TERADA Tsutomu

J-GLOBAL         Last updated: Sep 14, 2019 at 02:50
 
Avatar
Name
TERADA Tsutomu
Affiliation
Kobe University
Section
Graduate School of Engineering Department of Electrical and Electronic Engineering
Job title
Professor
Degree
Ph.D. in Engineering(Osaka University)
Twitter ID
teradatsutomu

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Oct 2007
 - 
Today
Associate Professor, Department of Electrical and Electronic Engineering, Graduate School of Engineering, Kobe University
 
Jan 2004
 - 
Sep 2007
Lecturer, Cybermedia Center, Osaka University
 
Jun 2000
 - 
Dec 2003
Assistant Professor, Cybermedia Center, Osaka University
 

Awards & Honors

 
Nov 2018
Evaluation of Input using Wrinkles on Clothes, Best Paper, The 16th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2018)
Winner: UEDA Kentaro, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
 
Sep 2018
ウェアラブルセンサを用いたジェスチャ中の任意動作発生タイミング検出手法, 優秀論文賞, 情報処理学会第59回ユビキタスコンピューティングシステム研究会
Winner: 山田 浩史, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
 
Jul 2018
Mimebot: spherical robot visually imitating a rolling sphere, Highly Commended in the 2018 Emerald Literati Awards, International Journal of Pervasive Computing and Communications
Winner: TSUCHIDA shuhei, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
 
Jul 2018
ペンの筆圧・傾き推定のためのペングリップ型デバイスの設計と実装, 優秀論文賞, 情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2018) 論文集
Winner: 近藤 杏祐, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
 
Jun 2018
Comparative Evaluation of Priming Effects on HMDs and Smartphones with Photo Taking Behaviors, Best Paper Awards, The 2nd International Conference on Cognitive Computing (ICCC 2018)
Winner: ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
 

Published Papers

 
A Posture and Gesture Recognition Method using Foot Pressure Sensors
OHNISHI Ayumi, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
Journal of Information Processing   27    Apr 2019   [Refereed]
Evaluation on a Context Recognition Method Using Temperature Sensors in the Nostrils
KODAMA Ryosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
Molecular Diversity Preservation International (MDPI)   19 1528--1539   Mar 2019   [Refereed]
ウェアラブルセンサを用いたジェスチャ中の特定動作発生タイミング推定手法
村尾 和哉, 山田 浩史, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
インタラクション   11--19   Mar 2019   [Refereed]
拡張現実感を用いた歩行誘導における適切な表示方法の検討
櫻木 大和, ISOYAMA NAOYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
インタラクション      Mar 2019
自己表情が他者からフィードバックされるシステムによる会話中の笑顔促進効果の調査
堀江 彩太, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
インタラクション      Mar 2019
授乳中のスマートフォン操作の有無による母親と乳児の体勢データの比較
中川 遼, 大西 鮎美, 吉田 さちね, TERADA TSUTOMU, 船戸 弘正, TSUKAMOTO MASAHIKO
インタラクション      Mar 2019
日常生活時におけるHMDの揺れを考慮したフォントの可読性・可視性に関する実機評価
松浦 裕久, TERADA TSUTOMU, 青木 友裕, 園田 晋, ISOYAMA NAOYA, TSUKAMOTO MASAHIKO
インタラクション      Mar 2019
標的車両乗り遅れ防止のための車両時刻表改変手法
双見 京介, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
インタラクション   30--37   Mar 2019   [Refereed]
Input Interface Using Wrinkles on Clothes for Wearable Computing
UEDA Kentaro, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
Journal of Information Processing   27 96--105   Feb 2019   [Refereed]
A Method for Structuring Meeting Logs using Wearable Sensors
OHNISHI Ayumi, MURAO Kazua, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
Internet of Things   5 140--152   Jan 2019   [Refereed]
LEDを用いたエンタテインメントシステムにおける故障による違和感の定量化
久保田 倉平, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   4   Dec 2018
Passerby Crowdsourcing: Workers' Behavior and Data Quality Management
IWAMOTO Eiichi, MATSUBARA Masaki, OTA Chihiro, NAKAMURA Satoshi, TERADA Tsutomu, KITAGAWA Hiroyuki, MORISHIMA Atsuyuki
ACM UbiComp2019/ Proc. of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies (IMWUT)   2 169:1--169:20   Dec 2018   [Refereed]
アンダーパンツ型デバイスを用いたライフログシステムの提案
恵村 健太郎, ISOYAMA NAOYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   5   Dec 2018
ウェアラブルカメラを用いた自己表情認識手法
青木 啓晃, ISOYAMA NAOYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   22   Dec 2018
ウェアラブルセンサを用いた頭皮水分量認識手法
毛 昊珉, ISOYAMA NAOYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   19   Dec 2018
ストレッチセンサを備えたサポータを用いた膝の屈曲状態のセンシング手法の提案と実装
桐野江 高太, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   46   Dec 2018
ブックカバー型デバイスを用いた読書位置推定手法
江口 綾亮, ISOYAMA NAOYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   3   Dec 2018
プロジェクションマッピングによる読書体験の拡張
岡 大貴, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   26   Dec 2018
ホールセンサによる回転認識デバイスを用いたルービックキューブの練習支援アプリケーションの実装
東南 颯, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   2   Dec 2018
ランニング時の足圧バランス矯正のための足圧に応じた音声フィードバック手法
西山 勲, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   40   Dec 2018
「提示系心理情報学の確立」プロジェクトについて
TERADA TSUTOMU
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   53   Dec 2018
衣服のシワを用いた入力インタフェースにおける装着位置や周辺環境の影響評価
上田 健太郎, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会UBI研究会   2018-HCI-180/2018-UBI-60(16) 1--8   Dec 2018
衣服の変形による触覚フィードバック手法の提案
上田 健太郎, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   27   Dec 2018
加速度センサ内蔵シャワーヘッドを用いた浴室におけるライフログシステムの提案
西垣 佑介, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   8   Dec 2018
現実世界での歩行誘導における既存手法と拡張現実感を用いた手法との比較評価
櫻木 大和, ISOYAMA NAOYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   31   Dec 2018
視線移動軌跡による視力判別に基づく情報提供を行うデジタルサイネージシステムの提案
濱本 昂, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   28   Dec 2018
自己表情が他者からフィードバックされるシステムによるコミュニケーション変化の調査
堀江 彩太, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   25   Dec 2018
場の雰囲気フィードバックのための状況内評価と自己申告評価の関係調査
近藤 杏祐, 大西 鮎美, 加藤 浩, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   11   Dec 2018
人間と二次元キャラクタとの体格差を考慮した動作模倣のための学習支援システムの設計
田中 大賀, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   41   Dec 2018
選択行動の多様性を向上させるライフログ向け情報提示手法の提案
清水 友順, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   30   Dec 2018
中川 遼, 大西鮎美, 吉田さちね, 寺田 努, 船戸弘正, 塚本昌彦
中川 遼, 大西 鮎美, 吉田 さちね, TERADA TSUTOMU, 船戸 弘正, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   7   Dec 2018
特定の場所のみで理解可能な音声を生成するための音声分割方法の提案
吉川 裕木子, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   38   Dec 2018
日常動作から生じるHMDの揺れを考慮したフォントの可読性・可視性の実機評価
松浦 裕久, TERADA TSUTOMU, 青木 友裕, 園田 晋, ISOYAMA NAOYA, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   21   Dec 2018
鼻腔温度を用いた入力インタフェースの実装と評価
小玉 亮輔, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   20   Dec 2018
複数のストレッチセンサを用いた残呼気量推定手法
松井 勇介, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   44   Dec 2018
偏咀嚼防止システムのための咀嚼状況フィードバック手法の検討
正月 凌介, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   33   Dec 2018
無電源センシングシューズを用いた歩行推定のための発電量と歩行状態の関係調査
大西 鮎美, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2018) 論文集   24   Dec 2018
A method for prevention of missing a target vehicle by using a vehicle timetable with fiction of vehicle departure time intervals
FUTAMI Kyosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
the 16th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2018)   113--117   Nov 2018   [Refereed]
Evaluation of Input using Wrinkles on Clothes
UEDA Kentaro, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 16th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia (MoMM 2018)   66--75   Nov 2018   [Refereed]
A Context Recognition Method Using Temperature Sensors in the Nostrils
KODAMA Ryosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
International Symposium on Wearable Computers (ISWC)   220-221   Oct 2018   [Refereed]
Improving ultrasound-based gesture recognition using a partially shieldedsingle microphone
WATANABE Hiroki, TERADA Tsutomu
International Symposium on Wearable Computers (ISWC)   9--16   Oct 2018   [Refereed]
A Meeting Log Structuring System Using Wearable Sensors
OHNISHI Ayumi, MURAO Kazuya Murao, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 7th International Workshop on Advances in Data Engineering and Mobile Computing (DEMoC-2018)   841-852   Sep 2018   [Refereed]
ウェアラブルセンサを用いたジェスチャ中の任意動作発生タイミング検出手法
山田 浩史, 村尾 和哉, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会UBI研究会   2018-UBI-59(7) 1--8   Sep 2018
遍在する顔ロボットによる注意誘導システム
江口 綾亮, ISOYAMA NAOYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
日本ソフトウェア科学会 インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2018)      Sep 2018   [Refereed]
赤外線センサを用いたアイマスク型デバイスによる睡眠状態認識手法
松井 駿, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会論文誌   59(8) 1477--1484   Aug 2018   [Refereed]
Innovative larynx elevation counter during saliva swallowing using a series of flexible stretchable strain sensors
YAMAMOTO AKIO, NAKAMOTO HIROYUKI, Terada Tsutomu, Ishikawa Akira
IEEE Engineering in Medicine and Biology Society      Jul 2018   [Refereed]
Laryngeal Elevation Detection for Mendelsohn Maneuver by Stretchable Strain Sensors
Yuki KATSUNO, Hiroyuki NAKAMOTO, Akio YAMAMOTO, Yusuke BESSHO, Tsutomu TERADA, Akira ISHIKAWA
2018 40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society      Jul 2018   [Refereed]
ペンの筆圧・傾き推定のためのペングリップ型デバイスの設計と実装
近藤 杏祐, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2018) 論文集   1235-1243   Jul 2018
拡張現実感を用いたテクスチャ変更による人物行動制御手法の提案と評価
櫻木 大和, ISOYAMA NAOYA, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2018) 論文集   100--107   Jul 2018
筋電センサを用いたふきんの絞り方の評価
大西 鮎美, 浦田 由希, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2018) 論文集   804--811   Jul 2018
自閉スペクトラム症者へのコミュニケーション支援に向けた他者表情提示システムの検討
堀江 彩太, 大西 鮎美, 和田 真, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2018) 論文集   1463--1472   Jul 2018
授乳時における母親のスマートフォン操作と乳児のぐずりの関係調査
中川 遼, 大西 鮎美, 吉田 さちね, TERADA TSUTOMU, 塚本 昌彦:
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2018) 論文集   330-337   Jul 2018
日常動作から生じるHMDの揺れを再現したシミュレータによるフォントの可読性評価
松浦 裕久, TERADA TSUTOMU, 青木 友裕, 園田 晋, 礒山 直也, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2018) 論文集   152--159   Jul 2018
Comparative Evaluation of Priming Effects on HMDs and Smartphones with Photo Taking Behaviors
ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 2nd International Conference on Cognitive Computing (ICCC 2018)   71–85   Jun 2018   [Refereed]
センサを用いた偏咀嚼防止及び咀嚼回数促進の検討
正月 凌介, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会HCI研究会   (2019) 1--6   Jun 2018
ホールセンサを用いたルービックキューブの回転認識デバイス
東南 颯, TERADA TSUTOMU, TSUKAMOTO MASAHIKO
情報処理学会HCI研究会   178 1-7   Jun 2018
センシング技術を用いた人と植物とのインタラクション促進システム
KAKU Nei, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
情報処理学会研究報告   2018-EC-47(4) 1-8   Mar 2018
単語間の意味的類似度を用いた数字語呂自動生成システムの実装と評価,
HAKAMATA Haruka, ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
情報処理学会研究報告   2018-EC-47(5) 1-8   Mar 2018
鼻腔内の温度計測に基づく状況認識手法
KODAMA Ryosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
インタラクション2018 論文集   55-61   Mar 2018   [Refereed]
筆圧・傾き推定のためのペングリップ型デバイスの提案と実装
KONDO Kyosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
インタラクション2018 論文集   345-346   Mar 2018
A Motion Recognition Method Using Foot Pressure Sensors
OHNISHI Ayumi, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 9th Augmented Human Conference (AH 2018)   10:1-10:8   Feb 2018   [Refereed]
An Eyeglass to Present Information to a User and Others Separately by LED Blinking
MIKI Takahiro, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE2018)   203-209   Feb 2018   [Refereed]
A System for Training Stuffed-Suits Posing without Suit
NAKAYAMA Ryo, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE2018)   183-200   Feb 2018   [Refereed]
Improving Ultrasound-based Gesture Recognition by Partially Shielded Microphone
WATANABE Hiroki, TERADA Tsutomu
The 9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE2018)   223-229   Feb 2018   [Refereed]
シート状ストレッチセンサを用いた反復唾液嚥下試験における嚥下回数検出の試み- 若年健常者における検討-
山本 暁生, 中本 裕之, 梅原 健, 別所 侑亮, 花家 薫, 山口 卓巳, 岩田 優助, TERADA Tsutomu, 石川 朗
第41 回日本嚥下医学界学術講演会      Feb 2018
メガネ型デバイスを用いた経皮水分蒸散量の常時測定システム
TANAKA Kohei, TERADA Tsutomu, UYAMA Ayaka, SUGINO Tetsuzo, TSUKAMOTO Masahiko
情報処理学会研究報告   2018-UBI-57(35) 1-7   Feb 2018
休憩時間の過ごし方が作業パフォーマンスに及ぼす影響の調査
MIKI Takahiro, TERADA Tsutomu, 前田 俊幸, 唐澤 鵬翔, 安達 淳, TSUKAMOTO Masahiko
情報処理学会研究報告   2018-UBI-57(3) 1-8   Feb 2018
頸部周径変化に基づく嚥下判定手法
YAMANAKA Yusei, TERADA Tsutomu, 別所 侑亮, 米澤 昌弥, 山本 暁生, 石川 朗, TSUKAMOTO Masahiko
情報処理学会研究報告   2018-UBI-57(2) 1-7   Feb 2018
A Method for Determining the Moment of Touching a Card using Wrist-worn Sensor in Competitive Karuta
YAMADA Hiroshi, MURAO Kazuya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
Journal of Information Processing   26(1) 38-47   Jan 2018   [Refereed]
フレーズ内在化のための学習フェーズ分離による打楽器学習支援手法,
KANKE Hiroyuki, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
情報処理学会論文誌   59(1) 236-245   Jan 2018   [Refereed]
Hiroshi Yamada,Kazuya Murao,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
JIP   26 38-47   2018   [Refereed]
Ayumi Ohnishi,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Proceedings of the 9th Augmented Human International Conference, AH 2018, Seoul, Republic of Korea, February 7-9, 2018   10:1-10:8   2018   [Refereed]
Takahiro Miki,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Mobile Computing, Applications, and Services - 9th International Conference, MobiCASE 2018, Osaka, Japan, February 28 - March 2, 2018, Proceedings   203-209   2018   [Refereed]
Naoya Isoyama,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Cognitive Computing - ICCC 2018 - Second International Conference, Held as Part of the Services Conference Federation, SCF 2018, Seattle, WA, USA, June 25-30, 2018, Proceedings   71-85   2018   [Refereed]
Hiroki Watanabe,Tsutomu Terada
Mobile Computing, Applications, and Services - 9th International Conference, MobiCASE 2018, Osaka, Japan, February 28 - March 2, 2018, Proceedings   223-229   2018   [Refereed]
AR 技術を用いたテクスチャ変更による人物行動制御方式
SAKURAGI Yamato, ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   37   Dec 2017
ウェアラブルデバイスを用いたヘアケア支援システム
MAO Haomin, ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   2   Dec 2017
データ改変の伴う車両時刻表を用いた乗り遅れ防止のための自制能力支援手法
FUTAMI Kyosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   27   Dec 2017
ペンの把持力・せん断力測定による筆記状態推定
KONDO Kyosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   5   Dec 2017
ホールセンサを用いたルービックキューブの回転認識デバイスの実装
TONAN Hayate, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   6   Dec 2017
メガネ型デバイスを用いた経皮水分蒸散量の常時測定システム
TANAKA Kohei, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   4   Dec 2017
モーションキャプチャを用いた着ぐるみポージング練習システムの評価
NAKAYAMA Ryo, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   9   Dec 2017
「一見」複雑な状態変容を引き起こすシンプルな情報提示の設計方針
TERADA Tsutomu
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   45   Dec 2017
学習ジェスチャ間の類似性に基づく正解ジェスチャ範囲決定手法
IZUTA Ryo, MURAO Kazuya, TERADA Tsutomu, ISO Toshiki, INAMURA Hiroshi, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   17   Dec 2017
休憩時間の過ごし方が作業パフォーマンスに及ぼす影響の調査に向けて
MIKI Takahiro, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   32   Dec 2017
筋電位センサを用いた偏咀嚼防止及び咀嚼回数促進システムの提案
SHOGETSU Ryosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   34   Dec 2017
口周辺情報のセンシングに基づく状況認識
YAMASHITA Syohei, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   36   Dec 2017
授乳中の母親のスマートフォン操作と乳児のぐずりの関係調査
NAKAGAWA Haruka, OHNISHI Ayumi, YOSHIDA Sachine, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   31   Dec 2017
情報提示を用いた主観時間制御におけるウェアラブルデバイスの比較検討
SHIMIZU Tomoyuki, FUTAMI Kyosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   40   Dec 2017
人と植物のインタラクション促進システムにおける植物の擬似感情に関する評価
KAKU Nei, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   7   Dec 2017
赤外線フォトリフレクタを用いた眼球運動計測による睡眠深度の推定
MATSUI Shun, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   1   Dec 2017
装着位置および姿勢による衣服のシワを用いた入力方法の性能評価
UEDA Kentaro, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   15   Dec 2017
装着型センサを用いた読み聞かせ時の興味推定手法の評価
OHNISHI Ayumi, HAMA Yasuichi, SAITO Kaoru, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   13   Dec 2017
足圧バランス矯正のための音声フィードバック方法の検討
NISHIYAMA Isao, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   10   Dec 2017
他者表情提示システムによる自閉スペクトラム症者のコミュニケーション支援
HORIE Ayata, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   16   Dec 2017
単語間の意味的類似度を用いた数字語呂自動生成システム
HAKAMATA Haruka, ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   12   Dec 2017
二次元キャラクタと人間のポージング類似性判断基準の評価
TANAKA Taiga, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   8   Dec 2017
日常動作におけるHMD の揺れを再現したシミュレーションアプリの設計と実装
MATSUURA Yuki, ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   11   Dec 2017
鼻腔情報に基づく状況認識システムの実装と評価
KODAMA Ryosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   3   Dec 2017
部屋内に設置した複数の顔ロボットによる注意誘導効果
EGUCHI Ryosuke, ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   39   Dec 2017

Misc

 
HE Ning, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会研究報告(Web)   2018(EC-47) Vol.2018‐EC‐47,No.4,1‐8 (WEB O   Mar 2018
袴田はるか, 磯山直也, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会研究報告(Web)   2018(EC-47) Vol.2018‐EC‐47,No.5,1‐8 (WEB O   Mar 2018
Can wearable devices make people happy?
TERADA Tsutomu
TEDxYouth at Namba      Mar 2018
Wearable Sensing Applications and Information Feedbacks
TERADA Tsutomu
The 6th AsianWorkshop on Smart Senso rand Systems      Mar 2018
田中洸平, 寺田努, 寺田努, 宇山彩香, 杉野哲造, 塚本昌彦
電子情報通信学会技術研究報告   117(451(ASN217 116-121)) 213‐219   Feb 2018

Books etc

 
パーソナル・ヘルスケア
TERADA Tsutomu (Part:Joint Work)
株式会社エヌ・ティー・エス   Oct 2013   
Handbook on Mobile Ad Hoc and Pervasive Communications
TERADA Tsutomu (Part:Joint Work)
CRC Press   Mar 2012   
O Control Device for Constructing Ubiquitous Computing Environ-ment,
TERADA Tsutomu (Part:Joint Work)
CRC Press   2011   
Toward Construction of Wearable Sensing Environments
MURAO KAZUYA, TERADA TSUTOMU, NISHIO SHOJIRO
Springer-Verlag   Jun 2010   
Toward Construction of Wearable Sensing Environments,
MURAO Kazuya, TERADA Tsutomu, NISHIO Shojiro (Part:Joint Work)
Springer-Verlag   2010   

Conference Activities & Talks

 
Augmented Human in 2029
TERADA Tsutomu
10th Augmented Human International Conference   Mar 2019   
ウェアラブル・ユビキタスセンシングとその応用
TERADA TSUTOMU
2019 年電子情報通信学会総合大会IoT/AI を活用したスマートメンテナンス   Mar 2019   
ウェアラブルセンシングとその応用
TERADA TSUTOMU
第31回MEMS講習会・ORIST技術セミナー「MEMS技術を利用した地域活性化」   Feb 2019   
ウェアラブルによる生活支援の現状と展望
TERADA TSUTOMU
小児がんAI・IoTシンポジウムin東京   Jan 2019   
ルミナリエ、今年も「光る募金箱」 学生らが製作
TSUKAMOTO MASAHIKO, TERADA TSUTOMU
神戸新聞   Dec 2018   

Teaching Experience

 

Research Grants & Projects

 
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
Project Year: 2011 - 2013    Investigator(s): Nobuo KAWAGUCHI
We held HASC Challenge that is a technical challenge for human activity sensing data collection continuously. Additionally, we organized indoor pedestrian sensing corpus with a balance of gender and age for indoor positioning and floor-plan genera...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
Project Year: 2008 - 2009    Investigator(s): Tsutomu TERADA
In order to use wearable computing system practically, the system needs to continue information presentation even when accidentalproblems happen such as hungup of the main computer. We propose a mechanism that maintains information presentation in...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
Project Year: 2008 - 2011    Investigator(s): Masahiko TSUKAMOTO
Aiming at realizing "group" computing achieved by a lot of ubiquitous devices distributed in ubiquitous computing environments. We established methods which perform macro-programming for hundreds to thousands of devices as a whole. Further, we dev...
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(A))
Project Year: 2005 - 2008    Investigator(s): Shojiro NISHIO
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology: Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))
Project Year: 2003 - 2006    Investigator(s): Takefumi OGAWA
In large-scale networked virtual environments, excessive load on the server occurs due to an increase of clients. In order to reduce the server load, we proposed a broadcast-based cyberspace.First, we assumed an environment where a large volume of...