大谷隆浩

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/20 11:46
 
アバター
研究者氏名
大谷隆浩
 
オオタニ タカヒロ
URL
http://nagoya-biostat.jp/index.html
所属
名古屋大学
部署
大学院医学系研究科
職名
特任助教
学位
博士(情報科学)(名古屋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
名古屋大学大学院医学系研究科 生物統計学分野 特任助教
 
2015年12月
 - 
2018年3月
統計数理研究所 リスク解析戦略研究センター 特任助教
 
2013年4月
 - 
2015年11月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 日本学術振興会特別研究員PD
 
2011年4月
 - 
2013年3月
名古屋大学 大学院情報科学研究科 日本学術振興会特別研究員DC2
 

受賞

 
2009年3月
平成20年度情報処理学会北陸支部 研究業績賞
 
2007年3月
平成18年度電気関係学会北陸支部連合大会 優秀論文発表賞
 
2006年3月
平成17年度電気関係学会北陸支部連合大会 優秀論文発表賞
 

論文

 
Re-assessment of multiple testing strategies for more efficient genome-wide association studies
Takahiro Otani, Hisashi Noma, Jo Nishino, Shigeyuki Matsui
European Journal of Human Genetics      2018年3月   [査読有り]
An efficient and flexible test for rare variant effects
Shonosuke Sugasawa, Hisashi Noma, Takahiro Otani, Jo Nishino, Shigeyuki Matsui
European Journal of Human Genetics   25 752-757   2017年4月   [査読有り]
Masayuki Saeki, Tatsuya Kurihara, Mika Tsukahara, Takahiro Ohtani
Advanced Engineering Informatics   29(4) 859-866   2015年10月   [査読有り]
This paper presents a structural sensing method using the accurate artificial vibrator and shows the results of vibration experiments in laboratory scale. The accurate artificial vibrator generates harmonic forces by rotating an eccentric mass. Si...
塚原 美佳, 奥村 昂史, 渡邉 和樹, 大谷 隆浩, 石井 克哉, 佐伯 昌之, 藤原 鉄朗
土木学会論文集A2(応用力学)   70(2) I_921-I_928   2014年   [査読有り]
著者等は,精密小型加振機を用いた振動特性同定手法の開発を進めている.本手法では,精密小型加振機により対象構造物を高精度に加振し,その加速度応答を計測する.計測した加速度応答は変位時系列に変換し,加振力の時系列とともにARXモデルで記述する.このモデルのパラメータを最小二乗法により推定することで,周波数伝達関数および振動特性を高精度に同定する.
本研究では,実際の道路標識に本手法を適用して振動を計測し,その応答から周波数伝達関数および振動特性を同定した.そして,道路標識に錘を固定し,この錘の...
Takahiro Otani, Reiji Suzuki, Takaya Arita
International Journal of Machine Learning and Cybernetics   4(2) 99-105   2013年4月   [査読有り]
This paper proposes a new variant of differential evolution for multimodal optimization termed DE/isolated/1. It generates new individuals close to an isolated individual in a current population as a niching scheme. This mechanism will evenly allo...

講演・口頭発表等

 
ゲノムワイド関連解析における多重検定手法の効率性評価
大谷 隆浩, 野間 久史, 西野 穣, 松井 茂之
第8回生物統計ネットワーク & 科研費 (基盤S) シンポジウム「統計科学が切り拓く個別化医療:方法論・実践のフロンティア」   2017年3月28日   
セミパラメトリック階層混合モデルによる複雑疾患GWASの解析
西野 穣, 高知 雄太, 重水 大智, 加藤 護, 猪狩 勝則, 越智 秀則, 野間 久史, 松井 孝太, 大谷 隆浩, 森園 隆, Keith Boroevich, 角田 達彦, 松井 茂之
第27回日本疫学会学術総会   2017年1月27日   
Rare Variant 検出のための柔軟な検定手法
菅澤 翔之助, 野間 久史, 大谷 隆浩, 西野 穣, 松井 茂之
第30回日本計算機統計学会シンポジウム   2016年11月24日   
ゲノムワイド関連解析における多重検定補正手法の再評価
大谷 隆浩, 野間 久史, 西野 穣, 松井 茂之
科研費基盤Aシンポジウム「複雑な生命現象を読み解くための大規模データ解析とモデリング」   2016年11月7日   
A comparison of multiple testing methods for effective strategies in genome-wide association studies
Takahiro Otani, Hisashi Noma, Jo Nishino , Kota Matsui, Shigeyuki Matsui
XXVIIIth International Biometric Conference   2016年7月14日   

競争的資金等の研究課題

 
道路付属物を対象とした簡易・定量的な健全性評価手法の開発と実証試験
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(C)
研究期間: 2015年4月       代表者: 佐伯 昌之
音響周波数コムによる大自由度構造精密推定法の開発
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2013年4月 - 2015年11月    代表者: 大谷 隆浩
確率モデル構築型共進化アルゴリズムの開発とその応用
日本学術振興会: 科学研究費補助金 特別研究員奨励費
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 大谷 隆浩