MISC

2019年

女子学生におけるセロリの生および加熱法別嗜好性と料理提案

日本調理科学会大会研究発表要旨集
  • 小出 あつみ
  • ,
  • 間宮 貴代子
  • ,
  • 阪野 朋子
  • ,
  • 松本 貴志子
  • ,
  • 山内 知子
  • ,
  • 山澤 和子

31
0
開始ページ
86
終了ページ
86
記述言語
日本語
掲載種別
DOI
10.11402/ajscs.31.0_86
出版者・発行元
日本調理科学会

<p>【目的】セロリは18世紀中頃からサラダとして食されるようになった。現在は生食だけでなく,シチューなどの香味野菜や炒め物のアクセントとして幅広く利用されている。しかし,セロリは一般的に好まれない傾向がある。本研究では,セロリについて,生および加熱調理法別の嗜好性を明らかにし,好まれるセロリの調理法について検討した。</p><p>【方法】セロリは中央部分を5mm幅に切って試料とした。試料は生と茹で・蒸し・焼き・揚げの各方法で火が通るまで加熱した。官能評価は,N女子大学生27名(平均年齢21.6歳)をパネルとして,5点尺度で色,香り,硬さ,味,歯触り,総合の6項目について分析型官能評価を採点法で,嗜好型官能評価を順位法で行った。データの統計処理は多重比較検定のTukey法とNewell & MacFarlaneで行い,統計的有意水準を5%で示した。さらに官能評価の結果に基づき,好まれるセロリ料理4品を提案した。</p><p>【結果および考察】官能評価の採点法では,生と比較して茹で加熱は有意に色が薄かった。4種類の方法で加熱したセロリは生より有意に軟らかく,味が薄く,歯触りがないと評価された。香りと総合に有意差はなかった。嗜好型分析評価の順位法では,生と比較して茹で加熱の色と硬さが有意に好まれ,茹でと揚げ加熱の味が有意に好まれた。香り,歯触りおよび総合に有意差はなかった。したがって,セロリの色と味を薄くし,歯触りを弱く,硬さを軟らかくする茹で加熱法が,セロリの生および4種類の加熱法において最も好まれることが示された。この結果に基づき,セロリと豆のリボリッタ・鶏手羽元とセロリのトマト煮・夏野菜の冷やし茶わん蒸し・セロリのかき揚げを好まれるセロリ料理として提案した。</p>

リンク情報
DOI
https://doi.org/10.11402/ajscs.31.0_86
CiNii Articles
http://ci.nii.ac.jp/naid/130007695877

エクスポート
BibTeX RIS