MIYAZAKI Tensho

J-GLOBAL         Last updated: May 19, 2019 at 12:59
 
Avatar
Name
MIYAZAKI Tensho

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Sep 2011
 - 
Sep 2014
Visiting Fellow, Ho Center for Buddhist Studies, Stanford University
 

Published Papers

 
Relationship among the Ulaanbaatar Kangyur Manuscript and the other Them spangs ma Kangyur Manuscripts: The Case of the Tibetan Version of the *Ajātaśatrukaukṛtyavinodana
MIYAZAKI Tensho
(62) 55-64   Mar 2017   [Refereed]
MIYAZAKI Tenshō
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)   65(1) 492-488   Dec 2016   [Refereed]
<p>The Puchao sanmei jing 普超三昧経 (PSJ) is one of the extant Chinese translations of the *Ajātaśatrukaukṛtryavinodana. By investigating variant readings in the PSJ, this paper aims to clarify the relationship among the fo...
MIYAZAKI Tensho
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)   64(3) 1171-1177   2016   [Refereed]
<不退転法輪経><勝思惟梵天所問経><文殊仏国土功徳荘厳経><阿闍世王経>の4点の文殊系経典には,他仏国土における行よりもサハー(娑婆)世界における行の方が短期間でより多くの功徳を得ることができる,とする類型的記述が共有される.それらの構造について明らかにし,他の典籍における類例との比較を試みた.上述の類型的記述については,梶山氏が論じたところの,多くの大乗経典に確認できる「神変の記述」の一部分を形成している.一方,管見の限り,上記のような類型的記述は上掲の4経典に限られるようなので,これ...
The Śārdūla-karṇāvadāna from Central Asia
Tensho Miyazaki, Jundo Nagashima, Tatsushi Tamai, and Zhou Liqun
The St. Petersburg Sanskrit Fragments   1 1-84   Mar 2015
宮崎 展昌
東方学   119 179-164   Jan 2010   [Refereed]
MIYAZAKI Tensho
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)   58(3) 1192-1197   Mar 2010   [Refereed]
高崎[1988]は,『宝性論』にみられる「非如理作意を因とする煩悩生起説」が『陀羅尼自在王経』(DhR)『虚空蔵所問経』『無尽意経』『智光明荘厳経』『菩薩蔵経』などの大乗経典に典拠を求めうること明らかにした.さらに,佐々木[1991]は『宝性論』の煩悩生起説を2種類に大別し,それぞれの起源が説一切有部の論書とアーガマにまでさかのぼるものであることを明らかにした.本稿では,上記の先行研究にもとづいて調査した結果,同様の説が従来指摘されていない大乗経典に確認できたことを報告する.また,既に先行...
宮崎 展昌
Journal of Buddhist studies   (51) 23-43   Dec 2009   [Refereed]
MIYAZAKI Tensho
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)   57(3) 1215-1219   Mar 2009   [Refereed]
本稿では,『阿闍世王経』(Ajatasatrukaukryavinodanasutra)の第11章末尾から第12章冒頭にかけての部分と『阿闍世王授決經』(大正No.509.以下『授決經』と略称)末尾部分の間において,類似した叙述が見られることを報告するとともに,両経の当該部分をめぐる編纂事情について考察した.両経の間で共通した記述とは,具体的には「阿闍世王とその王太子への授記」に関するものであり,固有名詞や数詞が一致あるいは類似していることから両経の間に編纂上の関わりがあったことは疑いない...
MIYAZAKI Tensho
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)   56(3) 1110-1113   2008   [Refereed]
『阿闍世王経』は,第3章に相当する『放鉢經』(T629)が現存することから,諸先行研究では第3章は元来は独立していたテキストと考えられたきたが,その他の章節をめぐる編纂事情についてはこれまで明らかにされてこなかった.本稿で筆者は『阿闍世王経』第4章に注目し,以下の3点から第4章が元来は独立したテキストか否かについて検討を試みた.第一に,第4章の内容と前後の章節との文脈について検討した.第4章の内容は単独で完結しており,文脈についても前後の章節とは明確な連続性は見られない.次に,第4章の登場...
MIYAZAKI Tensho
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu)   55(3) 1101-1105   2007   [Refereed]
デンカルマとパンタンマの両チベット古経録の間には,『阿闍世王経』 (AjKV) に関する記述に大きな相違がある. すなわち, デンカルマでは中国より翻訳された経典とされているのに対して, パンタンマではインド語より翻訳された経典と記述されている. そこでいずれの経録の記述がより信頼できるものかを, 以下の3つの視点から調査した.<br>まず, チベット語訳 AjKV のコロフォンに記載された2人の学者については, 漢文蔵訳に携わった形跡は見当たらなかった. 次に,AjKV に関する漢訳資料...

Misc

 
Review: The Sutra That Expounds the Descent of Maitreya Buddha and His Enlightenment and The Sutra of Mañjuśrī’s Questions
MIYAZAKI Tensho
MAHĀPIṬAKA, Newsletter New Series   24 2-4   Jan 2019   [Invited]
Review: Sutra on the Concentration of Sitting Meditation
MIYAZAKI Tensho
Mahāpiṭaka, Newsletter New Series   17 2-4   Jan 2012   [Invited]

Conference Activities & Talks

 
Tensho MIYAZAKI and Kiyonori NAGASAKI
TRIPITAKA FOR THE FUTURE: Envisioning the Buddhist Canon in the Digital Age   Nov 2018   
Relations among Old Japanese Manuscripts of Buddhist Scriptures and Woodblock-Printed Buddhist Canons: With Reference to the Puchao Sanmei Jing 普超三昧経
MIYAZAKI Tensho
XVIIIth Congress of the International Association of Buddhist Studies   Aug 2017   
The Ajātaśatru-kaukṛtyavinodana of the Mustang Group Kangyurs
MIYAZAKI Tensho
XVIIth Congress of the International Association of Buddhist Studies   Aug 2014   
The Ulaanbaatar Manuscript of the Ajātaśatrukaukṛtyavinodana
MIYAZAKI Tensho
XIIIth Seminar of the International Association of Tibetan Studies   Jul 2013   
The Process of Compilation of the Ajātaśatrukaukṛtyavinodanasūtra
MIYAZAKI Tensho
XVIth Congress of the International Association of Buddhist Studie   Jun 2011