郷達明

J-GLOBALへ         更新日: 19/09/11 19:37
 
アバター
研究者氏名
郷達明
 
ゴウ タツアキ
URL
http://bsw3.naist.jp/courses/courses110.html
所属
奈良先端科学技術大学院大学
部署
先端科学技術研究科 バイオサイエンス領域
職名
助教

研究分野

 
 

経歴

 
2016年7月
 - 
現在
奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 助教
 
2016年4月
 - 
2016年6月
神戸大学 大学院理学研究科 特命助教
 
2015年4月
 - 
2016年3月
神戸大学 大学院理学研究科 学術研究員
 
2012年4月
 - 
2015年3月
神戸大学 大学院理学研究科 日本学術振興会 特別研究員PD
 
2012年9月
 - 
2014年2月
ノッティンガム大学(英国) Centre for Plant Integrative Biology 客員研究員
 

学歴

 
2004年4月
 - 
2008年3月
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻
 
2002年4月
 - 
2004年3月
東京理科大学 大学院理工学研究科 応用生物科学専攻
 
1998年4月
 - 
2002年3月
東京理科大学 理工学部 応用生物科学科
 

論文

 
Ramakrishna P, Ruiz Duarte P, Rance GA, Schubert M, Vordermaier V, Vu LD, Murphy E, Vilches Barro A, Swarup K, Moirangthem K, Jørgensen B, van de Cotte B, Goh T, Lin Z, Voβ U, Beeckman T, Bennett MJ, Gevaert K, Maizel A, De Smet I
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America      2019年4月   [査読有り]
Orosa-Puente B, Leftley N, von Wangenheim D, Banda J, Srivastava AK, Hill K, Truskina J, Bhosale R, Morris E, Srivastava M, Kümpers B, Goh T, Fukaki H, Vermeer JEM, Vernoux T, Dinneny JR, French AP, Bishopp A, Sadanandom A, Bennett MJ
Science (New York, N.Y.)   362(6421) 1407-1410   2018年12月   [査読有り]
Toyokura K, Goh T, Shinohara H, Shinoda A, Kondo Y, Okamoto Y, Uehara T, Fujimoto K, Okushima Y, Ikeyama Y, Nakajima K, Mimura T, Tasaka M, Matsubayashi Y, Fukaki H
Developmental cell      2018年12月   [査読有り]
Goh T
Microscopy (Oxford, England)      2018年11月   [査読有り]
Takemoto K, Ebine K, Askani JC, Krüger F, Gonzalez ZA, Ito E, Goh T, Schumacher K, Nakano A, Ueda T
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   115(10) E2457-E2466   2018年3月   [査読有り]

Misc

 
深城 英弘, 郷 達明
植物の生長調節 = Regulation of plant growth & development   47(2) 93-100   2012年12月

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(若手研究(B))
研究期間: 2009年 - 2010年    代表者: 郷 達明
シロイヌナズナの側根形成は原生木部に接した特定の内鞘細胞の非対称分裂によって開始される.本研究では,根においてオーキシンにより誘導される5つのLBD/ASL遺伝子群が側根形成において重複した機能をもつことを示した.また,オーキシン誘導性LBD/ASL遺伝子群は,特定の内鞘細胞における遺伝子発現制御を介して,側根創始細胞における細胞分裂の非対称性の確立に必要であり,その後の側根形成開始に重要であることを明らかにした.