Kaji Tatsuru

J-GLOBAL         Last updated: May 13, 2019 at 09:43
 
Avatar
Name
Kaji Tatsuru
E-mail
t-kajim2.kufm.kagoshima-u.ac.jp
Affiliation
Kagoshima University
Section
Hospital

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Masuya R, Kaji T, Mukai M, Nakame K, Kawano T, Machigashira S, Yamada W, Yamada K, Onishi S, Yano K, Moriguchi T, Sugita K, Kawano M, Noguchi H, Suzuhigashi M, Muto M, Ieiri S
Pediatric surgery international   34(10) 1027-1033   Oct 2018   [Refereed]
Moriguchi T, Machigashira S, Sugita K, Kawano M, Yano K, Onishi S, Yamada K, Yamada W, Masuya R, Kawano T, Nakame K, Mukai M, Kaji T, Ieiri S
Journal of laparoendoscopic & advanced surgical techniques. Part A   29(3) 392-395   Mar 2019   [Refereed]
Mukai M, Kaji T, Masuya R, Yamada K, Sugita K, Moriguchi T, Onishi S, Yamada W, Kawano T, Machigashira S, Nakame K, Takamatsu H, Ieiri S
Surgery today   48(9) 835-840   Sep 2018   [Refereed]
Baba T, Mukai M, Masuya R, Kawano M, Yano K, Murakami M, Onishi S, Yamada K, Yamada W, Kawano T, Machigashira S, Nakame K, Kaji T, Ieiri S
Pediatric surgery international   35(5) 539-546   Feb 2019   [Refereed]
Onishi S, Kaji T, Yamada W, Nakame K, Machigashira S, Kawano M, Yano K, Harumatsu T, Yamada K, Masuya R, Kawano T, Mukai M, Hamada T, Souda M, Yoshioka T, Tanimoto A, Ieiri S
Peptides   106 59-67   Aug 2018   [Refereed]
Masuya R, Muraji T, Ohtani H, Mukai M, Onishi S, Harumatsu T, Yamada K, Yamada W, Kawano T, Machigashira S, Nakame K, Kaji T, Ieiri S
Pediatric surgery international   35(5) 529-537   Feb 2019   [Refereed]
Machigashira S, Kaji T, Onishi S, Yamada W, Yano K, Yamada K, Masuya R, Kawano T, Nakame K, Mukai M, Ieiri S
Pediatric surgery international   34(2) 203-209   Feb 2018   [Refereed]
Onishi S, Kaji T, Machigashira S, Yamada W, Masuya R, Nakame K, Kawano M, Yano K, Yamada K, Kawano T, Mukai M, Yoshioka T, Tanimoto A, Ieiri S
Journal of pediatric surgery   53(12) 2444-2448   Dec 2018   [Refereed]
Onishi S, Nakame K, Kaji T, Kawano M, Moriguchi T, Sugita K, Yano K, Nomura M, Yamada K, Yamada W, Masuya R, Kawano T, Machigashira S, Mukai M, Ieiri S
Journal of pediatric surgery   52(12) 2001-2005   Dec 2017   [Refereed]
Kaji T, Nakame K, Machigashira S, Kawano T, Masuya R, Yamada W, Yamada K, Onishi S, Moriguchi T, Sugita K, Mukai M, Ieiri S
Surgery today   47(11) 1391-1396   Nov 2017   [Refereed]

Misc

 
胃軸捻転症を並存した遊走脾6例の検討
中目 和彦, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 馬場 徳朗, 大西 峻, 春松 敏夫, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 桝屋 隆太, 町頭 成郎, 向井 基, 加治 建, 家入 里志
日本腹部救急医学会雑誌   39(2) 377-377   Feb 2019
膵分泌性トリプシンインヒビター遺伝子(SPINK1)異常と膵癒合不全を合併した反復性膵炎の1例
川野 正人, 後藤 倫子, 向井 基, 馬場 徳朗, 川野 孝文, 大西 峻, 山田 和歌, 中目 和彦, 加治 建, 家入 里志
日本小児外科学会雑誌   55(1) 110-114   Feb 2019
13歳の女児。9歳時に背部打撲後に腹痛、嘔吐、高アミラーゼ血症を認めたため、鈍的膵損傷と診断し保存的治療を行った。11歳時に、再び腹痛、嘔吐を認め、内視鏡的逆行性胆道膵管造影(ERCP)で完全型膵癒合不全に伴う反復性膵炎と診断された。膵炎はその後も再燃を繰り返したため、13歳時に内視鏡的副乳頭切開術および膵管ステント挿入術を行った。膵炎の反復はその後も消失せず逆に増悪傾向を認め、膵癒合不全以外の膵炎の原因検索を行いserine protease inhibitor、Kazal type 1...
五苓散内服が腸瘻からの便量コントロールに有用であった慢性偽性腸閉塞症の1例
桝屋 隆太, 加治 建, 村上 雅一, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 町頭 成郎, 川野 孝文, 中目 和彦, 向井 基, 家入 里志
日本小児外科学会雑誌   55(1) 198-199   Feb 2019
高吸水性樹脂素材の玩具誤飲により腸閉塞を来した幼児の一例
矢野 圭輔, 川野 孝文, 中目 和彦, 川野 正人, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 向井 基, 加治 建, 家入 里志
日本小児救急医学会雑誌   18(1) 71-75   Feb 2019
症例は1歳女児、4日前から嘔吐あり、その後に腹部膨満が出現した。前医で感染性胃腸炎と麻痺性腸閉塞の診断で経過観察されていたが改善なく、当科に救急搬送された。来院時活気なく、腹部造影CT検査では回腸末端近傍で口側腸管の拡張と肛門側腸管の虚脱を認め、機械的腸閉塞が疑われた。内因性腸閉塞の診断で緊急開腹手術を施行したところ、回盲部から25cm口側の回腸内腔に可動性不良な腫瘤を触知する閉塞部位を認めた。同部位の腸管壁を切開すると異物を認め、消化管異物による腸閉塞と診断した。切開した腸管壁は縫合閉鎖...
【新生児外科疾患の精神・身体発育】 先天性食道閉鎖症
桝屋 隆太, 加治 建, 矢野 圭輔, 大西 峻, 山田 耕嗣, 山田 和歌, 川野 孝文, 町頭 成郎, 中目 和彦, 向井 基, 家入 里志
小児外科   51(1) 42-45   Jan 2019
先天性食道閉鎖症に対し新生児期に手術を行い、15歳以上に至った29例を対象に、身体発育状況(身長、体重、BMI)、晩期合併症、社会的予後、フォローアップ状況を後方視的に評価した。その結果、身長、体重およびBMIが同年齢の日本人の平均より低い傾向にあった。乳児期に5例、幼児期に1例が死亡し、残り23例の晩期合併症は胃食道逆流症が9例(39.1%)で、うち6例に噴門形成術を施行した。また、噴門部狭窄を12例(52.2%)に認め、うち11例にバルーン拡張を行い、うち2例に狭窄部切除端々吻合を追加...