大黒達也

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/09 21:51
 
アバター
研究者氏名
大黒達也
 
ダイコク タツヤ
所属
独マックスプランク研究所
学位
医学博士(東京大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2016年12月
 - 
現在
独マックスプランク研究所 Post-doc researcher
 
2016年4月
 - 
2016年11月
英オックスフォード大学 Post-doc researcher
 
2016年4月
 - 
2017年4月
東京大学 Visiting Researcher
 
2012年4月
 - 
2016年3月
The University of Tokyo Graduate school of Medicine Research assistant
 
2013年10月
 - 
2016年3月
Nihon Pharmaceutical University Department of pharmacy Part-time Lecturer
 
2013年4月
 - 
2016年3月
Tokyo College of Medico-pharmacotechnology Pat-time Lecturer
 

受賞

 
2014年8月
認知神経科学会 ポスター賞
 
2013年8月
認知神経科学会 優秀演題賞
 
2015年8月
認知神経科学会 最優秀ポスター賞
 

論文

 
大黒達也
Frontiers in Computational Neuroscience      2018年10月   [査読有り]
大黒達也
Frontiers in Psychology      2018年9月   [査読有り]
湯本真人, 大黒達也
認知神経科学   20(1) 38-43   2018年6月   [査読有り][招待有り]
大黒達也
Brain Sciences   8(6) 114   2018年6月   [査読有り][招待有り]

Misc

 
Articulatory motor cortex contributes to predictive coding during speech perception: a combined TMS and EEG study.
大黒達也, Mottonen Riikka
Speech Motor Control Conference      2017年7月
Cortical oscillations and predictive coding during auditory and audiovidual speech perceptions: a combined TMS and EEG study
大黒達也, Panouilleres M, Mottonen R
Biomagnetic 2017      2017年5月
Masato Yumoto, Tatsuya Daikoku
Clinical Applications of Magnetoencephalography   97-112   2016年1月
© Springer Japan 2016.Magnetoencephalography (MEG) has been used to explore basic auditory function in humans. In this chapter, major streams of clinical MEG studies based on auditory basic function were briefly reviewed according to the stimulati...
大黒達也, 矢冨裕, 湯本真人
日本ヒト脳機能マッピング学会プログラム・抄録集   18th 68   2016年
大黒達也, 湯本真人
日本柔道整復接骨医学会学術大会プログラム・抄録集   24th 129-129   2015年10月

書籍等出版物

 
Clinical Applications of Magnetoencephalography
Masato Yumoto, Tatsuya Daikoku (担当:共著)
2016年3月   ISBN:978-4431557289

講演・口頭発表等

 
Statistical information embedded in the stimulus sequence figures a neuromagnetic probe for human auditory function.
Yumoto Masato, Tatsuya Daikoku, Tomoko Okano, Yutaka Yatomi
Biozabnetic Sendai 2017   2017年5月   
Right hemispheric dominance in concurrent statistical learning of attended and ignored auditory sequences
大黒達也, 湯本真人
Biomagnetic Sendai 2017   2017年5月   
Relative difficulty of auditory statistical learning based on tone transition diversity modulates chunk length in the learning strategy
大黒達也, Okano T, Yumoto M
Biomagnetic Sendai 2017   2017年5月   
The difficulty of auditory statistical learning is reflected in neuromagnetic P1m and N1m responses.
岡野智子,大黒達也,宇川義一,湯本真人
Biomagnetic Sendai 2017   2017年5月   
Domain-general statistical learning reflected in neurophysiological markers
Tatsuya Daikoku
The 45th Japanese Society of Clinical Neurophysiology   2015年11月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
脳内潜在知識システムに基づく西洋音楽史の考察:ヒトの音楽性の進化過程解明に向けて
サントリー文化財団: 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 大黒達也
電子楽譜MXLとMIDIを用いた、ヒトの脳の潜在記憶システムに基づく音楽特徴抽出法の考案
公益財団法人かけはし芸術文化振興財団: 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 大黒達也
音楽聴取に関わる神経生理学的研究
公益財団法人ブレインサイエンス振興財団: 
研究期間: 2018年4月 - 2019年3月    代表者: 大黒達也
Understanding hierarchical models that share machine learning in computer and statistical learning in humans
中山人間科学振興財団: 
研究期間: 2017年8月 - 2019年3月    代表者: 大黒達也
読唇と音声認知による言語統計学習の神経学的評価:失読症の言語機能の解明を目指して
日本学術振興会海外特別研究員: 
研究期間: 2017年 - 2019年    代表者: 大黒達也

特許

 
特願16104284(PAT.P) : METHOD AND APPARATUS FOR ANALYZING CHARACTERISTICS OF MUSIC INFORMATION
大黒達也
特願2017-242127(PAT.P) : 音楽情報の特徴解析方法及びその装置
大黒達也