佐々木てる

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/15 12:49
 
アバター
研究者氏名
佐々木てる
 
ササキ テル
eメール
terub.nebuta.ac.jp
URL
http://kaken.nii.ac.jp/d/r/70396597.ja.html
所属
青森公立大学
部署
経営経済学部 地域みらい学科
職名
教授
学位
博士(社会学)(筑波大学)
科研費研究者番号
70396597

研究分野

 
 

経歴

 
2014年
   
 
青森大学 社会学部 准教授
 

論文

 
保守化する時代と重国籍制度 ~ナショナル・アイデンティティから視る現代日本社会の国籍観~
佐々木てる
エトランデュエ   (2) 151-175   2018年4月   [査読有り]
「民族的差異」は恋愛・結婚を阻むのか
佐々木てる
家族研究年報   (41) 21-34   2016年   [査読有り]
在日コリアンとシティズンシップ-権利と国籍を中心に
佐々木てる
移民政策研究 第6号   44-57   2014年5月   [査読有り]
国内避難民と地域社会
佐々木てる
芝浦工業大学研究報告 人文系編    46(1) 119-126   2012年3月
「日本人」と「外国人」の間 ~コリア系日本人という試み~
佐々木てる
フォーラム現代社会学   (10) 9-19   2010年5月   [査読有り]

書籍等出版物

 
「人口減少地域における外国人・移民政策 〜青森県を事例として〜」リレー連載「多文化『共創』の国・日本」『国際人流』
佐々木てる
財団法人入管協会   2017年11月   
パスポート学
陳天璽・佐々木てる・大西広之、小森宏美編著
北海道大学出版会   2016年10月   
マルチ・エスニック・ジャパニーズ:〇〇系日本人の変革力
駒井洋監修/佐々木てる編著
明石書店   2016年5月   
レイシズムと外国人嫌悪
佐々木てる (担当:共著, 範囲:第4章 近代日本の人種主義と植民地政策)
明石書店   2013年10月   
グローカル時代の社会学
佐々木てる (担当:共著, 範囲:第8章 「少子高齢化」と国際人口移動)
株式会社みらい   2013年5月   

講演・口頭発表等

 
1.重国籍制度に関する比較社会学的研究(1) 現代日本における重国籍者を巡る言説とその論点について
佐々木てる
日本社会学会   2018年9月15日   
複数国籍容認にむけて:日本社会における国籍の壁
佐々木てる
移民政策学会   2018年5月26日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
内閣府世論調査の測定誤差の研究: 日本学術振興会・科学研究費・基盤研究(B)
研究期間: 2018年4月 - 2021年3月    代表者: 吉村治正(分担:佐々木てる)
重国籍制度および重国籍者に関する学際的研究
日本学術振興会: 科学研究費・基盤研究(B)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 佐々木てる
人口減少社会の外国人統合政策 ~青森県における外国籍者の事例から~
日本学術振興会: 科学研究費
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 佐々木てる
観光産業としての「青森ねぶた祭り」 ~宿泊施設の課題と解決策を考える~
公益財団法人青森学術文化振興財団: 助成金事業
研究期間: 2014年4月 - 2015年3月    代表者: 佐々木てる

その他

 
2018年3月   青森ねぶた祭 囃子方の現在
2017年度 地域研究センタープロジェクト事業 成果報告書
2017年3月   青森ねぶた運行団体の歴史と現在
2016年 地域研究センタープロジェクト事業 成果報告書
2017年3月   人口減少社会と外国人・移民政策 青森県の現状と課題
JSPS科研費基盤研究(C) 成果報告書
2016年3月   青森地域ねぶたの現在とその可能性
2015年度 青森学術文化復興財団事業報告書
2016年3月   青森県の多文化共生を考える ~八戸市の外国籍者の事例を中心に~
社会調査協会・社会調査実習助成 成果報告書