千田俊太郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/30 10:50
 
アバター
研究者氏名
千田俊太郎
 
チダ シュンタロウ
所属
京都大学
ORCID ID
0000-0002-2636-4801

研究分野

 
 

経歴

 
2011年4月
 - 
2013年9月
熊本大學 文學部 准教授
 
2013年10月
 - 
現在
京都大學 文學研究科 准教授
 

論文

 
ドム語の訓話
千田俊太郎
ありあけ:熊本大学言語学論集   18 1-28   2019年3月
朝鮮語のkesita文: 實演提示機能を中心に
千田俊太郎・金善美
ありあけ:熊本大学言語学論集   17 1-26   2018年3月
ウェブと語彙集: 朝鮮語濟州方言語彙研究の課題と展望
千田俊太郎
ありあけ:熊本大学言語学論集   16 35-46   2017年3月
東シンブー諸語の所有者人稱接尾辭について
千田俊太郎
ありあけ:熊本大学言語学論集   15 1-40   2016年3月
ニコラス・エヴァンズ『危機言語』(大西正幸、長田俊樹、森若葉譯) - 韓國版との比較 -
千田俊太郎
ありあけ : 熊本大学言語学論集   14 37-80   2015年3月
ドム語第二ドム方言
千田俊太郎
ありあけ:熊本大学言語学論集   12 1-30   2013年3月
基底の音節構造: 朝鮮語の媒介母音
千田俊太郎
ありあけ:熊本大学言語学論集   11 1-46   2012年3月
麻雀ジャーゴン試論
千田俊太郎
大阪樟蔭女子大学日本語研究センター報告   16 15-36   2009年
‘을 것’ 이 나타내는 추측의 성질에 대하여-의문문의 제약의 관점에서
金善美、田窪行則、鄭聖汝、千田俊太郎共著
2008년도 한국언어학회 동계학술대회 자료집   91-101   2008年   [査読有り]
先住民たちの現在 --- ドム語
千田俊太郎
月刊言語   98-101   2006年7月
La lingvo de la popolo Dom en Papuo-Novgvineo
千田俊太郎
La Revuo Orienta   1017 22-23   2006年
ドム語の所有を表はす表現
千田俊太郎
京都大学言語学研究   21 337-367   2002年   [査読有り]
Dom Texts ‘A hawk and a parrot’, ‘a dog and a pig’, and ‘stealing’
千田俊太郎
京都大学言語学研究   20 11-36   2001年   [査読有り]
Book review: Pawley, A., R. Attenborough, J. Golson, and R. Hide (eds.). 2005. Papuan Pasts: Cultural, Linguistics, and Biological Histories of Papuan-speaking People
People and Culture in Oceania   24 81-87   2009年

Misc

 
リレーエッセイことば紀行第21回「ドム語」
千田俊太郎
パブリッシャーズ・レビュー   (32)    2015年1月
ニューギニアのトーン再考: シンブー諸語と語聲調を中心に
千田俊太郎
日本音声学会第327回研究例会シンポジウム「語声調の音声的実現における異音的変異としての声調変位」   

書籍等出版物

 
移動表現の類型論
松本曜編 (担当:分担執筆, 範囲:7章「ドム語の移動表現」(pp.159-187))
くろしお出版   2017年2月   
世界の文字事典
庄司博史 (担当:分担執筆, 範囲:「トク・ピシン」(pp.138-141))
丸善出版   2015年   
じゃんけんぽん -- 入門初級韓国語教材
松尾勇・金善美・千田俊太郎 (担当:共著)
同学社   2013年   
地球研言語記述論集3
大西正幸・稲垣和也編 (担当:分担執筆, 範囲:「東シンブー諸語サブグルーピングに向けて」(pp.153-182))
2012年   
佳子のソウル留学から… 中級韓国語教材
松尾勇・金善美・千田俊太郎 (担当:共著)
同学社   2012年   
地球研言語記述論集1
大西正幸・稲垣和也編 (担当:分担執筆, 範囲:「ドム語の多義 - 知覺動詞を中心に」(p95-121))
2009年   
한국어 연구의 새 지평
정성여 이정민편 (担当:分担執筆, 範囲:「단어 인정 기준과 의미에 대하여」(pp.31-68))
태학사   2009年   
朝鮮半島のことばと社会 油谷幸利先生還暦記念論文集
油谷幸利先生還暦記念論文集刊行委員会 (担当:単訳, 範囲:洪允杓「『千字文』類について」(pp.128-159)、崔明玉「中世韓国語の形態論研究の三つの問題」(pp.160-186))
明石書店   2009年   
事典世界のことば141
梶茂樹・中島由美・林徹編 (担当:分担執筆, 範囲:「トク・ピシン」(pp.150-153))
大修館書店   2009年   
Aziaj kontribuoj al esperantologio: Aktoj de la 30-a Esperantologia Konferenco en la 92-a Universala Kongreso de Esperanto, Jokohamo 2007
Ulrich Lins (red.) (担当:分担執筆, 範囲:"Kial multas lokaj adpozicioj en Esperanto?: Komparo kun la japana, Tok-pisino, Dom kaj aliaj lingvoj" (pp.20-32))
Universala Esperanto-Asocio   2008年   
表記の習慣のない言語の表記
塩原朝子・児玉茂昭編 (担当:分担執筆, 範囲:「トク・ピシンの表記に關する考察」(pp.271-300))
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所   2006年   
庄垣内正弘先生退任記念論集
「ユーラシア諸言語の研究」刊行会 (担当:分担執筆, 範囲:"Demonstratives in Dom" (p123-144))
京都大学言語学研究室   2006年   
環南太平洋の言語3
柴田紀男・塩谷亨編 (担当:分担執筆, 範囲:「ドム語の自他兩用動詞と動詞の意味的類に關する豫備的考察」(pp.95-108))
大阪学院大学情報学部   2004年   
Cross-Linguistic Studies of Tonal Phenomena: Historical Development, Phonetics of Tone and Descriptive Studies. Proceedings of the symposium
Kaji, Shigeki ed. (担当:分担執筆, 範囲:"Comments on ‘The Tonal System of Skou, New Guinea’ by Mark Donohue" (pp.365-368))
Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies   2003年   
環南太平洋の言語2
千田俊太郎
大阪学院大学情報学部   2002年   

講演・口頭発表等

 
ドム語の直示表現
千田俊太郎
類型研   2019年4月14日   
新村出とフィールド言語學
千田俊太郎
日本言語学会80周年記念シンポジウム   2018年11月18日   
ニューギニアの諸言語の人稱代名詞 [招待有り]
千田俊太郎
2018年度アジア・アフリカ言語文化研究所言語研修(メエ語)文化講演   2018年9月6日   
돔어 기술연구와 언어유형론 [招待有り]
千田俊太郎
韓國言語類型論學會   2016年1月11日