寺田 努

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/04 05:11
 
アバター
つながるコンテンツへ
研究者氏名
寺田 努
 
テラダ ツトム
URL
http://ubi.eedept.kobe-u.ac.jp/
所属
神戸大学
部署
大学院工学研究科 電気電子工学専攻
職名
教授
学位
修士(工学)(大阪大学), 博士(工学)(大阪大学)
Twitter ID
teradatsutomu

プロフィール

1997年大阪大学工学部情報システム工学科卒業.1999年同大学院工学研究科博士前期課程修了.2000年同大学院工学研究科博士後期課程退学.同年より大阪大学サイバーメディアセンター助手.2005年より同講師.2007年神戸大学大学院工学研究科准教授.2018年より同教授.現在に至る.2002年より大阪大学院情報科学研究科マルチメディア工学専攻助手,2005年より同講師,2007年より同准教授を併任.2004年より特定非営利活動法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構理事,2005年には同機構事務局長を兼務.2002年にはNECインターネットシステム研究所客員研究員,2004年には英国ランカスター大学客員研究員,2005年には三菱電機先端技術総合研究所嘱託研究員,2006年IPA未踏クリエータ,2007年ATR客員研究員,2010年よりJSTさきがけ研究員を兼務.博士(工学).ウェアラブルコンピューティング,ユビキタスコンピューティング,エンタテインメントコンピューティングの研究に従事.IEEE,ACM,情報処理学会,電子情報通信学会,日本データベース学会,ヒューマンインタフェース学会,芸術科学会の各会員.

経歴

 
2007年10月
 - 
現在
神戸大学 大学院工学研究科電気電子工学専攻 准教授
 
2004年1月
 - 
2007年9月
大阪大学 サイバーメディアセンター 講師
 
2000年6月
 - 
2003年12月
大阪大学 サイバーメディアセンター 助手
 

受賞

 
2018年3月
日本データベース学会 第4 回若手功績賞 データベースコミュニティへの貢献
 
2018年2月
情報処理学会第57 回ユビキタスコンピューティングシステム研究会 学生奨励賞 休憩時間の過ごし方が作業パフォーマンスに及ぼす影響の調査
受賞者: 三木 隆裕, 寺田 努, 前田 俊幸, 唐澤 鵬翔, 安達 淳, 塚本 昌彦
 
2017年11月
情報処理学会 国際会議発表奨励賞 赤外線フォトリフレクタを用いた眼球運動計測による睡眠状態認識手法
受賞者: 松井 駿, 寺田 努, 塚本 昌彦
 
2017年11月
情報処理学会 特選論文 移動型カメラを用いたセルフヘアカット支援システム
受賞者: 双見 京介, 寺田 努, 塚本 昌彦
 
2017年8月
International Journal of Pervasive Computing and Communications Outstanding Paper A Method for Controlling Crowd Flow by Changing Recommender Information on Navigation Application
受賞者: RUIWEI Shen, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
 

論文

 
Innovative larynx elevation counter during saliva swallowing using a series of flexible stretchable strain sensors
山本 暁生, 中本 裕之, Terada Tsutomu, Ishikawa Akira
IEEE Engineering in Medicine and Biology Society      2018年7月   [査読有り]
センシング技術を用いた人と植物とのインタラクション促進システム
赫 寧, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2018-EC-47(4) 1-8   2018年3月
単語間の意味的類似度を用いた数字語呂自動生成システムの実装と評価,
袴田 はるか, 磯山 直也, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2018-EC-47(5) 1-8   2018年3月
鼻腔内の温度計測に基づく状況認識手法
小玉 亮輔, 寺田 努, 塚本 昌彦
インタラクション2018 論文集   55-61   2018年3月   [査読有り]
筆圧・傾き推定のためのペングリップ型デバイスの提案と実装
近藤 杏祐, 寺田 努, 塚本 昌彦
インタラクション2018 論文集   345-346   2018年3月
A Motion Recognition Method Using Foot Pressure Sensors
OHNISHI Ayumi, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 9th Augmented Human Conference (AH 2018)   10:1-10:8   2018年2月   [査読有り]
An Eyeglass to Present Information to a User and Others Separately by LED Blinking
MIKI Takahiro, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE2018)   203-209   2018年2月   [査読有り]
A System for Training Stuffed-Suits Posing without Suit
NAKAYAMA Ryo, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE2018)   183-200   2018年2月   [査読有り]
Improving Ultrasound-based Gesture Recognition by Partially Shielded Microphone
WATANABE Hiroki, TERADA Tsutomu
The 9th EAI International Conference on Mobile Computing, Applications and Services (MobiCASE2018)   223-229   2018年2月   [査読有り]
シート状ストレッチセンサを用いた反復唾液嚥下試験における嚥下回数検出の試み- 若年健常者における検討-
山本 暁生, 中本 裕之, 梅原 健, 別所 侑亮, 花家 薫, 山口 卓巳, 岩田 優助, 寺田 努, 石川 朗
第41 回日本嚥下医学界学術講演会      2018年2月
メガネ型デバイスを用いた経皮水分蒸散量の常時測定システム
田中 洸平, 寺田 努, 宇山 彩香, 杉野 哲造, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2018-UBI-57(35) 1-7   2018年2月
休憩時間の過ごし方が作業パフォーマンスに及ぼす影響の調査
三木 隆裕, 寺田 努, 前田 俊幸, 唐澤 鵬翔, 安達 淳, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2018-UBI-57(3) 1-8   2018年2月
頸部周径変化に基づく嚥下判定手法
山中 悠聖, 寺田 努, 別所 侑亮, 米澤 昌弥, 山本 暁生, 石川 朗, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2018-UBI-57(2) 1-7   2018年2月
A Method for Determining the Moment of Touching a Card using Wrist-worn Sensor in Competitive Karuta
YAMADA Hiroshi, MURAO Kazuya, 寺田 努, 塚本 昌彦
Journal of Information Processing   26(1) 38-47   2018年1月   [査読有り]
フレーズ内在化のための学習フェーズ分離による打楽器学習支援手法,
菅家 浩之, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会論文誌   59(1) 236-245   2018年1月   [査読有り]
Hiroshi Yamada,Kazuya Murao,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
JIP   26 38-47   2018年   [査読有り]
Ayumi Ohnishi,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Proceedings of the 9th Augmented Human International Conference, AH 2018, Seoul, Republic of Korea, February 7-9, 2018   10:1-10:8   2018年   [査読有り]
Takahiro Miki,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Mobile Computing, Applications, and Services - 9th International Conference, MobiCASE 2018, Osaka, Japan, February 28 - March 2, 2018, Proceedings   203-209   2018年   [査読有り]
Naoya Isoyama,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Cognitive Computing - ICCC 2018 - Second International Conference, Held as Part of the Services Conference Federation, SCF 2018, Seattle, WA, USA, June 25-30, 2018, Proceedings   71-85   2018年   [査読有り]
Hiroki Watanabe,Tsutomu Terada
Mobile Computing, Applications, and Services - 9th International Conference, MobiCASE 2018, Osaka, Japan, February 28 - March 2, 2018, Proceedings   223-229   2018年   [査読有り]
フレーズ内在化のための学習フェーズ分離による打楽器学習支援手法
菅家浩之,寺田 努,塚本昌彦
情報処理学会論文誌   59(1) 236-245   2018年   [査読有り]
AR 技術を用いたテクスチャ変更による人物行動制御方式
櫻木 大和, 磯山 直也, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   37   2017年12月
ウェアラブルデバイスを用いたヘアケア支援システム
毛 昊珉, 磯山 直也, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   2   2017年12月
データ改変の伴う車両時刻表を用いた乗り遅れ防止のための自制能力支援手法
双見 京介, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   27   2017年12月
ペンの把持力・せん断力測定による筆記状態推定
近藤 杏祐, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   5   2017年12月
ホールセンサを用いたルービックキューブの回転認識デバイスの実装
東南 颯, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   6   2017年12月
メガネ型デバイスを用いた経皮水分蒸散量の常時測定システム
田中 洸平, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   4   2017年12月
モーションキャプチャを用いた着ぐるみポージング練習システムの評価
中山 遼, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   9   2017年12月
「一見」複雑な状態変容を引き起こすシンプルな情報提示の設計方針
寺田 努
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   45   2017年12月
学習ジェスチャ間の類似性に基づく正解ジェスチャ範囲決定手法
出田 怜, 村尾 和哉, 寺田 努, 磯 俊樹, 稲村 浩, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   17   2017年12月
休憩時間の過ごし方が作業パフォーマンスに及ぼす影響の調査に向けて
三木 隆裕, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   32   2017年12月
筋電位センサを用いた偏咀嚼防止及び咀嚼回数促進システムの提案
正月 凌介, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   34   2017年12月
口周辺情報のセンシングに基づく状況認識
山下 将平, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   36   2017年12月
授乳中の母親のスマートフォン操作と乳児のぐずりの関係調査
中川 遼, 大西 鮎美, 吉田 さちね, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   31   2017年12月
情報提示を用いた主観時間制御におけるウェアラブルデバイスの比較検討
清水 友順, 双見 京介, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   40   2017年12月
人と植物のインタラクション促進システムにおける植物の擬似感情に関する評価
赫 寧, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   7   2017年12月
赤外線フォトリフレクタを用いた眼球運動計測による睡眠深度の推定
松井 駿, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   1   2017年12月
装着位置および姿勢による衣服のシワを用いた入力方法の性能評価
上田 健太郎, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   15   2017年12月
装着型センサを用いた読み聞かせ時の興味推定手法の評価
大西 鮎美, 浜 泰一, 斎藤 馨, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   13   2017年12月
足圧バランス矯正のための音声フィードバック方法の検討
西山 勲, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   10   2017年12月
他者表情提示システムによる自閉スペクトラム症者のコミュニケーション支援
堀江 彩太, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   16   2017年12月
単語間の意味的類似度を用いた数字語呂自動生成システム
袴田 はるか, 磯山 直也, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   12   2017年12月
二次元キャラクタと人間のポージング類似性判断基準の評価
田中 大賀, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   8   2017年12月
日常動作におけるHMD の揺れを再現したシミュレーションアプリの設計と実装
松浦 裕久, 磯山 直也, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   11   2017年12月
鼻腔情報に基づく状況認識システムの実装と評価
小玉 亮輔, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   3   2017年12月
部屋内に設置した複数の顔ロボットによる注意誘導効果
江口 綾亮, 磯山 直也, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   39   2017年12月
浴室における行動認識を目的とした加速度センサ内蔵シャワーヘッドの提案
西垣 佑介, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   30   2017年12月
頸部周径変化に基づく嚥下判定手法
山中 悠聖, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ(UWW2017)論文集   35   2017年12月
Development of Piezoelectric Vibration Energy Harvesters for Batteryless Smart Shoes
KATSUMURA Hidenori, KONISHI Toshihiro, OKUMURA Hidenori, FUKUI Takafumi, KATSU Makoto, TERADA Tsutomu, UMEGAKI Toshihito, KANNO Isaku
The 17th International Conference on Micro and Nanotechnology for Power Generation and Energy Conversion Applications (Power MEMS 2017)   271-274   2017年11月   [査読有り]
In-Clock Manipulator Information-Presentation Method for Manipulating Subjective Time using Wearable Devices
SHIMIZU Tomoyuki, FUTAMI Kyosuke, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 16th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia (MUM 2017)   223-230   2017年11月   [査読有り]
ウェアラブルストレッチセンサを用いた歩行中の呼吸数計測システムの精度検証
山本 暁生, 中本 裕之, 別所 侑亮, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 渡邊 佑, 山田 莞爾, 寺田 努, 小野 くみ子:石川 朗
第27 回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会   PI-035    2017年11月
移動型カメラを用いたセルフヘアカット支援システム,
双見 京介, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会論文誌   58(11) 1776-1786   2017年11月   [査読有り]
Person Trip Survey System Combining Transportation Estimation Method by Accelerometer and Web Diary System
MIYASHITA Koichi, TERADA Tsutomu, NAKAMURA Hideo, KIKUCHI Masahiko
ITS World Congress 2017      2017年10月   [査読有り]
Evaluating Effects of Listening to Content with Lip-sync Animation on Head Mounted Displays,
ISOYAMA Naoya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
4th International Workshop on Ubiquitous Technologies for Augmenting the Human Mind (WAHM 2017)   666-672   2017年9月   [査読有り]
Smart Eye Mask:Eye-Mask Shaped Sleep Monitoring Device
MATSUI Shun, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2017)   265-268   2017年9月   [査読有り]
Smart Eye Mask: Sleep Sensing System Using Infrared Sensors
MATSUI Shun, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 21th International Symposium on Wearable Computers (ISWC 2017)   58-61   2017年9月   [査読有り]
ウェアラブルだるまさんがころんだ: 加速度センサによる機械判定を用いた多人数型ゲームの実装と運用
三木 隆裕, 大西 鮎美, 出口 嵐以貴, 土田 修平, 伊藤 悠真, 寺田 努, 塚本 昌彦
エンタテインメントコンピューティング2018   174-183   2017年9月
着ぐるみ非装着環境における着ぐるみポージング練習システムの評価
中山 遼, 寺田 努, 塚本 昌彦
エンタテインメントコンピューティング2017   123-130   2017年9月
Mimebot: Sphere shaped Mobile Robot Imitating Rotational Movement
TSUCHIDA Syuhei, TAKEMORI Tatsuya, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
International Journal of Pervasive Computing and Communications   13(1) 92-111   2017年8月   [査読有り]
携帯電話の取出し動作に基づく画面ロック解除手法のなりすまし耐性の評価
出田 怜, 村尾 和哉, 寺田 努, 磯 俊樹, 稲村 浩, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2017-UBI-55(4) 1-8   2017年8月
Toward Interest Estimation from Head Motion using Wearable Sensors: a Case Study in Story Time for Children
OHNISHI Ayumi, SAITO Kaoru, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
The 19th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII 2017)   353-363   2017年7月   [査読有り]
ロボットを活用した高齢者支援サービス用ネットワークプラットフォーム技術の研究開発
小谷 大祐, 岡部 寿男, 寺田 努, 塚本 昌彦, 星野 寛
情報処理学会シンポジウムシリーズマルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2017)論文集   392-395   2017年6月
音声フィードバックによる足圧バランス矯正システムの設計と実装
西山 勲, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズマルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2018)論文集   459-466   2017年6月
加速度センサ付きシャワーヘッドを用いた浴室内行動認識手法
西垣 佑介, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズマルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2021)論文集   1738-1745   2017年6月
土田 修平, 寺田 努, 塚本 昌彦
日本ソフトウェア学会論文誌   34(2) 39-50   2017年6月   [査読有り]
心理的影響を考慮した競争情報フィードバックによるモチベーション制御手法
双見 京介, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズマルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2019)論文集   467-478   2017年6月
人間による二次元キャラクタの動作摸倣のための学習支援システムの設計と実装
田中 大賀, 村尾 和哉, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2017-EC-44(5) 1-7   2017年6月
足圧分布センサを用いた姿勢認識手法
大西 鮎美, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会シンポジウムシリーズマルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2020)論文集   810-818   2017年6月
シワをを用いた入力インタフェースの性能評価
上田 健太郎, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2017-UBI-54(14) 1-7   2017年5月
口周辺の形状変化による状況認識手法
山下 将平, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2017-UBI-54,(21) 1-6   2017年5月
条件づけ刺激を用いたメンタル機能制御支援システム
双見 京介, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会論文誌   58(5) 1025-1036   2017年5月   [査読有り]
鼻腔情報のセンシングに基づく状況認識手法
小玉 亮輔, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会研究報告   2017-UBI-54,(20) 1-7   2017年5月
Gesture Recognition Method Utilizing Ultra sonic Active Acousitc Sensing
WATANABE Hiroki, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko
Journal of Information Processing   58(4) 1-10   2017年4月   [査読有り]
Gesture Recognition Method Utilizing Ultrasonic Active Acoustic Sensing
Hiroki WATANABE, Tsutomu TERADA, Masahiko TSUKAMOTO
Journal of Information Processing   25 331--340   2017年4月   [査読有り]
シート状ストレッチセンサを用いた歩行中の非侵襲的な呼吸数計測法の開発
山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 太田雅史, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 岩田健太郎, 村上茂史, 山田莞爾, 寺田 努, 小野くみ子, 石川朗
第57 回日本呼吸器学会学術講演会   640   2017年4月
A User Identification Method Based on Opening-Closing the Refrigerator Door
Akane ISHIDA, Kazuya MURAO, Tsutomu TERADA, Masahiko TSUKAMOTO
The First International Workshop on Pervasive Smart Living Spaces(PerLS)   533--538   2017年3月   [査読有り]
Masaya KURAHASHI, Kazuya MURAO, Tsutomu TERADA, Masahiko TSUKAMOTO
The First International Workshop on Pervasive Smart Living Spaces(PerLS)   521--526   2017年3月   [査読有り]
シート状ストレッチセンサを用いた歩行中の非侵襲的な呼吸数計測法の開発
山本 暁生, 中本 裕之, 別所 侑亮, 太田 雅史, 沖 侑大郎, 藤本 由香里, 渡邊 佑, 岩田 健太郎, 村上 茂史, 山田 莞爾, 寺田 努, 小野 くみ子, 石川 朗
日本呼吸器学会誌   6巻増刊 266   2017年3月   [査読有り]
Kazuya MURAO, Junna IMAI, Tsutomu TERADA, Masahiko TSUKAMOTO
Journal of Information Processing   58(1) 59--66   2017年1月   [査読有り]
Hiroyuki Kanke, Tsutomu TERADA, Masahiko TSUKAMOTO
International journal of Asia digital art and design   20(4) 69--75   2017年1月   [査読有り]
トイレットペーパの回転に基づくトイレ使用者識別手法
倉橋 真也, 村尾 和哉, 寺田 努, 塚本 昌彦
情報処理学会論文誌   58(1) 237--248   2017年1月   [査読有り]
Kazuya Murao,Junna Imai,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
JIP   25 59-66   2017年   [査読有り]
Akane Ishida,Kazuya Murao,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
2017 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2017, Kona, Big Island, HI, USA, March 13-17, 2017   533-538   2017年   [査読有り]
Naoya Isoyama,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Adjunct Proceedings of the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC 2017, Maui, HI, USA, September 11-15, 2017   666-672   2017年   [査読有り]
Hiroki Watanabe,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
JIP   25 331-340   2017年   [査読有り]
Tomoyuki Shimizu,Futami Kyosuke,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Proceedings of the 16th International Conference on Mobile and Ubiquitous Multimedia, MUM 2017, Stuttgart, Germany, November 26 - 29, 2017   223-230   2017年   [査読有り]
Shuhei Tsuchida,Tatsuya Takemori,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Int. J. Pervasive Computing and Communications   13(1) 92-111   2017年   [査読有り]
Masaya Kurahashi,Kazuya Murao,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
2017 IEEE International Conference on Pervasive Computing and Communications Workshops, PerCom Workshops 2017, Kona, Big Island, HI, USA, March 13-17, 2017   521-526   2017年   [査読有り]
Shun Matsui,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Adjunct Proceedings of the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC 2017, Maui, HI, USA, September 11-15, 2017   265-268   2017年   [査読有り]
Shun Matsui,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers, ISWC 2017, Maui, HI, USA, September 11-15, 2017   58-61   2017年   [査読有り]
Ayumi Ohnishi,Kaoru Saito,Tsutomu Terada,Masahiko Tsukamoto
Human-Computer Interaction. Interaction Contexts - 19th International Conference, HCI International 2017, Vancouver, BC, Canada, July 9-14, 2017, Proceedings, Part II   353-363   2017年   [査読有り]
Sarah Clinch,Tilman Dingler,Kai Kunze,Passant El Agroudy,Tsutomu Terada
Adjunct Proceedings of the 2017 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing and Proceedings of the 2017 ACM International Symposium on Wearable Computers, UbiComp/ISWC 2017, Maui, HI, USA, September 11-15, 2017   662-665   2017年   [査読有り]
移動型カメラを用いたセルフヘアカット支援システム
双見京介,寺田 努,塚本昌彦
情報処理学会論文誌   58(11) 1776-1786   2017年   [査読有り]
土田修平,寺田 努,塚本昌彦
コンピュータソフトウェア(日本ソフトウェア科学会論文誌)   34(2) 39-50   2017年   [査読有り]
3次元物理シミュレーションを用いた引き出し内の片付け配置のリアルタイム評価システム
古田 達彦, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2016) 論文集   8   2016年12月
STICK TRACK: 運手情報を付加したドラム譜面作成システム
菅家 浩之, 寺田 努, 塚本 昌彦
日本ソフトウェア科学会 インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ (WISS2016)   47--52   2016年12月   [査読有り]
ウェアラブルデバイスの情報提示がユーザーの主観時間に与える影響の評価
清水 友順, 双見 京介, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2016) 論文集   40   2016年12月
エンタテインメント環境におけるコンテンツ主観化による一体感の付与について
寺田 努
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2016) 論文集   44   2016年12月
ジェスチャの早期認識に関するジェスチャ波形の一考察
出田 怜, 村尾 和哉, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2016) 論文集   25   2016年12月
シワを用いたタッチ入力とピンチ入力の評価に向けて
上田 健太郎, 寺田 努, 塚本 昌彦
ユビキタスウェアラブルワークショップ (UWW2016) 論文集   30   2016年12月

Misc

 
HE Ning, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会研究報告(Web)   2018(EC-47) Vol.2018‐EC‐47,No.4,1‐8 (WEB O   2018年3月
袴田はるか, 磯山直也, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦
情報処理学会研究報告(Web)   2018(EC-47) Vol.2018‐EC‐47,No.5,1‐8 (WEB O   2018年3月
Can wearable devices make people happy?
寺田 努
TEDxYouth at Namba      2018年3月
Wearable Sensing Applications and Information Feedbacks
TERADA Tsutomu
The 6th AsianWorkshop on Smart Senso rand Systems      2018年3月
田中洸平, 寺田努, 寺田努, 宇山彩香, 杉野哲造, 塚本昌彦
電子情報通信学会技術研究報告   117(451(ASN217 116-121)) 213‐219   2018年2月

書籍等出版物

 
パーソナル・ヘルスケア
TERADA Tsutomu (担当:共著)
株式会社エヌ・ティー・エス   2013年10月   
Handbook on Mobile Ad Hoc and Pervasive Communications
TERADA Tsutomu (担当:共著)
CRC Press   2012年3月   
A Rule-based I
TERADA Tsutomu (担当:共著)
CRC Press   2011年   
Toward Construction of Wearable Sensing Environments
村尾 和哉, 寺田 努, 西尾 章治郎
Springer-Verlag   2010年6月   
Toward Construction of Wearable Sensing Environments,
MURAO Kazuya, TERADA Tsutomu, NISHIO Shojiro (担当:共著)
Springer-Verlag   2010年   

講演・口頭発表等

 
ウェアラブルストレッチセンサを用いた歩行中の呼吸数計測システムの精度検証
山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 山田莞爾, 寺田努, 小野 くみ子, 石川朗
第27回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会   2017年11月   
シート状ストレッチセンサを用いた歩行中の非侵襲的な呼吸数計測法の開発
山本暁生, 中本裕之, 別所侑亮, 太田雅史, 沖侑大郎, 藤本由香里, 渡邊佑, 岩田健太郎, 村上茂史, 山田莞爾, 寺田努, 小野 くみ子, 石川朗
第57回日本呼吸器学会学術講演会   2017年4月   
空間情報科学が果たす役割と意義
寺田 努
CSIS15周年記念シンポジウム   2014年3月   
ウェアラブルコンピューティングとウェアラブルセンシングの実世界応用
寺田 努
2013年度KDDI総研セミナー   2013年12月   
ウェアラブル情報提示技術の動向
寺田 努
ウェアラブルコンピューティングシンポジウム   2013年12月   

担当経験のある科目

 
 

競争的資金等の研究課題

 
【さきがけ】「提示系心理情報学」確立のためのウェアラブルシステムプラットフォーム
国立研究開発法人科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)
研究期間: 2016年       代表者: 寺田 努
「提示系心理情報学」確立のためのウェアラブルシステムプラットフォーム
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)
研究期間: 2015年10月 - 2019年3月    代表者: 寺田 努
さきがけ「「提示系心理情報学」確立のためのウェアラブルシステムプラットフォーム」
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 個人型研究さきがけ
研究期間: 2015年       代表者: 寺田 努
さきがけ「実世界指向ユーザインタフェース実現のための動作認識基盤の確立」
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業 個人型研究さきがけ
研究期間: 2015年       代表者: 寺田 努
さきがけ「実世界指向ユーザインタフェース実現のための動作認識基盤の確立」
戦略的創造研究推進事業 個人型研究さきがけ
研究期間: 2014年       代表者: 寺田 努
さきがけ「実世界指向ユーザインタフェース実現のための動作認識基盤の確立」
戦略的創造研究推進事業 個人型研究さきがけ
研究期間: 2013年       代表者: 寺田 努
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 寺田 努
本研究の目的は,ウェアラブルコンピューティングの普及による常時情報閲覧環境において,ユーザの心身への影響があるかないか,また,正しく情報を伝えるためにはどのような仕組みが必要かをあきらかにすることである.具体的には(1)虚偽情報フィードバックに基づく身体情報制御技術の確立,(2)プライミング効果を考慮した情報提示技術の確立,(3)状況認識技術を活用した状況別の情報認知特性の評価研究,の3点のサブテーマを推進した.その成果として,虚偽情報の提示によって特に心拍などの生体情報が変化することを示...
さきがけ「実世界指向ユーザインタフェース実現のための動作認識基盤の確立」
戦略的創造研究推進事業 個人型研究さきがけ
研究期間: 2012年       代表者: 寺田 努
文部科学省: 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)
研究期間: 2012年 - 2014年    代表者: 加藤 浩
本研究の目的は、活動の現場で相互行為的に可視化される社会構築物としての「実践能力」に基づいた、新しい形成的教育評価の方法を開発することである。この目的を達成するため、(1)学習者が無自覚に他者に対して表出する評価の自動記録システムの開発、および(2)このシステムを協調学習の場に導入し実践を考察することで、教育現場での活用モデルの開発を実施する必要がある。平成25年度は、上記のうち(1)に関する研究開発を実施した。システムが満たすべき要件は,能力が発揮されたその場その時において,その場にいる...
さきがけ「実世界指向ユーザインタフェース実現のための動作認識基盤の確立」
戦略的創造研究推進事業 個人型研究さきがけ
研究期間: 2011年       代表者: 寺田 努
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2015年    代表者: 塚本 昌彦
将来、ユビキタスコンピューティング環境が実世界に浸透し、数千から数万ノードからなる多数のユビキタスデバイスを全体として連携させる必要性が高まる状況を想定し、本研究課題では、多数のユビキタスデバイスを全体としてプログラミングを行う「全体プログラミング」の枠組みを拡張し、トポロジ情報を入れてプログラミングを行う手法を検討している。具体的なアプローチとして、比較的自明なトポロジをもつ格子状有線ユビキタスネットワークGLOCAL GRIDを対象に、グローバル通信とローカル通信を組み合わせて、プログ...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2011年 - 2013年    代表者: 河口 信夫
大規模データベースの構築を実現するための検討を進め,データ収集のための技術チャレンジであるHASC Challengeを継続的に開催した.また,年齢・性別でバランスさせた被験者を含む行動データ及び構造物内移動データ(HASC-IPSC)を公開した.その結果,当初の目標であった500名を超える被験者のコーパス構築が実現できた.センサ信号処理研究を支えるツールとして,行動信号処理ツール HASC Tool, HASC Logger の開発を行った.国際ワークショップHASCA2013をUbic...
実世界指向ユーザインタフェース実現のための動作認識基盤の確立
科学技術振興機構: 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)
研究期間: 2010年10月 - 2016年3月    代表者: 寺田 努
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2009年 - 2009年    代表者: 寺田努
近年,モバイル技術および無線通信技術の発展により,人々が受け取る情報は飛躍的に増大しており,大量のデータから必要なデータのみを抽出する情報フィルタリング技術,必要なデータを的確にユーザに提示する情報提示技術の重要性が高まっている.本研究では,(1)ハードウェア・ソフトウェア連動型の低消費電力・高信頼な状況認識技術として,センサのサンプリングレートを動的に制御する低消費電力化方式や,センサ内で波形のピーク情報を抽出し送信データを削減することによる低消費電力化,(2)外部音の有無や明るさなどの...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2009年    代表者: 寺田努
ウェアラブルコンピューティングを手術時や災害時などに実践的に利用するためにはハングアップなどの不慮のトラブル時にも情報提示を継続することが必要である.そのため,システムダウン時に周辺デバイスが動的に結合し,PC 本体無しでも提示を継続する仕組みを実現した.提案手法では状況認識技術を用いて,システムダウン時に現在の入出力デバイスの組合せから人間の認知特性を考慮した最適な組合せを決定する機構をもつ.
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2008年 - 2011年    代表者: 塚本 昌彦
ユビキタスコンピューティング環境において多数のユビキタスデバイスによる群コンピューティングを実現することを目標として、環境内に数百から数千個規模のユビキタスデバイスが存在するときに、デバイス全体を対象としたマクロなプログラミングを行えるような方式を確立した。複数のLEDマトリックス上で光パターンをエディットする方法、グローバル通信とローカル通信を組み合わせてトポロジを構築していく方法などを開発した。さらにプログラム方式としては、ルールベースやプログラム変換、モバイルエージェントなどの枠組み...
文部科学省: 科学研究費補助金(特定領域研究)
研究期間: 2007年 - 2008年    代表者: 寺田努
本年度は下記の課題に取り組んだ.
1.五感を活用した情報フィルタリングアルゴリズムの提案
2.五感を活用したモバイル向け情報提示機構のための基盤システムの開発
3.状況定義・認識を容易にする装着型デバイスおよび状況認識アルゴリズムの提案
4.応用システムの実装および実運用
1.の情報フィルタリングに関して,本年度はセンサ情報と入力情報のフィルタリング技術を活用した提示デバイスの動的選択機構を提案し,情報提示アルゴリズムを提案した.また,フレームワークの提案だけでなく,その具体例として,装着...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(A))
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 西尾章治郎
本研究課題の目的は,センサネットワークのための高度なデータ管理を実現する統合型プラットフォームの構築である.本年度は,(1)センサネットワークノードのためのミドルウェアおよびハードウェアの開発,(2)センサネットワークにおけるデータ配置・管理技術,(3)センサネットワークのためのデータ送受信技術,の3つのテーマを中心として研究開発を推進した.まず(1)に関しては,センサネットワーク環境で長時間柔軟に駆動可能なセンサノードを開発した提案するセンサノードはイベント駆動型ルールによる動作記述やス...
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(B))
研究期間: 2003年 - 2006年    代表者: 小川剛史
本研究では,仮想空間システムを構成するデータをサーバからクライアントへ効率的に配信するための基盤技術に関する研究を推進した.まず,三人称視点による表示やバードビューにより、アバタの周囲の空間だけでなく広範囲の空間を観察できる環境を想定し,仮想空間をあらかじめ複数の部分空間に分割して,部分空間ごとのデータをひとつにまとめてデータアイテムを作成し,放送するためのスケジューリング方式およびユーザの行動特性を考慮したデータのキャッシング方式を考案した.これらの考案方式を詳細なシミュレーション実験に...
文部科学省: 科学研究費補助金(奨励研究(A), 若手研究(B))
研究期間: 2001年 - 2002年    代表者: 寺田努
本研究はモバイル環境において位置依存のサービスを提供できる地理情報システムの構築を目的としている.構築する地理情報システムはActiveGISと呼び,データベース技術の1つであるアクティブデータベースを基盤として動作する.位置依存サービスはアクティブデータベースの動作記述言語であるECAルールによって実現され,ルールを動的に配信して追加・削除を行うことで位置依存のアプリケーションを実現している.
平成14年度は,前年度に構築したECAルールによる位置依存サービス提供の基本的枠組みを拡張し,...

学歴

 
 
 - 
2000年6月
大阪大学 大学院工学研究科博士後期課程情報システム工学専攻退学  
 

委員歴

 
 
   
 
情報処理学会  放送コンピューティング研究グループ 幹事
 
 
   
 
情報処理学会  エンタテインメントコンピューティング研究会 運営委員
 
 
   
 
情報処理学会  音楽情報科学研究会 運営委員
 
 
   
 
情報処理学会  ユビキタスコンピューティングシステム研究会 幹事
 
 
   
 
電子情報通信学会  データ工学研究専門委員会 幹事