MISC

2016年11月

【慢性炎症性疾患の新たな展開】 慢性炎症と疾患 慢性炎症とウイルス持続感染

最新医学
  • 安居 輝人

71
11月増刊
開始ページ
2344
終了ページ
2350
記述言語
日本語
掲載種別
出版者・発行元
(株)最新医学社

慢性炎症を惹起するさまざまな因子の1つとして,病原体感染が挙げられる.特にウイルス感染は拡大性,感染期間など,さまざまな感染様式により多様な疾患をもたらす.持続感染性ヒトウイルスである"ヘルペスウイルス"属のエプスタイン・バー(EB)ウイルスの関連疾患として,全身性エリテマトーデス(SLE),ウイルス関連血球貪食症候群(VAHS)といった自己免疫疾患,およびバーキットリンパ腫,ホジキンリンパ腫などのがん疾患が知られている.本稿では,EBウイルスによる自己免疫疾患,がん発症機構について,基礎的実験的事実を踏まえて概説する.(著者抄録)