竹内嵩

J-GLOBALへ         更新日: 19/08/22 10:06
 
アバター
研究者氏名
竹内嵩
 
タケウチ タカシ
所属
筑波大学
部署
計算科学研究センター
職名
研究員
学位
博士(工学)(日本大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
 - 
現在
筑波大学 計算科学研究センター 研究員
 
2016年8月
 - 
2018年3月
分子科学研究所 特任研究員
 
2016年4月
 - 
2016年7月
日本大学 理工学部 理工学研究所研究員
 

学歴

 
2013年4月
 - 
2016年3月
日本大学大学院 理工学研究科博士後期課程 電気工学専攻
 
2011年4月
 - 
2013年3月
日本大学大学院 理工学研究科博士前期課程 電気工学専攻
 
2007年4月
 - 
2011年3月
日本大学 理工学部 電気工学科
 

論文

 
SALMON: Scalable Ab-initio Light–Matter simulator for Optics and Nanoscience
M. Noda, S. A. Sato, Y. Hirokawa, M. Uemoto, T. Takeuchi, S. Yamada, A. Yamada, Y. Shinohara, M. Yamaguchi, K. Iida, I. Floss, T. Otobe, K.-M. Lee, K. Ishimura, T. Boku, G. F. Bertsch, K. Nobusada, and K. Yabana,
Computer Physics Communications,   vol.235, pp.356-365,   2019年2月   [査読有り]
Light-dressed states under intense optical near fields
T. Takeuchi, T. Sako, and K. Nobusada,
Physical Review A,   vol.98, pp.053440-1-053440-9,   2018年11月   [査読有り]
A simple formula to predict the influence of the near-field in the optical control of confined electron systems
T. Takeuchi, S. Ohnuki, and T. Sako,
Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics,   vol.50, no.4, pp.045002-1-045002-13,   2017年1月   [査読有り]
Time-Domain Solver for 3D Electromagnetic Problems Using the Method of Moments and the Fast Inverse Laplace Transform
S. Ohnuki, Y. Kitaoka, and T. Takeuchi,
IEICE Transactions on Electronics,   vol.E99.C, no.7, pp.797-800,   2016年7月   [査読有り]
Nonlocal Effects Occurred in the Metallic Nano Chain Driven by Longitudinal or Transverse Modes
K. Nagasawa, T. Takeuchi, and S. Ohnuki,
IEICE Electronics Express,   vol.13, no.8, pp.1-7,   2016年4月   [査読有り]

Misc

 
【発表予定】Linear and nonlinear optical responses of plasmonic metasurface with sub-nm gaps(Oral, invited talk)
T. Takeuchi, M. Noda, and K. Yabana,
27th International Conference on Advanced Laser Technologies, Prague, Czech Republic,      2019年9月   [査読有り][依頼有り]
T. Takeuchi, M. Noda, and K. Yabana,
19th International Conference on Numerical Simulation of Optoelectronic Devices, no.ThC2, Ottawa, Canada,      2019年7月   [査読有り]
Optical Responses of a Metasurface Consisting of Metallic Nanoparticles(Poster)
T. Takeuchi and K. Yabana,
Computational Sciences Workshop 2019, no.P23, Ryogoku, Japan,      2019年1月   [査読有り]
Optical Properties of Metallic Nanoparticle Arrays by TDDFT(Poster)
T. Takeuchi and K. Yabana,
International Symposium on Ab Initio Electron Dynamics Simulations, no.P11, Tsukuba, Japan,      2018年11月   [査読有り]
Electronic States Dressed up in an Optical Near Field: Optical Responses Induced by Spatial Symmetry and Asymmetry(Poster)
T. Takeuchi and K. Nobusada,
The 15th international conference on Near-field Optics, Nanophotonics & Related Techniques, no.P9A10, Troyes, France,      2018年8月   [査読有り]

講演・口頭発表等

 
【発表予定】サブnmギャップを有するプラズモニックメタ表面の屈折率変動機構の解明(口頭)
竹内嵩,野田真史,矢花一浩,
第80回応用物理学会秋季学術講演会,   2019年9月   
時間依存密度汎関数法による微小金属周期配列の光物性解析(口頭)
竹内嵩,矢花一浩,
第66回応用物理学会春季学術講演会,no.10a-W621-5,p.03-209,   2019年3月   
第一原理計算による微小金属周期列の光物性解析(ポスター)
竹内嵩,矢花一浩,
2018年CREST次世代フォトニクス領域会議,no.48,   2018年12月   
SALMONにおける構造最適化(ポスター)
竹内嵩,信定克幸,
2017年CREST次世代フォトニクス領域会議,no.50,   2017年12月   
光と電子系の露わな相互作用の解析:近接場の衣を纏った電子状態の励起ダイナミクス計算(口頭)
竹内嵩,信定克幸,
第11回分子科学討論会,no.1F09,   2017年9月   

Works

 
コンピュータソフト   
光-物質/分子相互作用を含む第一原理電子動力学シミュレーションソフトウェア

受賞

 
2016年9月
電気学会 平成27年優秀論文発表賞
 
2013年3月
電子情報通信学会 平成24年学術奨励賞
 
2015年9月
【学生賞】The Japan National Committee of URSI(JNC-URSI) URSI-JRSM 2015 Student Paper Competition First Prize
 
2015年3月
【学生賞】電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ電磁界理論研究会 平成26年電磁界理論研究会学生優秀発表賞
 
2013年3月
【学生賞】電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ 平成24年エレクトロニクスソサイエティ学生奨励賞
 
2012年5月
【学生賞】電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ電磁界理論研究会 平成23年電磁界理論研究会学生優秀発表賞