大谷 隆浩

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/08 05:06
 
アバター
研究者氏名
大谷 隆浩

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
名古屋大学大学院医学系研究科 生物統計学分野 特任助教
 
2015年12月
 - 
2018年3月
統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター 特任助教
 
2013年4月
 - 
2015年11月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
 
2011年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 日本学術振興会特別研究員DC2
 

受賞

 
2009年3月
平成20年度情報処理学会北陸支部 研究業績賞
 
2007年3月
平成18年度電気関係学会北陸支部連合大会 優秀論文発表賞
 
2006年3月
平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会 優秀論文発表賞
 

論文

 
Exploring predictive biomarkers from clinical genome-wide association studies via multidimensional hierarchical mixture models
Takahiro Otani, Hisashi Noma, Shonosuke Sugasawa, Aya Kuchiba, Atsushi Goto, Taiki Yamaji, Yuta Kochi, Motoki Iwasaki, Shigeyuki Matsui, Tatsuhiko Tsunoda
European Journal of Human Genetics      2018年9月   [査読有り]
Re-assessment of multiple testing strategies for more efficient genome-wide association studies
Takahiro Otani, Hisashi Noma, Jo Nishino, Shigeyuki Matsui
European Journal of Human Genetics   26 1038-1048   2018年3月   [査読有り]
An efficient and flexible test for rare variant effects
Shonosuke Sugasawa, Hisashi Noma, Takahiro Otani, Jo Nishino, Shigeyuki Matsui
European Journal of Human Genetics   25 752-757   2017年4月   [査読有り]
Masayuki Saeki, Tatsuya Kurihara, Mika Tsukahara, Takahiro Ohtani
Advanced Engineering Informatics   29(4) 859-866   2015年10月   [査読有り]
This paper presents a structural sensing method using the accurate artificial vibrator and shows the results of vibration experiments in laboratory scale. The accurate artificial vibrator generates harmonic forces by rotating an eccentric mass. Si...
塚原 美佳, 奥村 昂史, 渡邉 和樹, 大谷 隆浩, 石井 克哉, 佐伯 昌之, 藤原 鉄朗
土木学会論文集A2(応用力学)   70(2) I_921-I_928   2014年   [査読有り]
著者等は,精密小型加振機を用いた振動特性同定手法の開発を進めている.本手法では,精密小型加振機により対象構造物を高精度に加振し,その加速度応答を計測する.計測した加速度応答は変位時系列に変換し,加振力の時系列とともにARXモデルで記述する.このモデルのパラメータを最小二乗法により推定することで,周波数伝達関数および振動特性を高精度に同定する.
本研究では,実際の道路標識に本手法を適用して振動を計測し,その応答から周波数伝達関数および振動特性を同定した.そして,道路標識に錘を固定し,この錘の...

Misc

 
Otani T, Noma H, Sugasawa S, Kuchiba A, Goto A, Yamaji T, Kochi Y, Iwasaki M, Matsui S, Tsunoda T
European journal of human genetics : EJHG      2018年9月
Otani T, Noma H, Nishino J, Matsui S
European journal of human genetics : EJHG      2018年3月
Sugasawa Shonosuke, Noma Hisashi, Otani Takahiro, Nishino Jo, Matsui Shigeyuki
EUROPEAN JOURNAL OF HUMAN GENETICS   25(6) 752-757   2017年6月

講演・口頭発表等

 
多次元階層混合モデルと最適発見手法による疾患関連遺伝子の探索:肺がんと喫煙に関するゲノムワイド関連解析への応用
大谷 隆浩, 野間 久史
2018年度日本計量生物学会年会   2018年3月29日   
階層混合モデルと最適発見手法を用いた効率的な治療効果予測マーカーの開発
大谷 隆浩, 野間 久史
日本人類遺伝学会第62回大会   2017年11月15日   
Efficient gene-by-treatment interactions test to develop predictive biomarkers on genome-wide studies using multidimensional hierarchical mixture models
Takahiro Otani, Hisashi Noma
ASHG 2017 Annual Meeting   2017年10月17日   
ゲノムワイド関連解析における多重検定手法の効率性評価
大谷 隆浩, 野間 久史, 西野 穣, 松井 茂之
第8回生物統計ネットワーク & 科研費 (基盤S) シンポジウム「統計科学が切り拓く個別化医療:方法論・実践のフロンティア」   2017年3月28日   
セミパラメトリック階層混合モデルによる複雑疾患GWASの解析
西野 穣, 高知 雄太, 重水 大智, 加藤 護, 猪狩 勝則, 越智 秀則, 野間 久史, 松井 孝太, 大谷 隆浩, 森園 隆, Keith Boroevich, 角田 達彦, 松井 茂之
第27回日本疫学会学術総会   2017年1月27日   

競争的資金等の研究課題

 
多次元ベイズ流階層混合モデルを用いた最適発見手法による医療ビッグデータ解析:精密医療・予防に向けた分子バイオマーカーの開発
AIPネットワークラボ: AIPチャレンジプログラム
研究期間: 2017年8月 - 2018年3月    代表者: 大谷隆浩
道路付属物を対象とした簡易・定量的な健全性評価手法の開発と実証試験
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月       代表者: 佐伯 昌之
音響周波数コムによる大自由度構造精密推定法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2015年11月    代表者: 大谷 隆浩
確率モデル構築型共進化アルゴリズムの開発とその応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 大谷 隆浩