基本情報

所属
筑波大学 医学医療系 助教
学位
博士 (理学)(2020年6月 慶應義塾大学)
修士 (理学)(2017年3月 慶應義塾大学)

研究者番号
40882634
ORCID ID
 https://orcid.org/0000-0002-3958-5232
J-GLOBAL ID
202001004901874753
researchmap会員ID
R000003439

低分子化合物を用いて「オートファジー」と「加齢」について研究しています.

学部ではバイオインフォマティクス,大学院ではケミカルバイオロジーを学びました.その後,加齢研究で長い歴史を有する英国・Newcastle Universityにて約4年間,加齢の分子細胞生物学について研究しました.

2024年4月に筑波大学医学医療系の助教に着任し,「オートファジーの低下」と「加齢」が深く関与する神経変性疾患の病態・治療法を研究しています.

 

これまでの研究対象

・エレガントな活性を有する低分子化合物の探索とその作用機序解明

 新規オートファジー誘導剤: SMK17 (Autophagy, 2021); 新規KEAP1阻害剤: BRUP-1 (J Neurochem, 2020)など

・分子標的化合物を利用したオートファジーのメカニズム・生理的意義の研究

 オートファジー不全と細胞死連関の機構(Dev Cell, 2022; Cell Rep, 2023);

 活性酸素を検知しマイトファジーを誘導する機構 (EMBO J, 2023) 

 マイトファジー低下ー細胞老化軸の発見と,これを改善する新規低分子の同定 (Dev Cell, in press). など

・神経変性を伴うライソソーム病の病態・治療法研究

 C型ニーマンピック病におけるオートファジーー代謝連関改善化合物 (Under revision)

 異染性白質ジストロフィー(MLD) の病態因子同定と改善法 (bioRxiv, 2023) など


主要な論文

  25

MISC

  1

講演・口頭発表等

  18

主要な共同研究・競争的資金等の研究課題

  6