Koji T

J-GLOBAL         Last updated: Oct 17, 2018 at 14:41
 
Avatar
Name
Koji T

Published Papers

 
Chida K, Sugawara A, Koji T, Beppu T, Mue Y, Sugai T, Ogasawara K
Cureus   9(12) e2006   Dec 2017   [Refereed]
Predicting neurological deficit severity due to subarachnoid haemorrhage: soluble CD40 ligand and platelet-derived growth factor-BB.
Kubo Y, Koji T, Yoshida J, Ogawa A, Ogasawara K
Critical care and resuscitation : journal of the Australasian Academy of Critical Care Medicine   18(4) 242-246   Dec 2016   [Refereed]
Ogasawara Y, Kubo Y, Koji T, Sato Y, Fujiwara S, Ogasawara K
No shinkei geka. Neurological surgery   44(3) 233-238   Mar 2016   [Refereed]
Kubo Y, Koji T, Yoshida K, Saito H, Ogawa A, Ogasawara K
Vascular health and risk management   11 297-302   2015   [Refereed]
Kubo Y, Koji T, Kashimura H, Otawara Y, Ogawa A, Ogasawara K
Nutritional neuroscience   17(5) 230-233   Sep 2014   [Refereed]
Kubo Y, Koji T, Kashimura H, Otawara Y, Ogawa A, Ogasawara K
Journal of neurosurgery   121(3) 599-604   Sep 2014   [Refereed]
Kubo Y, Koji T, Kashimura H, Otawara Y, Ogawa A, Ogasawara K
Neurological research   35(7) 713-718   Sep 2013   [Refereed]
Kubo Y, Ogasawara K, Kurose A, Kashimura H, Koji T, Otawara Y, Kamei J, Akasaka M, Sasaki M, Ogawa A
Vascular health and risk management   7 667-670   2011   [Refereed]
Nishikawa Y, Doi M, Koji T, Watanabe M, Kimura S, Kawasaki S, Ogawa A, Sasaki K
The Tohoku journal of experimental medicine   201(4) 239-249   Dec 2003   [Refereed]

Misc

 
Direct oral anticoagulant服用中の未破裂脳動脈瘤に対する開頭クリッピング術3日後に頭蓋内出血を来した1例
松本 昌泰, 久保 慶高, 幸治 孝裕, 吉田 純, 小笠原 邦昭
脳卒中   40(4) 275-279   Jul 2018
症例は65歳男性。64歳時に多発性の脳塞栓症を発症し、Direct oral anticoagulant(DOAC)の内服が開始された。その時の精査にて未破裂脳動脈瘤を認め、クリッピング手術を行った。術前3日目にDOAC内服を中止し、ヘパリンを投与した。術中は左前頭葉の軟膜血管からの出血を認めたが、その部位以外に脳表の出血は認めなかった。術直後、術翌日のCTにおいて頭蓋内出血を認めなかったため、術後20時間後にヘパリン投与を行った。また、ヘパリン投与10時間後にDOACを再開し、その14時...
久保 慶高, 幸治 孝裕, 樫村 博史, 太田原 康成, 吉田 研二, 佐々木 真理, 小川 彰, 小笠原 邦昭
脳神経外科ジャーナル   27(3) 192-200   Mar 2018
開頭による脳動脈瘤治療の最大の利点は根治性の高さであるが、手術にあたってわれわれは合併症回避のためにさまざまな工夫をしている。手術は動脈瘤や周囲組織の可動性を高め、動脈瘤を"見に行く"のではなく、"見えてくる"イメージで行う。治療転帰を左右する主な因子は術中破裂と穿通枝梗塞なので、非侵襲的MRIで術前に瘤壁の厚さや穿通枝動脈の走行を可視化し、計画や実際の手術遂行に有用な情報とする。クリッピング不可能な前方循環の病変に対する血行再建法の選択には術前のバルーン閉塞テストのみでなく、術中の脳表血...
頸動脈内膜剥離術中の心停止に対する蘇生中の中大脳動脈血流速度および脳表酸素飽和度モニタリング
村上 寿孝, 吉田 研二, 小林 正和, 鈴木 太郎, 幸治 孝裕, 久保 慶高, 小笠原 邦昭
脳死・脳蘇生   30(1) 24-24   Jun 2017
くも膜下出血と脳梗塞を同時期に発症した前交通動脈に限局した解離と思われた1例
小笠原 靖, 久保 慶高, 幸治 孝裕, 佐藤 由衣子, 藤原 俊朗, 小笠原 邦昭
Neurological Surgery   44(3) 233-238   Mar 2016
65歳女。頭痛、嘔気、見当識障害を主訴とした。単純頭部CT、MRI各所見より、くも膜下出血および脳梗塞の同時発症と判断した。発症4日目の3D-CTA、発症5日目のDSAで前交通動脈に動脈瘤様拡張を認め、発症13日目の3D-CTAで同部が増大していたため、血栓化破裂嚢状動脈瘤を強く疑った。発症14日目に両側前頭開頭術を行い前交通動脈の下後方の血腫を除去したが嚢状動脈瘤は認めず、赤黒く硬い壁を有する前交通動脈の紡錘状の膨らみを認め、動脈解離と判断した。少量のテフロンスポンジとフィブリン糊でコー...
70歳以上高齢者における未破裂嚢状脳動脈瘤の増大因子とは? 単施設における前向き研究より
久保 慶高, 幸治 孝裕, 樫村 博史, 太田原 康成, 斎藤 秀夫, 小笠原 邦昭
東北脳血管障害研究会学術集会記録集   37回 137-148   Dec 2015