早矢仕晃章

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/15 13:33
 
アバター
研究者氏名
早矢仕晃章
 
ハヤシテルアキ
通称等の別名
Teru
eメール
teru-h.884nifty.com
URL
https://teruaki-hayashi.weebly.com/
所属
東京大学大学院工学系研究科
部署
システム創成学専攻
職名
助教
学位
博士(工学)(東京大学)
科研費研究者番号
80806969
ORCID ID
0000-0002-1806-5852

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
東京大学大学院工学系研究科 システム創成学専攻 助教
 

学歴

 
2014年4月
 - 
2017年3月
東京大学 大学院工学系研究科 システム創成学専攻 博士課程 修了
 
2012年4月
 - 
2014年3月
東京大学 大学院工学系研究科 システム創成学専攻 修士課程 修了
 
2008年4月
 - 
2012年3月
東京大学 工学部 システム創成学科 学部卒業
 

委員歴

 
2018年10月
 - 
現在
The 23rd KES International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems 2019  Programme Committee
 
2018年8月
 - 
現在
情報処理推進機構  IMI情報共有基盤推進委員会 技術検討委員
 
2018年6月
 - 
現在
人工知能学会  2019年度全国大会プログラム委員長補佐
 
2018年6月
 - 
現在
電子情報通信学会  人工知能と知識処理研究専門委員会 専門委員
 
2018年3月
 - 
現在
一般社団法人データ流通推進協議会  技術基準検討委員会 有識者アドバイザー
 
2017年11月
 - 
現在
一般社団法人データ流通推進協議会  利活用促進委員会 副委員長
 
2018年6月
 - 
2018年6月
The 23rd Annual Workshop on Economic Science with Heterogeneous Interacting Agents(WEHIA2018)  Scientific Committee
 
2017年11月
 - 
2018年9月
The 22nd KES International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems 2018  Programme Committee
 

受賞

 
2018年6月
人工知能学会 人工知能学会2018年度全国大会優秀賞
 
2018年3月
AAAI Spring symposium 2018 "Beyond Machine Intelligence: Understanding Cognitive Bias and Humanity for Well-being AI" Best Presentation Award
 
2017年3月
東京大学大学院工学系研究科 平成28年度 東京大学大学院工学系研究科長賞
 
2017年3月
社会構想マネジメントを先導するグローバルリーダー養成プログラム(GSDM) GSDM Student Leadership Award 2016 GSDM Student Leadership Award 2016
 
2016年2月
SPIN2016 Certificate of Appreciation for Executing IMDJ Workshop in SPIN2016 Certificate of Appreciation for Executing IMDJ Workshop in SPIN2016
 

論文

 
データジャケットを用いた異分野連携に資するデータの特徴とネットワーク分析(in Press)
早矢仕晃章, 岩永宇央, 岩佐太路, 大澤幸生
日本知能情報ファジィ学会誌      2019年2月   [査読有り]
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
Advances in Human-Computer Interaction, The special issue on Language Sense and Communication on Computer, Hindawi   2018 1-12   2018年12月   [査読有り]
Article ID 9054685
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems: Proceedings of the 22nd International Conference, KES-2018      2018年9月   [査読有り]
In recent years, the expectations for cross-disciplinary data exchange and collaboration have been rising. However, creating a data-driven innovation by coordinating data across different fields first requires a correct understanding of structures...
早矢仕晃章, 大澤幸生
International Journal of Data Science and Analytics      2018年9月   [査読有り]
The Data Jacket (DJ) is a technique for sharing information related to data, where the data are hidden, by summarizing them in natural language. In DJs, variables are described by variable labels (VLs), which are the names/meanings of variables, a...
Daiji Iwasa, Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
5th International Conference on Signal Processing and Integrated Networks (SPIN)      2018年2月   [査読有り]
The importance of creating new business and making a decision by combining data in various domains has been increasing these days. Innovators Marketplace on Data Jackets (IMDJ) is a workshop method to encourage and support stakeholders' data excha...
Hayashi Teruaki, Ohsawa Yukio
IEEE-ICDMW Conference Proceedings   2017 577-583   2017年11月   [査読有り]
Hayashi Teruaki, Ohsawa Yukio
KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS   112 2175-2184   2017年9月   [査読有り]
Externalization of Variable Labels for Understanding Belief Drift Considering Vocabulary Gaps Caused by Different Background Knowledge
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
2nd International Workshop on Language Sense on Computer in IJCAIW 2017   23-27   2017年8月   [査読有り]
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
Pacific-Asia Conference on Knowledge Discovery and Data Mining (PAKDD2017)   10235 696-707   2017年4月   [査読有り]
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
2nd European Workshop on Chance Discovery and Data Synthesis (EWCDDS16) in ECAI 2016      2016年   [査読有り]
Hayashi Teruaki, Ohsawa Yukio
INTELLIGENT DECISION TECHNOLOGIES   10(3) 213-221   2016年   [査読有り]
Ohsawa Yukio, Hayashi Teruaki
INTELLIGENT DECISION TECHNOLOGIES   10(3) 235-247   2016年   [査読有り]
Hayashi Teruaki, Ohsawa Yukio
KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS: PROCEEDINGS OF THE 20TH INTERNATIONAL CONFERENCE KES-2016   96 1267-1274   2016年9月   [査読有り]
早矢仕 晃章, 大澤 幸生
人工知能学会論文誌   31(5) A-G15_1-9   2016年   [査読有り]
The potential desire of companies for creating values by combining data from different domains has been increased. In order to lead data-driven innovations, a market of data is expected to enhance this combination and data exchange through the com...
Hayashi Teruaki, Ohsawa Yukio
IEEE-SPIN2016 Conference Proceedings   2016 226-231   2016年2月   [査読有り]
Hayashi Teruaki
IEEE-ICDMW Conference Proceedings   2016 783-787   2016年12月   [査読有り]
Hayashi Teruaki, Ohsawa Yukio
AI & SOCIETY   30(4) 451-461   2015年11月   [査読有り]
早矢仕晃章, 大澤幸生
情報科学技術フォーラム講演論文集   14(3) 51-56   2015年8月   [査読有り]
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
2ND INTERNATIONAL CONFERENCE ON SIGNAL PROCESSING AND INTEGRATED NETWORKS (SPIN) 2015   607-612   2015年2月   [査読有り]
Ohsawa Yukio, Hayashi Teruaki
KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS 19TH ANNUAL CONFERENCE, KES-2015   60 1178-1185   2015年9月   [査読有り]
Hayashi Teruaki, Ohsawa Yukio
KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS 19TH ANNUAL CONFERENCE, KES-2015   60 1281-1288   2015年9月   [査読有り]
Hayashi Teruaki
2015 IEEE International Conference on Data Mining Workshop (ICDMW)   698-705   2015年11月   [査読有り]
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
Open Journal of Information Systems   2(1) 29-40   2015年   [査読有り]
Ohsawa Yukio, Liu Chang, Hayashi Teruaki, Kido Hiroyuki
KNOWLEDGE-BASED AND INTELLIGENT INFORMATION & ENGINEERING SYSTEMS 18TH ANNUAL CONFERENCE, KES-2014   35 946-953   2014年9月   [査読有り]
Hayashi Teruaki, Ohsawa Yukio
2014 IEEE International Conference on Data Mining Workshop (ICDMW)   441-446   2014年12月   [査読有り]
Workshop with Tsugo Roulette for Externalizing Intentions and Constraints of Participants in Social Activities
Yukio Ohsawa, Teruaki Hayashi
The Third International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics      2013年10月   [査読有り]
The Efficient Method for Creating Ideas; Innovators Marketplace as Role-based Game
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
2013 AAAI Spring Symposium   27-32   2013年3月   [査読有り]
Innovation does not mean only creating the new product or services. It is necessary to work out the strategy to lead innovations. Innovators Market Game is a method for creating new ideas by combining existent ideas. In this study, we propose the ...
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
International Journal of Knowledge and Systems Science   4(3) 14-38   2013年   [査読有り]
Ohsawa Yukio, Kido Hiroyuki, Hayashi Teruaki, Akimoto Masahiro, Fujimoto Masanori, Tamada Masaki
BRAIN AND HEALTH INFORMATICS   8211 369-378   2013年   [査読有り]
Ohsawa Yukio, Kido Hiroyuki, Hayashi Teruaki, Liu Chang
17TH INTERNATIONAL CONFERENCE IN KNOWLEDGE BASED AND INTELLIGENT INFORMATION AND ENGINEERING SYSTEMS - KES2013   22 709-716   2013年9月   [査読有り]
Processing Combinatorial Thinking: Innovators Marketplace as Role-based Game plus Action Planning
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
20th European Conference on Artificial Intelligence, 1st European Workshop on Chance Discovery and Data Synthesis in ECAI 2012      2012年8月   [査読有り]
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa, “Processing Combinatorial Thinking: Innovators Marketplace as Role-based Game plus Action Planning,” 20th European Conference on Artificial Intelligence, 1st European Workshop on Chance Discovery and Data Synthesis i...

Misc

 
大澤 幸生, 近藤 早映, 早矢仕 晃章, 須川 敦史, 吉田 隆久
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)   2018    2018年6月
チーム行動は、ビジネスやスポーツなど様々な文脈において、文化および生活の側面に現れる本質的な要素である。このチーム行動をとらえるために本論文では、歩行者間における加速度時系列の類似性を、時間ごとに人と人のなすチーム行動の検出に用いる指標とする。ここでは、再開発地域を実験対象として加速度センサーを用い、加速度類似性と、共に歩いたという感覚の一致を検証する。
早矢仕 晃章, 大澤 幸生
2018年度人工知能学会全国大会(第32回)   2018    2018年6月
異なる分野のデータと知識を結合することで問題を発見し、問題解決を行うことへの期待が高まっている。しかし、その実現には多くの障壁が存在する。本稿では、データ3.0時代におけるデータの在り方についてデータランドスケープを用いて所見を述べる。現在はデータ2.0からデータ3.0への過渡期である。これからのデータ駆動型社会の実現には、データ・AI技術・人間の相互作用による異分野のデータと知識の連携によるイノベーションの場である「データ市場」の整備が重要と言える。
Retrieval System for Data Utilization Knowledge Integrating Stakeholders’ Interests
Teruaki Hayashi, Yukio Ohsawa
AAAI Spring symposium 2018 Beyond Machine Intelligence: Understanding Cognitive Bias and Humanity for Well-being AI      2018年3月   [査読有り]
早矢仕 晃章, 大澤 幸生
人工知能 : 人工知能学会誌 : journal of the Japanese Society for Artificial Intelligence   33(2) 140-148   2018年3月   [依頼有り]
特集 AIとデータ : データに基づく意思決定と社会イノベーション創出
早矢仕晃章, 大澤幸生
行政&情報システム   54(1) 38-43   2018年2月   [依頼有り]
LIU Keyang, HAYASHI Teruaki, OHSAWA Yukio
電子情報通信学会技術研究報告   117(440) 33-36   2018年2月
岩佐 太路, 早矢仕 晃章, 大澤 幸生
電子情報通信学会技術研究報告   117(440) 55-60   2018年2月
竹村 航太, 早矢仕 晃章, 大澤 幸生, 相原 大介, 須川 敦史
電子情報通信学会技術研究報告   117(440) 93-98   2018年2月
早矢仕 晃章, 大澤 幸生
電子情報通信学会技術研究報告   117(440) 49-54   2018年2月
大澤 幸生, 早矢仕 晃章
エネルギーレビュー   37(11) 38-42   2017年11月   [依頼有り]
木村亮太, 早矢仕晃章, 大澤幸生
2017年度人工知能学会全国大会(第31回)   31    2017年5月
異なる背景知識を有するステークホルダーによるデータ連携と合意形成には、論理的なシナリオの生成が重要となる。アクション・プランニング(AP)は実行動に関わる変数や要素の関係性を表出化し、実行動を促すシナリオを策定するワークショップ手法である。本研究では、従来のAPの記入順序に制約を与え、収束的思考から、より実現可能性の高いシナリオの生成を支援する手法を提案する。
早矢仕 晃章, 大澤 幸生
電子情報通信学会技術研究報告   116(460) 7-12   2017年2月
村岡 恒輝, 山内 雄太, 野中 尚輝, 早矢仕 晃章, 今泉 允聡, 金 善右, 松並 研作, Lee H. W., 鎗目 雅
電子情報通信学会技術研究報告   116(460) 13-17   2017年2月
Yukio Ohsawa, Teruaki Hayashi, Hiroyuki Kido
Springer Handbook of Model-Based Science   1015-1031   2017年   [査読有り]
Ohsawa Y., Hayashi T., Kido H. (2017) Restructuring Incomplete Models in Innovators Marketplace on Data Jackets. In: Magnani L., Bertolotti T. (eds) Springer Handbook of Model-Based Science. Springer Handbooks. Springer, Cham
早矢仕晃章, 大澤幸生
Evidence(政策シンクネット)   3    2017年   [依頼有り]
山内雄太, 村岡恒輝, 野中尚暉, 早矢仕晃章, 今泉允聡, KIM Seonwoo, 松並研作, LEE Hee‐Woon, 鎗目雅
電子情報通信学会ソサエティ大会2016   2016    2016年9月
早矢仕晃章, 大澤幸生
2016年度人工知能学会全国大会(第30回)   30    2016年6月
変数名と分析ツールの顕在化を促進する擬似コード形式記述を用いた分析シナリオ生成手法の提案
早矢仕晃章, Randy Goebel, 大澤幸生
第7回システム創成学学術講演会      2016年1月
DBpediaデータセットを用いたステークホルダー表出とシナリオにおける関係推定
早矢仕晃章, 大澤幸生
第36回SWO研究会-DBpediaシンポジウム      2016年1月
日本語版DBpediaによるアノテーションを介した要求と解決策の意味的関係の可視化
張确軒, 早矢仕晃章, 大澤幸生
2015年度人工知能学会全国大会(第29回)      2015年5月
早矢仕 晃章, 大澤 幸生
2015年度人工知能学会全国大会(第29回)   29 1-4   2015年5月
早矢仕晃章, 大澤幸生
電子情報通信学会技術研究報告   114(500) 61-66   2015年3月
早矢仕晃章, 大澤幸生
情報処理学会第77回全国大会   77(2) 39-40   2015年3月
データ市場の創生
秋元正博, 高階勇人, 野深裕也, 大澤幸生, 早矢仕晃章
統計(特集 ビッグデータ)   66(9) 26-31   2015年   [依頼有り]
Yukio Ohsawa, Hiroyuki Kido, Teruaki Hayashi, Chang Liu, Kazuhiro Komoda
Knowledge-Based Information Systems in Practice   30 83-97   2015年   [査読有り]
Ohsawa Y., Kido H., Hayashi T., Liu C., Komoda K. (2015) Innovators Marketplace on Data Jackets, for Valuating, Sharing, and Synthesizing Data. In: Tweedale J., Jain L., Watada J., Howlett R. (eds) Knowledge-Based Information Systems in Practice. ...
データ市場創造のための技術及び知識再利用法の提案
早矢仕晃章, 大澤幸生
第6回システム創成学学術講演会      2014年12月
池上顕真, 早矢仕晃章, 大澤幸生
電子情報通信学会技術研究報告   114(343) 45-50   2014年11月
Innovators Marketplace on Data Jackets(IMDJ)とは,データ市場を模したワークショップであり,データの匿名性を保ったままデータの潜在的な価値を策定し,意思決定を支援する方法論である.本論文では,IMDJにて創出した「夜道の防犯ソリューション」の事例を実行動に移すことで,データの交渉と入手,分析,評価の一連のプロセスのモデル化を行う.その結果,データ収集,実装,評価の3つのプロセスからなるサイクルを繰返すことで,人的リソース,物的リソース数が増加し,仮...
早矢仕晃章, 大澤幸生
電子情報通信学会技術研究報告   114(273) 37-42   2014年10月
アクション・プランニングとは,実社会の問題を解決し,人間の意思決定を支援するシナリオ創出手法である.本論文では,集団におけるコミュニケーションに着目し,アクション・プランニングによる協同問題解決中の発言を「非同調的発言」,「同調的発言」,「中立的発言」,「協調的発言」の4つに分類し,創出されたシナリオの評価との関係について分析を行った.実験において,「協調的発言」を含む問題解決プロセスを経て創出されたシナリオは評価が高いことが示唆された.また,シナリオ生成段階を知識の「表出化」と「系列化」...
Tangled String: データジャケットを用いたイノベーションゲームからのデータ可視化手法創成
大澤 幸生, 平岡 美那子, 野神 航一, 劉 暢, 早矢仕 晃章
電子情報通信学会「人工知能と知識処理」      2014年8月
早矢仕 晃章, 大澤 幸生
2014年度人工知能学会全国大会(第28回)      2014年5月
膨大かつ様々なデータが日々蓄積されるようになり、データから新しい価値と利用方法を発見し、意思決定に役立てることが重要となってきた。そのためには、データからシナリオを創出する議論とともに、膨大なデータを人間が扱い、理解できる情報として表現するメタデータ記述方法の検討が必要となる。本研究では、データの価値発見のための創造的コミュニケーションとメタデータの記述方法についての実験的検討と提案を行う。
早矢仕 晃章, 大澤 幸生
第12回情報科学技術フォーラム(FIT 2013)   12(3) 405-408   2013年9月

書籍等出版物

 
大澤 幸生, 早矢仕 晃章, 秋元 正博, 久代 紀之, 中村 潤, 寺本 正彦 (担当:共著)
近代科学社   2017年3月   ISBN:4764905248

講演・口頭発表等

 
データジャケット&Virtuora DXで実現する異業種間データ活用 ~最新事例から見る異業種共創の課題と可能性~ [招待有り]
早矢仕晃章, 佐々木泰芳, 池田栄次
2018年9月28日   一般社団法人データ流通推進協議会
第4回データ流通推進フォーラムにて招待講演
データジャケットによる異分野データ連携とデータランドスケープ [招待有り]
早矢仕晃章
2018年6月27日   一般社団法人人間生活工学研究センター
HQL 研究交流会 2018 オープンイノベーションプラットフォームにて招待講演
データジャケットを用いたデータ利活用方法・データ市場創出 [招待有り]
早矢仕晃章
2018年6月1日   独立行政法人情報処理推進機構
IMI意見交換会招待講演
データジャケットに見るデータカタログの活用方法 [招待有り]
早矢仕晃章
2018年2月19日   一般社団法人データ流通推進協議会
データ流通推進協議会 技術基準検討委員会にて招待講演
パネル討論:データを動かす人材は今の日本で作れるのか? [招待有り]
早矢仕晃章
2018年2月17日   電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会(AI)
パネルディスカッション登壇、電子情報通信学会 人工知能と知識処理研究会(AI):データ市場特集IV
Knowledge Structuring for Cross-discipline Data Exchange and Utilization [招待有り]
早矢仕晃章
5th International Conference on Signal Processing and Integrated Networks   2018年2月23日   Amity University
招待講演
データ設計支援のための技術と思考 [招待有り]
早矢仕晃章
2017年12月   東京大学大澤研究室
ビッグデータ時代のマーケティングイノベーション〜人工知能ブームに踊らされないために〜 [招待有り]
早矢仕晃章
2017年10月   日本リサーチセンター
日本リサーチセンター講演
AI×ビッグデータ×ヘルスケア-知識・情報・データと知能- [招待有り]
早矢仕晃章
2017年7月   
東京医科歯科大学招待講演
Career drawing with GSDM graduates [招待有り]
早矢仕晃章
2017年5月   GSDM
GSDM Alumni Interactive Evening Lounge招待講演
データ駆動型イノベーション創出に関する調査事業のためのワークショップ:アクション・プランニング [招待有り]
早矢仕晃章
2014年12月   経済産業省
経済産業省の委託事業「我が国経済社会の情報化・サービス化に係る基盤整備(データ駆動型イノベーション創出に関する調査事業)講演
データ・ジャケット:データ市場創造のために技術〜データの価値発見からビジネス創出へ〜 [招待有り]
早矢仕晃章
2014年9月   一般財団法人関西情報センター
オープンデータ/ビッグデータ利用推進フォーラム 第1回利活用セミナー・基調講演
チャンス発見とバングラデシュから学ぶシナリオ・デザイン [招待有り]
早矢仕晃章
2014年8月1日   
チャンス発見学15周年記念シンポジウム記念講演・基調講演
イノベーションゲームワークショップ [招待有り]
早矢仕晃章
2013年5月   
横浜市立大学 学術院国際総合科学群にて招待講演
Processing Combinatorial Thinking: Innovators Marketplace as Role-based Game plus Action Planning [招待有り]
早矢仕晃章
2012年8月   Bernadette Bouchon-Meunier
パリ第6大学(UPMC-LIP6)の研究会での招待講演

Works

 
早矢仕晃章   コンピュータソフト   
データ概要情報Data Jacket(データジャケット)の検索システムを公開。以下のURLからアクセス可能。
http://160.16.227.37/index/DJStore
早矢仕晃章   コンピュータソフト   
データの中に含まれる変数を推定するWebアプリケーション。下記よりアクセス可能。
http://160.16.227.37/index/VARIABLEQUEST
早矢仕晃章   コンピュータソフト   
欲しいデータと提供可能データをマッチングさせる機能を持つWebアプリケーション。下記URLからアクセス可能。
http://160.16.227.37/workshop/DJVis/openVis
早矢仕晃章   芸術活動   
データ利活用を実施する上で関連するステークホルダーとその関係性を推薦するWebアプリケーション。下記URLよりアクセス可能。
http://www.panda.sys.t.u-tokyo.ac.jp/hayashi/resourcefinder/ver02/resourcefinder.html

社会貢献活動

 
ボーイスカウト
【その他】  公益財団法人ボーイスカウト日本連盟

その他

 
2018年8月   第17回日本スカウトジャンボリー 山手地区参加隊長
2018年4月   ボーイスカウト山手地区委員会 事務長
ボーイスカウト山手地区委員会 事務長(2018年4月〜現在)
2016年1月   ボーイスカウト山手地区委員会 事務次長
ボーイスカウト山手地区委員会 事務次長(2016年1月〜2018年3月)
2015年8月   第23回世界スカウトジャンボリー 参加隊長
2014年2月   第1回CJKプロジェクト バングラデシュ派遣 クルーリーダー
ボーイスカウト日本連盟主催の第1回CJKプロジェクト バングラデシュ派遣のクルーリーダーを担当(台湾・日本・韓国・バングラデシュの4カ国プロジェクトのリーダーを務める)