寺田 賢二郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/06/22 18:13
 
アバター
研究者氏名
寺田 賢二郎
 
テラダ ケンジロウ
eメール
teiirides.tohoku.ac.jp
URL
http://www.cae.civil.tohoku.ac.jp/profile/terada/en/
所属
東北大学
部署
災害科学国際研究所 地域・都市再生研究部門 計算安全工学研究分野
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
1997年4月
東京大学 大学院工学系研究科 船舶海洋工学専攻 助手
 
1997年5月
 - 
1999年6月
東北大学 大学院 情報科学研究科 講師
 
1999年7月
 - 
2012年6月
東北大学 大学院 工学研究科 土木工学専攻 助教授(2007年より准教授に名称変更)
 
2012年7月
 - 
現在
東北大学 災害科学国際研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1996年3月
ミシガン大学 機械工学及び応用力学科 応用力学専攻
 
 
 - 
1990年3月
名古屋大学 工学部 土木工学
 

受賞

 
2007年11月
日本機械学会・計算力学部門 日本機械学会・計算力学部門 業績賞 計算力学部門における業績が認められた
 
2007年5月
日本計算工学会 計算工学会論文賞 日本計算工学会論文集に投稿された論文「多重被覆モデリングによる有限被覆法 -非均質脆性材料の不連続面進展解析-」日本計算工学会論文賞に値すると認められた
受賞者: 車谷麻緒,寺田賢二郎
 
2003年5月
日本計算工学会 日本計算工学会論文賞 日本計算工学会論文集に掲載された論文「Kinematically correct formulation for two-scale finite deformation problems, Transaction of JSCES, Vol. 2, 53-62, 2000」が日本計算工学会論文賞に値すると認められた
受賞者: 寺田賢二郎, 斉木功, 松井和己
 

論文

 
寺田賢二郎,弓削康平,菊池 昇
日本機械学会論文集(A編)   61(590) 2199-2205   1995年   [査読有り]
寺田賢二郎,弓削康平,菊池 昇
日本機械学会論文集(A編)   62(601) 2072-2079   1996年   [査読有り]
Kenjiro TERADA, Noboru KUKUCHI
Materials Science Research International   2(2) 65-72   1996年   [査読有り]
Kenjiro TERADA, Noboru KUKUCHI
Materials Science Research International   2(2) 73-80   1996年   [査読有り]
Dariusz GOLANSKI, Kenjiro TERADA, Noboru KIKUCHI
Computational Mechanics   19(3) 188-202   1997年   [査読有り]

Misc

 
非線形CAEの研究動向と材料モデリング
寺田賢二郎
Mech D&A News   2010(1) 1-7   2010年
17. エンジニア向け理論教育 CAEユニバーシティ力学系講座が目指すもの
寺田賢二郎, 平山紀夫
CYBERNET NEWS   (131) 22-23   2010年
数値材料試験による異方性非線形材料特性の算出~ その2:繊維強化プラスチックのマルチスケール解析 ~
寺田賢二郎, 平山紀夫
CAEのあるものづくり   11 10-13   2009年
数値材料試験による異方性非線形材料特性の算出~数値材料試験用入力データの計測手順とデータ解析~
平山紀夫,寺田賢二郎
CAEのあるものづくり   10-12   2008年2月
寺田賢二郎
塑性と加工(日本塑性加工学会誌)   39(564) 13-18   2008年1月

書籍等出版物

 
非線形有限要素法:弾塑性解析の理論と実践
寺田賢二郎 (担当:監修)
森北出版株式会社   2012年6月   ISBN:978-4-627-92021
金属材料の加工と組織
寺田賢二郎, 中山 栄浩 (担当:編者, 範囲:全206ページ中,第1章「材料のマクロな変形挙動」(pp.1-35))
共立出版   2010年3月   
森永正彦・古原 忠・戸田裕之 編
いまさら聞けない計算力学の常識
寺田賢二郎,西村直志,阿部和久,樫山和男,車谷麻緒,渡辺育夢,富山 潤,岡澤重信 (担当:共著, 範囲:第1話1頁~16頁,第2話17頁~29頁,第3話31頁~50頁, 第4話41頁~153頁)
丸善   2008年11月   ISBN:978-4-621-08022-1
計算力学ハンドブック
寺田賢二郎
朝倉書店   2007年6月   ISBN:978-4-254-23112-0
竹内則雄,樫山和男,寺田賢二郎,計算力学 ―有限要素法の基礎―
竹内則雄, 樫山和男, 寺田賢二郎 (担当:共著)
2003年9月   

講演・口頭発表等

 
Finite Cover Method for Physically and Geometrically Nonlinear Problems
Second International Workshop Meshfree Methods for Partial Differential Equations   2003年9月15日   

競争的資金等の研究課題

 
災害リスク評価のためのマルチステージ破壊シミュレーション手法の開発
科学研究費補助金
研究期間: 2016年4月 - 現在
マルチスケールCAEソフトウェアの開発
その他の研究制度
研究期間: 2006年4月 - 現在
地震負荷履歴を受けた鋼構造物の残留強度評価のための二重損傷モデル
委託研究
研究期間: 2016年4月 - 現在
遡上津波と構造物の相互作用評価のためのマルチスケール数値実験
科学研究費補助金
研究期間: 2013年4月 - 現在
微視的構造不安定化に伴う巨視的破壊挙動の解析法に関する研究
その他の研究制度
研究期間: 2000年4月 - 現在

特許

 
2009-134976 : 気液2相流解析方法
原田 岳, 藤内 誠, 寺田賢二郎, 進藤和弥
2007-122242 : 均質化法を用いる構造解析方法,均質化法を用いる構造解析装置 及び均質化法を用いる構造解析プログラム
原田 岳, 藤内 誠, 寺田賢二郎, 山田真幸, 脇坂洋平
2004-348691 : 連続的材料分布を用いた位相最適化手法
石井惠三,松井和己,寺田賢二郎,西脇眞二

その他

 
2006年4月   ゴム材料のマルチスケールCAEシステムの開発
ゴム材料の微視的構造を考慮してその巨視的力学特性を把握するための数値最良試験の実施方法の開発とシステム化
2005年4月   ブレーキ鳴き現象におけるアセンブリ部材接合部の微視的力学挙動の影響評価
ブレーキアセンブリーの接合部における表面の凹凸(アスペリティ)の数値モデルに対して数値実験を行い、その非線形・非弾性変形挙動を特徴付けることによりブレーキ鳴きのメカニズムを解明する。
2004年4月   大規模積層体における均質化数値解析技術の開発
1方向周期性を有する大規模積層構造物に対して,均質化理論を拡張した理論を構築し,対応する数値解析技術を開発する.具体的には,燃料電池のセルスタック構造を対象として,精度検証を行うとともに,手法の有効性を確認する.
2004年4月   均質化法を用いた多孔質セラミックス材料の特性評価法
多孔質セラミックス材料を奮迅フィルターに用いる事を前提に、その微視的幾何性状が巨視的透過特性とフィルター性能に及ぼす影響を調査する。
2003年4月   ミクロ組織がマクロ材料特性の異方性に及ぼす影響に関する研究
塑性加工時のミクロ組織形態の変化とそのマクロ機械特性の異方性に及ぼす影響に関する研究