
ちくまプリマー新書   May 2018   
「新しい磁気刺激リハビリテーション開発と可塑性の解明」、『ブレインサイエンス・レビュー2017』
廣川信隆編
クバプロ   Feb 2017   
「精神医療のバイオポリティクス」『シリーズ精神医学の哲学3 精神医学と当事者』
石原孝二・河野哲也・向谷地生良編
東京大学出版会   Nov 2016   
「不完全な死体 脳死と臓器移植の淵源」『昭和後期の科学思想史』
金森修編
勁草書房   Jun 2016   

Conference Activities & Talks

 
「精神医学的理性とその不満―診断マニュアルDSMを例に」
「精神医学的理性とその不満——診断マニュアルDSMを中心に——」保健医療社会学会シンポジウム「病をめぐるcontestation」   20 May 2017   

Teaching Experience

 
 

Education

 
 
 - 
Mar 1990
Department of Medicine,  School of Medicine, Kyoto University
 
 
 - 
Mar 1997
Department of Brain Pathophysiology, Graduate School of Medicine, Kyoto University